みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

料理:お菓子

2019年10月26日  自家製の栗を使った美味しい美味しいスィーツ 2019
2016年12月20日  クリスマスが近づき台所が賑わいをみせる 2016
2008年03月28日  サツマイモとゴマのおさつもっち
2008年02月04日  立春の日 平成二十年戊子二月四日
2006年09月28日  コンフィチュールはばっぱの得意料理

自家製の栗を使った美味しい美味しいスィーツ 2019

● 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.10.26 街路樹が秋の色合いへ12.4 / 18.3
○ 履歴 : 2010「2010.10.26 何でこんなに寒いんだべ
11.0 / 15.2 会津
○ 履歴 : 2011「2011.10.26 大人の休日倶楽部 2011.11 会津若松特集
8.8 / 12.2
○ 履歴 : 2012「2012.10.26 メッセゲ氏のミントを100袋フランスから運んだ箱
8.7 / 17.8
○ 履歴 : 2013「2013.10.26 GALAXY Note3でデコメ対応メール..CosmoSia..利用
10.7 / 14.4
○ 履歴 : 2014「2014.10.26 今季初めての柿収穫 2014
8.5 / 23.6
○ 履歴 : 2015「2015.10.26 今季最後となる栗の収穫 2015
6.9 / 13.2
○ 履歴 : 2016「2016.10.26 日本海に沈む夕日に映えるラベンダーこいむらさき 2016
12.9 / 19.2
○ 履歴 : 2017「2017.10.26 森吉山ゴンドラと国道105号線の紅葉巡り 2017
6.6 / 18.5
○ 履歴 : 2018「2018.10.26 素晴らしい青空のもと二日連続の柿収穫 2018
7.3 / 21.2
→ 昨日 : 最低 12.8(23:46)最高 17.8(12:57)平均 15.4 降水 23.5mm 日照 0.0h 曇り時々雨
・ 平年 : 最低 7.9 最高 16.6 平均 12.1 降水 4.8mm 日照 4.3h

▶ 今日 : 最低 13.2(00:01)最高 20.6(14:39)平均 16.6 降水 6.0mm 日照 5.5h 曇後一時雨
▷ 平年 : 最低 7.7 最高 16.4 平均 11.9 降水 4.9mm 日照 4.2h

201910262400Temperature

上の画像は、2019.10.26(土)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時まで 13度台の気温が続いていましたが、その後雨が降り続く中、夜遅くの 23時まで 12度台の気温が続く中、23:46 には、昨日の最低気温となる 12.8度を記録していました。

ただ、雨が降っていたにもかかわらず、24時には 13度台へ戻っていました。

その雨と気温は、今日の未明まで続いていましたが、明け方にはその雨もやみ、気温の方も 13度台と 14度台の間で変動する中、まだ雨の降っていた 00:01 には、今日の最低気温となる 13.2度を記録していました。

昨夜遅くの 23:46 には 12.8度、そして、15分ほど経った今日未明の 00:01 には 13.2度と、短時間に、昨日と今日の最低気温を記録した事になります。

今日の朝には、歩道の一部に濡れた場所もありましたが、空を覆っていた雲が、急速に薄くなり、青空が広がって来ました。

ただ、その青空も、雲の動きが速いのか、後半には、再び薄雲が広がり始めて来ました。それでも、07時には 13度台だった気温は、その後 09時には 17度台まで上昇していました。

下の写真、左は、まだ薄雲が広がっていた 06:21 頃の様子です。

昼前になると、完全には広がり切れなかった青空に、さらに雲がかかるようになっていました。10時には 18度台を示していた気温でしたが、その後は 19度台までしか上がりませんでした。

昼過ぎになると、さらに雲が広がり、お日さまはその雲の切れ間から姿を現していましたが、ドンヨリとした曇り空が続いていました。

それでも、毎正時の気温は 19度台を示し、14:39 には、今日の最高気温となる 20.6度を記録していました。下の写真、中央の左は、厚い雲が広がっていた昼過ぎ 12:16 頃の様子です。

そして、夕方にはさらに雲が厚くなり、途中から雨が降り始めてきました。19度台の気温は、17時まで続いていましたが、雨が降り始めた頃の 18時には 16度台まで下がっていました。

それでも、雨足が弱く、それほど雨が降る事もなく、断続的に降っていました。下の写真、中央の右は、まだ雨が降り出す前の 16:53 頃の様子、そして、右は、雨で濡れていた夕方 18:43 頃の様子です。

