○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.12.14 福島百の風景 水のある風景 - 2.3 / 8.1 会津
○ 履歴 : 2010「2010.12.14 幼少期の感染とアレルギーの関係
3.5 / 8.2
○ 履歴 : 2011「2011.12.14 感染症対策には神経系への配慮も必要
- 0.7 / 8.4
○ 履歴 : 2012「2012.12.14 霞がかかり春先のような感覚に陥った12月中旬 2012
1.2 / 8.1
○ 履歴 : 2013「2013.12.14 冬至を間近にし真冬並の寒さ 2013
- 1.9 / 0.9
○ 履歴 : 2014「2014.12.14 今冬一番の冷え込みで初の真冬日を記録した秋田市 2014
- 3.7 / - 0.3
○ 履歴 : 2015「2016.12.14 食物アレルギーと早期摂取との関連性に関わる抑制性T細胞
1.6 / 4.3
○ 履歴 : 2016「2016.12.13 春に仕込んだ味噌の樽開け 2016
1.5 / 4.2
○ 気温 : 昨日の最低 - 1.0(04:16)最高 2.5(12:59)最大瞬間風速 22.0m/s(01:01)22時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 - 0.3(00:34)最高 4.2(07:24)24時

201712142400Temperature

上の画像は、2017.12.14(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になっても、夕方同様、気温の方は 0度台、そして、雪も断続的に降り続いていました。夕方の 18時には、一時 3cm まで減っていた積雪深は、再び 4ッcm に戻っていました。

それでも、夜遅くの 22時には、それまで 0度台が続いていた気温でしたが、急に 1.7度まで上昇し、24時には再び 0度台まで下がり、雪が降り続いたのか、23時には 5cm の積雪深を記録していました。

雪は、今日未明まで続いていたようですが、01時に 6cm の積雪深を記録した後は、やんでいたようです。気温の方も不安定で、0度台となっていた気温も、その後は 1度台に上がっていました。

今日の最低気温
- 0.3度 は、00:34 に記録していました。

明け方には、0度台から 1度台の間で変動し、雪が再び降っていたようですが、積雪深は変わらぬままでした。

06時に 0.1度まで下がっていた気温は、朝の 07時には突然 3.8度まで上がり、雪が雨に変わっていました。そして、その頃の 07:24 には、今日の最高気温 4.2度を記録していました。

09時には、再び 1度台まで下がってはいましたが、雨が雪に変わることはなく、09時には 3cm の積雪深となっていました。下の写真、左は、まだそれほど気温も上がらず、時々雪が降っていた 06:20 頃の様子です。

昼前になると、雨の降っていた空が明るくなり始め、雲の切れ間から青空のもと、お日さまが姿を現していました。それでも、2度台から 3度台の気温で、12時にようやく 3.2度を記録していました。

下の写真、中央の左は、お日さまが暖かな光を届け、みるみる雪どけの進んだ昼前 10:20 頃の様子です。

昼過ぎになると、再び曇り始め、雨が断続的に降り始めてきました。気温の方も 3度台から 2度台で推移し、雪もかなりとけだし、15時には 1cm となっていました。

下の写真、中央の右は、昼過ぎ 14:44 頃の様子です。

夕方には 1度台まで下がっていましたが、相変わらず雨が断続的に降り続いていました。ただ、積雪深は 1cm と、変わりませんでした。

下の写真、右は、雨が降っていた夕方 17:38 頃の様子です。

夜のはじめ頃になっても、気温の方は 1度台を示していましたが、雨が降り続いていました。それでも、夜遅くになると、雨足が弱くなっていました(24時 1.3度 98% 1cm)。

20171214外の様子未明 20171214外の様子昼前 20171214外の様子昼過ぎ 20171214外の様子夕方

下の写真、左と中央は、まだ雪がチラチラ降っていた 06:23頃の様子ですが、これから雪寄せを始めることにしました。

以外と湿気が多く、ズッシリとした重さの雪で、寄せるのにとても苦労しました。下の写真、右は、雪寄せの済んだ向かいの駐車場の様子です(06:41頃)。

20171214雪寄せ前の歩道の様子 20171214雪寄せ前の駐車場の様子 20171214雪寄せ後の駐車場の様子1

下の写真、左と中央も、雪寄せの済んだ歩道と向かいの駐車場の様子です。始めたときは、雪が時々降っていたのですが、途中から、パラパラ雨が降って来ました。

下の写真、右は、気温が 3.8度(07時)となっていた 07:05 頃の様子です。東大通りは圧雪状態でしたが、緩んできたため、車の行き来する場所がとけ出していました。

