みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

フィトテラピー(植物療法):興味を持った記事

2020年10月12日  クリニカルスタディ 看護 +αのお仕事 植物療法
2020年07月15日  ハーブインマスク
2020年02月14日  あおもり藍にみる地場産品の開発と基礎研究の大切さ
2019年05月31日  ベルベーヌの花とメッセゲ氏のヨーロピアンブレンドの想い出
2019年04月04日  植物療法関連記事の目次更新 2018年度分

クリニカルスタディ 看護 +αのお仕事 植物療法

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.10.12 アロマテラピーセミナー 2009 その27.4 / 18.8
○ 履歴 : 2010「2010.10.12 銀寄の収穫始まる 2010
14.3 / 21.9
○ 履歴 : 2011「2011.10.12 淡い色に染まり始めた秋田市 2011
9.2 / 20.0
○ 履歴 : 2012「2012.10.12 素晴らしいふたえの虹
14.7 / 18.7
○ 履歴 : 2013「2013.10.12 雨が..晴れ..秋田..キンモクセイ..の東京へ
13.2/22.9 秋 19.8/31.3 東
○ 履歴 : 2014「2014.10.12 台風..接近の中アロマテラピーセミナー初日
17.0/20.6 東京
○ 履歴 : 2015「2015.10.12 アロマテラピーセミナー2015 ..2
15.4/23.1 東 12.5/17.2 秋
○ 履歴 : 2016「2016.10.12 タイトル画を秋色へ 2016
7.7 / 14.0
○ 履歴 : 2017「2017.10.12 久しぶりの山で収穫した栗の渋皮煮 2017
12.5 / 21.1
○ 履歴 : 2018「2018.10.12 扇風機を片づける前に今季初めての暖房 2018
13.3 / 19.2
○ 履歴 : 2019「2019.10.12 台風19号が夕方遅く伊豆半島に上陸 2019
15.9 / 19.2

☆ 昨日 : 最低 15.1(06:24)最高 25.7(13:20)平均 20.4 最大瞬間風速 8.1m/s(01:39)
・ 昨日 : 降水 0.0mm 日照 2.5h 昼の天気 曇時々晴一時雨
→ 平年 : 最低 11.1 最高 19.9 平均 15.3 降水 5.2mm 日照 4.9h


★ 今日 : 最低 18.4(05:50)最高 25.1(11:58)平均 20.6 最大瞬間風速 11.5m/s(21:18)
・ 今日 : 降水 1.5mm 日照 2.5h 昼の天気 曇一時晴後時々雨
→ 平年 : 最低 10.7 最高 19.5 平均 14.9 降水 5.2mm 日照 4.9h

202010122400Temperature

上の画像は、2020.10.12(月)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃の 19時になっても 21度台の高い気温が続いていましたが、その後も 20度台を示し、夜遅くになって、20度台を下まわる 19度台で推移していました。

今日未明から明け方の 04時にかけても、同じ 19度台という高い気温が続き、05時からは 18度台で推移する中、05:50 には、今日の最低気温となる 18.4度を記録していました。

早朝には白い雲がかかっていましたが、雲の切れ間から水色の空ものぞき、朝の光で少しあかね色に染まる場所もありました。

下の写真、左は、そんな早朝 05:44 頃の様子です。この六分ほど後には、今日の最低気温を記録した事になります。

朝には、その雲の切れ間から青空が広がり、雲も少なくなる空模様となっていました。07時には 19度台を示していた気温でしたが、その後は、19度台から 21度台で推移していました。

たた、昼前になると、再び雲が空を覆うようになり、下の写真、中央の左(10:30頃)のような空模様となっていました。

それでも、雲の切れ間から時々お日さまが姿を現し、気温の方も 22度台から 24度台を示す中、11:58 には、今日の最高気温となる 25.1度を記録し、二日連続の「
夏日」を記録していました。

昼過ぎには、黒い雲が空を覆うようになり、14時を過ぎた頃から小雨がパラパラ降り出してきました。下の写真、中央の右は、黒い雲が空を覆い始め、小雨が降り出してきた昼過ぎ 14:19 頃の様子です。

その雨は、それほど強く降る事もなく、いつのまにかやんでいました。12時には 24度台を記録していた気温でしたが、その後は、23度台から 22度台、22度台から 21度台と、少しずつ下がって来ました。

夕方になっても、雨が時々パラパラ舞うことがありましたが、傘をささなくとも濡れるほどでもなく、下の写真、右(16:48頃)のような天気が続いていました。

21度台の続いていた気温でしたが、夕方になっても、同じ 21度台を示し、18時には 20度台まで下がっていました。

夜のはじめ頃の 19時まで 20度台の気温が続いていましたが、再び雨が降り始め、20時には 19度台まで下がっていました。そして、その後 21時には、再び 20度台へ戻っていました。

その雨は、夜遅くの 22時頃まで続いていましたが、その雨も少しずつやんできたようで、19度台から 18度台と、昨日同様、高い気温で推移していました(24時 18.9度、湿度93%、風速 1.9m/s)。

20201012外の様子朝 20201012外の様子昼前 20201012外の様子昼過ぎ 20201012外の様子夕方

今日は、早朝から山へ向かいました。

下の写真は、山へ向かう途中で望んだ鳥海山の様子です(05:54頃)。

雲がかかってましたが、所々には、水色の空が広がっていました。

20201012山へ向かう途中で望んだ鳥海山

下の写真も、山へ向かう途中で望んだ田んぼと空の様子です(05:55頃)。

上北手大戸地区から望んだ風景ですが、ようやく残っていた田んぼの稲刈りが始まっていました。この風景の右端に、上の写真のような風景が広がっていました。

まだ朝日が姿を見せていませんでしたが、朝の光を受けてか、白い雲の一部があかね色で染められていました。

20201012山へ向かう途中で望んだ田んぼと空

山に到着するなり、栗拾いを始めました。

下の写真は、ラベンダー畑の上の方に位置する場所に、一本の栗の木を覆いつくしている野ブドウ(ブスの実)です(06:23頃)。

まだ、お日さまの光を直接受けておらず、朝露で濡れたのか多少寒々とした野ブドウ(ブスの実)が印象的でした。

20201012野ブドウ(ブスの実)

下の写真は、栗拾いの途中で望んだ風景です。

左は、一番奥の栗畑から望んだラベンダー畑の風景(06:36頃)、そして、中央は、親戚の方が草刈りをしていただいたおかげで、とてもきれいになった山際の様子です(07:01頃)。

この頃には、青空も広がり、お日さまも姿を現していました。右は、もう少しで収穫が見込める農林四号のイガの様子です(07:04頃)。

農林四号は、中生の終わり頃に採れ始める栗の品種で、ひまわりの頭には、10.10(昔の体育の日)頃という印象が今でも残っています。

そして、この頃には、あけびの収穫も、イメージに残っていました。

20201012栗拾いの途中ラベンダー畑を望む 20201012栗拾いの途中下草刈りの済んだ場所 20201012農林四号

そんなイメージを描いていると、下の写真、左のように、あけびの実が目に入りました(07:17頃)。

10.10 は過ぎていましたが、下の写真、中央のように、そのあけびを収穫しました。カゴの中には、収穫した甘栗も一緒に入っていました(07:45頃)。

下の写真、右は、今日収穫した普通栗ですが、主に「筑波」という栗でした。少し「銀寄」という栗も混じっていました。

20201012山の様子あけび 20201012今日収穫した甘栗とあけび 20201012今日収穫した筑波銀寄

下の写真、左は、まだ黄緑色のツルウメモドキの様子です。これが、しだいに橙色に色づいて来ます(07:48頃)。

下の写真、中央は、山からの帰り道で望んだ田んぼと空の様子です(08:04頃)。少し早めにお店へ戻って来ましたが、この頃には、青空が広がっていました。

それでも、田んぼの方には、まだ稲刈りの済んでいない場所もありました。

下の写真、右は、定番の朝ご飯です。

20201012山の様子ツルウメモドキ 20201012山からの帰り道田んぼと空 20201012朝ご飯

昼前、執筆を頼まれていた書籍が、手元に届きました。

下の写真が、その書籍ですが、「
クリニカルスタディ(Clinical Study)2020.11月号」でした((株)メヂカルフレンド社)。

20201012クリニカルスタディ2020.11月号

この書籍は、看護学生の方々が読まれる内容が盛りだくさんで、毎回、「
補完代替療法」をテーマとして、様々な分野の代替療法を取り上げている中で、今回は「植物療法(フィトテラピー)」を取り上げて下さいました。

