みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

風景:秋田

2017年11月07日  立冬の日風は強かったものの暖かな秋田市 2017
2017年11月05日  すでに散りかけていた一つ森公園の紅葉散策 2017
2017年10月29日  父の八回目の命日の日藤里岳岱の森林浴と音楽ツアー 2017
2017年10月26日  森吉山ゴンドラと国道105号線の紅葉巡り 2017
2017年09月15日  例年より少し遅れたものの手押し式稲刈り機による稲刈りが始まった秋田市 2017

立冬の日風は強かったものの暖かな秋田市 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.11.07 アロエの保湿加工7.1 / 20.2
○ 履歴 : 2010「2010.11.07 雨の中の紅葉 2010
8.7 / 12.8
○ 履歴 : 2011「2011.11.07 つつましやかな植物がレアプラントへ
11.7 / 17.3
○ 履歴 : 2012「2012.11.07 立冬の頃一つ森公園の紅葉探索 2012
10.5 / 15.4
○ 履歴 : 2013「2013.11.07 立冬の頃雨と風と雷で荒れる秋田市内 2013
11.5 / 16.5
○ 履歴 : 2014「2014.11.07 立冬の頃会津から長光寺イチョウの紅葉風景届く 2014(精油のキーワードグループ)
6.5 / 12.4
○ 履歴 : 2015「2015.11.07 自然の中で育てた植物と有機肥料で育てた植物
6.0 / 13.3
○ 履歴 : 2016「2016.11.07 立冬の日にラベンダー早咲きの収穫と刈り込み 2016
3.5 / 11.0
○ 気温 : 今日の最低 10.9(00:55)最高 17.1(11:09)24時
○ 気温 : 今日の最低 12.9(23:45)最高 19.0(12:50)24時

201711072400Temperature

上の画像は、2017.11.07(火)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になると、東の空の雲の切れ間から、きれいなお月さまの姿を望む事が出来ました。

気温は、21時に 15度台を示したものの、夜のはじめ頃から夜遅くにかけて 16度台と、日中と同じような高い気温が続いていました。

そして、その気温は、今日の 03時(15.9度)を除き、未明から明け方まで続いていました。これは、11月の気温としてはかなり高めで、記録的な暖かさだったようです。

朝には、雨雲のような雲が空を覆っていましたが、同じように 16度台から 17度台の高い気温を示していました。外へ出ても、室内の気温と大差ないような暖かさでした。

下の写真、左は、朝 07:04 頃の様子です。雨は降っていませんでしたが、怪しげな空模様で、比較的風が強く吹いていました。

今日の最大瞬間風速は、この少し後の 07:36 に記録した 14.1 m/s でした。

昼前になっても、同じような空模様で、17度台から 18度台の気温が続いていましたが、朝よりも、雲が薄くなり、その雲の切れ間からお日さまが時々姿を現すこともありました。

下の写真、中央の左は、昼前 11:28 頃の様子ですが、左の写真と比べても、雲の切れ間に明るい場所が見えているのがわかります。

昼過ぎになると、空が少しずつ明るくなり、青空も広がり始め、あっという間に素晴らしい天気となっていました。

下の写真、中央の右は、昼過ぎ 15:32 頃の様子ですが、すでにお日さまは西の空に傾いていました。気温の方も、18度台から 17度台で推移していました。

そういえば、今日は、二十四節気の一つ「
立冬」でした。強かった風も少しずつ穏やかになり、立冬の日とは思えないほど暖かでした。

夕方になっても、素晴らしい青空が広がり、お日さまが沈んでからはきれいな夕焼け空を望む事ができました。

下の写真、右は、そんな夕焼け空を望む事ができた 16:53 頃の様子です。気温の方も 17度台から 16度台と、信じられないほど暖かで穏やかでした。

ただ、夜のはじめ頃になると、それまで 16度台だった気温は、一気に 14度台まで下がり、20時には 13度台を示していました。それでも、その後、夜遅くまで 13度台が続き、暖かな夜でした(24時 13.0度 79%)。

20171107外の様子朝1 20171107外の様子昼前 20171107外の様子昼過ぎ 20171107外の様子夕方

下の写真、左は、上の写真、左と同じく、朝 07:05 頃の東大通りの様子です。ほとんどの街路樹であるイチョウの葉っぱが、黄色く染まり、その葉っぱを落とし始めていました。

写真が前後しますが、下の写真、右は、天気が回復し、青空が広がり、暖かな日差しが降り注いでいた昼過ぎ 15:32 頃の様子です。道路脇には、散り始めたイチョウの葉っぱが溜まり始めてきました。

20171107外の様子朝2 20171107お昼ご飯ラーメン 20171107外の様子昼過ぎ2

写真が前後しましたが、上の写真、中央と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、ピリ辛のラーメンでした。

20171107お昼ご飯

今日は、天気が回復し、きれいな青空の広がってきた昼過ぎに山へ向かいました。下の写真は、山へ向かう途中の田んぼと空の様子です。

上北手大戸関上地区の同じ場所から望んだ田んぼと空ですが、お日さまが向かい側の山手台の方角に沈みかけていました(15:41頃)。

20171107山へ向かう途中の様子田んぼと空1 20171107山へ向かう途中の様子田んぼと空2 20171107山へ向かう途中の様子田んぼと空3

下の写真は、山の様子です。左は、到着して間もない 15:54 頃、中央と右は、ラベンダー畑ですが、沈みかけた夕日が、背景の樹木の上部を赤く染め上げていたときの様子です(15:59頃)。

20171107山の様子紅葉進む 20171107ラベンダーの畑と紅葉1 20171107ラベンダーの畑と紅葉2

下の写真も、夕日を浴びて紅葉が一段と輝いていたラベンダー畑の様子です(16:00頃)。

20171107ラベンダー畑の様子

今日は、鉢植えのラベンダーやローズマリーに水やりを終え、山の見回りをしただけでした。下の写真は、山から出発してすぐの場所から望んだ夕焼け空の様子です(16:19頃)。

素晴らしい夕焼け空の風景を楽しむ事ができました。

20171107山の入り口から夕焼け空を望む1

下の写真、左も、同じ場所から望んだ夕焼け空の様子です。あまりにも美しかったので、少し遠回りしてお店へ戻る事にしました。

その行き先は、上北手上山田地区まで向かい、そこからいつもの帰り道へ戻ってくる経路でした。

下の写真、中央と右は、秋田自動車道の真下を通りやってきた農業用水池から望んだ風景です(16:24頃)。すぐ脇には、自動車道が見え、車の走っている音も聞こえて来ます。

20171107山の入り口から夕焼け空を望む2 20171107上北手地区の紅葉散策1 20171107上北手地区の紅葉散策2

この辺りの地区では、毎年、干し柿をつるしているのですが、今年は、まだのようでした。下の写真も、農業用水池から望んだ紅葉の様子です。

もう、夕日が沈んで薄暗くなり始めてきましたが、とてもきれいでした。対岸の紅葉が、水面にも同じように映り込んでいました。

20171107上北手地区の紅葉散策3

下の写真、左は、上小山田地区へと向かう途中の様子ですが、峠をはさみ、上北手大山田地区へと向かう道路が通行止めとなっていました。

下の写真、中央と右は、通行止めの道路とは反対側へまわり、少し進んだ上北手上小山田地区の様子です。

この地区には、茅葺き屋根の民家が数戸あったのですが、その内の一戸のお宅の様子です。今日は、玄関先に車がとまっており、後からわかったのですが、人がおられました。

20171107上北手地区の紅葉散策4 20171107茅葺き屋根の民家の風景秋1 20171107茅葺き屋根の民家の風景秋2

下の写真も、茅葺き屋根の民家の様子です(16:30頃)。手前の赤く紅葉した木と菊の花がなければ、春先のような感じを受ける風景です。

下のリンクは、春夏秋冬、季節の中で望んだ「
茅葺き屋根の民家」を写した風景をご紹介した記事です。時間があれば、その風景を楽しんでいただければ幸いです。

☆ 茅葺き屋根の民家
2015.11.08 雨の降る立冬の日近くの紅葉散策 2015
2015.03.23 東京で桜咲く頃秋田では暴風雪 2015
2014.11.02 シットリと雨に濡れた晩秋の紅葉散策 2014
2011.11.05 秋田市の山々が急に色づき始めました 2011
2010.10.18 穏やかに深まる秋 2010
2010.10.04 植物工場タイプとフェノタイプ
2010.09.11 秋を感じた今日の秋田と会津の風景
2010.01.23 フランスの写真と懐かしいピノキオの歌声
2009.11.14 幼稚園のおゆうぎかい 2009
2009.05.17 藁葺き屋根の民家とツツジの咲く丘の風景
2009.02.17 茅葺き屋根の民家 2009
2008.11.01 精油 41種類のデータ加工 1
2008.01.27 烏骨鶏づくしの料理
2007.10.29 無臭化と嗅覚の感度と役割
2007.05.13 トリプトファンとセロトニンの行方

