みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

料理:がっこ

2018年12月05日  花粉などによるアレルギーと食物アレルギーそして抑制性T細胞の複雑な関係
2018年11月20日  石油ストーブを持ち出した日にダイコンの柿漬け作業 2018
2016年12月04日  ダイコンの柿漬け 2016
2016年10月27日  カブのこはぜ漬け 2016
2015年11月23日  冷たい雨の降る中ダイコンの柿漬け作業 2015

花粉などによるアレルギーと食物アレルギーそして抑制性T細胞の複雑な関係

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.12.05 月桃水とダマスクローズのお酒- 0.8 / 10.3
○ 履歴 : 2010「2010.12.05 高田のクリスマスイルミネーション 2010
5.7 / 14.8 会津
○ 履歴 : 2011「2011.12.05 小雪の舞う日今年最初で最後の忘年会 2011
1.0 / 5.5
○ 履歴 : 2012「2012.12.05 台所の引っ越し作業と段取りの重要性
0.4 / 5.3
○ 履歴 : 2013「2013.12.05 フレーバードOSAKE ブルーベリーなお酒
2.3 / 10.4
○ 履歴 : 2014「2014.12.05 真冬並の冷え込み.今季初めて.氷点下.道路.凍結...
- 1.6 / 2.7
○ 履歴 : 2015「2015.12.05 表参道の風景が届きクリスマスまでの雰囲気を楽しむ
3.3 / 7.7
○ 履歴 : 2016「2016.12.05 二十四節気の一つ大雪を前に山から味噌樽移動 2016
6.5 / 13.8
○ 履歴 : 2017「2017.12.05 今日もアロマテラピーセミナー用の資料作り有機化学編
- 0.8 / 7.8
○ 気温 : 昨日の最低 9.9(02:18)最高 14.5(19:02)平均 11.9 降水量 22.0mm 日照 0.0h 24時
○ 気温 : 平年の最低 1.5 最高 7.9 平均気温 4.5 降水量 5.7mm 日照時間 1.7h
○ 気温 : 今日の最低 2.1(22:56)最高 11.9(01:04)平均 7.1 降水量 1.0mm 日照 2.8h 24時
○ 気温 : 平年の最低 1.3 最高 7.7 平均気温 4.4 降水量 5.7mm 日照時間 1.6h

201812052400Temperature

上の画像は、2018.12.05(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になっても雨は降り続いていましたが、19時には 14度台の気温となり、その少し後の 19:02 には、昨日の最高気温 14.5度を記録していました。

その後、雨足が 4.5mm を記録した 20時には再び 11度台へ下がり、その後夜遅くにかけても 11度台という高い気温が続いていました。

ただ、夜遅くには、激しく降っていた雨が少しずつ弱くなり、23時頃にはやんでいました。

11度台の高い気温は、今日未明の 02時まで続き、01:04 には、今日の最高気温となる 11.9度を記録していました。

その後、03時には 10度台となり、明け方まで 10度台の気温が続いていました。ただ、朝の 07時前には、雨が降っていたようで、道路や歩道が濡れていました。

それでも、07時過ぎには雨もあがり、白い雲がかかってはいましたが、うす水色の空ものぞき、時々、その雲の切れ間からお日さまも姿を現していました。

ただ、それまで続いていた 10度台から、07時には 9度台、そして、09時には 8度台と、少しずつ気温が下がり、10時前には、一時的でしたが、再び雨が降る事もありました。

下の写真、左は、降っていた雨もやみ、うす水色の青空ものぞいていた朝 07:49 頃の様子です。

昼前になると、白い雲が少なくなり、きれいな青空が広がっていましたが、お日さまは、時々雲の陰に隠れ、10時には 9度台まで上がっていたのですが、その後は 8度台という低い気温が続いていました。

下の写真、中央の左は、白い雲があるものの青空の広がっていたお昼を少し過ぎた 12:04 頃の様子です。

昼過ぎには、昼前と同じように青空が広がり、白い雲があったもののお日さまが姿を現していましたが、13時まで続いていた 8度台の気温は、14時には 6度台まで急に下がっていました。

下の写真、中央の右は、青空が広がり、お日さまが輝いてはいたものの、気温の方は 6度台だった 14:00 頃の様子です。

夕方には、青空も見えていましたが、雲も多くなり、気温の方も 5度台から 4度台と冷え込んで来ました。下の写真、右は、夕方 17:26 頃の様子です。

その後、夜のはじめ頃の 19時には 3度台となり、そのまま 3度台が続いていましたが、夜遅くには 2度台となり、22:56 には、今日の最低気温となる 2.1度を記録していました(24時 2.3度 69%)。

20181205外の様子朝 20181205外の様子昼過ぎ1 20181205外の様子昼過ぎ2 20181205外の様子夕方

今日の朝の NHKテレビでは、「
食物アレルギー」の話題が放送されていました。アレルギーについては、以前、下記のブログ記事でもご紹介しました。

2016.12.14 食物アレルギーと早期摂取との関連性に関わる抑制性T細胞
2016.02.07 3歳まで豆食べさせない事とナッツ類のアレルギーとの関係
2016.01.25 制御性T細胞Tregとハーブのカモマイル
2016.01.24 自律神経と免疫の法則と制御性T細胞Tregを利用した新アレルギー治療

ひまわりの恩師は、以前から「
アレルギー」の問題点を、ヨーロッパなど最新の情報から説明を加えていました。

2011.04.28 恩師の告別式

2012.01.31 植物療法セミナー受講初小テスト 2003.12.09
2012.01.30 植物療法セミナー受講植物素材の効用効果総括 2003.12.09
2012.01.29 植物療法セミナー受講履歴(2006〜2010)
2012.01.28 植物療法セミナー受講履歴(2001〜2005)
2012.01.27 植物療法セミナー受講履歴(1996〜2000)
2012.01.26 植物療法セミナー受講履歴(1989〜1995)

そして、今日のテレビで説明を加えていた医師の話しをお聴きし、再び、恩師の言われていた事と同じ事を話されているのにビックリしてしまいました。

それも、「
最新の研究データ」から、という事だったので、なおさらのことでした。

今回の放送ととても関連性のあるお話しで、それは、「
アレルギーの改善には、アレルゲンとなる物質を避けるのではなく、ほんの少しずつアレルゲンとなる物質を摂ることで、アレルギーが改善でき、しかも、栄養学的にも偏った状態を改善できる」というものでした。

これらの点については、

2016.12.14 食物アレルギーと早期摂取との関連性に関わる抑制性T細胞

でも投稿し、同じ事の繰り返しとなりますが、再度、その内容を示させていただきたいと思います。

免疫反応が、外部から入り込んだ異物(抗原)に対抗して、B細胞の作りだす抗体が、その異物から生体を守るための反応の中で、「
家畜のフンや家畜の体の細菌」が取り込まれたときに「制御性T細胞 Treg」が増えるという内容で、それは「三歳までの幼少期に増える傾向」にありました。

