みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

ひまわり:日記

2017年06月29日  ラベンダーおかむらさき生花の発送承ります 2017
2017年06月28日  夏日を記録しタチアオイが開花する中早咲きラベンダーの収穫 2017
2017年06月26日  高田梅が届く頃畑の早咲きラベンダーは開花直前を迎える 2017
2017年06月25日  草刈り後小雨の降る中笹の葉とほお葉収穫 2017
2017年06月23日  間近に迫ったラベンダーの開花ともう少しで完了する草取り作業 2017

ラベンダーおかむらさき生花の発送承ります 2017

今年もラベンダーの季節がやって参りました。

今年から、この季節だけにしか味わう事の出来ない「
ラベンダーの生花」を全国の方々(下記の地域以外)におわけしたいと思っています。

わずかな収穫量ですが、ご入り用の方は、下記の「
条件」を熟読され、ご納得いただけましたら、メールにてお知らせいただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

● 条件
1. ラベンダーの生花は傷みやすく、お届け後、ポロポロ花穂が取れてしまう場合があります
2. お届け日のご指定はできかねます
3. ラベンダーの開花状態に左右されるため、ご注文順に従って発送させていただきます
4. 収穫量が限られているため、ご注文いただいても発送できない場合がございます
5. お送りさせていただくラベンダーは「中咲きのラベンダーおかむらさき」です
6. 発送は 07月02日以降、順次発送させていただきます

○ その他
・ラベンダーは下記のように、38cm 18cm 50cm の白い紙袋で発送させていただきます
・茎と葉っぱが最初からついたラベンダーの生花です
・お値段は一袋分、2,160円(税込み)で、別途送料が必要です
・代金は、ラベンダー生花到着後、郵便局でお支払ください

○ 送料
・秋田県内 〜 648円(税込み)
・秋田県以外の東北地方 〜 756円(税込み)
・関東、信越地方 〜 864円(税込み)
・北陸、中部地方 〜 972円(税込み)
・上記以外の地域は生花という性質上、お送りできませんのでご了承いただければ幸いです

○ お申し込みの方法
・メールでお申し込みください
→ メールアドレスは、「aromajigen○gmail.com」(○を@へかえてメールしてください)
・お申し込みの方の
→ 郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号、お申し込み数量をお願いします
→ 配達日はご指定できませんが
→ ご希望時間帯があれば(午前中(秋田県内のみ)、14〜16時、16〜18時、18〜20時、19時〜21時)お書き添え下さい

発送完了時に、お問い合わせ番号とともにメールさせていただきます。
収穫量の関係で、お届け出来ない場合についても、その旨をお伝えするメールを差し上げます。

以上、よろしくお願い致します。

〒 010-0003
秋田市東通一丁目 7-23
みなみの香草屋
018-833-8907
「aromajigen○gmail.com」(○を@へかえてメールしてください)

2016.06.27 久しぶりの青空のもとラベンダーおかむらさきの収穫 2016
2007.07.27 ラベンダーらしさが審査の基準

20160627収穫後のラベンダーおかむらさき 20160627ラベンダーおかむらさきの発送準備1 20160627ラベンダーおかむらさきの発送準備2

夏日を記録しタチアオイが開花する中早咲きラベンダーの収穫 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.06.27 ラベンダーおかむらさきの収穫 200919.0 / 28.2<
○ 履歴 : 2010「2010.06.27 ラベンダーの生花を傷めないで送る方法
20.5 / 26.4
○ 履歴 : 2011「2011.06.27 ひたすら降り続ける雨
17.7 / 20.7 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.06.27 早咲きラベンダーの収穫 2 2012
15.7 / 28.6 21時現在
○ 履歴 : 2013「2013.06.27 早咲きラベンダーの収穫2とキイチゴの収穫 2013
19.3 / 27.3 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.06.27 真夏日の暑さの中畑のラベンダーおかむらさき収穫 2014
0.9 / 31.7
○ 履歴 : 2015「2015.06.27 梅雨入りし畑仕事もひとやすみ 2015
17.8 / 20.9
○ 履歴 : 2016「2016.06.27 久しぶりの青空のもとラベンダーおかむらさきの収穫 2016
14.0 / 23.2
○ 気温 : 昨日の最低 11.4(04:07)最高 24.7(14:54)24時
○ 気温 : 今日の最低 14.1(04:27)最高 25.5(14:46)24時

201706282400Temperature

上の画像は、2017.06.28(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜の夜遅くには、17度台から 16度台を示していましたが、今日未明には、15度台から 14度台で推移し、明け方には、14度台から 15度台を示していました。

その間の 04:27 には、今日の最低気温 14.1度を記録していました。朝は、水色の空に薄い雲が広がっていましたが、09時には 19.5度まで上がっていました。