20171107茅葺き屋根の民家の風景秋3

下の写真は、上北手上小山田地区から大戸地区へと向かう途中(16:33頃)と、横山金足線を横切ってすぐのところで望んだ紅葉の風景(16:42頃)です。田んぼでは、すでに夕日が沈み、夕焼け空も薄くなっていました(16:39頃)。

いたるところで、紅葉を楽しむ事ができました。

20171107上北手地区の紅葉散策5 20171107山からの帰り道の様子田んぼと空 20171107山からの帰り道の様子紅葉

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、一昨日から仕込んでいた牛肉のワイン煮込みを使ったご飯の目玉焼き添えでした。

20171107晩ご飯1

下の写真も、今日の晩ご飯です。刺身、チンゲン菜のカラシ和え、カボチャ、サツマイモの煮もの、そして、ヤーコンとザーサイと糸コンニャクの炒めものです。

20171107晩ご飯2

下の写真、左も、今日の晩ご飯で、納豆汁でした。

昨日、会津から届いた大初作を開封し、食べていましたが、大初作特有の「
甘柿としてのゴマ」の入ったさわし柿が見つかりました。

このゴマの状態で、ひまわりは、むかーしむかし、柿の木に上ってはよく食べていました。

当時は、ポンプ小屋と鳥小屋兼用の建物がこの柿の木の真横にあり、その小屋に上がってから柿の木へ移り、木のぼりして食べていました。懐かしい想い出です。

下の写真、中央が、一般的な大初作、そして、右は、同じく大初作ですが、ゴマの入ったものです。

20171107晩ご飯納豆汁 20171107デザート大初作1 20171107デザート大初作2

今日の秋田の最低気温は 11度、最高気温は 18度、そして、天気は「曇りのち雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.11.07 17:00発表)。

すでに散りかけていた一つ森公園の紅葉散策 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.11.05 寒冷前線の影響で大雨の秋田11.8 / 17.9
○ 履歴 : 2010「2010.11.05 新そばと今年初めての身不知柿
7.9 / 14.6
○ 履歴 : 2011「2011.11.05 秋田市の山々が急に色づき始めました 2011
6.9 / 20.0 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.11.05 山からの帰り道紅葉を楽しむ 2012
5.3 / 17.1 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.11.05 iMac の Mavericks インストール成功するもデータ移行が心配
5.5 / 16.3 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.11.05 今季最低の三度台を記録し快晴の中干し柿作り 2014
3.9 / 17.7
○ 履歴 : 2015「2015.11.05 立冬を前に早咲きラベンダーの収穫と刈り込み 2015
6.4 / 19.5
○ 履歴 : 2016「2016.11.05 立冬を明後日に控え気温が高く不安定な空模様 2016
6.5 / 18.0
○ 気温 : 今日の最低 7.9(19:06)最高 17.3(00:48)24時
○ 気温 : 今日の最低 6.8(04:13)最高 14.1(24:00)24時

201711052400Temperature

上の画像は、2017.11.05(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃の 19時には 7度台まで下がり、19:06 には、昨日の最低気温 7.9度を記録していましたが、その後は、9度台から 8度台と、やや不安定で、夜遅くには、9度台の気温が続いていました。

今日未明には、9度台から 8度台と推移していましたが、明け方の 04時には 7度台まで下がり、その頃の 04:13 には、今日の最低気温 6.8度を記録していました。

ただ、その最低気温を記録した後の 05時には 9.5度まで気温が上昇し、その後、雨がパラパラ降り始めた頃には 7度台と、かなり不安定な空模様だったようです。

朝になると、雨足は弱かったのですが、小雨が降っていましたが、その雨は、09時頃にはやんでいました。そんな中、7度台から 9度台、そして、10度台と気温が上がってきました(09時 10.2度)。

下の写真、左は、雨がパラパラ降っていた 07:11 頃の様子です。昼前になっても、ドンヨリとした雲が垂れ込めていましたが、雲の切れ間から青空ものぞき、時々、お日さまも暖かな光を届けていました。

それでも、気温の方は 10度台から 11度台、11度台から 12度台と、低い気温が続いていました。下の写真、中央の左は、昼前 11:57 頃の様子です。

昼過ぎになっても同じような空模様が続いていましたが、昼前よりも、お日さまが姿を現す時間が長くなってきました。それでも、11度台から 12度台の気温が続き、14:32 には、13.0度の気温を記録していました。

夕方には、雲はあったものの、少しずつ青空も広がり、お日さまもさらに姿を現す事が多くなっていました。その影響か、気温の方は 12度台が続いていました。

下の写真、中央の右は、雲はあったものの夕焼け空がきれいだった夕方 16:28 頃の様子です。

ただ、夜のはじめ頃になると、12度台だった気温は 13度台となり、その後、12度台、そして、21時には一気に 9度台まで下がるという不安定な天気に逆戻りしていました。

そして、夜遅くになると、雨が降り始めてきましたが、雨の降っている間は 9度台の気温となり、雨があがった頃には、一気に 14度台まで上昇し、24:00 には、今日の最高気温 14.1度を記録していました(24時 14.1度 69%)。

20171105外の様子朝1 20171105外の様子昼過ぎ1 20171105外の様子昼過ぎ2 20171105外の様子夕方

下の写真、左は、上の写真、左と同じ 07:11 頃の様子です。街路樹のイチョウの葉っぱが、さらに黄色くなり、パラパラ葉っぱが散り始めていました。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。会津から送ってもらったサトイモを使い、サトイモの煮もの、そして、ゆずが隠し味として使われているうどんです。

20171105外の様子イチョウの落ち葉1 20171105お昼ご飯サトイモの煮もの 20171105お昼ご飯ゆず入りうどん

そして、五目ラーメンでした。こちらは、野菜タップリ、そして、生玉子も入っています。

20171105お昼ご飯

下の写真、左と中央も今日のお昼ご飯とデザートです。デザートはリンゴでした。酸味がほどよくあり、しかも、あのパリパリ感のあるリンゴは売り切れでしたが、こちらの方も、品のよい酸味と甘さのリンゴでした。

20171105お昼ご飯五目ラーメン 20171105デザートリンゴ 20171105一つ森公園の紅葉1

今日は、昼過ぎに、ばっぱと山へ向かいました。山へ行く前に、近くの一つ森公園の紅葉散策へ向かいました。写真が前後しますが、上の写真、右は、一つ森公園のもみじの様子です(14:55頃)。

写真が前後しましたが、最初に訪れたのは、横森地区のドウダンツツジのきれいなお宅でした。毎年、この景色を楽しみにしているのですが、今年は、少し遅かったようです。

それでも、見事な、紅葉具合でした。

20171105横森地区の紅葉

横森地区から一つ森公園へと上がっていくと、体育館の駐車場がありますが、そこに軽トラをとめ、自由広場まで上がって来ました。

真っ赤なドウダンツツジと桜の葉っぱの紅葉を期待していたのですが、すでに桜の葉っぱは散り、幹と枝だけになっていました。ケヤキの葉っぱも、ほんの少し残っている程度でしたが、ドウダンツツジは、何とか、きれいに色づいた葉っぱを残していました。