看護のお仕事」として、「看護に関係の深い、アロマセラピーや温泉療法、音楽療法など、様々な補完代替療法の概要と実践を毎号紹介します。」という主旨で、今回「植物療法(フィトテラピー)」を取り上げていただきました。

字数に制限があり、簡潔に、わかりやすいようにまとめることがなかなか難しかったのですが、下の写真、右のように、何とか、まとめる事ができました。

○ 恩師の教えを仕事に生かす
○ 健康と美しさを取り戻すために

という、サブタイトルから構成されていましたが、体質形態学の事や、実際に適用される様々な植物素材を使う場合の基本としての「ハーブ」を、R.F ヴァイスの書き表した「植物療法(八坂書房、山岸晃訳)」を参考にさせていただき、西洋医学で処方される「」との違いを明らかにし、「第一に言葉、次に植物性薬剤、その次に作用の強い化学合成薬剤、最後にメス」というヨーロッパの考え方で示されている通り、「補完代替療法」としての「植物療法(フィトテラピー)」の考え方を紹介させていただきました。

下の関連項目では、以前、行ったセミナーの記事や関連記事をまとめたものですが、参考になれば幸いです。

○ パーソナルアロマテラピー講座初級実践編
2018.09.18 二日連続山形でのパーソナルアロマテラピー講座 2018
2018.09.17 キンモクセイ..が漂い始めた山形でパーソナルアロマテラピー講座
2017.12.18 第三回目パーソナルアロマ....講座初級実践編 2017(内胚葉)
2017.11.21 第二回目パーソナルアロマ...講座初級実践編 2017(中胚葉)
2017.10.24 第一回目パーソナルアロマ....講座初級実践編開催 2017(外胚葉)
○ パーソナルアロマテラピー講座初級編
2017.08.22 第四回目パーソナルアロマ....講座開催 2017(心の変化と体への影響)
2017.07.18 第三回目パーソナルアロマ....講座開催 2017(体型と心の関係)
2017.06.20 第二回目パーソナルアロマ....講座開催 2017(体型と肌の関係)
2017.05.16 第一回目パーソナルアロマ....講座開催 2017(体型と体調の関係)

○ 関連記事
2016.04.24 最近問合せが多くなった体質形態学と恩師の五回忌 2016
2008.07.14 ナチュラルタオルとオルタ
2007.07.07 植物療法とアロマテラピー その2
2007.06.19 植物療法とアロマテラピー その1

20201012看護+αのお仕事 20201012第8回植物療法

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

野菜や鶏肉をあんかけにして食べた細麺のかたやきそばです。

20201012お昼ご飯

デザートは、自家製の栗で作った手作りマロンパイマロンクリーム添えでした。

20201012デザートマロンパイ

下の写真、左と中央も、今日のデザートです。

こちらは、ぶどうと皮付きリンゴ、それに梨でした。

昨日、山の隣のおばさんの庭にあるこはぜの木からその実を分けてもらいました。

2020.10.11 夏日を記録した日にこはぜの収穫 2020

その葉付小枝から、下の写真、右のように、こはぜの実だけを選別しました。とても時間のかかる作業でしたが、全て、ばっぱがしてくれました。

20201012デザートぶどう 20201012デザートリンゴ 20201012こはぜの実1

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、タマネギとジャコ、それに、サツマイモの天ぷらダイコンおろし添え、そして、鶏肉の野菜サラダ添えでした。

20201012晩ご飯

下の写真、左と中央も、今日の晩ご飯です。

こちらは、ワカメと豆富のみそ汁、それに、山菜のミズの実のご飯です。

昼過ぎに、一度、弱い雨が降り、その後は、ある程度、落ち着いていましたが、夜のはじめ頃には、再び雨が降り始めてきました。

下の写真、右は、そんな雨がパラパラ降り出していた 19:36 頃の様子です。

20201012晩ご飯ワカメと豆富のみそ汁 20201012晩ご飯ミズの実のご飯 20201012外の様子夜のはじめ頃

ようやく収穫してきたこはぜの実を、小枝からはずす作業が終了しました。

下の写真は、そのこはぜの実です。ボールとザルの二つ分でした。

20201012こはぜの実2

明日 2020.10.13(火)の秋田の最低気温は 11度、最高気温は 20度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2020.10.12 20:00 発表)。

ハーブインマスク

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.15 草刈り機のエンジンのせ換え21.0 / 30.1
○ 履歴 : 2010「2010.07.15 ユーカリの禁忌と1,8シネオールの含有量
21.2 / 29.8
○ 履歴 : 2011「2011.07.15 秋の虫の初音とひぐらしの中草刈り作業 2011
24.0 / 28.9
○ 履歴 : 2012「2012.07.15 雨のため梅の収穫できず一箱 6,800円也
19.6 / 23.8
○ 履歴 : 2013「2013.07.15 車の点検中に整備工場で植物療法のセミナー
20.7 / 27.2
○ 履歴 : 2014「2014.07.15 セミとひぐらしが..ラベンダー畑の草刈りと耕しかた
20.2 / 27.8
○ 履歴 : 2015「2015.07.15 二日前の猛暑日が嘘のように夕方には涼やかな風が..
20.6 / 27.8
○ 履歴 : 2016「2016.07.15 せみとひぐらしの鳴く中スモモの収穫 2016
21.4 / 29.1
○ 履歴 : 2017「2017.07.15 秋田の夏まつりと会津の高橋の思い出 2017
22.1 / 32.5
○ 履歴 : 2018「2018.07.15 二日続いたアロマのセミナー後久しぶりの飲み会
22.0 / 29.8
○ 履歴 : 2019「2019.07.15 カボチャが小さな実をつける頃 2019
21.0 / 30.1

☆ 昨日 : 最低 17.0(04:31)最高 27.6(11:57)平均 21.7 最大瞬間風速 13.0m/s(12:54)
・ 昨日 : 降水 1.0mm 日照 6.7h 昼の天気 晴後曇一時雨
→ 平年 : 最低 19.5 最高 25.8 平均 22.4 降水 7.2mm 日照 4.2h


★ 今日 : 最低 19.5(03:40)最高 24.2(13:18)平均 21.7 最大瞬間風速 6.7m/s(13:31)
・ 今日 : 降水 0.0mm 日照 1.1h 昼の天気 曇
→ 平年 : 最低 19.6 最高 26.0 平均 22.5 降水 6.9mm 日照 4.3h

202007152400Temperature

上の画像は、2020.07.15(水)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃の 19時まで 21度台の気温が続いていましたが、その後は、20度台となり、そのまま夜遅くにかけても、同じ 20度台の気温が続いていました。

今日未明になっても 20度台の気温が続いていましたが、03時から明け方の 05時までは 19度台を示す中、03:40 には、今日の最低気温となる 19.5度を記録していました。

06時には、再び 20度台へ戻りましたが、雲の多い空模様で、その雲の切れ間から青空がのぞき、お日さまもその雲のフィルターを透して、ボンヤリと輝く程度でした。

それでも、少しずつ青空が広がり、朝には、きれいな青空が広がっていました。ただ、その青空も、09時頃には再び雲に覆われ始め、07時に 21度台を示していた気温は、そのまま上がる事なく同じ 21度台が続いていました。