下の写真、左は、朝 06:27 頃の様子です。

昼前には、少しずつ薄い雲がとれて、水色の空が広がって来ました。それでも、21度台から 22度台を示し、12時には 23.1度を記録していました。

昼過ぎになっても同じような空模様が続いていましたが、気温の方は 24度台が続き、14:46 には、今日の最高気温 25.5度を記録していました。

下の写真、中央の左は、24度台を記録していた昼過ぎ 12:58 頃の様子(13時 24.0度)、そして、中央の右は、15:58 頃の様子です。

夕方になってもボンヤリとした青空で、真っ青な空とはならなかったものの、お日さまは、ほぼ一日中姿を現していました。

気温の方は、24度台から 23度台、23度台から 22度台と、少しずつ下がっていました。

夜のはじめ頃には、昨日以上にハッキリとした三日月さまが西の空で輝いていました。下の写真、右は、夜のはじめ頃 20:14 頃の三日月さまの様子です。

20度を上回る気温が続いていましたが、21時には 19度台となり、夜遅くには 18度台から 16度台と推移していました(24時 16.3度 84%)。

20170628外の様子朝 20170628外の様子昼過ぎ1 20170628外の様子昼過ぎ2 20170628外の様子夜のはじめ頃

下の写真、左は、昨日収穫してきたラベンダーナナ成沢の生花です。今年も、一束 500円(税別)と、変わらずの値段で提供させていただいております。

今日は、朝から昼過ぎまで、アロマのセミナーでした。下の写真、中央と右は、そのときに学んでいただいた内容の一部です。

電子座標系グラフでは、四つの領域に体質と精油を配置することで、それぞれの体質の偏った状態を、その体質とは正反対の領域に位置する精油を使ってバランスをとるようにすることで、体質改善を行う事が可能で、精油の間接的な作用と呼ばれていました。

体質形態学では、体質を見極め、その体質の方々に起こりがちな体調や肌質の傾向を「
まず理解・把握」し、実際の体調や肌質をカウンセリングします。

この考え方は、体調や肌質を改善するためのそれぞれの要因や体質との関連性をも考慮に入れた精油の選択が可能となりますが、その奥行きの深さに改めてビックリさせられます。

電子座標系グラフでは、四つの領域が対象でしたが、二つの領域、すなわち、縦軸を中心に、イオン化された芳香分子が、マイナスかプラスに帯電している形で表現される二つの領域と、それぞれに対応した「
二つの体質」、すなわち、物静かな体質、そして、活動的な体質の方々との相関関係を考えたとき、

● 福田安保理論との関連性
○ 自律神経と免疫の法則
・交感神経と顆粒球
・副交感神経とリンパ球
○ 電子座標系グラフとリンパ球人間・顆粒球人間
・活動的な体質と顆粒球人間
・物静かな体質とリンパ球人間

という関係とも連動させて考える事ができました。これらについては、下記のブログでもご紹介させていただきました。

2012.07.24 抗炎症作用と電子座標系グラフ上の芳香成分類との関係

電子座標系グラフを利用した精油の選択には、様々な考え方を取り入れることができ、それぞれの条件に応じた精油の選択が可能となりそうです。

20170628ラベンダーナナ成沢生花 20170628アロマのセミナー1 20170628アロマのセミナー2

下の写真は、今日のお昼ご飯です。千葉の叔父さんから届いたタマネギを使い、タマネギのスープを作りました。そして、ビーフシチューとビーフシチューご飯です。

20170628タマネギスープ 20170628ビーフシチュー 20170628ビーフシチューご飯

今日は、少し遅くなりましたが、早咲きラベンダーの収穫に山へ向かいました。下の写真、左は、ようやく開花したタチアオイの花です(16:19頃)。

中央は、野菜の畑、そして、右は、収穫前のラベンダー畑の様子です。

20170628山へ向かう途中の様子タチアオイ開花 20170628野菜の畑 20170628ラベンダーの畑

下の写真も、収穫前のラベンダー畑の様子です(17:11頃)。昨日収穫した列のラベンダーが欠けているのがわかります。

20170628ラベンダー畑の様子1

下の写真は、今日収穫を予定していた早咲きラベンダーナナ成沢の様子です(17:22頃)。大きな株と素直にまっすぐに伸びている茎が特徴でした。

20170628収穫前のラベンダーナナ成沢1

下の写真は、収穫を終えた頃の、同じラベンダーナナ成沢の様子です(19:26頃)。二時間ほどで、これだけしか収穫することができませんでした。

20170628収穫後のラベンダーナナ成沢1

下の写真は、収穫前に撮ったラベンダーおかむらさき、そして、ラベンダーナナ成沢、ラベンダーはなもいわの様子です。

20170628ラベンダーおかむらさき 20170628ラベンダーナナ成沢とはなもいわ1

下の写真も、早咲きラベンダーナナ成沢と遅咲きラベンダーはなもいわの様子です。

20170628ラベンダーナナ成沢とはなもいわ2

下の写真は、ラベンダー畑全体を望んだ風景です。まだラベンダーおかむらさきがハッキリした色に写っていませんが、それも、もう少しです。

20170628ラベンダー畑の様子2 20170628ラベンダー畑の様子3

下の写真も、同じような風景ですが、ラベンダー畑を望んだ風景です(17:25頃)。一番手前に写っているのは、遅咲きのラベンダーはなもいわです。

20170628ラベンダー畑の様子2 20170628ラベンダー畑の様子3

下の写真は、そのラベンダーはなもいわを中心に撮した畑の様子です。

20170628ラベンダー畑の様子はなもいわ1 20170628ラベンダー畑の様子はなもいわ2

下の写真は、早咲きラベンダーこいむらさきです(17:29頃)。

20170628ラベンダー畑の様子こいむらさき

下の写真は、収穫したラベンダーナナ成沢です。紫色というより、少し青い色が強くでる品種のようすです(18:55頃)。

20170628収穫したラベンダーナナ成沢1

下の写真、左は、収穫前のラベンダーナナ成沢(17:22頃)、そして、中央と右は、収穫したラベンダーナナ成沢です。

20170628収穫前のラベンダーナナ成沢2 20170628収穫したラベンダーナナ成沢2 20170628収穫したラベンダーナナ成沢3

下の写真、左と中央は、収穫後のラベンダーナナ成沢(19:26頃)の様子です。ほんの一部ですが、収穫後は寂しくなりますね。

20170628収穫後のラベンダーナナ成沢2 20170628収穫したラベンダーナナ成沢4 20170628山からの帰り道の様子田んぼ

上の写真、右と、下の写真、左は、山からの帰り道の様子ですが、もうすぐ 20時となる 19:52 頃でした。南西の空には、お月さまが、昨日とは違い、ハッキリと輝いていました。中央は、山から帰って来たときの様子です。