夜のはじめ頃には、その雨もあがったようで、19時には 17度台へ上がっていました。

それでも、降水量には記録されていない弱い雨が、再び断続的に降り始め、21時には 16度台、そして、夜遅くには 17度台から 15度台と不安定な気温の推移でした(24時 15.6度 92%)。

20191026外の様子朝 20191026外の様子昼過ぎ1 20191026外の様子昼過ぎ2 20191026外の様子夕方

今日の朝は、昨夜未明に降っていた雨もあがり、薄雲は広がっていましたが、道路や歩道が乾燥し始めていました。

それでも、少しずつ青空が広がり、速歩を始める頃には、下の写真、左のように、青空が広がって来ました(06:44頃)。そんな中、今日もインターバル速歩を楽しみに、近くの公園へと向かいました(484)。

この所、朝の気温はそれほど下がりませんし、寒暖の差があるわけでもないようですが、日に日に樹木の葉っぱが紅葉しているのがわかります。

中央と右は、速歩途中の公園内の紅葉の様子です。左は、西の空の様子ですが、こまち号が入線してきました(06:52頃)。

20191026速歩へ向かう途中の西の空 20191026速歩途中の公園内の紅葉と南の空 20191026速歩途中の公園内の紅葉とこまち号

朝早くには、あれほど雲がかかっていた天気でしたが、雲が急速に少なくなり、暖かな日差しが降り注いできました。

下の写真は、そんな朝日を浴びて、輝いていた公園内の樹木の様子です(06:58頃)。

20191026朝日を浴びて輝く紅葉

下の写真は、速歩途中の公園高台から東西南北を望んだときの様子です(07:03頃)。

ただ、雲の動きが速いのか、少しずつ薄い雲が再びかかり始めて来たようです。

20191026速歩途中の公園から望んだ西の空 20191026速歩途中の公園から望んだ南の空 20191026速歩途中の公園から望んだ東の空 20191026速歩途中の公園から望んだ北の空

下の写真、左は、速歩途中の公園内から望んだ北の空の様子です(07:03頃)。写真が前後しましたが、正面の高台に上り、上の写真のように、グルリと東西南北を望んでいます。

中央は、速歩からの帰り道に望んだ東の空の様子です(07:17頃)。薄雲が広がり、青空がその雲の切れ間からのぞいていましたが、お日さまもその雲に隠れ、ボンヤリと輝いていました。

20191026速歩途中の公園内の紅葉と北の空 20191026速歩からの帰り道で望んだ東の空 20191026ゆで栗とヨーグルトバナナ

上の写真、右は、下の写真、左のように、渋皮をきれいに剝いてゆであがった栗でした。味つけはもとより、クチナシでほのかに色が染まっていました。

中央は、昨日収穫してきた小さな実にもかかわらず、太く長い茎のついていたカボチャです。

そして、右は、栗きんとんではなく、サツマイモをペースト状にしたものでした。

20191026ゆで栗 20191026カボチャ 20191026サツマイモのペースト

カボチャはさておき、これで、お菓子の材料が出そろいました。

それらの素材を使って、下の写真のようなおいしいスィーツ(モンブラン)を作りました。サツマイモは、会津から送られた茨城産のサツマイモ、そして、栗は、自家製の栗でした。

20191026手作りのサツマイモと栗のお菓子

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、野菜タップリの焼きそばでした。

20191026お昼ご飯

下の写真、左は、昼前にできあがったカボチャです。このカボチャも、何かの素材に利用出来そうなくらいおいしかったです。

そのカボチャが、晩ご飯に登場しました。下の写真、右が、そのカボチャです。作りたての時には、シットリしていましたが、晩ご飯の時には、ポクポクとなっていました。

中央も、今日の晩ご飯です。こちらの方は、ダイコンのみそ汁、そして、手作りで自家製の味噌とトウガラシを使った南蛮みそご飯でした。

20191026出来上がったカボチャ 20191026晩ご飯みそ南蛮ご飯 20191026晩ご飯カボチャ

下の写真も、今日の晩ご飯です。

こちらは、オクラ酢納豆、ダイコンとツナ缶の和えもの、菊の酢のもの、カブとニンジンのがっこ、そして、チンジャオロースでした。

20191026晩ご飯

明日 2019.10.27(日)の秋田の最低気温は 11度、最高気温は 17度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2019.10.26 22:00 発表)。