そして、その「
制御性T細胞 Treg」の働きは、生体内で起こっている免疫反応を「適切に制御」する作用として働きました。

その事で、免疫反応が過剰に起こりアレルギー反応へと進んで行く過程を抑制する作用がありました。

今回の放送とも深い関連性のある「
食物アレルギー」については、ピーナツによるアレルギー反応の観察結果ということで、

○ 妊娠中
・ピーナツを避ける
・ピーナツを食べる

グループに分け、その結果を見た場合「ピーナツの摂取が少ないほど、生まれたお子さんがアレルギーの傾向」を示し、

○ アレルギー食品を完全に避ける事によって
・アレルギー症状が発症
○ あえてピーナツを食べた方
・アレルギーとなる傾向が少ない

という結果の報告もご紹介させていただきました。

そして、6ヶ月から 12ヶ月の幼児 600人を対象に、医師の指導のもと

・少量のピーナツを摂取
・四年間

続けたら、アレルギーの発症は 3.2%で、ピーナツを避けた幼児のアレルギー発症は 17.3%だったことも報告されていました。

そして、これらの結果から、先ほどの「
制御性T細胞 Treg」の関連性を、ピーナツを利用したネズミの実験で調べた結果、

・腸から吸収されたピーナツが免疫細胞に攻撃を受ける(免疫反応)
・制御性T細胞 Treg が作られ免疫反応が抑制

されることが明らかになり、食物のタンパク質に触れると、そのタンパク質に対する制御性T細胞 Treg が作られ、アレルギーの発症を抑える仕組みが明らかになりました。

もう一つは、今日放送された冒頭での内容で、皮膚から浸入したアレルゲンに対してのアレルギー反応との関連から、アレルギーを引き起こす可能性のあるピーナツを、幼少期に

・皮膚に塗布
・食品として摂った場合

の比較検討の中で、ピーナツオイルのスキンクリームを塗っていたら、大半の幼児がピーナツアレルギーを引き起こしてしまう事がわかり、

・食品として少量摂取していればアレルギーは抑制され
・皮膚に塗布したらピーナツアレルギーが引き起こされてしまう

という報告もご紹介させていただきました。

また、ネズミの実験では、

○ ネズミの皮膚に卵白を塗布
・アレルギー反応が現れる
○ ネズミに卵白を始めに食べさせる
・事前にアレルギー物質を取り込ませる
・制御性T細胞 Treg が事前に作り出される
○ 皮膚に卵白を塗布
・事前に作られた制御性T細胞 Treg がアレルギーを抑制
・元気なままでアレルギー発症はなかった

という実験結果の報告もご紹介させていただきました。

この実験では、事前に食事でアレルギー物質を取り込む事で、制御性T細胞 Treg が事前に作り出され、皮膚からのアレルギー物質の侵入があったとしても、アレルギーの症状が抑制されていた事がわかったという報告でした。

下の写真、左は、今日の NHKテレビで放送された内容のうち、皮膚に炎症が起こっていたり、皮膚のバリア機能が低下しているときにアレルゲンが付着し、そのアレルゲンに反応して樹状細胞が過剰な反応をしてしまう仕組みが説明されている図でした。

出演者の方が、桃がとてもお好きで、アレルギーを起こすこともなく過ごされて来たのに、突然アレルギー反応を引き起こしてしまったお話しについて、最初、えっ? と思っていました。

それは、桃の汁を皮膚に塗ったわけではなく、以前から何の問題もなく食べる事ができていたのに、その桃を食べていて、突然アレルギーの反応が引き起こされたという事でした。

すでに、体内では、桃に対しての抑制性T細胞 Treg が作り出されていたと思われるからです。

また、お魚の好きな方で、上記のケースと同じように、以前から何の問題もなく食べる事ができていたのに、アルバイトで、毎日お魚を手で触れる機会があり、皮膚のバリア機能が低下したときに、下の写真、左の仕組みで突然アレルギーの反応が引き起こされた、という事例もありました。

こちらの場合も、すでに、お魚に対しての抑制性T細胞 Treg が作り出されていたと思われるのに、何故と思ったからです。

その点については、テレビを見ているうちに、なるほどなるほどと思える所を見いだす事ができました(間違っているかもしれませんけど)。

それが、下の写真、中央と右の「
花粉アレルギー」と「食物アレルギー」の関係についてでした。

上記ケースの出演者とテレビで紹介されていた方のお二人には、「
花粉アレルギー」があったというのです。花粉アレルギーがあると、食べ物の食い合わせによっては、アレルギーが発症する可能性が高いという事でした。

ですから、「
食べたもの、あるいは、皮膚から浸入したもの」とアレルギーという関係は、もう一つ、「花粉アレルギー」とも関係しているという事でした。

繰り返しになりますが、「
食べたもの、あるいは、皮膚から浸入したもの」に対しての抑制性T細胞 Treg は、すでに作り出されているとは思うのですが、「食べたもの、あるいは、皮膚から浸入したもの」と関連性のある「花粉アレルギー」については、すでにアレルギー反応が引き起こされている訳ですから、抑制性T細胞 Treg は、わずかか、作られていない可能性があるのでは、と思いました。

難しい内容なので、今後、その辺りを検討しながら学んでいければとい思います。

ちなみに、下の写真、右は、ヨモギによる花粉アレルギーがある方の場合、スパイスなどを含むカレーを食べたときに、食物アレルギーを発症する可能性があるという事でした。

花粉アレルギーの主役がどの植物で、その植物が繁殖し環境に花粉を放つ頃、花粉アレルギーが始まり、そして、その時期に、食物アレルギーも発症しやすいという相関関係もあったようです。

どの食べ物が食物アレルギーを引き起こしているのかを、血液検査で把握し、その範疇に入る食べ物をさらに細分類して、それぞれの食物をすりおろして、皮膚にパッチテストすることで、食物アレルギーの原因となる食べ物を特定していく方法がとられていました。

その食べ物が探し出せた後は、その食べ物を少量単位で摂取し、その食べ物を食べる事によって引き起こされるアレルギー症状のギリギリの量を割り出し、その量に特定の定数をかけ算して、一日における摂取量を探る方法がなされていました。

その摂取可能な量をレベル別に分類し、そのレベルに該当する「
食べても大丈夫な食べ物」を、その摂取量にしたがって食べる事で、アレルギーを克服するというやり方だったようです。

番組では「
家庭や自己判断で実施するのは危険なので、必ず専門医に相談」して下さい、と指摘されていました。

今日放送された NHKテレビの内容を、ビデオに録画したりメモすることなく、数枚の画面の写真を撮っただけなので、記憶違いや理解不足で、間違っているカ所もあるかも知れませんが、何かあれば連絡いただければ幸いです。