20170628山からの帰り道の様子三日月さま 20170628お店に到着 20170628晩ご飯にんにくのしょう油漬けご飯

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。ニンニクのしょう油漬けご飯、青菜の白和え、キュウリ、そして、スパムと目玉焼きでした。

20170628晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。豆富とサヤエンドウのみそ汁、そして、梅酒でした。

20170628晩ご飯豆富とサヤエンドウのみそ汁 20170628梅酒

明日の秋田の最低気温は 14度、最高気温は 26度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.06.28 17:00発表)。

高田梅が届く頃畑の早咲きラベンダーは開花直前を迎える 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.06.26 会津高田は梅とあやめで賑やかなようです18.0 / 29.9<
○ 履歴 : 2010「2010.06.26 梅アロマとむせかえるほどのラベンダーの香り
17.7 / 30.4
○ 履歴 : 2011「2011.06.26 開花前の早咲きラベンダーの収穫 2011
14.6 / 22.9 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.06.26 早咲きラベンダーの収穫と風景を楽しむ 2012
14.4 / 27.0 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.06.26 真夏日の日早咲きラベンダーの収穫と発送 2013
18.7 / 30.3
○ 履歴 : 2014「2014.06.26 快晴で真夏日並の暑さの中畑のラベンダーおかむらさき収穫と発送 2014
15.8 / 29.2
○ 履歴 : 2015「2015.06.26 梅雨が来る前におかむらさきの収穫が終わる 2015
20.3 / 29.0
○ 履歴 : 2016「2016.06.26 小雨が断続的に降り毎正時の気温が20度を下まわる中ラベンダーおかむらさきの収穫 2016
14.7 / 20.2
○ 気温 : 昨日の最低 16.2(04:53)最高 26.7(10:27)24時
○ 気温 : 今日の最低 13.0(23:48)最高 20.3(13:22)24時

201706262400Temperature

上の画像は、2017.06.26(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、雨が降っていましたが、すぐに落ち着いたようで、夜遅くには 18度台から 17度台を示していました。

今日未明になっても 17度台が続いていましたが、雨が降り始めた頃から気温が少し下がり、明け方には 16度台から 15度台を示していました。

朝になってもその雨が続いていましたが、雨足が弱くなり、いつしかその雨もやんでいました。そのためか、15度台の気温が続いていましたが、09時には 16度台を記録していました。

下の写真、左は、まだ雨が降っていた朝 06:04 頃の様子です。

昼前になると、雲の切れ間からお日さまが姿を現し、気温も 18度台が続いていました。下の写真、中央の左は、雲に覆われていたものの、その切れ間からお日さまが姿を現していた昼前 09:57 頃の様子です。

昼過ぎになると、青空も広がり始め、お日さまも暖かな光を届けていましたが、相変わらず気温は低く、19度台が続いていました。それでも、今日の最高気温は、13:22 に記録した 20.3度でした。下の写真、中央の右は、青空の広がって来た昼過ぎ 15:21 頃の様子です。

夕方になると、移動する雲はあったものの、青空が広がり、19度台から 18度台の気温が続いていました。下の写真、右は、西の空に、薄い雲が広がっていた夕方 18:46 頃の様子です。

夜のはじめ頃になると、18度台を記録していた気温が急に下がりだし、一気に 16度台から 15度台を示し、夜遅くには、14度台から 13度台と冷え込んでいました。

そして、その頃の 23:48 には、今日の最低気温 13.0度を記録していました(24時 13.1度 90%)。

20170626外の様子朝 20170626外の様子昼前 20170626外の様子昼過ぎ 20170626外の様子夕方

下の写真、左は、昨夜のうちに、収穫してきた笹の葉の処理が済んだ時の様子です(昨夜 22:32頃)。

中央と右は、雨があがり、歩道や道路が乾き始めていた朝の歩道とお店前の早咲きラベンダーこいむらさきの様子です(07:59頃)。

20170625笹の葉 20170626歩道の早咲きラベンダーこいむらさき 20170626お店前の早咲きラベンダーこいむらさき

下の写真も、雨上がりに撮したボリジの花とお隣さんの早咲きラベンダーこいむらさきの様子です。まだ花に雨粒が残っていました。そして、花の一部がこの雨で少し傷んで来たようです。

20170626お店前のボリジ 20170626お隣さんの早咲きラベンダーこいむらさき1 20170626お隣さんの早咲きラベンダーこいむらさき2

今日は、昼前から昼過ぎにかけて、植物療法(フィトテラピー)のセミナーがありました。下の写真、左は、そのときに学んでいただいた内容の一部です。

生体の合目的性と三大栄養素、並びに補因子としてのビタミンやミネラルのお話しでした。生命活動と恒常性を維持するために働く重要なお話しで、化学変化と酵素、そして、それらを助ける補因子の関係、そして、それらの補因子がエネルギー生成系、神経系や筋肉系などの保全に活躍し、活性酸素の除去にも働く作用などを中心に学びました。

当然のことながら、それらの栄養素や補因子が不足したり、欠乏したりすると、体調や肌にも影響がありますが、その体調や肌質を体質との関連性も考えに入れながら、カウンセリングにも生かせるように学んでいただきました。