クリスマスが近づき台所が賑わいをみせる 2016

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.12.20 34センチの積雪を記録した秋田市- 1.0 / 1.6
○ 履歴 : 2010「2010.12.20 りんごの発送準備の中届いたゆず玉
2.0 / 10.8
○ 履歴 : 2011「2011.12.20 au ARROWS Z ISW11F のメモリ管理アプリとメール受信設定
- 1.8 / 2.4 24時
○ 履歴 : 2012「2012.12.20 雪に悩まされた日に免許証の更新
- 2.4 / 2.6 24時
○ 履歴 : 2013「2013.12.20 HISTORY VIEW みなみの香草屋 Blog
0.9 / 4.5 24時
○ 履歴 : 2014「2014.12.20 冬至を前に雪どけの春先のような暖かさから一転して小雨模様へ 2014
0.9 / 7.9 24時
○ 履歴 : 2015「2015.12.20 会津から届いた新そばと夜の門前町通りの風景 2015
2.6 / 6.4 24時
○ 気温 : 昨日の最低 3.6(07:56)最高 10.7(12:47)22時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 0.3(21:41)最高 9.5(14:28)22時現在( - 0.1(22:49)/ 9.5 24時)

201612202400Temperature

上の画像は、2016.12.20(火)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜遅くにかけては 4度台が続きましたが、今日未明にも 4度台の気温を示していました。一昨日と比べると、4度から 5度程低いのですが、それでも、平年に比べると高い気温でした。

その後、明け方にかけては 3度台、そして、 4度台と推移していましたが、午前中の最低は 04:29 に記録した 3.8度でした。

朝になると、4度台から 5度台で推移していましたが、今日は、お月さまが雲に隠れ、霧雨のような雨が舞っていました。

その雨は、その後雨足が強くなり、08時には 0.5 mm を記録していましたが、それほど長続きはしませんでした。

昼過ぎになると、雨はあがっていましたが、雲が空を覆っていました。ただ、気温の方は、5度台から 6度台と少しずつ上昇し、12時には 6.6度を記録していました。

昼過ぎになると、空を覆っていた雲が、少しずつ薄くなり始め、その雲の切れ間から、時々お日さまが姿を現していました。

そのためなのか、気温の方は急上昇し、8度台から 9度台を示し、14:28 には、今日の最高気温 9.5度を記録していました。

ただ、夕方になるとうす水色の空が広がってはいましたが、肝心のお日さまは雲に隠れた事もあり、気温の方も 8度台から 7度台、そして、7度台から 6 度台と少しずつ下がっていました。

それまでは、なだらかな気温の変化でしたが、夜のはじめ頃になると、4度台から2度台、2度台から 0度台と、急激に冷え込んで来ました(22時現在 0.5度 100%(24時 0.6度 100%))。

下の写真は、今日、一日を振り返って撮した外の様子です。

左は、昨日まで、朝望む事が出来ていた半月のお月さまの姿を見ることはできず、霧雨が舞っていた朝 06:15 頃の様子、

中央の左は、朝降っていた雨があがり、少しずつ天気が回復してはいましたが、まだ空が雲で覆われていた昼前 11:47 頃の様子、

中央の右は、空を覆っていた雲が薄くなり、ときどきお日さまも姿を現していた空が、ほんの少し夕焼け色に染まっていた昼過ぎ 15:37 頃の様子、

そして、下の写真、右は、冬至を明日(2016.12.21)にひかえて、すでに薄暗くなっていた夕方 17:07 頃の様子です。

20161220外の様子朝 20161220外の様子昼前 20161220外の様子昼過ぎ 20161220外の様子夕方

昨日は、みかんの皮むき作業を済ませ、下準備が終わっていたようですが、今日は、それを使ってマーマレード作りが、朝から始まっていました。

下の写真、左と中央は、そのときの様子です。完全に熱湯消毒したガラスの小瓶に、出来たてのマーマレードを移しかえ、フタをして逆さまの状態にしておきます。

そして、ようやく完成したマーマレードが、下の写真、右です。

20161220マーマレード作り1 20161220マーマレード作り2 20161220マーマレード作り

下の写真、左は、昼前 11:49 頃の歩道の様子ですが、雪が完全にとけ、半分雪に埋まっていた(雪寄せした雪)ラベンダーは、すっかり姿を見せていました。

マーマレード作りで台所が賑やかでしたが、次は、クッキー作りでした。それに、クルミの黒糖キャラメリーゼ作りもありました。

下の写真、中央は、焼きたてのクッキーです。そして、それらのお菓子を小さな袋に詰め込んだものが、下の写真、右です。

クリスマスも近づいて来ました。プレゼント用のお菓子作りや保存用のマーマレード作りに、台所は、一日大賑わいでした。

20161220外の様子歩道の雪がとける 20161220手作りクッキー1 20161220手作りクッキー3

下の写真は、今日のお昼ご飯です。久しぶりのインスタントではありますが、台湾のラーメン玉子入りです。

20161220お昼ご飯

下の写真は、今日のお昼ご飯ではなく、晩ご飯です。豚バラ肉とこんにゃくの韓国風煮込み、カボチャ、そして、スパークリングワインでした。

20161220スパークリングワイン 20161220晩ご飯豚バラ肉 20161220晩ご飯カボチャ

下の写真も、今日の晩ご飯です。ホルモン豆富、ローストビーフ、キャベツのサラダ、そして、サツマイモの天ぷらでした。

20161220晩ご飯

明日の最低気温は 1度、最高気温は 9度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2016.12.20 17:00発表)。