また、今日のお話は、アレルギーの問題だけではなく、様々な病原菌によって引き起こされる感染症とも関係がありました。

○ 幼児期
・母乳の免疫から離れ自分自身の力で外部のいろいろな異物を認識し免疫を獲得する時期
→ リンパ球優位の時期
・いろいろな異物を認識する傍らそれらの異物に過剰に反応しない免疫の獲得時期
→ 制御性T細胞 Treg(リンパ球)の増える時期

という事がわかれば、幼少期に、

・様々な環境の中で病原菌に接する事で
→ 将来に渡って病原菌に対しての免疫力(獲得免疫)を備える事ができる
→ 過剰に働く免疫力を抑えアレルギーの発症を予防できる

というものでした。

2008.10.09 幼児期の免疫システムとアロマテラピー
2005.12.12 免疫システムと感染症対策

20181205NHKテレビアレルギー発症のメカニズム 20181205NHKテレビ花粉アレルギーと食物アレルギーの関係1 20181205花粉アレルギーと食物アレルギーの関係2

今日は、ばっぱのデイサービスの日でした。

下の写真、左は、施設内に飾りつけられたクリスマスツリー、そして、右は、ほんの少し白く見えた太平山の様子です(10:57頃)。冷え込んでいるのがわかります。

20181205クリスマスツリー 20181205外の様子昼前太平山

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、ゴボウの炊き込みご飯、カボチャ、そして、玉子のみそ汁でした。

20181205お昼ご飯ゴボウの炊き込みご飯 20181205お昼ご飯カボチャ 20181205お昼ご飯玉子のみそ汁

下の写真は、今日のお昼に登場した「
ダイコンのこはぜ漬け」です。

山のお隣のおばさん宅にあるこはぜの実を収穫させていただき、ばっぱが漬け込んだものでした。

2018.10.05 農林四号と岸根の収穫が始まる頃こはぜとあけびの収穫 2018

20181205ダイコンのこはぜ漬け1

下の写真、左も、今日のお昼に登場した「
ダイコンのこはぜ漬け」です。

濃い赤紫色は、こはぜの天然の色で、食べたときに少し酸味のある味は、山ブドウでした。そして、右は、ダイコンのビール漬けでした。

20181205ダイコンのこはぜ漬け2 20181205ダイコンのビール漬け

下の写真、左と中央は、山へ向かうときに写した東大通りの様子です(15:13頃)。やや白い雲の塊があったものの、青空が広がっていました。

右は、山へ向かう途中で望んだ田んぼと空の様子ですが、こちらの方でも、青空が広がっていました(15:31頃)。

20181205外の様子昼過ぎ3 20181205外の様子昼過ぎ4 20181205山へ向かう途中の様子田んぼと空

今日は、いただいたこはぜのお返しにと、そのこはぜを使ったダイコン漬けを、山のお隣のおばさん宅へお届けして来ました。

下の写真、左は、すでに雪囲いが施されていたお庭の様子です(15:39頃)。

中央と右は、今日のラベンダー畑とツルウメモドキの様子です(15:48頃)。

20181205山のお隣さん雪囲い 20181205ラベンダーの畑 20181205山の様子ツルウメモドキ1

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子です。今年は、早咲きラベンダーの花芽があまり伸びていませんでした。しかも、同じ早咲きラベンダーでも、ナナ成沢の株は、さっぱりで、こいむらさきの方も、チラホラでした。

まだ、新しく伸びた花芽の剪定は行っていませんが、時間を見つけて、刈り込みを行いたいと思っています。というか、一番奥の方の草刈りを済ませる前に、枯れてしまっていました。

来年は、この草に悩まされそうです。

20181205ラベンダー畑の様子

下の写真は、先ほどと同じツルウメモドキの様子です(15:47頃)。黄色い実の表面に割れ目ができ、中から橙赤色の仮種皮が姿を現していました。

その仮種皮は、寒さが増してくると少しずつしおれてしわくちゃになり、やがて、地面に落下します。ちょうど雪が積もった辺りに、その落下が始まっていました。

もう少しでそんな季節がやって来ます。

20181205山の様子ツルウメモドキ2

そうなる前にと、毎回頑張っているのですが、なかなか時間が取れず、暗くなるのが早いため、作業が進んでいないのが野菜畑のネットや支柱の撤去作業でした。

下の写真、左と中央は、今日の作業前の様子です(15:50頃)。そして、辺りが暗くなって、今日も作業が中断してしまった野菜畑の様子が、下の写真、右です(16:43頃)。

20181205野菜畑の撤去作業前1 20181205野菜畑の撤去作業前2 20181205野菜畑の撤去作業後1

下の写真も、同じく暗くなり、作業を続ける事ができなくなっていた頃の様子です(16:44頃)。それでも、キュウリやゴーヤなどを支えていた支柱やネット、そして、周囲の支柱、そして、二層になっていたネットの撤去作業が終わりました。

残っているのは、トマトをカラスから守る為に覆ったネットの撤去、そして、枯れた苗の撤去作業だけとなりました。

20181205野菜畑の撤去作業後2

下の写真、左は、暗くなった山を後にし、山からの帰り道で望んだ田んぼと空の様子です(17:02頃)。雲はあったものの、結構青空が広がっていました。

山から戻り、準備を整え、いつものように、インターバル速歩を楽しみに近くの公園へと向かいました。

中央は、速歩へ向かう途中で望んだ北の空の様子(17:29頃)、そして、写真が前後しますが、右は、速歩からの帰り道で望んだ東の空の様子です(18:03頃)。

20181205山からの帰り道の様子田んぼと空 20181205速歩へと向かう途中で望んだ北の空 20181205速歩からの帰り道で望んだ東の空

下の写真は、速歩途中の公園高台から望んだ東西南北の様子です(17:36頃)。

真っ暗になってはいますが、白い雲の塊の中、きれいな青空ものぞいていました。

20181205速歩途中の公園から望んだ西の空 20181205速歩途中の公園から望んだ南の空 20181205速歩途中の公園から望んだ東の空 20181205速歩途中の公園から望んだ北の空

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、キュウリのみそ漬け、ダイコンのビール漬け、そして、ダイコンのこはぜ漬けと、がっこが中心でしたが、自家製のカボチャや、ハクサイとシーチキンの和えものもありました。

20181205晩ご飯1

そして、昨日送られて来た会津の生そばでした。何でも、下の写真に盛りつけされている量は、三人分ほどあるとの事でした。

20181205晩ご飯2

それをペロリとたいらげました。そば湯も一緒に飲んで大満足でした。中央は、ゴボウの牛肉巻き、サトイモと肉団子の煮つけ、そして、酢納豆でした。

20181205晩ご飯会津の新そば 20181205晩ご飯ゴボウの牛巻き 20181205晩ご飯そば湯

明日の最低気温は 0度、最高気温は 6度、そして、天気は「曇りのち雪」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2018.12.05 22:00発表)。