下の写真、左は、雲の多かった 06:40 頃の様子ですが、その後、その雲の切れ間から青空が広がり、お日さまも、時々姿を現していました。

昼前には、完全に灰色の曇り空となり、雲行きが怪しくなりましたが、雨が降る事もなく、気温の方も、22度台から 23度台で推移していました。

下の写真、中央の左は、そんな空模様だった 10:58 頃の様子です。

昼過ぎになっても同じような空模様が続いていましたが、昼前よりも、雲が厚くなっていました。

毎正時の気温も、昼前と同じ 23度台が続いていましたが、13:18 には、今日の最高気温となる 24.2度を記録していました。

下の写真は、やや黒く厚い雲に覆われていた昼過ぎ 13:21 頃の様子です。

夕方になっても、相変わらずの空模様が続いていました。気温の方も、昼過ぎと同じ 23度台が続いていましたが、17時からは 22度台と、少し下がっていました。

夜のはじめ頃の 19時まで 22度台の気温が続いていましたが、その後 21度台となり、夜遅くには 21度台から 20度台で推移していました(24時 20.3度、湿度75%、風速 2.1m/s)。

20200715外の様子朝 20200715外の様子昼前 20200715外の様子昼過ぎ 20200715外の様子夜のはじめ頃

昨日は、久しぶりの青空で、お日さまも姿を現していましたが、今日は、雲が多めで、その雲の切れ間から青空がのぞくそんな天気の中、インターバル速歩を楽しみに、近くの公園へ向かいました(726)。

下の写真、左は、雲は多かったものその雲の切れ間からお日さまの光も届いていた速歩へ向かう途中の様子です(06:43頃)。

昨日は、夕方、一時小雨が降っていましたが、すぐにやんでいました。

それでも、今朝、速歩へ向かう頃になっても、広い歩道には、少し濡れた跡が残っていましたので、未明から明け方にかけて、一雨降ったのかも知れません。

下の写真、中央は、速歩へ向かった公園内と南西の空の様子です(06:46頃)。こちらの方にも、雲は多いのですが、その切れ間から青空が見えていました。

右は、速歩途中で望んだ公園内の広場と、東南の空の様子です(06:49頃)。

20200715速歩へ向かう途中の西の空 20200715速歩へ向かった公園内と南西の空 20200715速歩途中で望んだ公園内と東南の空

下の写真は、速歩途中の公園高台から、東西南北を望んだときの様子です(06:50頃)。

少し前までは、雲が多かったのですが、南の空(下の写真、中央の左)を除き、雲が薄くなり青空が広がっていました。お日さまも薄い雲のフィルターを透して、結構輝いていました。

20200715速歩途中の公園高台から望んだ西の空 20200715速歩途中の公園高台から望んだ南の空 20200715速歩途中の公園高台から望んだ東の空 20200715速歩途中の公園高台から望んだ北の空

今日も、速歩を楽しみながら、公園内から JR秋田駅東口へと向かう道路や通路へ移動しました。ちょうど、スポーツジムの花壇にさしかかった頃に、秋田新幹線こまち号が入線してきました。

下の写真は、お日さまに輝くひまわりとこまち号の様子です(06:52頃)。

20200715速歩途中で望んだ朝日に映えるひまわりの花1

下の写真、左も、同じく、ひまわりとこまち号の様子です。

中央は、速歩からの帰り道で望んだ東の空の様子ですが、少し雲が多くなってきたでしょうか。それでも、お日さまがその雲を透して、輝いていました(07:14頃)。

下の写真、右は、定番の朝ご飯ですが、今日は、既存店のピロシキパンでした。

20200715速歩途中で望んだ朝日に映えるひまわりの花2 20200715速歩からの帰り道で望んだ東の空 20200715朝ご飯

数日前に、「
プロフィダイエ社」を扱うメーカーから、下の写真のような案内が届きました。

フランスオーガニックハーブ ハーブインマスク」のご紹介のお知らせでした。

コロナ感染対策の一つとして、マスクが有効でしたが、季節柄、どうしても暑くなり、マスクに熱がこもったり、場合によっては、体温の上昇を伴う場合がありました。

そんなときに使うのが「
ハーブインマスク」で、目的別のハーブがお茶のパックのような袋に入った「香り袋」を、マスクに直接貼りつけて使用する事で、上記不快感をある程度解消するためのものでした。

それだけではなく、ハーブの持つ香りが、身体的、かつ、精神的な側面に対しても有効に作用させる事ができました。

20200715ハーブインマスク1 20200715ハーブインマスク2

お知らせの案内だけではなく、実際の「
ハーブインマスク」のサンプルも、下記の通り届きました。

通常利用しているマスクの内側に、下記のような位置にハーブの入った「
香り袋」を貼りつけ、それを内側にしてマスクをする事になります。

香り袋」のブレンドには、やはり、装着していて「爽快感」を感じる事の出来るハーブである「ユーカリ」や「シラカバ」、そして、「ペパーミント」などがブレンドのメインとなっていました。

そのメインとなるハーブに、目的別のハーブ、例えば「
タイム」や「ヒソップ」、「ラベンダー」などがブレンドされているようです。

プロフィダイエ社」のハーブは、下記のブログ記事でもご紹介しましたが、「エコセールライセンス」や「AB マーク」などを取得していました。

2009.09.30 エコセールライセンスとABマーク

○ ECOCERT エコセールライセンス
・有機生産法尊重に関する契約証明書
・フランス政府の公認検査機関 ECOCERT により、化学薬品・化学肥料・化学除草剤を一切使用しない有機農法によって栽培された商品の認定マーク
○ AB マーク
・有機農産物認定マーク
・フランス政府管轄下にある有機農産物認定団体 ECOCERT によって、無農薬有機栽培で育った植物を、栽培から商品加工に至るすべての行程で、添加物などを含まないことを認定した商品にだけ与えられる認定マーク

という、フランス政府管轄下にある有機農産物認定団体 ECOCERT から認定を与えられたものでした。

特に「
エコセールライセンス」に関しては、ライセンス制度のようで、有機農産物認定団体 ECOCERT と会社が、一定期間「有機製品に関する法規」による契約を締結している事を証明するものでした。

このハーブは、フランス政府の公認管理機関エコセールによって、化学薬品、化学肥料、化学除草剤の一切を使用せず栽培されていることが保証されたものでした。

なお、メーカーの案内には、

1. 香り袋は、新しいマスクに貼り換えて、三〜四日ほど繰り返し使用できる
2. 使用後は、熱いお湯にサシェを入れて沐浴や足浴などに利用できる
3. 最後は、ガーデニングにおける肥料などにも利用可能

という事も書かれていました。

20200715ハーブインマスク3

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、じゅんさい冷やしラーメンでした。

20200715お昼ご飯1

それに、サヤインゲンとなすの炒め煮、キュウリの辛子漬け、ハクサイのサラダでした。

20200715お昼ご飯じゅんさい冷やしラーメン 20200715お昼ご飯ナスとサヤインゲンの炒め煮 20200715お昼ご飯キュウリの辛子漬け

そして、メインがじゅんさいの冷やしラーメンなら、もう一つは、ミニじゅんさいの冷やしそばでした。

下の写真が、そのミニじゅんさい冷やしそばです。

20200715お昼ご飯2

それに、ナスがっこ、そして、自家製のプリンでした。

20200715お昼ご飯じゅんさい冷やしそば 20200715お昼ご飯ナスがっこ 20200715デザート手作りプリン

下の写真、左は、種から植え込んでまもなくしてから芽を出したマンゴーの苗木です(15:04頃)。葉っぱが大きくなり随分しっかりしてきました。

2020.07.09 ひぐらし..ラベンダー..終わりを迎える(マンゴーの葉出始め)
2020.06.27 満開だった..ラベンダーの花が雨で一部薄茶色へ(マンゴーの新芽)
2020.06.14 ..早咲きラベンダー..開花の日梅雨入り(ライチとマンゴーの種植え)