サツマイモとゴマのおさつもっち

今日の朝は、曇り空の天気でした。それにしても、秋田は寒いです。たった三日間の東京滞在で、帰ってきたら、とても寒い感覚でした。それもそのはず、朝の最低気温が 1.1度でした。

最高気温の方も、10.1度と、日中になっても、ストーブをつけていました。下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です。先日、畑の耕作をしましたが、一度雨が降ったようだったので、再度、堀り起こしました。左は、耕作する前、中央と右は、作業の後の様子です。

20080328ラベンダーの畑1 20080328ラベンダーの畑2 20080328ラベンダーの畑3

山の斜面のあちこちには、ひろっこがようやく長く伸び始めています。下の写真、右は、梅のつぼみ。

20080328ひろっこ採り 20080328ひろっこ 20080328梅の花芽1

東京では、桜の花が満開に近い状態だというのに、梅の花はまだつぼみの状態です。下の写真、中央は、今日のお昼ご飯です。フクロダケ、バジル、パプリカ、タケノコなどがふんだんに入っているタイ料理だそうです。右は、今日の晩ご飯の、親子どんぶりです。

20080328梅の花芽2 20080328タイ料理 20080328親子丼

今日は、夜から植物療法のセミナーでした。そのため、早めの晩ご飯でした。下の写真、中央は、サツマイモとゴマの「おさつもっち」。受講生の方の手作りお菓子です。

20080328エノキと油揚げのみそ汁 20080328おさつもっち1 20080328おさつもっち2

上の写真、右は、セミナー中のティータイム。ハーブティーともちもちの「おさつもっち」、そして、シホンケーキセットでした。

立春の日 平成二十年戊子二月四日

今日は立春。節分の朝には、雪は降らなかったものの、朝から、ボタ雪が舞っていました。大きな雪なのですが、携帯のカメラで撮った写真では、わかりませんね。

今日の朝の最低気温は マイナス 4.6度と冷え込みました。最高気温も プラス 1.1度と、寒かったのですが、どういうわけか、猿田川の氷も融け出し、ザラメ雪になっていました。

20080204節分の翌日は雪でした 20080204雪景色1 20080204雪景色2

上の写真、中央と右が猿田川の様子です。川の流れが、とても勢いを増し、耳に響いてくる音も力強くなりました。山のハウス近くに、山鳥(たぶん)が何羽か集団で群れを作っていました。

ローズマリーの苗の状態を確認にきてビックリ。バタバタバタっと飛び出していきました。下の写真、左が、雪の上に残った足跡です。矢印の形をしたおもしろい足跡。

中央と右は、何だと思いますか。そう、愛子のねぐらです。小さな犬小屋なのですが、そこへは入らず、この寒い時期でも、雪の上に寝ているようです。愛子は北海道犬ですから、そのような習性なのでしょうね。丸くなって寝ているようです。

20080204山鳥の足跡 20080204愛子のねぐら1 20080204愛子のねぐら2

下の写真は、山の様子です。山へ来る途中までは、激しくボタ雪が降っていましたが、ご覧のように、お日さまが照り出しました。かなり、湿った雪となっていたため、上まで車で上ってくることができました。右は、ラベンダーの畑です。

20080204山の様子1 20080204山の様子2 20080204ラベンダーの畑

雪解けを感じる事ができるのは、雪で隠れていた田んぼの堰が顔を出してきたとき。田んぼのそばを流れている小川にも、春の足跡が聞こえてきました。

家へ戻ってみると、またしても、携帯を利用している会社からの機種変更キャンペーンのハガキが届いていました。今度は、10,000円分の商品券でした。前回は SH社でしたが、今回は T社の携帯です。