下の写真、中央は、植物療法(フィトテラピー)のセミナーが終わった頃に、実家の会津から届いた「高田梅」です。今年も不作だったようで、貴重な高田梅でした。

20170626植物療法のセミナー 20170626会津から高田梅が届く 20170626デザートメロンとサクランボ

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。手作りの鶏肉スパイシーカレー、そして、デザートのメロンとサクランボです。

20170626お昼ご飯

昨夜、処理しておいた笹の葉を使い、ばっぱは笹巻き作りでした。下の写真、左が、その様子です。。

2012.06.13 秋田の笹巻き 2012
2006.06.10 会津のひし巻き秋田の笹巻き

今日は、まだ開花が見込まれなかったので、それほど急ぐこともなく山へ向かいました。下の写真、中央は、やや雲がかかっていた山へ向かう途中の様子です(15:36頃)。

この頃、いつもこの辺りの田んぼとタチアオイの風景をお伝えしていますが、横森地区では、すでにタチアオイの花が咲いていました(山の帰りに確認しました)。

右は、山へ着いたときに、すでに運ばれていた堆肥です(15:44頃)。が・・・・

二台分の堆肥、一台分が、昨年の堆肥の上に積み重ねて置かれていました。わぁ・・・・

二年間かけて完熟堆肥にしていたのになぁ。これで、堆肥寄せの作業する時間を費やすことになりそうですが、今は、そんな時間がありません。明日には、ラベンダーが開花しそうだからです。

20170626笹巻き 20170626山へ向かう途中の様子田んぼとタチアオイ 20170626堆肥到着するも

下の写真は、野菜畑の様子です。順調に苗が育っていました。中央は、丸坊主だったキュウリに新しい葉っぱが出始めてきた様子です(15:54頃)。

ただ、それを心配されていたお隣のおばさんが、キュウリの苗を山の入り口にそっと置いていかれたようです。ありがたいことです。その苗をさっそく野菜畑へ定植させていただきました。下の写真、右が、そのキュウリ苗です(16:15頃)。

20170626野菜の畑 20170626野菜畑キュウリの葉っぱ 20170626おばさんからいただいたキュウリを定植

今年も、トウモロコシを植えましたが、今のところ順調です。下の写真、左が、そのトウモロコシの様子です。ナスやピーマンなどが、少し生育が遅れていました。

下の写真、中央と右は、ラベンダー畑の様子ですが、傷んだ枝の整理で排出された枯れ枝を片づける前と後の様子です。

昨日は、周囲の残っていた草を刈り取りました。枯れ枝も片付ける事ができたので、これでラベンダー畑もスッキリしました。

20170626野菜畑トウモロコシ 20170626ラベンダー畑1 20170626ラベンダー畑2

下の写真も、枯れ枝を片づけた後のラベンダー畑の様子です(16:49頃)。畑周囲の草もきれいになりました。今日は、お天気でしたが気温が低く、開花は明日以降になりそうです。

20170626ラベンダー畑の様子1

下の写真は、その開花直前の早咲きラベンダーナナ成沢とラベンダーこいむらさきの様子です。

20170626ラベンダーナナ成沢 20170626ラベンダーこいむらさき

そして、下の写真、左は、中咲きのラベンダーおかむらさき、そして、右は、早咲きのラベンダーナナ成沢を中心に、やや白い色で写っている遅咲きのラベンダーはなもいわの様子です(16:50頃)。

20170626ラベンダーおかむらさき 20170626ラベンダーナナ成沢とはなもいわ1

下の写真は、ラベンダーおかむらさきの列から、早咲きラベンダーこいむらさきやナナ成沢の列を撮した畑の様子です。

20170626ラベンダーナナ成沢とこいむらさき

同じ写真が続きますが、下の写真は、早咲きラベンダーナナ成沢と遅咲きのラベンダーはなもいわの列を撮したときの様子です。

20170626ラベンダーナナ成沢とはなもいわ2

下の写真は、一番奥に位置するラベンダーはなもいわ越しにラベンダー畑全体を見渡したときの風景です(16:51頃)。

20170626ラベンダー畑の様子2

今日は、デジカメを準備していました。ちょっと余裕があったので、西の空から差し込んでくるお日さまの光を取り入れ、ラベンダーはなもいわを撮したのが、下の写真です。

他のラベンダーに比べ、花穂が少し薄紫色なのがわかります。

20170626ラベンダーはなもいわ花穂1

下の写真は、ラベンダーナナ成沢の花穂の様子です。濃い青紫色で、早咲きですが、花穂のつきかたが、中咲きのラベンダーおかむらさきに似ており、こいむらさきのように詰まった短い花穂でないことがわかります。

20170626ラベンダーナナ成沢花穂

下の写真は、遅咲きのラベンダーはなもいわの花穂を大写しにしたものです。

20170626ラベンダーはなもいわ花穂2

下の写真も、遅咲きのラベンダーはなもいわの花穂です。背景には色の濃いラベンダーナナ成沢が映り込んでいますが、とてもよいコントラストになって写っていました。

20170626ラベンダーはなもいわ花穂3

下の写真は、早咲きのラベンダーナナ成沢の花穂を大写しにして撮した様子です。

20170626ラベンダーナナ成沢花穂

ラベンダーナナ成沢の花穂の先端は、全体に杯型になっていますが、下の写真の、ラベンダーこいむらさきの先端は、マンマルになっているのがわかります。

ラベンダーこいむらさきは、その名前の通り、非常に濃い紫色の花穂を示しますが、香りは青臭いツーンとした香りが特徴で、それよりも甘い香りを漂わせるのがナナ成沢でした。

