○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.12.20 34センチの積雪を記録した秋田市- 1.0 / 1.6
○ 履歴 : 2010「2010.12.20 りんごの発送準備の中届いたゆず玉
2.0 / 10.8
○ 履歴 : 2011「2011.12.20 au ARROWS Z ISW11F の....とメール受信設定
- 1.8 / 2.4 24時
○ 履歴 : 2012「2012.12.20 雪に悩まされた日に免許証の更新
- 2.4 / 2.6 24時
○ 履歴 : 2013「2013.12.20 HISTORY VIEW みなみの香草屋 Blog
0.9 / 4.5 24時
○ 履歴 : 2014「2014.12.20 冬至を前に雪....暖かさから一転して小雨模様へ 2014
0.9 / 7.9 24時
○ 履歴 : 2015「2015.12.20 会津から届いた新そばと夜の門前町通りの風景 2015
2.6 / 6.4
○ 履歴 : 2016「2016.12.20 クリスマスが近づき台所が賑わいをみせる 2016
- 0.1 / 9.5
○ 気温 : 昨日の最低 - 1.8(19:35)最高 3.7(00:21)24時
○ 気温 : 今日の最低 - 1.7(02:13)最高 2.0(10:54)24時

201712202400Temperature

上の画像は、2017.12.20(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になると、気温の方が 氷点下 となり、降水量の記録にはありませんでしたが、雪が舞い始め、一時 8cm まで積雪深が増えていました。

それでも、夜遅くには 7cm の積雪深まで戻り
- 0度台 が続いていました。

今日未明には、
- 1度台 まで下がった後 - 0度台 に戻っていましたが、02:13 には、今日の最低気温 - 1.7度 を記録していました。

明け方になっても
- 0度台 が続いていましたが、未明に少し降った雪で 8cm まで増えていた積雪深は、そのままでした。

朝になると、プラスの 0度台の気温が続き、時々雪雲の切れ間からお日さまが姿を現していた事で、08時には 7cm まで減っていました。

下の写真、左は、未明に降った雪がまだ道路や歩道に残っていた朝 07:20 頃の様子です。

昼前には 1度台まで上がったものの、空は雪雲に覆われ、朝、時々姿を見せていたお日さまを望む事はありませんでした。

下の写真、中央の左は、少しずつ雪がとけ始めていた昼前 10:23 頃の様子です。

昼過ぎには、1度台だった気温が 0度台となり、14時には 6cm まで減っていた積雪深でしたが、雪がチラチラ降り始めてからは、再び 7cm に増えていました。

下の写真、中央の右は、雪がチラチラ舞っていた昼過ぎ 12:54 頃の様子です。

そして、夕方には
- 0度台 からプラスの 0度台の間で変動し、雪が降った事で、積雪深は 8cm へと増えていました。下の写真、右は、雪が降り始めて来た夕方 16:19 頃の様子です。

その後、夜のはじめ頃には、雪は落ち着いて来たものの、断続的にチラチラ降り続いていましたが、気温の方は 0度台が続いていました。

そして、夜遅くには、0度台だった気温は、23時には
- 0度台 となり冷え込んで来ました(24時 - 0.5度 92% 8cm)。

20171220外の様子朝 20171220外の様子昼前 20171220外の様子昼過ぎ1 20171220外の様子夕方1

下の写真、左は、ばっぱのデーサービスから帰るときに望んだ太平山の様子です(10:51頃)。きれいに太平山を望むことはできたのですが、空は雪雲で覆われていました。

下の写真、中央と右は、キノコや生玉子を添えたきしめんです。そして、ふりかけご飯でした。このふりかけ、「
広島」で有名なふりかけなんだそうですよ。

20171220外の様子昼前太平山 20171220お昼ご飯きしめん玉子入り 20171220昼ご飯ふりかけご飯

下の写真、左も、今日のお昼ご飯です。ダイコンと厚揚げ豆腐の煮もの、それに、デザートの手作りケーキでした。マーマレードも自家製でした。

下の写真、右は、昼過ぎの 12:54 頃に小雪がチラチラ舞い始めた頃の様子です。

20171220お昼ご飯ダイコンと厚揚げ豆富の煮もの 20171220デザート手作りケーキ 20171220外の様子昼過ぎ2

そして、下の写真、左と中央は、夕方、再び雪が降り始めてきた 16:56 頃の東大通りと歩道の様子です。お店前だけは、湿っていた重たい雪を寄せていたので、きれいになっていました。