石油ストーブを持ち出した日にダイコンの柿漬け作業 2018

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.11.20 冬支度グッズの展示販売3.9 / 7.1
○ 履歴 : 2010「2010.11.20 叔母の墓参りと一の戸橋梁
- 0.6 / 13.0 会津
○ 履歴 : 2011「2011.11.20 指センサー利用によるエステの実習プログラム
4.5 / 14.9
○ 履歴 : 2012「2012.11.20 老化肌を基本とした精油のブレンドとワイン
2.2 / 7.6
○ 履歴 : 2013「2013.11.20 一日冷たい雨が降り続いた秋田市
2.8 / 6.9
○ 履歴 : 2014「2014.11.20 複数芳香植物の蒸留とそこから得られた精油の関係
2.5 / 11.0
○ 履歴 : 2015「2015.11.20 小春日和の中ハクサイのがっこ作り 2015
4.0 / 12.6
○ 履歴 : 2016「2016.11.20 Aromarche(香りの市場 アロマるしぇ) 2016
5.7 / 14.7
○ 履歴 : 2017「2017.11.20 雪..磐越.東北.秋田道...会津から秋田へ
0.5/ 5.5 会 - 0.4/3.9秋
○ 気温 : 昨日の最低 5.1(23:57)最高 12.0(14:42)平均 8.0 降水量 5.0mm 日照 0.1h 24時
○ 気温 : 平年の最低 3.3 最高 10.9 平均気温 7.0 降水量 6.0mm 日照時間 2.5h
○ 気温 : 今日の最低 3.1(06:14)最高 10.7(13:29)平均 6.2 降水量 0.0mm 日照 1.9h 24時
○ 気温 : 平年の最低 3.2 最高 10.6 平均気温 6.8 降水量 5.9mm 日照時間 2.5h

201811202400Temperature

上の画像は、2018.11.20(火)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃には、8度台まで下がったのですが、その気温は、21時まで続いていました。それでも、夜遅くになると、22時には 6度台まで下がり、その後 5度台を示す中、23:57 には、昨日の最低気温となる 5.1度を記録していました。

今日未明になると 4度台まで下がり、03時には 3度台まで下がっていました。3度台の気温は、その後明け方まで続いていました。

その間の 06:14 には、今日の最低気温 3.1度を記録していましたが、この気温は、今季最低の気温でもありました。

2018.11.14 今季最低の3度台を記録した日ラベンダー畑の草刈り作業 2018

朝の 07時まで 3度台が続いていましたが、その後は、曇りがちの天気ながら、雲の切れ間からお日さまが少しだけのぞいていた事もあり、09時には 6.0度まで上がっていました。

下の写真、左は、まだ雲のかかっていた朝 07:48 頃の様子です。

昼前になると、時々姿を現していたお日さまが厚い雲に隠れて、姿を現す事がなくなってしまいました。それでも、7度台から 8度台の気温を示していました。

下の写真、中央の左は、朝よりも厚く黒い雲がかかっていた昼前 10:41 頃の様子です。

昼過ぎになると、雲の切れ間から青空が広がり始めて来ました。それでも、スッキリと晴れ間が広がるわけではなく、お日さまも、その雲の切れ間から時々姿を現す程度でした。

そのためか、8度台から 9度台で推移する中、お日さまの影響を受けた 14時には 10度台の気温を示し、13:29 には、今日の最高気温となる 10.7度を記録していました。

下の写真、中央の右は、白くかたまった雲がある中、青空がのぞいていた昼過ぎ 13:15 頃の様子です。その後、13:29 には、今日の最高気温を記録していました。

気象データを見てみると、今日の最低気温 3.1(06:14)と最高気温 10.7(13:29)とも、今季最低の気温だったようです。

それでも、最高気温は、まだ 10度以上でしたが、平年の気温と比較すると、ほぼ同じくらいのデータだったようです(平年の最低 3.2 最高 10.6)。

夕方になると、雲はあるのですが、風が強く、その雲も時間の経過で少しずつ少なくなり、結構青空も広がっていました。そのためか、9度台から 8度台の気温を示し、急激な気温の低下はありませんでした。

下の写真、右は、雲はあったものの、青空が広がっていた夕方 16:32 頃の様子です。

夜のはじめ頃の 19時までは 8度台の気温が続いていましたが、その後は 6度台まで下がり、21時には 5度台となっていました。

そして、夜遅くには 4度台から 3度台と、さらに下がり始め、24時には今日の最低気温(3.1度)にせまる 3.5度になっていました(24時 3.5度 76%)。

20181120外の様子朝 20181120外の様子昼前 20181120外の様子昼過ぎ 20181120外の様子夕方1

今日は、今季一番の冷え込みとなり、朝起きると、窓ガラスの内側には外気の温度差で水滴が付いていました。下の写真、左が、その時の様子です(09:21頃)。

今日 2018.11.20 は、会津の身不知柿の開封日でした。下の写真、中央と右は、その身不知柿を開封したときの様子です(09:43頃)。

今年は、秋田もそうでしたが、会津でも大きな実に育ったようで、とても見事な柿でした。

20181120ドアに水滴が 20181120会津の身不知柿の開封1 20181120会津の身不知柿の開封2

今日は、昼前からばっぱのお手伝いでした。重たいダイコンや、先日収穫してきたかたい実の身不知柿を潰して、ダイコンの柿漬けを手伝うためでした。

2018.11.18 柿漬け用の柿の収穫とキウイの収穫 2018

下の写真は、その作業を始める前の様子、そして、中央は、柿のヘタを取り除く作業、そして、右は、その柿を半分にして潰しているときの様子です。

20181120ダイコンの柿漬け1 20181120ダイコンの柿漬け2 20181120ダイコンの柿漬け3

結局、すりこぎ棒ではツルツルしてなかなか潰すことができず、フードカッターやナタを使って細かくしながら潰していきました。

下の写真は、その過程の様子です。かなりの渋味が出て来ました。

20181120ダイコンの柿漬け4 20181120ダイコンの柿漬け5 20181120ダイコンの柿漬け6

下の写真、左は、塩の入ったトロミのあるものですが、中に何が入っているのかわかりません。

でも、ダイコンと柿を等量(今回はダイコン30kg:柿30kgでした)、塩加減は、秋田市では 6%(環境によって濃度が変わるそうです)ほどとの事でしたよ。

中央は、潰した柿をかき混ぜているときの様子です。

すでに、完熟の柿の実を利用したダイコン漬けはできあがり、下の写真、右のように、お昼ご飯にも登場していましたが、渋柿を利用したダイコン漬けが出来上がるのが楽しみです。

20181120ダイコンの柿漬け7 20181120ダイコンの柿漬け8 20181120お昼ご飯ハクサイ料理

先ほども登場しましたが、上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。

完熟した柿で漬け込んだダイコンのがっこ、そして、ハクサイ料理、それに、オムライスでした。

20181120お昼ご飯

下の写真、左と中央も、今日のお昼ご飯です。

ハクサイと鶏肉などの中華風スープ、そして、オムライスではなく、キムチチャーハンでした。

今日は、朝から冷え込み、日中でも 10度ほどの気温と、寒い一日でした。

これまで、電気による暖房でしたが、今日は、石油の配達日とも重なり、反射板の石油ストーブを引っぱり出して来て、ストーブの試運転をしました。

やっぱりあったかいですね。そして何より、鍋物だけでなく、やかんでお湯を沸かすこともできました。下の写真、右が、反射板の石油ストーブをつけて暖を取っているときの様子です。