花穂や茎も長くしっかりしています。花穂や茎のもっと長いのが中咲きのおかむらさきですが、こちらの方は、しなやかな茎と花穂で、先端の花穂がやや下向きになりがちです。

それでも、このおかむらさきは、一番ラベンダーらしい香りを放ちました。

20170626ラベンダーこいむらさき花穂1

下の写真も、ラベンダーこいむらさきの花穂です。

20170626ラベンダーこいむらさき花穂2

下の写真も、ラベンダーこいむらさきですが、大写しから少し離れた形で撮した様子です。お日さまの光は、濃い紫色に染まったこいむらさきの花穂を、さらに輝かせていました(17:10頃)。

20170626ラベンダーこいむらさき花穂3

写真を撮っていると時間を忘れてしまいます。下の写真も、ラベンダーこいむらさきの様子です。

20170626ラベンダーこいむらさき花穂4

下の写真は、早咲きラベンダーナナ成沢とラベンダーこいむらさきの列を少し大きめに撮った風景です(17:16頃)

20170626ラベンダーこいむらさき

下の写真は、ラベンダーおかむらさきの列の様子です。大型のラベンダーで、ほどよく色づき始めてきました。

20170626ラベンダーおかむらさき

下の写真は、早咲きのラベンダーナナ成沢と遅咲きのラベンダーはなもいわの様子です。

20170626ラベンダーナナ成沢とはなもいわ

同じような写真が続きますが、下の写真は、早咲きのラベンダーこいむらさきの列の様子です(17:20頃)。

20170626ラベンダーこいむらさき

ラベンダー畑を堪能しましたが、今日は、開花が明日以降に持ち越され、まだ残っていた八重紅枝垂れ桜のある斜面に咲くラベンダーの草取りを行いました。

こちらには、早咲きのラベンダーようていもありました。

下の写真、左が、草取り前(17:22頃)、そして、中央は、草取り後(17:56頃)の様子です。これで、予定していた作業はほとんど終了し、明日からは、収穫が始まります。

下の写真、右は、山からの帰り道の様子です。雲が少しありましたが、とてもきれいな田んぼの風景でした(18:07頃)。

20170626八重紅枝垂れ桜のある斜面のラベンダー草取り前1 20170626八重紅枝垂れ桜のある斜面のラベンダー草取り後 20170626山からの帰り道の様子田んぼ

横山金足線が少し混んでいたようだったので、タチアオイの花が咲いていないか、横森地区を経由して帰りました。

思っていた通り、こちらのタチアオイの花は、咲き出していました。下の写真は、そのタチアオイの花です(18:14頃)。

20170626山からの帰り道の様子横森地区のタチアオイ1 20170626山からの帰り道の様子横森地区のタチアオイ2

下の写真は、今日の晩ご飯です。キュウリがっこにポテトサラダ、キュウリとカニカマの酢のもの、そして、ジンギスカン、豚肉のキムチ炒めでした。

20170626晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。サヤエンドウのみそ汁、サラダ寒天でした。そして、四年物の梅酒でした。

20170626晩ご飯サヤエンドウのみそ汁 20170626晩ご飯サラダ寒天 20170626梅酒

明日の秋田の最低気温は 12度、最高気温は 25度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.06.26 17:00発表)。

草刈り後小雨の降る中笹の葉とほお葉収穫 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.06.25 早咲きラベンダーの収穫が終了 200916.4 / 27.5
○ 履歴 : 2010「2010.06.25 ラベンダーこいむらさきの開花と収穫 2010
20.1 / 25.4
○ 履歴 : 2011「2011.06.25 会津美里町の風景が届きました
15.2 / 22.1 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.06.25 早咲きラベンダーの収穫とスパリゾートハワイアンズ
13.8 / 25.9 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.06.25 高田梅の届いた日に畑の早咲きラベンダー開花 2013
17.4 / 27.1
○ 履歴 : 2014「2014.06.25 快晴で清々しい天気の中畑のラベンダーおかむらさき開花 2014
16.2 / 23.5
○ 履歴 : 2015「2015.06.25 おかむらさきの収穫が進み寂しくなってきた畑 2015
16.4 / 28.0
○ 履歴 : 2016「2016.06.25 強風の中ラベンダーおかむらさきの蒸留 2016
19.0 / 24.0
○ 気温 : 昨日の最低 15.1(04:19)最高 24.5(14:13)24時
○ 気温 : 今日の最低 16.2(04:53)最高 26.7(10:27)24時

201706252400Temperature

上の画像は、2017.06.25(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、19度台から 17度台へと、少しずつ気温が下がっていましたが、今日未明にかけても、17度台から 16度台を示していました。

明け方になると 04:53 に記録した今日の最低気温 16.2度を境に、16度台から 17度台で推移していました。

それまで、穏やかな気温の推移を示していましたが、朝になると、青空の広がるお日さまのもと、一気に上昇し、07時には 19.0度だった気温は、09時には 24.6度を記録していました。

下の写真、左は、まだそれほど気温が上がっていなかった朝 07:32 頃の様子です。

昼前には、さらに気温が上昇し、10:27 には、今日の最高気温 26.7度を記録していました。それでも、お昼前には、あれだけ青空の広がっていた空には雲が覆うようになり、12時には 24度台を示していました。