今日は、昼過ぎに山へ向かいました。その頃には、下の写真、中央や右のように、完全に空が雲で覆われていました。

中央は、山へ向かう途中の改良工事の行われた田んぼ内の様子と空です(15:46頃)。ネギが植えられているようです。

右は、峠道へ向かう途中で見た不思議な光景です(15:49頃)。昔でいうところの「
田の草取り」をされているのでしょうが、身体がぶれず、一定の速度で田んぼの中を進む姿が不思議でした。

20200715芽が出て大きくなったマンゴーの苗木 20200715山へ向かう途中の田んぼと空1 20200715山へ向かう途中の田んぼと空2

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(16:04頃)。

一昨日、真っ暗になるまでかかり、ようやくラベンダー畑の草刈りを終えました。その後、多少雨は降ったものの、青空が広がり、お日さまも姿を現す事がありました。

2020.07.13 お店前の鉢植えラベンダー刈り込みとラベンダー畑の草刈り 2020

そのためか、すっかりきれいになっていました。

20200715ラベンダー畑の様子

下の写真は、野菜畑の様子です。

今日は、野菜畑に定植したゴーヤとサヤインゲンの苗木のツルをネットにはわすため、そのネット張りを行いました。

そのまえに、草刈り機で、野菜畑の周囲に張り巡らされたネットを傷つけないように、慎重に草刈りを行いました。

下の写真、左と中央の左は、草刈り機での草刈り前の様子(16:49頃)、そして、中央の右と、右は、ゴーヤとサヤインゲンの苗木の場所に、ネットを張る前の様子です(17:24頃、17:37頃)。

20200715野菜畑草刈り前1 20200715野菜畑草刈り前2 20200715野菜畑ネット張り前1 20200715野菜畑ネット張り前2

下の写真、左と中央の左は、草刈り機での草刈り後の様子(17:25頃、17:36頃)、そして、中央の右と、右は、ゴーヤとサヤインゲンの苗木の場所に、ネットを張り、苗木の先端をネットへ導いた後の様子です(18:26頃)。

20200715野菜畑草刈り後1 20200715野菜畑草刈り後2 20200715野菜畑ネット張り後1 20200715野菜畑ネット張り後2

その作業の合間に、下の写真、左のように、野菜を収穫しました(18:41頃)。

下の写真、中央と右は、山からの帰り道の様子です。

中央は、峠道の様子(19:10頃)、そして、右は、峠道を下ってすぐの場所から望んだ田んぼと空の様子です(19:11頃)。

雨は降っていませんでしたが、雨雲に覆われ、いつ雨が降ってきてもおかしくないような空模様でした。

20200715今日収穫した野菜 20200715山からの帰り道の様子峠道 20200715山からの帰り道の様子田んぼと空

下の写真は、今日の晩ご飯です。

ニシンの料理ダイコンおろしとカボチャサラダ・ミニトマト添え、厚揚げ豆富の素揚げ、じゅんさいと生キクラゲの酢のものでした。

20200715晩ご飯

下の写真は、そのじゅんさいと生キクラゲの酢のものを拡大したものです。

20200715晩ご飯生キクラゲとじゅんさいの酢のもの

下の写真(一枚)も、今日の晩ご飯で、ミズとジュンサイと地鶏のお吸いものでした。

20200715晩ご飯ミズとじゅんさいと地鶏のお吸いもの

明日 2020.07.16(木)の秋田の最低気温は 18度、最高気温は 24度、そして、天気は「雨のち曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2020.07.15 20:00 発表)。

あおもり藍にみる地場産品の開発と基礎研究の大切さ

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.02.14 春先の雨と雪解け水
○ 履歴 : 2010「2010.02.14 横手のかまくら前夜祭にハートマーク
- 4.4 / 3.0
○ 履歴 : 2011「2011.02.14 青空の広がる穏やかな会津盆地
- 7.3 / 1.7
○ 履歴 : 2012「2012.02.14 精油ブレンドの難しさと可能性
- 1.9 / 4.7
○ 履歴 : 2013「2013.02.14 二日続いた天気に雪どけと春の訪れを感じる
- 1.3 / 3.6
○ 履歴 : 2014「2014.02.14 雪面に広がる小動物の足跡 2014
- 2.6 / 0.5
○ 履歴 : 2015「2015.02.14 バレンタインデーの秋田と会津の風景と想い 2015
- 1.8 / 3.2
○ 履歴 : 2016「2016.02.14 ..雨と10度..気温で雪どけ進み積雪深0cm..秋田市 2016
3.9 / 12.3
○ 履歴 : 2017「2017.02.14 立春..暖かな光と青空..雪どけ水で春を感じる 2017
- 0.2 / 3.9
○ 履歴 : 2018「2018.02.14 午前に大雪雪寄せ二回夜は大雨道路は最悪 2018
- 2.8 / 7.0
○ 履歴 : 2019「2019.02.14 子供らは雪や寒さも何のその 2019
- 3.2 / - 0.3
☆ 昨日 : 最低 1.0(00:56)最高 10.0(21:00)平均 5.0 最大瞬間風速 10.2m/s(17:55)
・ 昨日 : 降水 4.5mm 日照 0.7h 最深積雪 12cm 昼の天気 みぞれ一時雪後雨時々曇
→ 平年 : 最低 - 2.4 最高 3.3 平均 0.4 降水 3.1mm 日照 2.0h 最深積雪 17cm

★ 今日 : 最低 3.9(07:47)最高 10.9(15:16)平均 7.1 最大瞬間風速 5.3m/s(23:26)
・ 今日 : 降水 0.5mm 日照 2.1h 最深積雪 5cm 昼の天気 曇時々晴
→ 平年 : 最低
- 2.4 最高 3.4 平均 0.5 降水 3.1mm 日照 2.0h 最深積雪 17cm

202002142400Temperature

上の画像は、2020.02.14(金)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃には、雨が断続的に降っていましたが、少しずつ雨足が弱くなる傍ら、霧が発生してきました。雪が残っているものの暖かな雨で、発生したようです。

気温の方は、相変わらず 9度台が続いていましたが、夜遅くの 22時には 7度台へ下がり、その後は 6度台が続く中、21:00 には、昨日の最高気温となる 10.0度を記録し、積雪深も 6cm から 5cm と、少しずつ少なくなっていました。

今日未明の 01時まで 6度台という高い気温を示していましたが、その後は、5度台で落ち着いていました。その間、雨は断続的に降っていたようで、積雪深も 03時には 4cm となっていました。

未明には、雨がやんだようで、04時には 4度台まで下がっていましたが、その後は、5度台から 6度台と、少しずつ上昇していました。

朝には、雲が空を覆っていましたが、急速に天候が回復し始め、雲の切れ間から青空が広がって来ました。

ただ、気温の方は、それとは引き替えに、07時には 4度台まで急に下がった後は、4度台から 5度台を示す中、07:47 には、今日の最低気温となる 3.9度を記録していました。

下の写真は、まだ雲に覆われていた 06:21 頃の様子です。

昼前になると、今度は全く反対の空模様と気温になり、再び雲が空を覆い出す傍ら、気温の方は、6度台から 7度台、7度台から 8度台と、少しずつ上がっていました。

下の写真、中央の左は、再び空が雲に覆われていた昼前 11:36 頃の様子です。

昼過ぎになっても、雲が空を覆っていましたが、途中から、その雲の切れ間からお日さまが時々姿を現し、13時には 9度台を示していた気温も、その後は 10度台まで上昇する中、15:16 には、今日の最高気温となる 10.9度を記録していました。

下の写真、中央の右は、そんな空模様だった昼過ぎ 14:01 頃の様子です。

夕方になると、時々顔を出していたお日さまも、雲に隠れてしまい、気温の方も 10度台から 9度台、9度台から 8度台と、少しずつ下がって来ました。

夜のはじめ頃になっても 8度台から 7度台、7度台から 6度台という高い気温で推移し、夜遅くになっても、6度台から 7度台を示していました。

下の写真、右は、すでに暗くなり街灯の灯りがついていた夜のはじめ頃 20:25 頃の様子です(24時 7.0度、湿度 95%、積雪深 1cm、風速 2.9m/s)。