20181120お昼ご飯ハクサイと鶏肉などの中華風スープ 20181120お昼ご飯キムチチャーハン 20181120今季初めての反射板石油ストーブ

下の写真は、ようやく出来上がったダイコンの柿漬けです。種が混ざっているのがわかりますが、まったく問題ありません。柿も、収穫したときのままつぶしました。洗っていません。

ばっぱは、それで大丈夫といっていましたが、潰すときに使ったナタなどは、アルコールで消毒しました。

20181120ダイコンの柿漬け9

今日は、夕方近くになり、かたまった雲はありましたが、少しずつ青空が広がって来ました。風が強いのが少し難点でしたけど。

そんな中、今日もインターバル速歩を楽しみに、近くの公園へと向かいました。今日は、速歩を始めてから 200回を越える「205回目」となっていました。

下の写真、左は、速歩へと向かう途中で望んだ西の空(15:47頃)、そして、中央は、速歩途中の公園から望んだ西の空(15:53頃)の様子です。

下の写真、右は、写真が前後しますが、速歩からの帰り道で望んだ東の空の様子です(16:19頃)。ほとんど雲のない青空に、大きくなった(月齢)お月さまが写っているのがわかります。

20181120速歩へ向かう途中で望んだ西の空 20181120速歩途中の公園から望んだ西の空 20181120速歩からの帰り道で望んだ東の空

写真が前後しましたが、下の写真は、速歩途中の公園高台から望んだ東西南北の様子です(16:06頃)。

この頃には、南の空にかたまった雲がありましたが、それ以外は、結構きれいな青空が広がっていました。

20181120速歩途中の公園から望んだ西の空 20181120速歩途中の公園から望んだ南の空 20181120速歩途中の公園から望んだ東の空 20181120速歩途中の公園から望んだ北の空

今日は、買い物があったので、速歩が終わってから、買い出しに行って来ました。下の写真、左は、スーパーの駐車場から望んだお月さまの様子です(17:33頃)。

中央は、夕方 18:49 頃の様子です。

20181120買い物の途中で望んだお月さまの様子 20181120外の様子夕方2 20181120晩ご飯ハタハタのみそ汁

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。

ハタハタのみそ汁、酢納豆、カブとゆずの酢のもの、ホッケの焼き魚、そして、台湾風煮込みでした。この中には、ダイコンや厚揚げ豆富、そして、鶏肉などが入っていました。

20181120晩ご飯

夕方の NHKニュースでは、秋田県内の明日の天気予報(下の写真、右)と、週間天気予報(下の写真、中央)が放送されていましたが、明日は、全般的に雨模様のようでした。

そして、週間天気予報では、今週の金曜日(2018.11.23)辺りに「雪のマーク」がありました。

そういえば、昨年の今日 2017.11.20 は、「
今季初 秋田市で積雪」を記録した日でした。

2017.11.20 雪を心配し磐越道東北道秋田道経由で会津から秋田へ 2017

20181120NHKテレビ明日の天気予報 20181120NHKテレビ週間天気予報 20181120晩ご飯オムライス

上の写真、右と、下の写真も、今日の晩ご飯です。お昼ご飯で食べたキムチチャーハンに、完熟柿のダイコン漬け、そして、デザートは、リンゴと柿でした。

今日は、一日寒かったので、会津の地酒「
風が吹く」を飲みました。

20181120ダイコンの柿漬け 20181120デザート柿とリンゴ 20181120会津の地酒風が吹く

明日の最低気温は 3度、最高気温は 11度、そして、天気は「曇り時々雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2018.11.20 20:00発表)。

ダイコンの柿漬け 2016

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.12.04 タイトル画をクリスマスの風景へ 20093.7 / 9.3
○ 履歴 : 2010「2010.12.04 初冬の会津 2010
1.9 / 7.8 会津
○ 履歴 : 2011「2011.12.04 最大瞬間風速 27.4m/s 04:07
4.8 / 13.0 22時現在
○ 履歴 : 2012「2012.12.04 春先と間違えるようなラベンダーの輝き
4.2 / 10.7 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.12.04 素晴らしい天気の中お店の前の落ち葉そうじ 2013
0.2 / 11.2 24時
○ 履歴 : 2014「2014.12.04 お店前にあったハーブ苗の冬支度 2014
0.4 / 4.1 24時
○ 履歴 : 2015「2015.12.04 今季初積雪の中ローズマリーの冬支度 2015
0.5 / 6.0 24時
○ 気温 : 昨日の最低 2.8(23:27)最高 10.1(13:45)24時
○ 気温 : 今日の最低 2.1(01:55)最高 15.4(13:22)24時

201612042400Temperature

上の画像は、2016.12.04(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨日は、素晴らしい青空が広がり、夜になってもきれいな夜空を望む事ができました。昨夜、夜遅くの 23:27 には、その日の最低気温 2.8度を記録していました。

今日未明から明け方にかけても、2度台から 3度台と冷え込み、今日の最低気温 2.1度は、01:55 に記録していました。

朝になると、少し雲は多かったのですが、青空が広がり始め、お日さまも姿を現し、07時には 3度台だった気温も、09時には 7.5度を記録していました。

昼前になると、薄い雲が所々に広がる程度で、昨日に引き続き青空が広がり、気温の方は、さらに上がり、12時には 14.1度を示していました。

外で作業していたのですが、ジャンパーや毛糸のセーターを脱いでも暑く感じていました。昼過ぎになっても、青空が広がり、二日続けてのよいお天気でしたが、後半には少しずつ雲が空を覆い始めて来ました。

それでも、気温の方は、15度台から 14度台で推移し、13:22 には、今日の最高気温 15.4度を記録していました。

ただ、曇ってきたとはいっても、その雲を透してボンヤリとお日さまが輝いており、その状態は、夕方まで続いていました。

15度台から 14度台を示していた気温も、夕方に入り、13度台から 11度台、そして、10度台と少しずつ下がり始めていました。

そんな中、薄雲を透して、南西の空に、三日月さまがボンヤリと輝いていました。

夜のはじめ頃になると、10度台だった気温は、一桁の 9度台から 8度台で推移していましたが、それでも、かなり高めの気温でした(24時 8.0度 80%)。

下の写真は、今日、一日を振り返って撮した外の様子です。

左は、多少雲はあったものの、青空がその雲の間から望む事の出来た朝 06:29 頃の様子、

朝には、広がっていた雲が、少しずつ散らばり始め、薄雲が所々に残る程度で、お日さまも姿を現し、昼前には、暖かになっていました。中央は、その青空が、少しずつ雲に覆われ始めた昼過ぎ 15:04 頃の様子、