下の写真は、自由広場から友誼亭(ゆうぎてい)を望んだ風景です。もう少し早ければ、桜の葉っぱの紅葉も一緒に楽しむ事ができたのですが残念でした。

20171105一つ森公園の紅葉2 20171105一つ森公園の紅葉3

☆ 紅葉
2016.11.01 冷たい雨の中一つ森公園の紅葉散策 2016
2015.11.13 少し遅かった一つ森公園の紅葉散策 2015
2015.11.08 雨の降る立冬の日近くの紅葉散策 2015
2014.11.02 シットリと雨に濡れた晩秋の紅葉散策 2014
2014.10.21 雨の降る中一つ森公園の紅葉散策 2014
2014.10.09 素晴らしい青空に恵まれ千秋公園の紅葉進む 2014
2013.11.04 会津の生そばが届いた頃一つ森公園の紅葉探索 2013
2012.11.07 立冬の頃一つ森公園の紅葉探索 2012
2011.11.06 一つ森公園と太平川そして千秋公園の紅葉探索 2011
2010.11.11 近場の紅葉探索 2010
2010.11.03 深紅に染まるドウダンツツジ 2010
2009.11.12 近場の紅葉探索 2 2009
2009.11.11 近場の紅葉探索 2009
2008.11.07 一つ森公園と千秋公園の紅葉探索 2008
2008.11.02 秋田市内の紅葉探索 2008
2008.11.01 精油 41種類のデータ加工 1(茅葺き屋根の民家)
2007.11.07 秋田千秋公園の紅葉探索 2007
2007.11.05 秋田市仁別の紅葉探索
2007.10.29 無臭化と嗅覚の感度と役割(茅葺き屋根の民家)
2006.10.30 秋田千秋公園の紅葉散策

下の写真も、自由広場から望んだ桜並木とドウダンツツジの紅葉の様子です(14:53頃)。

20171105一つ森公園の紅葉4

下の写真は、友誼亭から、炊事場のある方向を望んだときの様子です(14:53頃)。けやきの葉っぱがわずかに残っていました。

20171105一つ森公園の紅葉5

この頃は、雲は多かったものの、お日さまが姿を現していました。そのお日さまの光を受けて、素晴らしい輝きを放っていたもみじの紅葉の様子です(14:55頃)。

20171105一つ森公園の紅葉6

下の写真、左は、そのもみじの木の下に敷き詰められたように落ちていた「ドングリの実」です。今年の「ブナの実」は不作だったそうですが、ドングリの実は、山でもかなりの量が落ちていました。

下の写真、中央は、体育館の駐車場から望んだ紅葉の様子です(14:57頃)。右は、上北手小学校前から望んだ太平山の様子です(15:08頃)。

20171105一つ森公園のドングリ 20171105一つ森公園の紅葉7 20171105山へ向かう途中の様子太平山

下の写真は、山の入り口にあるお隣のおばさんの家とドウダンツツジの様子です(15:13頃)。ドウダンツツジは、もう一対あったのですが、一対は、いつの間にか枯れてしまいました。

先日、おばさんからカブを頂きましたが、そのカブを使ってがっこを作りました。

頂いたお礼に、漬け込んだがっこを持参したのですが、ばっぱとおばさんが話しを始め、・・・・・

20171105山の入り口の紅葉

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です。急に辺りの紅葉が目立ち始めました(15:33頃)。

20171105ラベンダー畑の様子

下の写真は、ラベンダー畑の様子と、八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子、そして、今年最後の栗拾いとなった晩生の「正月」です(15:43頃)。

八重紅枝垂れ桜は、すでに葉っぱを落とし、丸坊主となっていましたが、大きく太く育って、その枝には、来年の花芽となる芽が出ているのがわかりました。

20171105ラベンダーの畑 20171105八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子 20171105ほとんど最後の栗

下の写真は、山からの帰り道で撮した紅葉の様子です。時々お日さまの光が届く場所があり、近くにして、紅葉の風景を堪能することができました。

左と中央は、峠道の上りと下り、そして、右は、下った先の紅葉の様子です(15:59頃)。ここには、コブシの木があるのですが、そちらの方は、葉っぱがあまり残っていない状態でした。

20171105山からの帰り道の様子峠道の紅葉1 20171105山からの帰り道の様子峠道の紅葉2 20171105山からの帰り道の様子峠道の紅葉3

下の写真は、峠道を通り、上北手大杉沢地区へと向かう途中で、紅葉した木の先端の方が夕日に当たり輝いていた風景です(16:01頃)。

20171105山からの帰り道の様子紅葉1

下の写真、左も、同じ場所の様子です。中央は、さらに進み、大きな農業用の貯水池のある方角の紅葉です(16:03頃)。池の両側には、桜があるのですが、こちらは、まだ葉っぱを落としておらず、とてもきれいでした。

下の写真、右は、大杉沢地区にあるドウダンツツジの風景です。作業小屋の軒先には、干し柿がつるされているのがわかります(16:04頃)。

20171105山からの帰り道の様子紅葉2 20171105山からの帰り道の様子紅葉3 20171105山からの帰り道の様子紅葉4

下の写真、左は、上北手大戸交差点手前のドウダンツツジと大きなケヤキの木の紅葉の様子です。こちらのケヤキの葉っぱも、落葉が進んでいましたが、とてもきれいでした(16:07頃)。

短い時間でしたが、軽トラで身近な一つ森公園や山の紅葉を堪能することができました。

20171105山からの帰り道の様子紅葉5 20171105晩ご飯ワカメのみそ汁 20171105晩ご飯キムチご飯

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。ワカメのみそ汁、日本酒、そして、キムチご飯、それに、ブロッコリーサラダ、サトイモの煮もの、モヤシと鶏胸肉の盛り合わせ、もち米蒸しシュウマイでした。

20171105晩ご飯

今日の秋田の最低気温は 10度、最高気温は 17度、そして、天気は「曇り時々雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.11.05 17:00発表)。

父の八回目の命日の日藤里岳岱の森林浴と音楽ツアー 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.10.29 叔父の一周忌と父の死6.7 / 20.2 会津
○ 履歴 : 2010「2010.10.29 祥月命日
2.6 / 14.4
○ 履歴 : 2011「2011.10.29 父の二回目の命日 秋田から会津へ
8.4 / 18.7 秋田 4.7 / 18.8 会津 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.10.29 父の三回目の命日
13.2 / 16.9
○ 履歴 : 2013「2013.10.29 父の四回目の命日と今年初めての柿収穫 2013
7.5 / 18.2
○ 履歴 : 2014「2014.10.29 父の五回目の命日と本格的な柿の収穫 2014
9.9 / 14.6
○ 履歴 : 2015「2015.10.29 オキナグサの話題と父の六回目の命日
6.9 / 13.2
○ 履歴 : 2016「2016.10.29 日中でも冷え込んだ父の七回目の命日 2016
7.8 / 10.8
○ 気温 : 昨日の最低 11.9(06:31)最高 19.5(14:02)24時
○ 気温 : 今日の最低 13.0(10:39)最高 15.8(01:41)24時

201710292400Temperature

上の画像は、2017.10.29(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になっても、15度台の高い気温を示し、その気温は、夜遅くまで続いていました。

今日未明には、15度台、そして、明け方の 04時には 14度台まで下がったものの、その後は 15度台が続き、暖かでした。

朝は、雲が空全体を覆い、いつ雨が降り出して来てもおかしくないような空模様でしたが、しばらくするとパラパラ小雨が降り始めてきました。

雨が降って来た事で、15度台が続いていた気温も、07時には 14度台となり、その後は 13度台となっていました。下の写真、左は、雨雲が空を覆っていた 05:50 頃の様子です。

今日は、一般社団法人、秋田白神コミュニケーションセンター(能代市)が主催する「
健康寿命を延ばし地域を活性化しようツアー(秋田地区在住の皆様へ)」がありました。

下の写真、中央は、そのツアーのための着替えを用意しているときの様子です(06:55頃)。今日は、雨の確率が高く、雨具や着替えを充分に詰め込んでの出発でした。

今日は、ツアーの講師参加で、藤里町の「
岳岱(だけだい)」へ出発するため、JR秋田駅東口へ向かいました。

出発前に、ほんの少し小雨がパラパラ降り出してきましたが、濡れるほどではなく、傘をささないでバス乗り場へ向かいました。下の写真、右は、出発前の様子です(07:30頃)。