下の写真、中央の左は、お昼前の 11:56 頃の様子です。

その後、昼過ぎになると、しだいに厚い雲が覆う様になり、いつ雨が降り出してもおかしくないような梅雨空になっていました。気温の方も、少しずつ下がり始め、15時には 20度を下まわる 19.6度を示していました。

下の写真、中央の右は、ドンヨリとした曇り空となっていた昼過ぎ 14:10 頃の様子です。

夕方になると、霧雨のような雨が降り始め、やがて、小雨が降り出してきました。それでも、19度台から 18度台の気温で推移していました。

夜のはじめ頃には、一時、雨足が強くなった事もありましたが、いつしかその雨もあがり、雨の降っていた頃には 17度台まで下がったものの、雨がやんでからは 18度台となっていました。

下の写真、右は、降り出した雨が落ち着いていた夜のはじめ頃 19:23 頃の様子です。夜遅くには 18度台から 17度台を示していました。(24時 17.4度 92%)。

20170625外の様子朝 20170625外の様子昼前 20170625外の様子昼過ぎ 20170625外の様子夜のはじめ頃

下の写真、左と中央は、お日さまの眩しい光を受け、キラキラ輝いていたお店前のハーブたちと歩道に咲く早咲きラベンダーこいむらさきの様子です(07:35頃、07:56頃)。

今の季節、水色のボリジ、紫色のラベンダー、黄色のダイヤーズカモマイル、そして、赤紫色のウスベニアオイと、色とりどりのハーブたちがとても輝いて見えました。

20170625色とりどりのハーブ 20170625歩道の早咲きラベンダーこいむらさき 20170625お昼ご飯アジのフライ

上の写真、右、そして、下の写真、左と中央は、今日のお昼ご飯です。畑のラベンダーの開花に合わせて、お昼ご飯のおにぎりを準備していたのですが、空振りでした。

もう少し開花に時間がかかりそうで、今日のお昼ご飯は、四角いおにぎりで、アジのフライとポテトサラダ、そして、キャベツと油揚げのみそ汁でした。

それでも、昼過ぎには、山へ向かいました。下の写真、右は、山へ向かう途中の田んぼとタチアオイの様子です(15:13頃)。タチアオイのつぼみももう少しで咲き出しそうでした。

20170625お昼ご飯キャベツと油揚げのみそ汁 20170625四角いおにぎり 20170625山へ向かう途中の様子田んぼとタチアオイ

下の写真、左と中央は、今日の野菜畑の様子です(15:23頃)。トマトの脇芽を取り除き、インゲン豆の支柱にネットを張りました。キュウリの葉っぱも少しずつではありますが、大きくなっていました。

それにしても、トマトが順調に育っている傍ら、ナスが足踏み状態です。寒くて冷たい雨が降り続いていた頃から、そのままの状態でした。

20170625野菜の畑 20170625野菜の畑トマト 20170625ラベンダーこいむらさきの列

上の写真、右と、下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(16:15頃)。随分早咲きのラベンダーこいむらさきの花穂が膨らんできました。

20170625ラベンダー畑の様子1

下の写真も、ラベンダーこいむらさきを中心に撮した畑の様子です。まだ開花が確認されていませんが、明日明後日頃になりそうです。ただ、今日の夕方から、明日の朝にかけて、雨の予報が出されていました。

20170625ラベンダー畑の様子こいむらさき

今日は、ラベンダー畑の周囲に少し残っていた草刈りから始めました。下の写真、左は、その畑周囲とカボチャの苗を定植した場所の草刈り途中の様子です(17:08頃)。

中央は、草刈り後の様子です(17:29頃)。そして、ラベンダー畑のさらに上の方にあった草も刈り取りました。下の写真、右が、その時の様子です(17:42頃)。

すでに、この頃から、霧雨が降りだしていました。

20170625ラベンダー畑周囲の草刈り前の様子 20170625ラベンダー畑周囲の草刈り後の様子1 20170625ラベンダー畑周囲の草刈り後の様子2

下の写真、左と中央は、八重紅枝垂れ桜のある斜面へと続く場所の草刈り前(17:42頃)と後(18:01頃)の様子です。

何とか草刈りが終わった頃には、小雨に変わっていました。その中を、ばっぱから催促されていた笹の葉とほお葉の収穫に向かいました。

20170625八重紅枝垂れ桜のある斜面の草刈り前の様子 20170625八重紅枝垂れ桜のある斜面の草刈り前の様子 20170625小雨の中笹の葉の収穫1

随分長く伸びた雑草の中、作業用の軽トラでその草をなぎ倒しながら笹の葉のある場所へ向かいました。上の写真、右が、その時の様子です(18:15頃)。

そういえば、昨年は、2016.06.14 に収穫していましたが、今年は、遅れていました。

2016.06.14 梅雨に入り笹の葉とほお葉収穫 2016

笹の葉の状態を確認して、120本ほどの笹の葉の茎を収穫してきました。一番先端には、まだ新芽が伸びている状態で、とてもよい笹の葉を収穫することができました。

下の写真、左は、収穫前、そして、中央は、収穫した笹の葉です(18:26頃)。下の写真、右のような場所を上がって来ましたが、軽トラのフロントには、草の花芽がビッシリくっついていました。