そして、右は、薄雲がかかっていたものの、お日さまが西の空に沈み始めていた夕方 16:08 頃の様子です。

20161204外の様子朝1 20161204外の様子昼過ぎ 20161204外の様子夕方

下の写真、左は、朝 08:16 頃の様子です。雲はあったものの、お日さまが光を届けるには十分なほど明るくなっていました。

今日は、朝から、ばっぱがダイコンの柿漬けで忙しくしていました。下の写真、中央と右が、そのときの様子です。

20161204外の様子朝1 20161204ダイコンの柿漬け1 20161204ダイコンの柿漬け2

何といっても、一番大切なのは、柿漬けに使う「柿」の状態でした。今年は、寒暖の差があったとはいえ、柿が柔らかくなるのが早く、そんな中から、なるべくかための柿を選んで漬け込みました。

下の写真は、その柿を選び、柿のへたを取り除いているときの様子です。

20161204ダイコンの柿漬け5

下の写真、左は、選んだ柿をきねでつぶし、その柿をダイコンに混ぜ合わせます。そんな風にしてできたのが、下の写真、右です。

20161204ダイコンの柿漬け3 20161204ダイコンの柿漬け4

柿漬けの手伝いを終え、山へ向かいました。下の写真は、山へ向かう途中の様子です。左と中央は、上北手関上地区を過ぎた辺りの道路と田んぼの様子です(10:57頃)。

この頃には、薄い雲が少しかかる程度で、きれいな青空と暖かなお日さまの光が満ちていました。昨日設置されたスノーポール、一か所だけ不足していたのか、竹竿が代用されていました。

下の写真、中央が、その竹竿です。右は、峠道の様子です。左側に広がる畑には、まだもみ殻がくすぶっていました(11:01頃)。

20161204山へ向かう途中の様子田んぼ1 20161204山へ向かう途中の様子田んぼ1 20161204山へ向かう途中の様子峠道

昨日は、真っ暗で作業小屋の冬支度を中断しましたが、今日は、絶好の冬支度日和でした。作業の準備をしていると、前方から爆音が聞こえて来ました。

すぐに飛行機と分かりましたが、何せ、真正面からこちらへ向かってやって来るものですから、一瞬ビックリしました。

下の写真、左が、そのときの様子です(11:06頃)。結構スリルがありました。

中央は、飛行機が頭上を、そして、右は、秋田空港方面へと向かっていく様子です。その間、およそ 30秒。あっという間の出来事でした。

秋田空港の到着便を調べて見たら、11時前後の便は、東京羽田発 09:50、秋田到着 10:55 のANA と、札幌新千歳空港発 10:25、秋田到着 11:25 JAL でした。

ANA か JAL かは、確認できませんでしたが、一番該当するのは、10:55 着の ANA でしょうが、10分ほど遅れています。

なおかつ、このような飛行ルートを通るのは、あまりないと思います。新千歳空港発の JAL であれば、このルートはあり得るのですが、到着が早すぎるしなぁ。

20161204飛行機が真上を通過1 20161204飛行機が真上を通過2 20161204飛行機が真上を通過3

二日前は、もの凄い強風の中、下の合板を取り付けました。今日は、とても暖かな日差しの中、ポリカ波板をその上に取り付ける作業を行いました。

2016.12.02 強風の吹き荒れる中山の小屋冬支度 2016

その前に、その波板を取り付ける横の木材を支柱に用いた木材にあてがいました。そして、ポリカ波板を下から貼りつけていきます。

20161204鉢置き場の冬支度1 20161204鉢置き場の冬支度2 20161204鉢置き場の冬支度3

上の写真と、下の写真は、それらの作業の様子です。今回は、真正面の上部まですっかりポリカ波板で覆いつくしました。

強風が入り込んだときに隙間がないと、全部吹き飛ばされてしまう事を考え、昨年はあけておいたのですが、今年は、ふさいでみました。

20161204鉢置き場の冬支度4 20161204鉢置き場の冬支度5 20161204鉢置き場の冬支度6

下の写真は、冬支度を終えた小屋の様子です(12:35頃)。すでに 12時をまわっていました。

作業小屋前方に突き出した臨時の小屋には、越冬のため鉢植えのローズマリーや苗が入っています。

来年の春まで長い冬を過ごす事になります。これで、今シーズンの山の作業はほぼ完了しました。あっ、まだ味噌出しが残っていました。

20161204鉢置き場の冬支度7

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(12:42頃)。写真の青空は、本物の青空です。この頃は、すでに 14度を上回り、15度近くあったかもしれません(12時 14.1度、13時 15.1度)。

20161204ラベンダーの畑

下の写真も、ラベンダーの畑や栗の畑、そして、八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子です。何だか、春先の農作業が始まった頃の風景のようです。

20161204ラベンダーの畑 20161204山の様子栗の畑 20161204山の様子八重紅枝垂れ桜のある斜面

下の写真、左は、山から戻るときの入り口の様子です(12:53頃)。お日さまが、すでに、昨日三日月さまと金星が輝いていた南西の空に来ていました。

中央と右は、山からの帰り道の様子です。峠道と田んぼの様子です。二日間、この季節にしては珍しく、素晴らしい青空の広がった天気でした。

20161204山の入り口の様子 20161204山からの帰り道の様子峠道 20161204山からの帰り道の様子田んぼ

下の写真、左は、山の帰り道の桜大橋から望んだ太平山の様子です(13:05頃)。暖かで、窓を開けて運転していました。

下の写真、中央は、今日のお昼ご飯の後に食べたデザートのシュークリームです。

写真が前後しますが、下の写真、右は、昼前に作ったダイコンの柿漬けに重石を置き、フタをした様子です。

20161204山からの帰り道の様子桜大橋より太平山を望む 20161204デザートシュークリーム 20161204ダイコンの柿漬け完成

写真が前後しましたが、下の写真は、今日のお昼ご飯のスパゲティーです。

20161204お昼ご飯

二日間に渡り、この季節としては、素晴らしい青空が広がり、暖かな日でしたが、夕方からは、薄雲が広がっていました。

それでも、その雲を透してボンヤリと三日月さまが輝いていました。下の写真、左が、そのときの様子です(16:43頃)。

20161204外の様子夕方の三日月さま 20161204晩ご飯ワカメとカボチャ 20161204ダイコンおろしとナメコのみそ汁

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。カボチャ、ダイコンとニンジンのマリネ生ハム添え、トロトロわかめショウガ添え、ナメコとダイコンおろしのみそ汁、そして、キャベツ丼目玉焼き添えでした。