20171029外の様子朝 20171029岳岱へ向かう準備 20171029健康寿命を延ばそうツアーJR秋田駅東口

今回のツアーで、今年(2017年)は、四回目となります(2016年は 二回)。

2017.08.20 健康寿命を延ばそうツアー能代風の松原散策 2017
2017.07.09 真夏日の中健康寿命を延ばそうツアー二ツ森留山散策 2017
2017.07.01 健康寿命を延ばそうツアー石倉山公園琴丘クアの古道散策(三種町)2017

2016.10.23 健康寿命を延ばそうツアー石倉山公園散策(三種町)2016
2016.09.11 健康寿命を延ばそうツアー留山三十釜散策(八峰町)2016

バスは、いつものように、秋田自動車道を北上しましたが、今回は、二ツ井白神インターまで行ってから、国道 7号線に合流して藤里町の遺産センター(環境省白神山地世界遺産センター・藤里館)へ向かいました。

下の写真、左は、藤里町の県道 317号線を北上しているときの様子です。遺産センターでは、ガイドの方々(菅沼さん、西村さん)や他の講師の方々(関口さんご夫妻)と合流し、目的地の「
岳岱(だけだい)」へ向かいました。

岳岱までは、一時間あれば舗装道路脇の入口まで行く事が可能だったのですが、その途中の見所を、バスを降りてガイドの菅沼さんの案内で散策してまわりました。

中央は、岳岱へ向かう途中のゲートを通り越して進んでいるときの様子です(09:46頃)。周囲は、紅葉が進みとてもきれいでした。

20171029藤里町 20171029岳岱へ向かう 20171029岳岱途中の紅葉散策1

バスは、県道 317号線を藤琴川沿いに上がっていきましたが、途中には、天然のブナ林からしみ入って流れついた水をペットボトルにする「
白神山水の館」もありました。

この辺りには、トロッコ鉄道が敷設され、原生林の原木を運んだり、鉱山から掘り集めた鉱石から、鉄や銅・鉛などを精錬するために、製錬所まで運ばれていたようですが、昭和33年(1958年)の大洪水で、鉄橋が流され橋脚だけの残る場所もありました。

下の写真、左は、当時、藤里町の中心部よりも人口が多く映画館もあったという鉱山集落跡地近くにある「
太良峡(だいらきょう)」を望んだ風景です(10:01頃)。

写真が前後しますが、上の写真、右と、下の写真、右は、さらに上にある散策ポイントで、バスを降り歩いて散策したり、渓谷を望んだりしている様子です(10:31頃、10:23頃)。

20171029岳岱途中の紅葉散策2 20171029岳岱途中の紅葉散策3

この辺りには、様々な植物が自生し、素晴らしい錦秋の風景を堪能する事がで来ました。下の写真、左と中央は、赤や黄色、そして、茶色の目立つ中、黄色い色が抜けたように紅葉していた「
コシアブラ」です。

コシアブラといえば、春先に「
タラの芽」と一緒に天ぷらに食卓へのぼる美味しい食べ物でした。

ちなみに、ブナの葉っぱは、赤色とならず、黄色から茶色となって葉っぱを落とすそうです。

2009.07.24 こども科学電話相談面白いなぁ
2005.10.17 どうして葉っぱの色変わるの

下の写真、右は、クロモジの小枝と紅葉した葉っぱの様子です。小枝の元を口に含むと、爽やかな甘さを感じることができました。

もちろん、柔らかい甘さの爽やかな香りもしていました。このクロモジは、つまようじに利用されていました。

20171029岳岱途中の紅葉散策コシアブラ1 20171029岳岱途中の紅葉散策コシアブラ2 20171029岳岱途中の紅葉散策クロモジ

秋田市を出発すると、小雨があがり、曇り空が続いていました。ここ、藤里町に入っても同じような空模様が続いており、多少道路が濡れてはいたものの、道路の両側に集まっていた色とりどりの枯れ葉は、まだ乾燥しており、カサカサ音を立て、嗅覚などを含めた五感を通して楽しむ事ができました。

色とりどりの風景(視覚)、歩くたびにカサカサ音のする枯れ葉や沢の流れる音(聴覚)、それらをそっと手で持ち上げたり触れたり(触覚)、クロモジの枝をかじりながら味を楽しんだり(味覚)、そして、そんな中で、発せられる秋の香り(嗅覚)と、最高のツアーの始まりでした。

下の写真は、岳岱にほど近いブナの天然林の様子です。黄色から茶色い葉っぱへ変わり、地面に落ちた葉っぱが、ジュウタンのように敷き詰められていました(11:03頃)。

岳岱は、その入口まで舗装が完備しており、白神山地で一番舗装道路にめんしている場所なのだそうです。

20171029岳岱途中の紅葉散策4 20171029岳岱途中の紅葉散策5 20171029岳岱途中の紅葉散策6

下の写真も、道路を挟んで向かい側の斜面に密集していたブナの天然林の様子です(11:03頃)。この辺りまで来ると、600m ほど上がって来たかも知れません。

先ほどの遺産センターは、海抜 60m 程だそうですが、岳岱は 620m で、その間、植林された杉や天然杉、そして、ブナ林と、その標高に応じた植物が育っていました。

何でも、900m 程になると、ダケガンバが混じるそうです。

20171029岳岱途中の紅葉散策7

上の写真の場所から 10分程で、下の写真のような岳岱入口と看板のある場所まで上がって来ました(11:16頃)。もちろん、この横には、舗装された道路と駐車場がありました。

ほんの少し、小雨がパラパラ降り始め、地面がちょっとだけ濡れていましたが、葉っぱは乾燥しており、カラカラ音がしていました。

この辺りでは、黄色かった葉っぱが茶色へと変わり、雪のようにその葉っぱが散っていくのがわかりました。

20171029岳岱自然観察教育林入口1 20171029岳岱自然観察教育林入口2

お昼前でしたが、少し早めのお昼ご飯を食べるため、近くの散策路に参加された方々が岳岱へと入っていくときの様子が、下の写真です(11:24頃)。

近くには、ログハウスの多目的展示施設がありました。雨の心配があったため、そちらの方へ向かわれたのかも知れません。

ひまわりは、お昼ご飯のおにぎり弁当を用意して、道端で食べたのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

20171029岳岱森林浴音楽ツアー1

下の写真、左と中央は、お昼前にちょっとだけ付近を見て回ったときの様子です(11:26頃)。ひまわりは、中央のブナの大木の近くの道路脇で、ガイドさんや主催者の方と一緒にお昼ご飯を食べました。

お昼ご飯を食べ終え、いよいよ岳岱への森林浴と音楽ツアーが始まりました。ツアー開始前に、パラパラ小雨が舞ってきました。各自、雨具や傘などを用意し、岳岱へと入っていきました。

下の写真、右は、入ってすぐの場所にあるふれあいの森で、数日前まで大丈夫だったブナの枝が、強風のため倒木していた様子です(12:15頃)。

通常のルートを通る事ができなかったため、散策路から離れ、フカフカの地面を迂回して、「
シナノキ」の大木のある場所へ向かいました。

20171029岳岱森林浴音楽ツアー2 20171029岳岱森林浴音楽ツアー3 20171029岳岱森林浴音楽ツアー4

そして、その大木の前で、最初の音楽が披露されました。能代市のソプラノ歌手、関口さんの演奏と歌による「
アヴェマリア」です。

下の動画フレームは「
藤里町 岳岱天然ブナ林でのアヴェマリア熱唱」の様子を、スマフォで撮した動画です。

藤里町 岳岱天然ブナ林で、小雨の降る中、ソプラノ歌手、関口美奈子さんが、アヴェマリアを熱唱されました。

秋田白神コミュニケーションセンターの企画「
健康寿命を延ばし地域を活性化しよう!」の一環で、森林浴を楽しみながら、参加者全員による合唱も行なわれました。

この試みは、参加者の皆さん全員の健康寿命を延ばすだけではなく、この音楽を奏でる事で、ブナの木などの森林の寿命も延ばそうという試みでした。

2017.10.29 藤里町 岳岱天然ブナ林でのアヴェマリア熱唱(外部リンク YouTube)