20200214外の様子朝 20200214外の様子昼前 20200214外の様子過ぎ 20200214外の様子夕方

昨日は、雨が降っていたため、何とか頃合いを見計らい、速歩を楽しみたいと思っていたのですが、それができずにお休みでした。

今日は、朝から雲が多かったのですが、時間の経過とともに、その空が青空に変わり、西の空には半月のお月さまが、東の空には、朝日を望む事ができました。

そんな中、インターバル速歩を楽しみに、近くの公園へ向かいました(587)。

二日前には、歩道に雪が残り、踏みかためられた雪の一本道でしたが、今日は、その一本道が昨日の雨で、濡れてかなりの湿気を吸い込んでいました。

空には雲が少しかかっていましたが、急速にその雲が移動し始めたのか、青空が広がって来ました。下の写真、左は、そんな速歩へ向かう途中の歩道と西の空の様子です(06:49頃)。

歩道を歩いていると、南西の空に、半月のお月さまが輝いている姿を望む事ができました。下の写真、中央は、そのときの様子です(06:50頃)。

20200214速歩へ向かう途中の西の空 20200214速歩へ向かう途中の南西の空お月さま 20200214速歩へ向かった公園内高台と南西の空

上の写真、右と、下の写真は、速歩へ向かった公園入口から望んだ公園内の高台と、南西の空、それに、その空高くに姿を現していた半月さまの様子です(06:52頃)。

20200214速歩へ向かった公園内と南西の空お月さま

ただ、公園内は、昨日の雨で、雪がとけ出しぬかるんだ状態でした。

そのため、公園を取り巻く除雪の終わった道路で、速歩を楽しむ事にしました。

その道路を速歩していると、完成したばかりのノーザンゲートスクエア(体育館)横の歩道や、JR秋田駅東口へと続く通路の方にも雪がなく、今日は、そこで、インターバル速歩を楽しむ事にしました。

下の写真は、JR秋田駅東口へと向かう途中から間近で見ることのできた秋田新幹線ホーム内の様子です(06:57頃)。

すでに、出発の時刻を待っているところでした。

20200214速歩途中のJR秋田駅秋田新幹線こまち号

下の写真、左と中央は、いつもの公園ではなく、JR秋田駅東口へと向かう通路(06:56頃)、そして、ノーザンゲートスクエア(体育館)の様子です(07:08頃)。

右は、東の空から朝日が昇り始めていた 07:16 頃の様子です。

20200214速歩途中のJR秋田駅東口へ向かう通路1 20200214速歩途中のJR秋田駅東口へ向かう通路2 20200214速歩途中の東の空朝日

下の写真は、速歩途中で望んだノーザンゲートスクエア(体育館)内を通して望むことができた秋田新幹線こまち号の様子です(07:16頃)。

先ほど、JR秋田駅構内に止まっていたこまち号が出発し、体育館の脇を通り過ぎていった様子でした。

20200214速歩途中のノーザンゲートスクエアより望むこまち号1 20200214速歩途中のノーザンゲートスクエアより望むこまち号2

下の写真は、速歩途中の公園高台ではなく、JR秋田駅東口へと向かう通路から、東西南北を望んだときの様子です(07:20頃)。

厚く覆っていた雲が少なくなり、きれいな青空、そして、お日さまも姿を現していました。

20200214速歩途中のノーザンゲートスクエアより望んだ西の空 20200214速歩途中のノーザンゲートスクエアより望んだ南の空 20200214速歩途中のノーザンゲートスクエアより望んだ東の空 20200214速歩途中のノーザンゲートスクエアより望んだ北の空

下の写真、左は、速歩からの帰り道で望んだ広い歩道と、昇って来た朝日の様子です(07:25頃)。

下の写真、中央は、テレビから流れていた今日の全国の天気予報です。

今日の秋田は「
11度」が予想され、4月並みの暖かさとなる事が予想されていましたが、全国的に季節外れの暖かさが続いていました。

20200214速歩からの帰り道で望んだ東の空朝日 20200214天気予報 20200214NHKテレビ青森藍1

そのテレビの後から、とても興味を引く内容の話題が放送されていました。

上の写真、右と、下の写真で写し出されているように、「
あおもり藍」の可能性として、

○ インフルエンザウィルスに使用
・エキスありとなしの比較
・エキスなし 〜 感染して細胞死ぬと白く見える

という実験結果がでたそうで、その結果をさらに研究し、様々な商品作りの可能性を見いだしている青森県の話題でした。

20200214NHKテレビ青森藍2

また、もう一つの「
あおもり藍」の可能性として、

○ 農業に使用
・エキスにつけた種とつけなかった種の比較
・エキスにつけた種 〜 そばの収穫が 2.5倍となる

といった、様々な分野における可能性を紹介されていました。「エキス」とは、草木染めの「藍染め」に使うときの染料が基本となった水溶性のものだったようです。

時間があれば、もう少し詳しくその内容と可能性を、そして、秋田県における同じような地場産品の有効活用と可能性を探ってみたいと思います。

それにしても、すごいですねぇ。「
藍染めしたマスク」も商品化されていました。

2011.11.07 つつましやかな植物がレアプラントへ
2011.02.21 芳香植物の栽培・収穫・蒸留・分析・販売の経済モデル
2008.09.07 生き物が作る毒や薬の話 県立大学公開講座
2008.08.25 動物細胞が増殖する世界 県立大学公開講座
2008.08.24 くすりをつくる微生物たち 県立大学公開講座
2007.11.20 温泉復活と医学的評価
2007.10.18 アロマセミナー2007 その4(基礎研究の大切さ)
2007.08.13 基礎研究の大切さを知る

下の写真、右は、今日の定番の朝ご飯です。

20200214NHKテレビ青森藍3 20200214NHKテレビ青森藍5 20200214朝ご飯

下の写真からは、今日のお昼ご飯です。

今日はピザパイでした。

20200214お昼ご飯

いろんなピザパイを食べることができました。

そして、ピザパイに匹敵する日本のモチダイコンおろし添え、そして、キャベツの蒸し煮、それに、漢方スープでした。

20200214お昼ご飯ピザパイ1 20200214お昼ご飯モチ 20200214お昼ご飯漢方スープ

下の写真、左と中央の左、そして、中央の右は、同じ 14:01 頃の東大通りの様子です。

この頃には、雲の切れ間からお日さまが時々姿を現していましたが、下の写真、右の頃には、所々明るい場所があるものの厚い雲がかかっていました(16:23頃)。

20200214外の様子昼過ぎ東大通り1 20200214外の様子昼過ぎ東大通り 20200214外の様子昼過ぎお店横の小路 20200214外の様子昼過ぎ東大通り2

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、レタスとミニトマトのサラダレモン汁添え、お刺身にアボガド、それに、ナスの油炒め、そして、鶏の唐揚げでした。

20200214晩ご飯

下の写真、左と中央も、今日の晩ご飯です。

こちらは、ダイコンの甘酢漬け、それに、シジミの炊き込みご飯、そして、ホタテ貝のみそ汁でした。

夕方の NHKテレビでは、明日 2020.02.15(土曜日)から開催される「
埃蠅里まくらまつり」会場となる、埃蟷堝發陵融劼鮗未圭个靴討い襪箸の様子です(18:29頃)。

20200214晩ご飯株の甘酢漬け 20200214晩ご飯ホタテ貝のみそ汁 20200214NHKテレビ埃蠅里まくら

明日 2020.02.15(土)の秋田の最低気温は 0度、最高気温は 6度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2020.02.14 20:00 発表)。