20161204晩ご飯

下の写真、左と中央は、ダイコンのがっこです。左は、種まきからダイコンを育て、収穫し、いぶりがっこと化した漬けもの、そして、中央は、ビール漬けです。

デザートは、みかんに、会津の身不知柿でした。

20161204晩ご飯自家製いぶりがっこ 20161204晩ご飯ダイコンのビール漬け 20161204デザート会津身不知柿とミカン

明日の最低気温は 6度、最高気温は 13度、そして、天気は「曇り時々雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2016.12.04 20:00発表)。

カブのこはぜ漬け 2016

○ 履歴 : 2009「2009.10.27 植物療法 体質別による外見の老化現象の防止13.8 / 25.0 東京
○ 履歴 : 2010「2010.10.27 会津から秋田へ 途中の外気温は三度
4.2 / 9.6 会津
○ 履歴 : 2011「2011.10.27 現場の要求を満たすパソコンソフトとアロマソフト
6.8 / 15.8 22時現在
○ 履歴 : 2012「2012.10.27 素晴らしい天気に恵まれた栗名月 2012
6.8 / 19.0 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.10.27 GALAXY Note 3 で outlook アカウントを使ったメール運用
10.4 / 14.7 24時
○ 履歴 : 2014「2014.10.27 強い風とともに紅葉したイチョウの葉っぱが散り始める 2014
9.1 / 16.2 24時
○ 履歴 : 2015「2015.10.27 久しぶりに暖かな秋晴れの中柿の収穫 2015
5.7 / 21.4 24時
○ 気温 : 昨日の最低 12.9(06:35)最高 19.2(14:00)24時
○ 気温 : 今日の最低 9.4(04:39)最高 14.0(11:57)20時現在(24時)

201610272400Temperature

上の画像は、2016.10.27(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨日の未明から明け方にかけては、気温の変動がとても大きかったのですが、今日は、11度台から 10度台、10度台から 9度台、そして、9度台から 10度台と推移していました。

それでも、気温は高めで、04:39 に記録した 9.4度が今日の最低気温でした。ただ、朝までの最高気温は、00:05 に記録した 13.1度でしたから、昨日と同じように、急な変動があったようです。

朝は、白く厚い雲がありましたが、青空も同じように広がっていました。それでも、なかなか気温が上がらず、10度台から 11度台を示していました。

昼前になると、きれいな青空が広がり、お日さまも姿を現していましたが、12時前の 11:57 に記録した 14.0度が今日の最高気温で、風も強く、以外と寒く感じました。

昼過ぎになっても、相変わらずの空模様でしたが、少しずつ雲が多くなっていました。気温の方も、12度台から 11度台で推移していました。

夕方には、黒くて厚い雲が空を覆い始めてはいましたが、西の空の切れ間からは、きれいな夕焼け空を望む事ができ、11度台が続いていた気温は、18時には 12.1度を示していました。

夜のはじめ頃になっても、12度台の気温が続いていました(20時現在 12.0度 53%(24時 11.7度 47%))。

下の写真は、今日、一日を振り返って撮した外の様子です。

下の写真、左は、白くてぶ厚い雲がありましたが、青空も、それに負けないほど広がっていた朝 06:40頃の様子、

中央の左は、白い雲がほんの少しかかる程度で、きれいな青空の広がっていた昼前 10:52頃の様子、

中央の右は、少しずつ雲が厚くなり、空を覆い始めた昼過ぎ 15:28 頃の様子、

そして、右は、さらに黒くて厚い雲が空を覆い始める中、その雲の切れ間からきれいな夕焼け空の広がっていた夕方 16:26 頃の様子です。

20161027外の様子朝 20161027外の様子昼前 20161027外の様子昼過ぎ 20161027外の様子夕方

今日は、山へ向かう途中、ホームセンターに立ち寄りました。カレンダーは、まもなく 11月を迎える事となりますが、今月のメインイベント、ハローウィンが飾りつけられ、関連グッズであふれかえっていました。

下の写真、左が、そのときの様子です(11:18頃)。

下の写真、中央は、山へ向かう途中の様子です。峠道では、一段と紅葉が進んでいるようです。

白い雲が広がっていましたが、山へ着いた頃には、きれいな青空が広がり、南の空にはお日さまが暖かな光を降り注いでいました(12:06頃)。

20161027ホームセンターハローウィン 20161027山へ向かう途中の様子峠道 20161027山の様子南の空

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(12:07頃)。それでも、北の空には、真っ黒な空が広がっていました。

20161027ラベンダー畑の様子

下の写真、左も、今日のラベンダー畑の様子です。

ラベンダーの苗木で、二日ほど栗拾いが滞っていました。青空が広がって来たとはいえ、結構風が強く吹いていましたので、今日は、栗が落ちていそうな気配です。

下の写真、中央は、栗畑の最後となる晩生の「正月」です(12:19頃)。その栗が、地面にまかれたように落ちていました。

20161027ラベンダーの畑 20161027正月 20161027栗の収穫1

栗拾いをしていると、急に風が強くふく場合がありましたが、その都度、栗がボタボタと落ちていました。

今日の最大瞬間風速 12.7 m/s は、栗拾いを始めた頃の 12:18 に記録したようです。

何せ、一回りしてくると、また落ちているのですから。拾い始めて、一時間ほどで、下の写真、右のように、少し大きめなコンテナに一箱分拾う事ができました。

20161027栗の収穫2 20161027栗の収穫3 20161027今日収穫した栗

下の写真、左は、いまだに濃い紫色の花を咲かせていた早咲きのラベンダーこいむらさきの様子です(13:23頃)。

中央は、早咲きとは違い、中咲きのラベンダーおかむらさきの花の様子です(13:24頃)。こちらは、通常、年一回の開花ですが、中には、花芽を伸ばし開花しているものもありました。

20161027ラベンダーこいむらさきの列 20161027ラベンダーおかむらさきの花 20161027山からの帰り道の様子紅葉

上の写真、右と、下の写真、左は、山からの帰り道の様子です。もみじがかなり赤くなってきました。

栗拾いに熱中し、すでに 13時半をまわっていました。下の写真、左は、少し白い雲はあるものの、きれいな青空が広がっていた 13:41 頃の様子です。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。お客様が見えられ、お昼ご飯は、14:30 を少しまわっていました。

ハンバーグとハヤトウリの酢のもの、それに、インスタントのカップラーメンでした。

20161027山からの帰り道の様子田んぼ 20161027お昼ご飯ハンバーグ 20161027お昼ご飯インスタントカップラーメン

下の写真は、お昼ご飯ではなく、埃蠅ら購入してきた「メロンパン」です。明日からの朝食用となりそうです。

先日来、収穫したこはぜの実を、様々に利用してきましたが、下の写真、中央と右は、ジュースの絞りかすにカブを漬け込んだがっこです。

裏返しにすると、表面が、真っ赤に染まったカブが現れてきました。

20161027メロンパン 20161027がっこカブのこはぜ漬け1 20161027がっこカブのこはぜ漬け2

下の写真、左は、最初から別に仕訳しておいたこはぜの実ですが、こちらの方は、小豆ご飯の小豆の代用として使うそうです。

下の写真、中央と右は、今日の晩ご飯です。キャベツの玉子とじみそ汁、そして、温泉玉子、それに、サトイモとイカの煮つけです。

20161027小豆がわりに用いるこはぜ 20161027晩ご飯キャベツの玉子とじみそ汁 20161027晩ご飯ゆで玉子、里芋の煮つけ

下の写真も、今日の晩ご飯です。炒めそばのあんかけでした。ここにオイスターソースをかけて食べると美味しかったのですが、その前に食べてしまいました。それでもおいしかったです。