下の写真、右は、今日のお昼ご飯です。海鮮丼に卵がのっかっています。

20080204山の様子3 20080204また届いたキャンペーンのハガキ 20080204海鮮丼

炊飯器から、とてもあま〜い、いい香りがしてきました。今日は、チョコレートケーキを作っていたようです。下の写真、左が、釜の中にある作りたてのケーキです。

中央は、それを、そのままひっくり返して皿の上にのっけたもの。右は、今日の晩ご飯の、ホヤの蒸し煮です。

20080204炊飯器で作るチョコレートケーキ 20080204チョコレートケーキのできあがり 20080204ホヤの蒸し煮

下の写真は、今日の晩ご飯。シュウマイ、それに、三平汁です。あとで、キムチを入れて食べました。右は、また新しく作ったチョコレートケーキです。

20080204シュウマイ 20080204三平汁 20080204チョコレートケーキ1

今回のケーキには、下記のようなココア 85%入りチョコレートを使っていました。ひまわりは、チョコレートケーキと、チョコを一緒に食べてしまいました。

夜、会津の妹からメールがきました。それには、下記、中央と右のような写真が添付されていました。「
全国のいくつかの酒造が協定を結び、毎年立春の朝に搾る酒で、会津では、栄川(エイセン)酒造が参加している」とのことでした。

立春朝搾り 純米吟醸 生原酒」。平成二十年戊子(つちのえね)二月四日と、今日の日付が入っていますね。おいしそう。電話したら「飲みたかったら、どこでもドアできっせ!」だって。

20080204チョコレートケーキ2 20080204栄川(エイセン)立春朝しぼり吟醸生1 20080204栄川(エイセン)立春朝しぼり吟醸生2

今日は立春。それでも、朝は冷え込みました。そして、ときおり、激しく雪が降っていました。午前中、山へ行く途中、下の写真のように、大きなボタ雪が舞ってきました。

それでも、雪解けが進んでいるようで、凍っていた猿田川も緩み、流れる川の音が活気を取り戻したかのように、とても力強い音で流れていました。

20080204ぼた雪1 20080204ぼた雪2

コンフィチュールはばっぱの得意料理

● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧です(月別に並べてあります)
植物療法に関係のある記事のもくじ(2005.06.04 〜 現在まで)

朝方曇っていた天気も、青空が広がり、穏やかな一日となりました。明日は全国的に晴れ間の広がる天気とのこと、秋田の最低気温が 14度だったか、だんだんと寒くなり、寒暖の差も激しくなっていきます。

栗の収穫も本格化してきました。ひまわりは、体調の回復がまだまだの状態なので、手伝う事ができないでいます。順延していたセミナー、もうすでにスケジュールの関係から後がなく声がでるようになって初めてのセミナー。一時ほとんど声が出なくなりましたから、それに比べたらまだましなほう。

20060928栗 20060928ガーリックピラフ 20060928海鮮丼

上の写真は、お昼に食べたガーリックのピラフ(タマゴとお肉付き)。右は、夜の食事「海鮮丼」。下の写真、東京から帰ってローズマリーを見てみると、ほとんどの苗木は、花芽が膨らんだり、花が開いている状態になっていました。

20060928ローズマリー1 20060928ローズマリー2 20060928ローズマリー3

先日入ってきた小冊子に、ジャムのようなものが入ったきれいなビンの写真がたくさん載っていました。「コンフィチュールに夢中」というタイトルがついていました。このビン詰めされたものをさしているのかと、ページをめくっていくと、「コンフィチュール」とは、フランス語で「砂糖煮」、日本語では「ジャム」のことなんだそうです。

でも、ただしがきがしてありました。パンにつけて食べるジャムのことのように単純に考えるのは間違いなんだそうです。果物や、野菜、ハーブ、スパイス、お酒などさまざまな素材を利用した「砂糖煮」というのが正解のようです。

おいしそうだし、色もきれいなので一つ一つ見てみました。

ブルーベリー、キイチゴ、イチゴ、リンゴ、刻んだオレンジの皮、マンゴ、グレープフルーツやオレンジそれにレモン、隠し味にレモングラス、グリーントマト、紅茶、ルバーブ、秋スイカと黄ピーマン、バナナとブラックペパー、チョコレートなどなど、素材はいろいろでした。

でも、よく考えてみたら、ばっぱもいろいろな素材を利用したジャム、コンフィチュールを作っていますよね。確か、最近ではナスのコンフィチュール(
2006.08.12 丸ナスのジャム)、わぁ、丸ナスのジャムというより、何かフランス語でいうと高級感が漂ってきます。

このような特集が出ているということは、最近はやっているということでしょうか。では、ひまわりは、これからの収穫の季節にばっぱにおねだりして、秋田版の「こんふぃちゅーる」を作ってもらうことにしましょう。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