ベルベーヌの花とメッセゲ氏のヨーロピアンブレンドの想い出

● 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.05.30 三列表示のブログが二列表示へ 15.4 / 24.9
○ 履歴 : 2009「2009.05.31 植物療法関係記事の目次更新 20090531
17.0 / 19.0
○ 履歴 : 2010「2010.05.31 穏やかな一日の終わりにきれいな夕焼け空
8.6 / 19.4
○ 履歴 : 2011「2011.05.31 今年初めての草取り作業とラベンダー 2011
6.2 / 20.1
○ 履歴 : 2012「2012.05.31 二回目のラベンダー畑耕作とカボチャ苗移植作業 2012
9.4 / 21.2
○ 履歴 : 2013「2013.05.31 お店の看板取付工事
14.8 / 22.5 24時
○ 履歴 : 2014「2014.05.31 お店前のラベンダーの花穂が色づく頃 2014
15.5 / 23.8
○ 履歴 : 2015「2015.05.31 恵みの雨のその後に野菜の定植と草取り作業 2015
13.1 / 19.5
○ 履歴 : 2016「2016.05.31 畑の早咲きラベンダーがほのかに色づく頃 2016
14.9 / 23.1
○ 履歴 : 2017「2017.05.31 ラベンダー畑の草取りが進まぬまま明日から六月 2017
16.4 / 25.6
○ 履歴 : 2018「2018.05.31 会津札所佐下り観音堂 2018
14.6 / 24.2 会津
→ 昨日 : 最低 14.7(22:25)最高 21.5(13:42)平均 18.1 降水 0.0mm 日照 9.0h 24時
・ 平年 : 最低 12.6 最高 21.1 平均 16.7 降水 2.9mm 日照 6.6h

▶ 今日 : 最低 14.0(04:42)最高 24.7(11:17)平均 17.8 降水 0.0mm 日照 1.7h 24時
▷ 平年 : 最低 12.8 最高 21.3 平均 16.9 降水 2.8mm 日照 6.6h

201905312400Temperature

上の画像は、2019.05.31(金)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃の 19時まで 19度台が続いていましたが、その後は 18度台から 16度台と下がり始め、夜遅くには 15度台から 14度台で推移していました。

そんな肌寒さを感じるほどに下がっていた夜遅くの 22:25 には、昨日の最低気温となる 14.7度を記録していました。

今日未明から明け方にかけても、同じ 14度台の気温が続いていました。そして、明け方の 04:42 には、今日の最低気温となる 14.0度を記録していました。

朝の 07時には 16度台まで気温は上がっていましたが、空全体が雲に覆われ、一部、雲の切れ間からお日さまも姿を現す事がありました。

ただ、08時前には、パラパラと小雨が舞うこともありましたが、一時的でした。気温の方は、その後 18度台から 20度台と少しずつ上がっていました。下の写真、左は、06:13 頃の様子です。

昼前になってもはっきりしない空模様が続いていました。雲の切れ間からお日さまが時々姿を現す事もあるのですが、朝と同じように、パラパラ小雨が舞うこともあり、このまま雨になるのかと思いきや、すぐにやんでいました。

気温の方は、お日さまが姿を現していた頃に高くなり、22度台から24度台の間で変動する中、11:17 には、今日の最高気温となる 24.7度を記録していました。

下の写真、中央の左は、そんな状態を繰り返していた昼前 11:04 頃の様子です。

昼過ぎになっても同じような空模様が続いていましたが、午前中よりも雲が多くなり、お日さまも姿を現す事はありませんでした。

小雨は相変わらず、時々降る事はあるのですが、弱い雨で、降ったりやんだりを繰り返していました。その事で、気温の方も 21度台から 20度台、20度台から 18度台と、少しずつ下がっていました。

下の写真、中央の右は、昼過ぎ 13:09 頃の様子です。

夕方になってもハッキリしない空模様で、降ったりやんだりを繰り返していた小雨が、パラパラと降り出していました。それでも、短い間であれば、それほど濡れる事もないほどの小雨でした。

気温の方も 17度台から 16度台と、少しずつ肌寒くなってきました。下の写真、右は、夕方 16:55 頃の様子です。この頃にも小雨が舞っていましたが、傘をさす方々もおられました。

夜のはじめ頃には、落ち着いて来たようで、気温の方も 16度台から 17度台で推移し、夜遅くになっても、同じ 17度台が続いていました。

結局、期待していた雨も降らず、一日の降水量を見ても 0.0 mm を記録していました(24時 17.5度 79%)。

20190531外の様子朝 20190531外の様子昼前 20190531外の様子昼過ぎ 20190531外の様子夕方

下の写真は、ベルベーヌ(レモンバーベナ)の小さな白い花です。

モーリス メッセゲ氏のブレンドに「
ヨーロピアン」ブレンドというティザーヌ(ハーブティー)がありましたが、そのブレンドに配合されていたハーブでした。

そのブレンドは、ボダイジュ葉・花、ベルベーヌ、そして、レモングラスでしたが、消化器系の不調にブレンドされていました。

メッセゲ氏の薬草療法」(モーリス・メッセゲ著、田中孝治監修、高山林太郎訳、自然の友社)p162 には、クマツヅラ(ベルベーヌ)の事について、

クマツヅラには強壮作用があり、鎮痙れん作用があり、解熱作用もかなり強力です。また、体組織を浄化し、組織をひきしめ、傷や感染症のなおりをうながします・・・・

また、次のページの p163 には、

神経痛・頭痛・めまい・精神疲労にも特効があります。とくに胃病には効力を発揮してくれます。胸やけがしたり、消化不良だったり、鼓腸になったりしたら、さっそくこの草が必要です

と書かれていました。

ボダイジュの葉・花とレモングラスとの組み合わせは、そんな意味でも利用価値の高いブレンドでした。特に、ここに当時のメッセゲ氏のソフトミント(スペアミント)を加えると、それはそれは美味しいブレンドに仕上がりました。

そういえば、ひまわりの恩師、末富先生の口癖は、外用に利用するときに、決まっておっしゃっていたのは「
ノーマルな肌に改善する」のに、このベルベーヌが使われていました。

2012.01.26 植物療法セミナー受講履歴(1989〜1995)

特に、乾脂性、乾水性の肌の改善に、野生オレンジとの組み合わせで使われていました。このブレンドは、外用、内用(ハーブティー)にも使えるブレンドでした。

ベルベーヌの精油については、下記の記事を参照いただければ幸いです。

2009.08.29 テルペン系アルデヒド類を含む精油

20190531ベルベーヌの花

今日も、朝、インターバル速歩を楽しみに、近くの公園へ向かいました(362)。

下の写真、左は、速歩へ向かう途中で望んだ西の空の様子(06:45頃)です。

中央は、速歩途中に望んだ公園内の様子(06:51頃)、そして、写真が前後しますが、右は、速歩からの帰り道の様子です(07:18頃)。

この頃には、東の空には、雲の切れ間からお日さまが輝いていました。

20190531速歩へ向かう途中の西の空 20190531速歩途中の公園内 20190531速歩からの帰り道で望んだ東の空

写真が前後しましたが、下の写真は、速歩途中の公園から東西南北を望んだときの様子です(07:05頃)。

空全体が雲に覆われていましたが、東の空(中央の右)には、雲の切れ間かあり、この頃には、お日さまが薄い雲のフィルターからボンヤリと輝いていました。

20190531速歩途中の公園から望んだ西の空 20190531速歩途中の公園から望んだ南の空 20190531速歩途中の公園から望んだ東の空 20190531速歩途中の公園から望んだ北の空

下の写真は、ゼラニウムの苗です。

開花していた二種類のゼラニウムを撮したものですが、左は、ゼラニウム シナモン、そして、右が、ゼラニウム レディーマリーでした。

20190531ゼラニウムシナモン 20190531ゼラニウムレディーマリー

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、冷たいダシに本場のさぬきうどん自家製タケノコ添えでした。