下の写真、左は、そのときの様子です。写っているこの大木はブナの木ではなく、シナノキでしたが、参加者の方が、太い幹の所々に大きなコブのある事を不思議に思い、尋ねられてきました。

それは、毎年降り積もる雪の重みで枝が折れ、その折れた部分を修復するためにコブのような形となって表面が覆われるのだそうです。

先ほどの倒木した枝のブナの木も、自然の中で生態系を乱さぬような配慮があるため、そのままにしておくのだそうです。

下の写真、中央は、ブナの木でもシナノキでもない「
キハダ」の大木の様子です(12:41頃)。キハダはサンショウと同じく「ミカン科」の植物だそうで、生薬になりました。

そのキハダの実が、この下に落ちているということで、皆さんで必死になって探したのですが・・・・

ありました、ありました。やはりサンショウの様な実をつけ、黒くなっていましたが、その香りは、ドライフルーツにした柑橘系のフルーツのようでした。

そして、このキハダを好物とするクロアゲハがおり、このキハダに集まるのだそうです。

20171029岳岱森林浴音楽ツアー5 20171029岳岱森林浴音楽ツアー6 20171029岳岱森林浴音楽ツアー7

上の写真、右と、下の写真は、400年のブナの木と、その回りで再び合唱が行われたときの様子です(12:45頃、12:52頃)。

20171029岳岱400年ブナ1

下の写真も、400年のブナの木の様子ですが、左は、正面から、そして、右は、裏側へ回ったときの様子です。裏側では、太い幹の部分が、倒木により露出していました。

おそらく、左に写っている太い枝が、幹から倒木したものと思われます。

20171029岳岱400年ブナ2 20171029岳岱400年ブナ3

下の写真、左は、ホウの木の実です。こちらも、甘い香りがしました。ホウの木もよく茂っており、大きな葉っぱが落葉していました。何でも、このホウの葉っぱが一番大きく、次いでトチの葉っぱ、という順位になるそうです。

中央は、三蓋山の見える場所へ向かって散策している途中の様子です(13:03頃)。右が、岳岱から望む三蓋山(さんがいざん)の様子です(高い方の山)。

夏は葉っぱが多く、その姿を望む事が難しいそうですが、このようにブナの葉っぱが散り始め、三蓋山を望む事ができるとの事でした。確か 900m ほどある高さの山だそうです。

この広場では、熊が好んで食べるブナの実が紹介されていました。ガイドの菅沼さんが、あらかじめ用意したブナの実を取り出し、真上の尖った部分を剥くと、中にはそばの実のような形をした実が入っていました。

ひまわりの種や松の実のような風味がしました。昨年は、凶作、そして、今年は、不作との事でしたが、このブナの実の影響で、熊たちの生態系はどうなっていくのか、気がかりでした。

20171029岳岱森林浴音楽ツアーホオの実 20171029岳岱森林浴音楽ツアー8 20171029岳岱森林浴音楽ツアー9

この広場から、くぼんだ場所の、しかも、大きな城石のような岩石がゴロゴロしている場所が現れて来ました。

小川のような小さな川がどこからともなく横切っている場所もありましたが、その岩石を抱きかかえてそびえ立っているブナの木が数多く育っていました。

下の写真は、そのくぼんだ場所へと向かう途中の様子です(13:04頃)。

20171029岳岱森林浴音楽ツアー10

下の写真は、岩石がいたるところにあり、その間を下へ下り、そして、上へ上って散策しているときの様子です(13:21頃、13:26頃、13:30頃)。

水源があるらしく、近くには湧き水の流れ出す場所もありました。そんな影響なのか、大木のブナの根元には、きれいな苔がたくさん繁殖していました。

20171029岳岱森林浴音楽ツアー11 20171029岳岱森林浴音楽ツアー12 20171029岳岱森林浴音楽ツアー13

下の写真、左は、湧き水の上がってくる沼になっているようで、この沼にモリアオガエルがふ化するようで、モリアオガエル池と呼ばれていました。

ここでも、ソプラノ歌手の関口さんと一緒に参加者の皆さんと合唱しました。

ゆっくりと森林浴と音楽ツアーを楽しみ、元の場所へ戻ってきました。下の写真、中央が、その時の様子です(13:52頃)。二時間ほどかけてまわって来ました。

雨はさほど気になることもなく、何とか無事今回のツアーを終える事ができました。

二時に岳岱を出発し、最初のスタート地点の遺産センターへは三時頃でした。小雨が降り続いていましたが、今日のツアーの疲れを癒すため、すぐ近くの湯の沢温泉へ入って来ました。

四時には、温泉から元来た道を引き返し、国道 7号線を秋田方面ではなく、鷹巣大館方面へと向かって訪れたのが、下の写真、右の「
道の駅 ふたつい」でした(16:20頃)。この辺りは、きみまち阪で有名でした。

20171029岳岱森林浴音楽ツアー14 20171029岳岱森林浴音楽ツアー15 20171029二ツ井道の駅1

下の写真、左は、秋田へ向け出発する直前のドウダンツツジが映えていた「
道の駅 ふたつい」の様子です(16:21頃)。

その後、国道 7号線を能代方面へ向かい、途中から秋田自動車道を経て、出発地点の JR秋田駅東口へ無事戻って来ました。下の写真、中央が、戻って来たときの様子です(17:43頃)。

これまでとは違い、すでに外は真っ暗になっていましたが、この頃は、傘をささなくもと濡れる事はありませんでした。

下の写真、右は、お店まで戻って、外を写したときの様子です(17:49頃)。

20171029二ツ井道の駅2 20171029岳岱森林浴音楽ツアーを終えてJR秋田駅東口へ到着 20171029外の様子夕方

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、野菜タップリの五目ラーメンでした。

20171026晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。先日漬け込んだカブが美味しくなっていました。そして、デザートは、ナシとりんごでした。

20171029晩ご飯五目ラーメン 20171029晩ご飯カブのがっこ 20171029デザートリンゴ

今日の秋田の最低気温は 8度、最高気温は 10度、そして、天気は「雨時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.10.29 17:00発表)。

森吉山ゴンドラと国道105号線の紅葉巡り 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.10.26 街路樹が秋の色合いへ12.4 / 18.3
○ 履歴 : 2010「2010.10.26 何でこんなに寒いんだべ
11.0 / 15.2 会津
○ 履歴 : 2011「2011.10.26 大人の休日倶楽部 2011.11 会津若松特集
8.8 / 12.2
○ 履歴 : 2012「2012.10.26 メッセゲ氏のミントを100袋フランスから運んだ箱
8.7 / 17.8
○ 履歴 : 2013「2013.10.26 GALAXY Note 3 でデコメ対応メールアプリ CosmoSia を利用する
10.7 / 14.4
○ 履歴 : 2014「2014.10.26 今季初めての柿収穫 2014
8.5 / 23.6
○ 履歴 : 2015「2015.10.26 今季最後となる栗の収穫 2015
6.9 / 13.2
○ 履歴 : 2016「2016.10.26 日本海に沈む夕日に映えるラベンダーこいむらさき 2016
12.9 / 19.2
○ 気温 : 昨日の最低 6.3(06:42)最高 15.4(13:36)24時
○ 気温 : 今日の最低 6.6(06:29)最高 18.5(12:50)24時

201710262400Temperature

上の画像は、2017.10.26(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃には 11度台から 10度台を示していた気温も、21時には 10度を下まわる 9度台となり、そのまま夜遅くまで 9度台の気温が続いていました。

今日未明には、8度台から 7度台と、昨日同様冷え込み、未明にも 7度台が続いていました。そして、06:29 には、今日の最低気温 6.6度を記録していました。

それでも、朝から素晴らしい青空が広がり、07時には 7度台だった気温も、09時には 12.6度まで上昇していました。下の写真、左は、きれいな青空が広がっていた 06:48 頃の様子、そして、中央は、朝 07:02 頃の様子です。