20171220外の様子夕方2 20171220外の様子夕方3 20171220アロマのセミナー1

今日は、夕方から夜のはじめ頃にかけて、今年最後となるアロマのセミナーが行われました。上の写真、右と、下の写真は、そのときに学んでいただいている様子です。

この頃、精油の説明に関しても、必ず電子座標系グラフを描きながら、その精油に含まれている芳香成分類を配置し、視覚に訴えかける事ができるようにしています。

そして、精油の主な芳香成分類と、その他の芳香成分類の「主な作用」の違いや、電子座標系グラフ上に現されるそれらの芳香成分類などを考慮しながら、他の精油についても、同じグラフ上に、同じように表現することで、精油のブレンドや、何の目的でこれらの精油が利用出来るのかを考える事ができるようにしています。

その他、今日は、有機化学の理解を深めていきました。

2006.01.20 精油の化学と基本骨格

● 精油の化学の基本(三つの炭化水素グループ + 官能基)
○ 三つの炭化水素グループ
・テルペン系
・芳香族
・脂肪族
○ 官能基
・官能基なし
・水酸基
・アルデヒド基
・ケトン基
・カルボキシル基
・エステル結合
・エーテル結合

が、芳香成分類の分類を考える上で大切でしたが、その中の一つである「脂肪族」と「アルデヒド基」の組合せで、「脂肪族アルデヒド類」という芳香成分類を考える事ができましたが、その芳香成分類は、オクタナール、デカナールなど「柑橘類の香りを決める芳香成分類として重要」な芳香分子でした。

2008.01.15 柑橘系特有の香りと特徴的な作用を持つ芳香分子の行方
2005.08.10 主要芳香分子がほとんど同じ

また、「
脂肪族」と「カルボキシル基」の組合せで、「脂肪族カルボン酸類」という芳香成分類は、脂肪酸として、植物油の化学を理解するために大切でした。

脂肪酸には様々な種類がありましたが、その種類は、炭化水素グループの一つである脂肪族(炭素と炭素が鎖状に結合)の「
炭素の数」と、炭素と炭素がどのように「結合」しているのかの組合せによって分類されていました。

その「
結合」には「単結合」なのか「不飽和結合」なのかによって、さらには「不飽和結合」の場合は、何カ所の「不飽和結合」があるのかによって、「一価」とか「多価」という不飽和の脂肪酸に分類され、しかも、その不飽和結合がどの「位置」にあるのかについても、体内の代謝によって産生される大切な生理活性物質として働く「必須脂肪酸」としての分類がありました。

2005.12.31 体調とプロスタグランジンの関係
2005.12.27 プロスタグランジンと栄養素
2005.12.25 プロスタグランジンと福田安保理論
2005.12.21 脂肪酸とプロスタグランジン

それら、様々な種類の「
脂肪族カルボン酸類」としての脂肪酸のうち三個と、アルコールであるグリセリン一個に結合している三つの水酸基(三価のアルコール)のそれぞれが「脱水縮合」して「エステル結合」し、トリグリセリドという油脂、すなわち、植物油の構造がそのようになっているというところまでお話しが進みます。

2017.12.11 植物油の化学グリセリンと脂肪酸の脱水縮合とエステル結合
2007.02.19 官能基のエーテル基とエステル結合
2005.08.06 キャリアオイルの化学

ですから、植物油の化学は、精油の化学と同じ考え方の延長線上で理解することができるかと思います。

20171220アロマのセミナー2 20171220アロマのセミナー3 20171220アロマのセミナー4

下の写真、左は、雪がやんでいた夜のはじめ頃 19:45 頃の様子です。それまで降っていた雪が降り積もっていました。

下の写真、中央と右は、今日の晩ご飯、タマネギベーコンスープと、デザートのリンゴです。

20171220外の様子夜のはじめ頃 20171220晩ご飯タマネギベーコンスープ 20171220デザートリンゴ

下の写真も、今日の晩ご飯です。牛タンとキャベツの炒めもの、山芋と納豆の和えもの、そして、ダイコンや厚揚げ豆腐、ちくわの煮ものでした。

20171220晩ご飯

明日の秋田の最低気温は
- 5度、最高気温は 3度、そして、天気は「曇りのち雨」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.12.20 17:00発表)。