20190531お昼ご飯

このうどんの他に、少しだけ、温かな黒カレーさぬきうどんも食べました。

中央は、デザートの甘夏です。

今日は、ハッキリしない空模様が続いていました。午後から山で作業できそうだったので、支度をしていると、パラパラ小雨が舞ってくる、そんな空模様でした。

下の写真、右は、夕方 16:55 頃の様子ですが、この頃にも、パラパラ小雨が舞っており、傘をさして歩いている方もおられました。

20190531お昼ご飯黒カレーのさぬきうどん 20190531お昼ご飯タケノコと甘夏 20190531外の様子夕方小雨模様

結局、山へ行って作業する事はできないと思い、午後からは、資料をまとめていました。

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、豚肩ロースの焼肉野菜サラダ添え、酢納豆でした。

デザートは、メロンでした。

20190531晩ご飯2

そして、お昼ご飯に余った黒カレーを利用し、黒カレーリゾットを作ってもらいました。

それに、ジャガイモがたくさん入ったカレースープもいただきました。

20190531晩ご飯黒カレーのリゾット 20190531晩ご飯カレースープ 20190531歩道の早咲きラベンダーこいむらさき1

夜のはじめ頃になると、ようやく雨が落ち着いて来ましたが、歩道や車道の一部が少し濡れていました。

外へ出てみると、近くに車がライトをつけたまま停車していましたが、そのライトが、雨上がりの歩道のラベンダーを輝かせていました。

上の写真、右と、下の写真は、歩道の早咲きラベンダーこいむらさきの様子です(20:16頃)。

夜間のライトアップって、きれいですねぇ。

20190531歩道の早咲きラベンダーこいむらさき2

明日の秋田の最低気温は 16度、最高気温は 22度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2019.06.01 08:00発表)。

植物療法関連記事の目次更新 2018年度分

● 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.04.04 今年始めての土いじり 20095.7 / 16.3
○ 履歴 : 2010「2010.04.04 ローズマリーの鉢を風除室から移動 2010
- 0.6 / 11.8
○ 履歴 : 2011「2011.04.04 突然の雪模様から青空の広がる天気へ
0.2 / 7.2
○ 履歴 : 2012「2012.04.04 爆弾低気圧の接近で恐怖の一夜
0.6 / 6.2
○ 履歴 : 2013「2013.04.04 生命力あふれる黄緑色の葉っぱに春の訪れを実感 2013
2.4 / 11.2
○ 履歴 : 2014「2014.04.04 20度近い気温から一転し暖かな雨が冷たい雨へと変わる
4.2 / 13.3
○ 履歴 : 2015「2015.04.04 今年一番の気温を更新し春爛漫の日中と夜の皆既月食 2015
4.1 / 18.2
○ 履歴 : 2016「2016.04.04 春先のハーブ苗置き場作り 2016
1.8 / 9.6
○ 履歴 : 2017「2017.04.04 清明の日ハーブ苗入荷 2017
0.5 / 12.6
○ 履歴 : 2018「2018.04.04 清明を前に昼過ぎには雨から雪へ 2018
2.0 / 9.0
→ 昨日 : 最低 0.9(01:41)最高 8.3(14:47)平均 5.4 降水 0.0mm 日照 4.7h 24時
・ 平年 : 最低 2.7 最高 11.2 平均 6.9 降水 3.2mm 日照 5.4h

▶ 今日 : 最低 1.8(06:36)最高 11.2(11:24)平均 8.0 降水 0.0mm 日照 2.0h 24時
▷ 平年 : 最低 2.9 最高 11.5 平均 7.2 降水 3.2mm 日照 5.4h

201904042400Temperature

上の画像は、2019.04.04(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になっても 6度台の気温が続いていましたが、その後、夜遅くになっても 6度台の気温が続き、これまで続いていた寒さがちょっとだけ緩和された感じがしました。

今日未明には 5度台の気温となっていましたが、その後も、明け方の 04時まで同じ気温が続いていました。

それでも、05時には 3度台まで下がり始め、その後 2度台と下がり続ける中、06:36 には、今日の最低気温となる 1.8度を記録していました。

朝の 07時まで 2度台の気温(毎正時)が続いていましたが、途中から、真っ黒な雲が空を覆ってはいたもののその雲の切れ間からお日さまが時々姿を現し、3度台だった気温も 5度台へと上がっていました。

下の写真、左は、真っ黒な雲が空を覆っていた朝 08:24 頃の様子です。

昼前になっても相変わらずの空模様でしたが、雲の切れ間が少しずつ大きくなり、その間からお日さまも姿を現す時間が長くなっていました。

下の写真、中央の左は、そんな空模様だった昼前 10:40 頃ですが、気温の方は 9度台から 10度台と推移する中、11:24 には、今日の最高気温となる 11.2度を記録していました。

ただ、昼過ぎには、再び黒い雲が空を覆うようになり、時々パラパラ小雨が舞うこともありました。

気温の方も 10度台から 9度台と、少し下がっていました。下の写真、中央の右は、雲の切れ間はあるものの、お日さまが姿をほとんど現す事なく暗かった昼過ぎ 14:53 頃の様子です。

夕方になっても、空模様は相変わらずでしたが、雨が降り出す事もなく、15時には 9度台を示していた気温は、16時に 10度台を示した後、同じ気温が続いていました。

下の写真、右は、夕方 18:09 頃の様子です。

夜のはじめ頃から夜遅くにかけても、雲の多い空模様でしたが、気温の方は、相変わらず 10度台を保持したままで、この所続いていた低い気温からは考えられない暖かさとなっていました(24時 10.3度 86%)。

20190404外の様子朝 20190404外の様子昼前 20190404外の様子昼過ぎ 20190404外の様子夕方

朝、台所からラーメンのスープの香りが漂っていました。

下の写真、左は、そんな自家製のラーメンスープをとっているときの様子です。

朝から黒い雲が垂れ込め、暗い朝でした。下の写真、中央は、そんな 09:43 頃の東大通りの様子です。

それでも、雲の切れ間に、ほんの少し青空が見えているように、その間から時々お日さまが姿を現す事もありました。

20190404ラーメンのスープ 20190404外の様子朝東大通り 20190404お昼ご飯ニンジンとセロリのナムル

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、朝からコトコトとっていた自家製のスープで、少し太い麺でしたが、美味しいラーメンをいただきました。

それに、ニンジンとセロリのナムルでした。

20190404お昼ご飯

ラーメンを食べるときには、水さらしといって、熱いラーメンの麺が苦手なため、水で冷やして熱々のスープに戻していたのですが、この頃、それをやめて、麺も熱々のままラーメンを食べていました。

少しずつ慣れてきたせいもありますが、その方が、熱い分だけ時間をかけて食べる事ができています。

下の写真、中央は、いただいたロールケーキです。右は、自家製のコーヒーケーキです。

20190404お昼ご飯ラーメン 20190404デザートロールケーキ 20190404デザート手作りコーヒーケーキ

今日は、天気の具合があまりよくなく、いつ雨が降り出して来てもおかしくないような空模様でした。

それでも、昼前には、雲の切れ間からお日さまが時々姿を現し、11.2度の最高気温も記録していました(11:24)。

昼過ぎに、頃合いを見計らい、いつものようにインターバル速歩を楽しみに、近くの公園へ向かいました。

下の写真、左と中央は、速歩へ向かう途中の西の空(14:53頃)と、北の空の様子です(14:55頃)。

右は、速歩へ向かった公園内、そして、南西の空の様子です(14:56頃)。黒い雲が低く垂れ込んでいましたが、特に、南西の空にその雲がせまっていました。

20190404速歩へ向かう途中の西の空 20190404速歩へ向かう途中の北の空 20190404速歩へ向かった公園内の様子

下の写真は、速歩途中で望んだ公園内や空の様子です。

今日は黒い雲が低く垂れ込めていた事もあり、薄暗い公園での速歩でした。

近くの工事現場では、さらに上部に向かって足場も一緒に組み上げられていました。

20190404速歩途中の公園内の様子 20190404速歩途中の公園内と北東の空 20190404速歩途中の公園から望んだ近くの工事現場

下の写真は、速歩途中の公園高台から東西南北を望んだときの様子です(15:14頃)。

雲の移動が早く、特に真っ黒な雲が短時間で移動しているのがわかりました。南西から北東の方角へと移動していました。

20190404速歩途中の公園高台から望んだ西の空 20190404速歩途中の公園高台から望んだ南の空 20190404速歩途中の公園高台から望んだ東の空 20190404速歩途中の公園高台から望んだ北の空