この青空は、昼前まで続いていましたが、その後、昼過ぎからは、少しずつ雲が多くなり、青空を覆い隠すまでにいたりました。

ただ、夕方には、再び青空が広がり始め、きれいな夕焼け空を望む事ができました。

気温の方も、昼過ぎ 12:50 には、今日の最高気温 18.5度を記録していました。

今日は、朝から、京都から来た友人と家族と共に、秋の紅葉を楽しむ旅に出かけました。目的地は、阿仁スキー場からの森吉山ゴンドラ、そして、そこから、田沢湖、角館を回ってくるコースを考えていました。

朝から素晴らしい青空に恵まれ、秋田を 09時に出発しました。秋田中央インターから、秋田自動車道を能代方面へ向かい、途中の五城目インターを下りてから、国道285号線を北秋田市方面へ進みました。

途中の道の駅かみこあにで休憩し、その後、直近の県道214号線を阿仁前田方面へ向かいました。

下の写真、右は、道の駅かみこあにで見た山野草の展示販売所の様子です。暖かな日差しで、花々が輝いていました。上小阿仁には、一時間ほどかかりましたが、10:20 頃には、阿仁前田方面へ車を走らせていました。

20171026朝の様子朝1 20171026朝の様子朝2 20171026道の駅かみこあに1

阿仁前田の大きな交差点を左折し、国道105号線を仙北方面へと向かいました。

最初の目的地である阿仁スキー場には、途中の北秋田市阿仁地区から、国道105号線を離れて向かいました。

下の動画フレームは「
阿仁スキー場へ向かう途中の紅葉 その1」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

素晴らしい景色に、大声の連続でした。画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)阿仁スキー場へ向かう途中の紅葉 その1 01/02(外部リンク YouTube)



最初は、緑の杉林が目立っていましたが、少しずつスキー場へ近づくにつれ、色とりどりの紅葉に目が奪われるほどでした。

下の動画フレームも「
阿仁スキー場へ向かう途中の紅葉 その2」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

頂上付近までの動画ですが、画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)阿仁スキー場へ向かう途中の紅葉 その1 02/02(外部リンク YouTube)



写真が前後しますが、下の写真、左は、道の駅かみこあにを出発する頃の様子です(10:17頃)。

そして、上のような素晴らしい紅葉の中、阿仁スキー場へ到着しました。駐車場には、結構たくさんの県外ナンバーの車がとまっていました。

下の写真、中央と、右は、これから森吉山ゴンドラで山頂近くまで上がっていくときの様子です(11:17頃)。ゴンドラは、完全に停止することなく、ばっぱも一緒だったので大変でしたが、何とか無事ゴンドラに乗り込むことができました。

20171026道の駅かみこあに2 20171026森吉山ゴンドラ乗り場1 20171026森吉山ゴンドラ乗り場2

ゴンドラ内から眺める風景は、大体二段階になって現れて来ました。最初は、きれいに紅葉した風景、そして、山頂近くへ行くにしたがって、葉っぱを落としたブナ林?の風景でした。

下の写真は、まだ、きれいに紅葉していた場所の風景です(11:20頃、11:28頃、11:30頃)。

ゴンドラは 17分程かかって山頂まで上がりますので、下の写真、右は、葉っぱが落ち始めて来た風景かもしれません。

ゴンドラの回りは、ブルーの窓で覆われており、撮影した風景が、多少青っぽくなって写っていました。

20171026森吉山ゴンドラからの展望1 20171026森吉山ゴンドラからの展望2 20171026森吉山ゴンドラからの展望3

下の動画フレームは「
森吉山ゴンドラから望む紅葉」の様子を、スマフォで撮した動画です。音声は入っているのですが、撮影するよ!、といったら、みんな黙ってしまいました。

紅葉が素晴らしかった場所から、山頂が見え始め、その先は、葉っぱを落としたブナ林?の幹が、白く輝いて見えていた場所へと移り変わる様子を写したものです。

2017.10.26(木)森吉山ゴンドラから望む紅葉(外部リンク YouTube)



下の写真も、ゴンドラからの様子です。真下には、牛を放牧する場所が見渡せましたが、目の前には、樹木がきれいに紅葉した風景が広がっていました(11:20頃)。

出発してから間もない場所からの風景です。

20171026森吉山ゴンドラからの展望3

下の写真、左と中央は、山頂近くに望む事のできる葉っぱを落とした樹木の様子です(11:32頃)。所々に、熊棚のような場所が点在していました。ヤドリギ草もあったので、最初は同じように見えました。

下の写真は、山頂近くのゴンドラ到着地点から屋外へ出て、外の空気を楽しんでいる様子です(11:38頃)。

20171026森吉山ゴンドラからの展望4 20171026森吉山ゴンドラからの展望5 20171026森吉山ゴンドラからの展望6

下の写真、左と中央は、その場所から、ゴンドラの到着口(11:38頃)と、眼下に広がる阿仁スキー場の様子を一望したときの様子です(11:41頃)。

写真が前後しますが、下の写真、右は、ゴンドラで、下へ向かって下りているときの様子です(11:51頃)。

すでに葉っぱが散ってしまった樹木の様子ですが、少し遅かったのかもしれませんね。この場所もすべて紅葉していれば、最高の風景を望む事ができたのになぁ。

でも、違ったものを目的してしまいました。それは、何と「小熊」でした。娘が発見したのでした。

20171026森吉山ゴンドラからの展望7 20171026森吉山ゴンドラからの展望8 20171026森吉山ゴンドラからの展望9

写真が前後しましたが、下の写真は、山頂近くから眼下の阿仁スキー場を一望したときの様子です(11:40頃)。

20171026森吉山ゴンドラからの展望10

下の写真も、同じく、阿仁スキー場の様子とゴンドラのロープウェイの様子です(11:40頃)。

真上から見おろすと、葉っぱを落とした樹木の密集した場所の近くには、スキー場としてのゲレンデが確保され、きれいに草刈りの行われた場所も見えていました。

20171026森吉山ゴンドラからの展望11

下の写真は、ゴンドラ発着所から北側の休憩所近くから望んだ風景です(11:45頃)。紅葉は残念でしたが、樹木の幹が白く光り輝いている風景もきれいでした。

20171026森吉山ゴンドラからの展望12

下の写真は、ゴンドラで下り、元の乗車地点へと戻ってきたときの様子です。実は、山頂近くのゴンドラ到着地点からは、徒歩で、森吉山へと登ることができました。

下の写真は、その「森吉山ゴンドラ散歩マップ」です。

20171026森吉山ゴンドラ散歩マップ

すでに、お昼をまわっていましたが、田沢湖畔でとるという事で、阿仁スキー場を後にし、再び、紅葉に囲まれた道を、国道105号線へと向かいました。

下の写真は、スキー場からしばらく下った場所の紅葉の様子です(12:25頃)。

20171026阿仁スキー場から国道105号線へ向かう途中の紅葉1

そして、下の動画フレームは「
阿仁スキー場から国道105号線へと向かう途中の紅葉 その1」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。阿仁スキー場の駐車場からスタートしました。

2017.10.26(木)阿仁スキー場から国道105号線へと向かう途中の紅葉 その1 01/02(外部リンク YouTube)



下の写真も、紅葉に囲まれた道を、国道105号線へと向かっているときの紅葉の様子です(12:26頃)。

20171026阿仁スキー場から国道105号線へ向かう途中の紅葉2

下の動画フレームも「
阿仁スキー場から国道105号線へと向かう途中の紅葉 その2」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)阿仁スキー場から国道105号線へと向かう途中の紅葉 その2 02/02(外部リンク YouTube)



素晴らしい紅葉の山々が圧巻でした。前述のドライブレコーダーで撮った映像でも、写真の風景が映っていますが、こちらの方は、スマフォから摂った写真です(12:26頃)

20171026阿仁スキー場から国道105号線へ向かう途中の紅葉3

国道105号線の交差点から、左折して、仙北方面へ向かいます。

この道路は、多分、ひまわりにとって、初めてかも知れません。仙北方面へ向かうには、峠道を越えて行くような道路が続いていました。

ところが、この道路の両脇には、紅葉が、今は盛りで、素晴らしい光景が広がっていました。実は、ドライブレコーダーの事は、あまり意識していませんでしたが、メモリカードを本体から抜いて、パソコンでその様子を見てみると・・・・