20161027晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 9度、最高気温は 14度、そして、天気は「曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2016.10.27 17:00発表)。

冷たい雨の降る中ダイコンの柿漬け作業 2015

○ 履歴 : 2009「2009.11.23 初めての虹の風景 会津にて3.3 / 12.9 会津
○ 履歴 : 2010「2010.11.23 セミナー後今年初めてのきりたんぽ 2010
5.9 / 10.4
○ 履歴 : 2011「2011.11.23 カロフィラム油凝固とカレーの香りの不思議
2.5 / 11.9 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.11.23 会津美里町クリスマスイルミネーションマップ 2012
0.7 / 8.2 会津 24時
○ 履歴 : 2013「2013.11.23 幼稚園のおゆうぎかい 2013
4.1 / 13.0 22時現在
○ 履歴 : 2014「2014.11.23 会津の新そばと冬支度 2014
1.1 / 11.4 会津 24時
○ 気温 : 昨日の最低 1.9(07:07)最高 8.6(13:16)23時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 3.6(03:42)最高 8.9(22:00)22時現在(3.6 / 9.3(23:54)24時)

201511222400Temperature

上の画像は、2015.11.22(日)秋田の気象観測データです(22時現在)。
・「お天気モニタ 秋田県秋田の気象情報より(外部リンク)

昨日ほど気温は下がりませんでしたが、未明から朝の 08時にかけては、4度台、3度台、そして、4度台という寒い朝を迎えました。その間、03:42 には、3.6度の最低気温を記録していました。

曇り空の空で、雨が降り出しても不思議ではない空模様で、この天気は、雨の降り出した昼過ぎまで続いていました。それでも、気温の方は、昼前から昼過ぎにかけて 6度台から 7度台で推移していました。

雨が降り出したのは、13時を過ぎた辺りでしたが、雨足は強くありませんでした。夕方になっても、弱い雨が断続的に降り続いていましたが、気温の方は 7度台から 6度台を示していました。

ただ、夜のはじめ頃になると、シトシト雨が降り始め、再び 7度台となってからは、少しずつ気温が上がり 21時には 8.5度を記録していました(22時現在 8.8度 湿度 92%(24時 9.2度 湿度 93%))。

下の写真、左は、07:52 頃の様子です。今にも雨が降り出しそうな空模様で、この頃でも 4.7度(08時)と冷え込んでいました。

そんな中、まだ刈り込んでいない歩道のラベンダーこいむらさきが、いまだにきれいな花を咲かせていました。シーズン中よりも、さらに色の濃い濃い紫色でした。

20151123外の様子朝 20151123外の様子ラベンダー 20151123漬けもの作りカラシナ漬け

そして、同じようにこの寒空の中、ばっぱは、いろんながっこ作りに精を出していました。上の写真、右は、カラシナ漬けを作っている様子です。

途中、米ぬかを二升ほど頼まれました。米ぬかは、精米機のある場所で無料で手に入ります。さっそく、近くの精米機のある所まで向かいました。

下の写真、左と中央が、そのときの様子です。帰ってきたら、ダイコンの用意をしていました。米ぬかと柿を利用したダイコンの柿漬けを作るようです。

20151123米ぬか1 20151123米ぬか2 20151123漬けもの作りダイコンんの柿漬け

下の写真は、今日のお昼ご飯です。イモノコ汁をベースにしたあったかうどんでした。あっ、今日も麺類ですね。

20151123お昼ご飯

下の写真、左も、あったかうどんです。細麺でしたが、おいしかったです。そして、デザートのゴマシュークリームでした。

お昼ご飯を食べ終え、外を見たら、雨が降っていました。いつ雨が降ってもおかしくないような空模様でしたので、別に驚きはしませんでしたが、山へ向かう気分がそがれてしまいました。

下の写真、右が、そのときの様子です(13:34頃)。

20151123いも煮うどん 20151123シュークリームゴマ 20151123外の様子昼過ぎ

雨が降り始めたので、ばっぱは、室内でも大丈夫ながっこを作っていました。下の写真、左は、その一つ、ダイコンとニンジン、そして、コンブのしょう油漬けです。

夕方、小雨がパラパラ降る中、材料のそろったダイコンの柿漬け作業を行いました。下の写真、中央と右は、その時の様子です。

20151123ダイコンとニンジンコンブのしょう油漬け1 20151123ダイコンの柿漬け準備 20151123ダイコンの柿漬け1

先日収穫してきたかための柿を、すりこぎ棒でたたき、いいあんばいにつぶしていきます。この作業は、ひまわりが担当でした。

それを下準備として、ダイコンとそのつぶした柿、そして、塩や米ぬかを調整したものと、順番に漬け込んでいきます。

20151123ダイコンの柿漬け2 20151123ダイコンの柿漬け3 20151123ダイコンの柿漬け4

上の写真と、下の写真が、その時の様子です。そして、一番最後に重石をのっけて「
ダイコンの柿漬け」の出来上がりです。

20151123ダイコンの柿漬け5 20151123ダイコンの柿漬け6 20151123ダイコンの柿漬け7

下の動画は、動画サイト(YouTube)にアップしたフレームでこのブログに組み込んだ「2015.11.23 ダイコンの柿漬け」の様子です。

2015.11.23 ダイコンの柿漬け(外部リンク YouTube)



下の写真、左と中央は、漬け込みの終わったカラシナ漬けとダイコンとニンジン、そして、コンブのしょう油漬けです。

20151123カラシナ漬け2 20151123ダイコンとニンジンコンブのしょう油漬け2 20151123ダイコンのビール漬け

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。こちらの方は、すでに食べる事の出来るダイコンのビール漬け、そして、ピザ、タマネギやキャベツなどの野菜と鶏肉・モツの味噌煮込み、赤ダイコンの酢漬け、さらに、ニンジンイカでした。

20151123晩ご飯

下の写真、左と中央も、今日の晩ご飯です。ダイコンのしょう油漬け、そして、ギンナンでした。

下の写真、右は、夜のはじめ頃の様子です(18:58頃)。この頃は、雨が小康状態でした。その後、少し雨足の強い雨が、再び降り始めていました。

20151122ダイコンのビール漬け 20151123ギンナン 20151122外の様子夜のはじめ頃

明日の最低気温は 7度、最高気温は 12度、そして、天気は「曇り時々雨」が予想されていました。
最新記事の一覧
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