それでも、気温が高いせいか、数日前から足止めされていた梅の花が、昨日以上に開花してきました。

下の写真は、速歩からの帰り道で望んだ梅の花の様子です(15:27頃)。まだ、通りまでその香りは漂っては来ませんが、そのうちに、梅の花の香りが漂ってくるはずです。

そういえば、明日 2019.04.05 は「
清明」でした。

20190404速歩からの帰り道で望んだ梅の花

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、中華風厚揚げ豆富の煮込み、それに、長ネギと豆富のみそ汁でした。

20190404晩ご飯厚揚げ豆富の中華風煮もの 20190404晩ご飯ネギと豆富のみそ汁

下の写真も、今日の晩ご飯です。

こちらは、ひろっことカニカマの酢のもの、先ほど煮込んでいた中華風厚揚げ豆富の煮もの、ニンジンとセロリのナムル、そして、一夜干しのカレイの焼き魚ダイコンおろし添えでした。

20190404晩ご飯

今年に入っても、2018 年度(2018.01.01 から 2018.12.31)の植物療法(フィトテラピー)関係記事の目次の追加や、下記分類項目に該当する記事の更新がまだだったので、時間があれば更新したいと思っていました。

精油の化学関連の目次
植物油の化学関連の目次
医療関連の目次
脳・神経関連の目次
薬と身体関連の目次
福田安保理論関連の目次
千島学説関連の目次

今日になって、ようやくそれらの分類項目に該当する「2018 年度(2018.01.01 から 2018.12.31 まで)」の「
ひまわりが勝手に選んだ」記事を更新する事ができました。興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。

項目は、一頃から比べるとかなり減りましたが、これで最新の目次(2018年度)、ならびに、各分類項目に該当する記事の更新を終える事ができました。

2018.12.31 植物療法関係 2018年度分目次(2019.04.04 追加)

下記に示した最新の記事リストの目次(2018年度)は「
ひまわりが勝手に選んだ」植物療法関係の記事一覧です。

ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧です。
(2018.01.01 〜 2018.12.31 分目次)


西洋タンポポ 西洋ノコギリ草 カミルレ

● 年度 : 年度別目次
2018
/ 2017
/ 2016
/ 2015

2014
/ 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / 風景 / その他

○ 2018.01.01 〜 2018.12.31
2018.12.18 ローズ精油の蒸留方法の違いや特徴ある成分などの相関関係
2018.12.06 精油のマトリクスデータシートの3D化
2018.12.05 花粉などによるアレルギーと食物アレルギーそして抑制性T細胞の複雑な関係
2018.11.16 目的達成のための戦略と精油のマトリクスデータシートの活用
2018.10.17 MS-DOS版桐Ver.5で精油の最新データベース再構築 2018
2018.10.08 アロマテラピーセミナー 2018(快適な旅のため)
2018.10.07 アロマテラピーセミナー 2018(アレルギー及び自己免疫疾患)
2018.09.18 二日連続山形でのパーソナルアロマテラピー講座 2018
2018.09.17 キンモクセイの香りが漂い始めた山形でパーソナルアロマテラピー講座 2018
2018.08.28 南会津町のアロマ工房と須賀川市のバラ園とのコラボ 2018
2018.06.20 ラベンダーの異形株へと嗜好が変化する時代 2018
2018.04.17 桜開花宣言の日第四回目パーソナルアロマ講座 2018(心の変化と体への影響)
2018.04.07 精油事典と成分分析表にかなり違いがでるベチバーについて
2018.03.31 抗テストステロン作用を示す精油とその芳香分子について
2018.03.20 第三回目パーソナルアロマ講座 2018(体型と心の関係)
2018.02.20 第二回目パーソナルアロマ講座 2018(体型と肌の関係)
2018.02.13 体性感覚野へと向かう主な上行路のイラストようやく完成
2018.01.20 大寒の日植物油の油脂とワックスの固化比較
2018.01.16 第一回目パーソナルアロマ講座 2018(体型と体調の関係)

再度、今回追加、更新した記事は、上記のリンク記事と、以下のリンク記事目次の通りです。

植物療法関係の記事一覧
2018.12.31 植物療法関係 2018年度分目次(2019.04.04 追加)

そして、「その他の関連」と「季節風景などの関連記事の目次」以外の関連情報目次は、前述の記事と重複する場合があるため、追加したリストを表示しませんでしたが、二つの項目については、追加したリストを表示しておきましたので、あわせてご覧いただければ幸いです。

● 年度 : 年度別目次
2018
/ 2017
/ 2016
/ 2015

2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / 風景 / その他

精油の化学関連の目次
植物油の化学関連の目次
医療関連の目次
脳・神経関連の目次
薬と身体関連の目次
福田安保理論関連の目次
千島学説関連の目次

関連情報目次 その他の関連
○「その他関連の目次」

2018.11.20 石油ストーブを持ち出した日にダイコンの柿漬け作業 2018
2018.10.31 京都の友人と秋田市の美術館巡り 2018
2018.10.17 MS-DOS版桐Ver.5で精油の最新データベース再構築 2018
2018.09.24 由利本荘市でのインターバル速歩実践交流会 2018
2018.08.23 処暑の日に今季最高の37.6度を記録した秋田市 2018
2018.07.25 連続9日合計15日の猛暑日を記録している会津を象徴する今日の夕焼け空 2018
2018.04.14 NEC Lavie LL550シリーズのWindowsXPでDOS版桐Ver.5を動かす
2018.03.17 春の彼岸を前にインターバル速歩に初挑戦 2018
2018.02.16 Apple TV 設定とアプリを使うまでの長かった道のり
2018.02.02 秋田市で -9.7度を記録した朝給湯器が凍結 2018

● 季節風景などの関連記事
季節風景などの関連記事の目次
春夏 / 秋冬

● 春
○ 秋田の風景
2018.05.23 太平つつじ園 2018
2018.04.21 快晴で20度近い気温の中太平川沿いの桜散策 2018
○ 会津の風景
2018.05.31 会津札所佐下り観音堂 2018
2018.04.27 葉桜の秋田から新緑の会津へ 2018

● 夏
○ 秋田の風景
☆ ラベンダー
2018.06.25 早咲きラベンダーの収穫を終える 2018
2018.06.22 畑の早咲きラベンダーの開花と収穫発送 2018
☆ 竿燈
2018.08.06 秋田竿燈まつり最終日そして平成最後のまつり 2018
○ 会津の風景
2018.07.12 会津美里町お田植まつり 2018

● 秋
○ 秋田の風景
☆ 花火
2018.09.14 秋田市で稲刈りが始まる頃第95回増田の花火 2018
☆ あけび・栗
2018.09.27 今季初めて甘栗とカボチャとあけびの収穫 2018
○ 会津の風景
2018.09.05 戊辰150周年事業と三春の滝桜 2018

● 冬
○ 秋田の風景
2017.02.26 春を感じるひろっことばっけの初収穫 2017
2017.02.15 埃蠅里まくらが開催される頃 2017
2017.01.29 三吉神社のどんど焼き 2017
○ 会津の風景
2018.02.25 会津美里町のお文殊様 2018
2018.02.07 会津から初午の便り 2018
2018.01.13 道路に雪のなかった奇祭高田大俵引き 2018

明日の最低気温は 6度、最高気温は 13度、そして、天気は「曇り時々雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2019.04.04 22:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