先ほどまで通って来た道路や紅葉の風景が、きれいに、しかも動画で写っているではありませんか。

これをご紹介しない手はないと、YouTube にアップしました。

下の動画フレームは「
阿仁から上桧木内へと向かう国道105号線沿いの紅葉 その1」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)阿仁から上桧木内へと向かう国道105号線沿いの紅葉 その1 01/02(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
阿仁から上桧木内へと向かう国道105号線沿いの紅葉 その2」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)阿仁から上桧木内へと向かう国道105号線沿いの紅葉 その2 02/02(外部リンク YouTube)



国道105号線を上桧木内へと南下し、時々見かける秋田内陸線や紅葉の風景を楽しみながら、田沢湖の入口へと向かう県道38号線を目指しました。

下の動画フレームは、その県道38号線の入口を少し進んでからの「
田沢湖の紅葉巡り その1」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)田沢湖の紅葉巡り その1 01/03(外部リンク YouTube)



下の動画フレームでは、途中の画面で、県道38号線から、田沢湖の湖畔を巡る風景が登場して来ます。

田沢湖の紅葉巡り その2」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)田沢湖の紅葉巡り その2 02/03(外部リンク YouTube)



下の動画フレームでは、今日のお昼ご飯を食べた施設も、最後の方に写っていました。「
田沢湖の紅葉巡り その2」の様子を、ドライブレコーダーで撮した動画ですが、音声は入っていません。

画面上の日付及び時刻は、実際の日付、時刻と違って表示されています。

2017.10.26(木)田沢湖の紅葉巡り その3 03/03(外部リンク YouTube)



これで動画は終わりですが、ドライブレコーダーで撮影した動画、結構、面白いですね。

五分ほどの動画ですが、お時間があれば、ご覧いただければ幸いです。

下の写真、左は、田沢湖畔を、お昼ご飯のある場所へ向かって進んでいるときの様子です(13:42頃)。この頃には、結構雲が空を覆っていました。

中央は、お昼ご飯を食べる施設から望んだ駐車場と湖畔の様子です(13:52頃)。

写真が前後しますが、下の写真、右は、お昼ご飯を食べ終え、出発する頃の田沢湖とお日さまの様子です(14:46頃)。まだ 15時前だというのに、お日さまが、かなり西に傾いていました。

20171026田沢湖湖畔の風景 20171026田沢湖湖畔の風景 20171026田沢湖湖畔の風景

下の写真は、遅くなった今日のお昼ご飯の様子です(13:42頃)。お昼ご飯をとった施設では、地ビールを提供していましたが、ひまわりは、運転手のため、その味を確かめる事ができませんでした。

そして、特製のサラダです。

20171026田沢湖湖畔で遅い昼食1 20171026田沢湖湖畔で遅い昼食2

下の写真は、ひまわりが注文した特製カレーです。様々なスパイスの放つ繊細な味と香りが、口の中に広がって来ました。。

20171026田沢湖湖畔で遅い昼食3

遅いお昼ご飯を終え、再び出発しました。田沢湖近くには、はちみつ屋さんがあったので、そこへ立ち寄りソフトクリームのお裾分け。何かのくじ引きなのか、当たって、チョコが八個ほど追加されたソフトでした。

下の写真、左は、はちみつ屋さんののぼりと、西に傾き始めた夕日の様子です。

田沢湖からは、一端田沢湖町へ出てから、国道46号線を角館方面へ向かいました。途中から、頭の中にはイメージ出来ていなかったバイパスが目の前に現れました。

角館の街中を迂回する形でバイパスが新設されたようです。途中から、角館の武家屋敷通りに入り、車内からしだれ桜の紅葉風景を楽しみました。

下の写真、中央は、その武家屋敷通りの紅葉の様子です(15:43頃)。すでに、葉っぱの大部分は散っていました。

それにしても、森吉山ゴンドラや田沢湖、そして、角館といい、北京語が、様々な場所で飛び交っていたのにはビックリでした。

20171026田沢湖近くのハチミツ屋さん 20171026角館武家屋敷通りの紅葉 20171026秋田空港へ向かう途中の様子空

その後、大仙の協和地区まで、国道46号線を走り、国道13号線を左折し、すぐの交差点を右折して、秋田空港へと向かいました。

上の写真、右は、秋田空港を目指している途中で望む事のできた空の様子です(16:27頃)。この頃には、天気もすっかり回復し、青空が広がっていました。

京都の友人は、ANAの 17:55 発でしたので、充分間に合いました。下の写真、左は、秋田空港へ到着したときの様子です(16:44頃)。ちょうど、出発の一時間ほど前で、出発までゆったりとすることができました。

一日の滞在でしたが、とても充実した一日でした。

下の写真、中央は、秋田空港を後にしたときの様子です(17:10頃)。出発前に、挨拶をして、空港を離れました。

下の写真、右は、お店へ戻った頃の外の様子です(18:27頃)。すっかり暗くなっていました。

20171026秋田空港へ到着 20171026秋田空港を出発 20171026外の様子夕方

下の写真(一枚のみ)は、今日の晩ご飯です。

遅いお昼ご飯を食べたため、軽い晩ご飯にしました。長ネギののっかったいなにわうどんを食べ、お昼ご飯の時に飲むことの出来なかったビールでお腹とノドを潤わせました。

20171026晩ご飯とビール

明日の秋田の最低気温は 7度、最高気温は 18度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.10.26 17:00発表)。

例年より少し遅れたものの手押し式稲刈り機による稲刈りが始まった秋田市 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.09.15 パンダウサギいりませんか16.3 / 25.0
○ 履歴 : 2010「2010.09.15 栗の初収穫と下草刈りの終了どっちが先かな
16.5 / 29.2
○ 履歴 : 2011「2011.09.15 今年初めての栗の収穫 2011
20.6 / 30.9 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.09.15 秋田市の稲刈りが始まりました 2012
23.8 / 32.5 22時現在
○ 履歴 : 2013「2013.09.15 一日中雨降りで今日の草刈りはお休み 2013
20.4 / 26.0
○ 履歴 : 2014「2014.09.15 13.1度を記録した日ラベンダー畑周辺の下草刈りがほとんど終了 2014
13.1 / 23.8
○ 履歴 : 2015「2015.09.15 二日連続で15度を下まわり爽やかな秋晴れ続く 2015
12.2 / 23.8
○ 履歴 : 2016「2016.09.15 腕を怪我し初めての手術と入院 2016
19.5 / 27.4
○ 気温 : 昨日の最低 16.1(04:21)最高 24.4(11:47)24時
○ 気温 : 今日の最低 15.4(23:37)最高 23.6(14:49)24時

201709152400Temperature

上の画像は、2017.09.15(金)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃の 19時に、快晴の空のもと、恒例の「第94回 増田の花火」が開催されましたが、終演を迎える 21時前頃には、小雨が降り出してきました。

それでも、一時的だったのか、帰る頃にはやんでいました。秋田市内も、23時には 0.5mm の降水量を記録していたようですが、道路は乾燥していました。

今日未明から明け方の 04時までは 19度台の気温でしたが、05時には 17度台まで冷え込み、その気温は 06時まで続いていました。

そして、その頃の 06:18 には、午前中の最低気温 16.7度を記録していました。

朝には、多少雲はあったものの青空が広がり、暖かな光を届けてくれるお日さまも姿を現していました。下の写真、左は、その頃の 08:16 頃の様子です。

ただ、不安定な天気で、空模様が急変し、真っ黒な雲が空を覆い始めると、小雨が降り出していましたが、その雨も一時的で、その影響か気温は上がらず、18度台から 19度台、そして、20度台と推移していました。

昼前になると、朝の晴れていたとき以上に青空が広がり、湿度も 62%、50%、51% で、気温の方も 21度台から 22度台、そして、23度台と、とても爽やかな天気に回復していました。

下の写真、中央の左は、天気が回復し、青空の広がっていた昼前 11:44 頃の様子です。

昼過ぎ、一時、黒い雲が再び空を移動することもありましたが、天気の乱れもなく青空が広がり、気温の方も 23度台から 22度台、そして、湿度は 50%台(52%、59%、55%)を示していました。