20170625小雨の中笹の葉の収穫2 20170625小雨の中笹の葉の収穫3 20170625小雨の中笹の葉の収穫4

ほお葉は、この頃は、近くの小さな木から収穫しています。以前は難儀していましたが、今は手を伸ばすとすぐの場所にあるほお葉を収穫します。

下の写真、左と中央は、ほお葉を収穫しているときの様子です。ちょうど手を伸ばすと収穫出来る場所ですが、とても大きな葉っぱです。

下の写真、右は、収穫したほお葉と笹の葉です。とてもよい状態の葉っぱを収穫することができましたが、全身、雨に濡れてしまいました。

20170625小雨の中ほお葉の収穫1 20170625小雨の中ほお葉の収穫2 20170625小雨の中笹の葉とほお葉の収穫

下の写真、左は、山からの帰り道の様子です。小雨が降り、田んぼや道路がシットリと濡れていました(19:06頃)。

お店へ戻ると、お隣のケーキ屋さんの前に止まっていた車がライトをつけたままでした。その光が、雨に濡れた歩道の早咲きラベンダーこいむらさきを照らし出していました。

写真が前後しますが、下の写真、右は、収穫してきた笹の葉とほお葉の整理をしているばっぱです。

20170625山からの帰り道の様子田んぼ 20170625小雨の中ライトに映えるラベンダーこいむらさき1 20170625笹の葉とほお葉の整理1

写真が前後しましたが、上の写真、中央と、下の写真は、山から帰って来たときに撮した歩道のラベンダーこいむらさきの様子です(19:17頃)。

雨に濡れた花びらに、車のライトがあたり、とてもきれいでした。

20170625小雨の中ライトに映えるラベンダーこいむらさき2 20170625小雨の中ライトに映えるラベンダーこいむらさき3

下の写真も、雨に濡れ、車のライトがあたり輝いていた歩道のラベンダーこいむらさきの様子です(19:18頃)。もう、満開に近い状態でした。

20170625小雨の中ライトに映えるラベンダーこいむらさき4

下の写真、左と中央は、今日の晩ご飯、そして、右は、手早く笹の葉を茎から切り離し、作業を続けるばっぱの様子です。

20170625晩ご飯サラダ寒天 20170625晩ご飯キュウリ 20170625笹の葉とほお葉の整理2

下の写真も、今日の晩ご飯です。キュウリにキャベツと油揚げのみそ汁、中華風煮込み、牛タン、インゲン豆、豆富の燻製、そして、ところてんでした。

20170625晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 17度、最高気温は 20度、そして、天気は「雨のち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.06.26 05:00発表)。

間近に迫ったラベンダーの開花ともう少しで完了する草取り作業 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.06.23 植物療法 日本のハーブの種類と利用法 424.1 / 29.7 東京
○ 履歴 : 2010「2010.06.23 大島つばき油の採油見学
22.4 / 25.5 東京
○ 履歴 : 2011「2011.06.23 雨に輝くハーブたちと放射性物質検査案内ファックス
20.0 / 22.4 22時現在
○ 履歴 : 2012「2012.06.23 早咲きラベンダー収穫前のドライブ
14.9 / 17.5
○ 履歴 : 2013「2013.06.23 開花直前の早咲きラベンダーを独り占め 2013
16.8 / 23.8
○ 履歴 : 2014「2014.06.23 早咲きラベンダー生花一束540円也 2014
16.3 / 22.0
○ 履歴 : 2015「2015.06.23 おかむらさきが開花し収穫と発送 2015
16.9 / 25.1
○ 履歴 : 2016「2016.06.23 雨上がりの中開花を待たずラベンダーおかむらさきの収穫と発送 2016
18.4 / 23.6
○ 気温 : 昨日の最低 16.1(06:49)最高 19.6(14:10)24時
○ 気温 : 今日の最低 17.3(24:00)最高 23.2(14:24)24時

201706232400Temperature

上の画像は、2017.06.23(金)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃には、パラパラ小雨が降り始めていましたが、降水量のデータには記録されないほどの雨量だったようで、夜遅くには、道路は濡れていましたが、雨はやんでいました。

気温の方も、17度台から 18度台の間で推移していましたが、今日未明から明け方にかけても 18度台の気温が続く暖かさでした。

午前中の最低気温は、05:32 に記録した 18.0度だったようです。下の写真、左は、雨があがり、白い雲が空を覆っていた朝 06:29 頃の様子です。

朝は、白い雲で空が覆われ、18度台から 19度台を示していましたが、昼前になると、その雲の切れ間からお日さまが姿を現し、気温の方も、20度台から 22度台の間で変動していました。

昼過ぎになると、それまで空を覆っていた雲がとれ、きれいな青空が広がっていました。それでも、22度台から 23度台で推移し、14:24 には、今日の最高気温 23.2度を記録していました。

下の写真、中央は、ほんの少し雲はあるものの、きれいな青空が広がっていた昼過ぎ 13:47 頃の様子です。

夕方になっても、青空が広がっていましたが、途中からお日さまが雲の陰に隠れていました。それでも、気温の方は、22度台から 21度台、そして、20度台を示していました。

ただ、お日さまが沈み始めた頃には、再びきれいな青空が見え始め、夜のはじめ頃には、夕日はすでに沈んでいましたが、きれいな夕焼け空を望む事ができました。

その間、20度台から 19度台の気温で推移し、夜遅くには、今日の最低気温 17.3度を記録(24:00)していました。下の写真、右は、夜のはじめ頃 19:58 頃の様子です(24時 17.3度 88%)。