20171214雪寄せ後の歩道の様子 20171214雪寄せ後の駐車場の様子 20171214外の様子朝

下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、キノコの和風パスタでした。

20171214お昼ご飯

そして、漢方スープでした。下の写真、左が、そのスープです。今日は、昼過ぎには、小雨が断続的に降り続いていました。

朝、向かいの駐車場と歩道の雪寄せの済んだ頃にも、小雨がパラパラ降っており、湿った重たい雪になっていたので、お店横の駐車場はそのままにしてありました。

随分とけて雪の量も減っていたので、逆に、気温が下がり、カチンカチンに凍りだしては大変と、山へ向かう前に、雪寄せしました。

下の写真、中央(14:46頃)と右(14:55頃)が、その時の様子です。時間はそれほどかからなかったのですが、その雪が重たい重たい。かなり苦労しました。

20171214お昼ご飯漢方スープ 20171214昼過ぎお店横の駐車場の雪寄せ前の様子 20171214昼過ぎお店横の駐車場の雪寄せ後の様子

お店横の駐車場の雪寄せを済ませ、そのまま山へ向かいました。下の写真、左と中央は、山へ向かう途中の様子です(15:10頃、15:13頃)。朝には雨が、そして、昼前には、お日さまが姿を現していた事で、道路の雪はとけていました。

それでも、峠道へと向かう頃には、中央のように一本道になっていました。フロントガラスに降った雨が残っているのがわかります。

山に到着してすぐに、入口の作業小屋に目をやりました。二日間続いた台風並みの風で、冬囲いが吹っ飛んでないかどうか心配でしたが、下の写真、右のように、大丈夫でした(15:18頃)。

20171214山へ向かう途中の様子田んぼ 20171214山へ向かう途中の様子雪道 20171214山の入り口の様子

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(15:25頃)。昨日までは、おそらく雪の下にラベンダーの株が隠れていたと思うのですが、朝から雨が降った事で、株のほとんどが姿を現していました。

20171214ラベンダー畑の様子1

下の写真も、ラベンダー畑の様子です。この頃は、小雨もやみ、雲の切れ間から水色の空が見えていました。が・・・・

その天気も、すぐに雲に覆われ、再び小雨がパラパラ降ってきました。

20171214ラベンダーの畑1 20171214ラベンダーの畑2 20171214ラベンダーの畑3

下の写真は、一番奥まで行った場所から望んだラベンダー畑の様子です。近づいてみると、まだ結構ラベンダーの株の上に雪が残っています。

20171214ラベンダー畑の様子2

今日は、以前からばっぱにいわれていた「味噌樽」をお店の方へ運ぶ予定を立てていました。重い重い味噌樽を軽トラの荷台に積むためには、スロープを使います。

そのスロープを作るのには、頑丈な板が必要でした。この板は、ラベンダー畑近くに駐めて置いた以前の軽トラにあったので、それを取りに、軽トラで上まで上がって来ました。

下の写真、左は、軽トラにその頑丈な板を積み込んだときの様子です(15:37頃)。中央は、上ってきた坂を下っているときの様子ですが、上がってくるとき、一時、その急勾配が故にストップしてしまいました。

下の写真、右は、先日ネットなどの撤去を行い、きれいになっていた野菜畑に雪が積もっていたときの様子です(15:41頃)。

20171214味噌樽運びの準備 20171214ラベンダーの畑へと向かう急な坂道を下る 20171214雪で白くなった野菜畑の様子

さて、いよいよ味噌樽を軽トラへ積む作業の開始です。下の写真は、その時の様子です。日中でもほとんど日が当たらず、日陰となり、温度差もそれほどなくやや湿度の高い場所へ置いておきました。

大きめの樽一個、そして、少し細長い樽二個を、先ほど運んで来た頑丈な板を利用して軽トラの荷台へ積み込みました。

20171214味噌運び1 20171214味噌運び2 20171214味噌運び3

下の写真、左は、トラックの荷台に、無事味噌樽を積み込んだときの様子です(16:02頃)。もう一つ、ばっぱに頼まれていた事がありました。

それは、干し柿を、味噌樽と同じようにお店の方へ持ってくる事でした。昨年は、いいあんばいに干し上がった矢先、カラスにすべて食べられてしまいました。

そのため、今年は、ネットで包み込むようにして干していました。そのネットを外して、ていねいに干し柿を袋へ詰め込みました。下の写真、中央と右が、その時の様子です(16:15頃)。

20171214味噌樽運び4 20171214干し柿の移動1 20171214干し柿の移動2

下の写真、左は、干し柿を取り去り、スッキリした小屋の様子です。その後、再びネットでその隙間を覆いました。これで、風が少しでも軽減出来そうです。

そういえば、扉を開けて小屋へ入ったときには、置いてある鉢植えのローズマリーから素晴らしい香りが漂っていました。

下の写真、中央は、山からの帰り路の様子です。こちらの方は、峠道の頂上辺りの様子ですが、小雨がずっと降り続いていました(16:27頃)。

下の写真、右は、お店裏の駐車場から軽トラを乗り入れ、運んで来た味噌樽を下ろす作業の様子です(16:52頃)。

雨の中の作業でしたが、これで、一年間、自家製のおいしい味噌を楽しむ事ができます。

20171214干し柿の移動3 20171214山からの帰り路の様子峠道 20171214干し柿の移動4

下の写真は、今日の晩ご飯です。お寿司、タマネギと玉子の炒めもの、そして、ダイコンと厚揚げ豆富の煮ものでした。

20171214晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 1度、最高気温は 5度、そして、天気は「雪のち曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.12.14 17:00発表)。