下の写真、中央の右は、黒い雲がお日さまを隠していた昼過ぎ 14:47 頃の様子です。

夕方になっても、多少雲はあったものの、きれいな青空が広がり、22度台から 21度台、そして、20度台と、少しずつ気温が下がっていきました。

下の写真、右は、山からの帰り道で望んだ夕方 18:41 頃の空の様子です。きれいな夜空が広がっていました。

その流は、夜のはじめ頃から夜遅くまで続き、19度台から 18度台、18度台から 17度台と推移し、夜遅くには 17度台から急に 15度台まで冷え込み、23:37 には今日の最低気温となる 15.4度を記録していました(24時 15.6度 83%)。

20170915外の様子朝 20170915外の様子昼前 20170915外の様子昼過ぎ 20170915外の様子夕方田んぼと空

写真が前後しますが、下の写真は、雨があがり、お日さまの暖かな日差しを受けて、爽やかに花を咲かせていたハイビスカスの様子です(11:47頃)。

20170915ハイビスカスの花

写真が前後しましたが、下の写真、左は、真っ黒な雲が空を覆い、小雨が降り始めていた 09:27 頃の様子です。ただ、一過性だったようで、その後、再び青空の広がるよい天気となりました。

20170915外の様子朝雨が降り出した頃 20170915お昼ご飯煮つけとトマト 20170915お昼ご飯カボチャとサラダ寒天

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日のお昼ご飯です。野菜の煮つけ、トマトサラダ、サラダ寒天、カボチャ、キュウリがっこ、ぶどう、そして、珍しくハンバーガーとコーヒーでした。

20170915お昼ご飯キュウリとぶどう 20170915お昼ご飯ハンバーガー1 20170915お昼ご飯ハンバーガー

下の写真、左は、昼過ぎ 12:58 の室内気温と湿度を示す時計ですが、24.6度、そして、47%の湿度を記録していました。窓は開放し、本当に爽やかな昼下がりでした。

少し遅れてしまいましたが、昼過ぎに山へ向かいました。下の写真、中央と右は、山へ向かう途中の様子です。コスモスの花がきれいでした。

朝、一時雨が降り、もうそろそろかと思っていた稲刈りは、まだ始まっていないだろうな、と思っていましたが、やはり、黄金色に輝く田んぼにはコンバインの姿はありませんでした。が・・・・・

20170915昼過ぎ湿度50%を切る 20170915山へ向かう途中の様子コスモス 20170915山へ向かう途中の様子田んぼと空

わぁ・・・・

朝、雨が降ったにもかかわらず、手押し式の稲刈り機で昔ながらの稲刈りが行われていました。ここは、毎年、他の田んぼよりも早めに収穫作業が手作業で行われている上北手百崎入り口バス停付近です。

道路を挟み、二カ所の田んぼで刈り取り作業が行われていましたが、小さな場所の田んぼでは、すでに、杭に収穫した稲穂が下の写真、中央のように、積み上げられていました。

別々の田んぼで収穫された稲ですが、すでに収穫した稲穂が杭に干されたものは、もち米の「きぬのはだ」、そして、その作業の途中にあるのは「あきたこまち」だったはずです。

右は、動力式ですが手押し式の稲刈り機です(15:11頃)。

20170915秋田市で稲刈り始まる1 20170915秋田市で稲刈り始まる2 20170915秋田市で稲刈り始まる3

下の写真は、稲刈り後、これから杭に干される前の田んぼの様子です(15:11頃)。こちらの田んぼのお米が「あきたこまち」でした。

まだ別の田んぼがあるそうで、明日は、その田んぼの稲刈りも始まるようです。台風前の大変な作業、ご苦労さまです。

20170915秋田市で稲刈り始まる4

2016.09.09 手押し式稲刈り機による稲刈りが始まった秋田市 2016

昨年は、2016.09.09 に行われていましたが、今年は六日ほど遅い収穫でした。「
今年も、元気に稲刈りのとき、こうしてまた会えたね!」と、作業中のおじさんが声をかけてくださいました。

本当にその通りですねぇ。

20170915秋田市で稲刈り始まる5

昨夜は、増田から味噌樽を三樽、軽トラに積んで運んで来ました。例年であれば、ラベンダーが開花する前頃に山へ運び、涼しい場所で初冬まで保管するのですが、今年は、今日になりました。

数年前までは、杉林の涼しい場所に、動力源なしの保冷車内に保存していましたが、日中でもほとんど日があたらず、風通しもよく涼しい場所に置いていました。

今年も、下の写真のように、三樽並べて保管しました。

20170915味噌樽の保管1 20170915味噌樽の保管2 20170915味噌樽の保管3

近くには、下の写真、左のように、山ブドウが実をつけていました(15:48頃)。中央は、今日収穫した野菜です(16:16頃)。今日も、たくさんの野菜を収穫することができました。

20170915山ブドウ 20170915今日収穫した野菜 20170915ラベンダーの畑

上の写真、右と、下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(16:33頃)。時間が遅くなりましたが、今日も栗畑の下草刈りを始めました。

20170915ラベンダー畑の様子

下の写真は、これから下草刈りを始める前の様子です(16:39頃)。左は、ラベンダー畑から栗畑を、右は、栗畑からラベンダー畑を望んでいるときの様子です。

20170915栗畑の下草刈り前の様子1 20170915栗畑の下草刈り前の様子2 20170915栗畑の下草刈り前の様子3

下の写真は、今日の下草刈りを終えた頃の栗畑の様子です(18:15頃)。かなり薄暗くなってきました。

20170915栗畑の下草刈り後の様子1 20170915栗畑の下草刈り後の様子2 20170915栗畑の下草刈り後の様子3

下の写真も、これから下草刈りを始める前の様子です(16:54頃)。この辺りは、開墾した畑の一番端っこにあたる場所で、この頃の大雨で、それらの雨水が流れ落ちる場所でもありました。

20170915栗畑の下草刈り前の様子4 20170915栗畑の下草刈り前の様子5 20170915栗畑の下草刈り前の様子6

下の写真は、今日の下草刈りを終えた頃の栗畑の様子です(18:55頃)。

20170915栗畑の下草刈り後の様子4 20170915栗畑の下草刈り後の様子5 20170915栗畑の下草刈り後の様子6

下の写真も、これから下草刈りを始める前の様子です(17:09頃)。

20170915栗畑の下草刈り前の様子7 20170915栗畑の下草刈り前の様子8 20170915栗畑の下草刈り前の様子9

下の写真は、今日の下草刈りを終えた頃の栗畑の様子です(18:06頃)。大雨の際の雨水の流出により、沢に向かって土も流れ出ているのか、何だか、この辺りの場所が広くなっていました。

20170915栗畑の下草刈り後の様子7 20170915栗畑の下草刈り後の様子8 20170915栗畑の下草刈り後の様子9

下の写真は、これから下草刈りを始める前の栗畑の様子です(16:40頃)。青々とした草が一面に育っていました。

20170913栗畑の下草刈り前の様子3

下の写真は、今日の下草刈りを終えた栗畑の様子です(18:04頃)。スッキリしました。これで、角までの場所の下草刈りを終える事ができました。

20170915栗畑の下草刈り後の様子5

下の写真は、栗畑の下草刈りマップを現しています。水色の線で囲われている範囲が、今日 2017.09.15 草刈りした場所です。実際には、写真には写っていない場所のもっと広い範囲での下草刈りでした(
写真は Google Earth より)。

20170915栗畑の下草刈りマップ

下の写真は、今日の晩ご飯です。トマト、ナスとオクラの揚げもの、イカの煮つけ、モヤシのみそ汁、キュウリがっこ、そして、リンゴやぶどう、ナシなどのデザートでした。

20170915晩ご飯トマトとナス・オクラの揚げものそしてイカの煮つけ 20170915デザートりんごとナシ 20170915デザートナシ

下の写真も、今日の晩ご飯です。目玉焼き添えキーマカレーでした。

20170915晩ご飯

明日の最低気温は 14度、最高気温は 25度、そして、天気は「曇り時々晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.09.15 17:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