20170623外の様子朝 20170623外の様子昼過ぎ 20170623外の様子夜のはじめ頃

暖かな気温が続いているため、一気に歩道の早咲きラベンダーこいむらさきが花を咲かせていました。下の写真が、こいむらさきの花の様子です(06:36頃)。

20170623歩道の早咲きラベンダーこいむらさき1

下の写真も、早咲きラベンダーこいむらさきの様子ですが、左は、上の写真と同じ、歩道のラベンダー、そして、右が、お隣さんのラベンダーこいむらさきです。

20170623歩道の早咲きラベンダーこいむらさき2 20170623お隣さんの早咲きラベンダーこいむらさき3

秋田市では、まだ、この辺りのタチアオイの花が開花していませんが、一足先にウスベニアオイが咲き始めてきました。そして、お気に入りのクリーピングタイムの赤花が、きれいな花を咲かせていました。

20170623ウスベニアオイ 20170623タイムクリーピング赤花 20170623お昼ご飯台湾まぜ麺

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、台湾のまぜ麺でした。

20170623お昼ご飯

デザートはロールケーキでした。ややかためのクリームが甘さを控えた大人の味がしました。

今日は、昼前は曇りがちでしたが、昼過ぎからは、きれいな青空広がり、さっそく山へ向かいました。下の写真、中央と右は、途中の様子ですが、青空にバッテン印に見える雲がありました。

下の写真、中央が、そのときの様子ですが、上の方がハッキリしていませんね(14:40頃)。右は、タチアオイと田んぼの様子です。

20170623デザートロールケーキ 20170623山へ向かう途中の様子バッテン印の雲 20170623山へ向かう途中の様子田んぼとタチアオイ

下の写真は、野菜畑とカボチャ苗の様子です。特に、丸坊主だったキュウリの葉っぱが、新しい葉を広げていました。そして、カボチャ苗は、ようやく根っこが地面に食らいついたのか、急に元気になってきました。

20170623野菜の畑 20170623野菜の畑キュウリの葉っぱ 20170623ようやく大きくなり始めたカボチャの苗

下の写真は、今日の作業を行う前のラベンダー畑の様子です(15:39頃)。ご覧のように、気持ちのよい青空が広がっていました。

20170623ラベンダー畑の様子

下の写真、左は、これから草取りと枝の整理を始めようとしているうね間の様子、そして、中央は、昨日その作業が済んだうね間の様子です(15:39頃)。

まだそれほど色が上がっていないように見えますが、下の写真、右のように、だいぶ色づいて来ました(ラベンダーナナ成沢)。予定だと、今日、2017.06.23 が開花の予定だったのですが、もう少し後になりそうです。

2017.06.15 畑のラベンダーおかむらさきがほのかに色づく 2017

今年は、寒くて冷たい雨の降る日が多かったためか、畑の方の早咲きラベンダーの開花が随分遅れています。

20170623草取りと枝整理前のラベンダーナナ成沢の列 20170623草取りと枝整理前のラベンダーナナ成沢こいむらさきの列 20170623ラベンダーナナ成沢の様子

下の写真は、今日、草取りと枝の整理が終わったうね間とラベンダーの様子です(19:14頃)。写真は、早咲きのラベンダーナナ成沢の列でした。

20170623草取りと枝整理後のラベンダーナナ成沢の列1 20170623草取りと枝整理後のラベンダーナナ成沢の列2 20170623草取りと枝整理後のラベンダーナナ成沢の列3

下の写真は、草取りと枝の整理を始める前に撮したラベンダー畑の様子です。一番奥から望んだ風景です(15:40頃)。所々歯抜けのようになった列がありますが、見渡しているとこの風景に見とれてしまいます。

20170623ラベンダー畑の様子

下の写真は、草取りと枝の整理をする前、そして、作業途中のラベンダー畑の様子です。左と中央は、早咲きラベンダーこいむらさきを中心に撮しました。

20170623ラベンダーこいむらさきの列 20170623ラベンダーこいむらさきとナナ成沢の列 20170623草取りの途中で望んだラベンダー畑の様子

下の写真、左は、草取りと枝の整理の途中(17:55頃)、そして、中央と右は、その作業が終わった頃の様子です(19:17頃)。

201706233草取りと枝整理途中の様子 20170623草取りと枝整理後のラベンダー畑の様子1 20170623草取りと枝整理後のラベンダー畑の様子2

今日の作業を終えて、改めて枯れ枝整理により排出された枝の量、すごい量でした。上の写真、右と、下の写真が、その時の様子です(19:16頃)。

通常であれば、花芽の伸びる前に枯れ枝の整理をするのですが、今回は、その作業を飛ばし、草取りと同じ時期に行っていました。

作業効率が半減してしまいますね。うね間に重なるように伸びている花穂を傷つけないようにしながらの作業でした。

20170623草取りと枝整理後のラベンダー畑の様子3

下の写真は、今日の作業を終え、ラベンダーおかむらさきの列から早咲きのラベンダーを望んだ様子です(19:16頃)。

20170623草取りと枝整理後のラベンダー畑の様子4

下の写真も、作業を終えた後に撮したラベンダー畑の様子です。一番手前の少し色の薄い花穂は、遅咲きのラベンダーはなもいわです。

20170623草取りと枝整理後のラベンダー畑の様子5

下の写真、左は、山からの帰り道で望んだ西の空の様子です(19:40頃)。一時雲がかかっていましたが、この頃には、ご覧のように晴れわたり、夕焼け空がまだ残っていました。

20170623山からの帰り道の様子田んぼ 20170623晩ご飯キュウリと摘果メロンのがっこ 20170623四年物梅酒

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。摘果メロンとキュウリのがっこ、ズッキーニとインゲン豆の煮つけ、新タマネギと厚揚げ豆富・玉子の中華風煮込み、豚肉のキムチ炒め、キクの酢のものでした。

そして、四年物の梅酒でした。

20170623晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 15度、最高気温は 25度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.06.24 05:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