みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

いろいろな事:感銘を受けた事

2021年08月23日  それぞれのせいしゅん時代
2020年01月31日  用事と天気に振り回された一月最後の日 2020
2020年01月23日  七十二候が大寒の初候(ふきのはなさく)に変わる頃 2020
2020年01月05日  令和二年新春 玲瓏(れいろう)
2018年10月18日  今季最低の6.2度を記録した日月と火星の大接近と夏の大三角 2018

それぞれのせいしゅん時代

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.08.23 iMandalArt とマインドマップ18.6 / 28.0
○ 履歴 : 2010「2010.08.23 失われた画像ファイルのアップロードとブログ更新
24.8 / 31.4
○ 履歴 : 2011「2011.08.23 処暑の頃 2011
20.6 / 23.7
○ 履歴 : 2012「2012.08.23 処暑の頃 2012
24.3 / 32.6
○ 履歴 : 2013「2013.08.23 処暑の頃ミンミンゼミの鳴く中カボチャの花が 2013
21.9 / 29.0
○ 履歴 : 2014「2014.08.23 処暑の頃気になっていた場所の草刈り 2014
22.0 / 28.9
○ 履歴 : 2015「2015.08.23 処暑の頃..枝垂れ桜の斜面とラベンダー畑周囲の草刈り
22.1 / 28.2
○ 履歴 : 2016「2016.08.23 台風一過の中田んぼに赤とんぼの大群 2016
22.1 / 29.5
○ 履歴 : 2017「2017.08.23 処暑の頃稲穂がたれ始める 2017
23.6 / 27.9
○ 履歴 : 2018「2018.08.23 処暑の日に今季最高の37.6度を記録した秋田市
24.2 / 37.6
○ 履歴 : 2019「2019.08.23 処暑の日ハッキリしない天気が続き夕方には集中豪雨 2019
21.9 / 27.5
○ 履歴 : 2020「2020.08.23 真夏日でも朝夕は涼風が吹き抜ける処暑の日 2020
21.7 / 30.4

☆ 昨日 : 最低 23.8(24:00)最高 28.6(15:35)/ 平均 25.4 最大瞬間風速 9.6m/s(15:07)
・ 昨日 : 降水 23.0mm 日照 0.7h 天気昼/夜 雨時々曇/大雨時々曇、雷を伴う
→ 平年 : 最低 21.2 最高 28.9 平均 24.7 降水 6.4mm 日照 6.0h(1991〜2020)
→ 平年 : 最低 21.0 最高 28.8 平均 24.6 降水 5.7mm 日照 6.2h(1981〜2010)


★ 今日 : 最低 22.5(24:00)最高 28.8(13:36)/ 平均 25.3 最大瞬間風速 9.7m/s(14:18)
・ 今日 : 降水 15.0mm 日照 8.4h 天気昼/夜 曇一時雨後晴、雷を伴う/曇時々晴
→ 平年 : 最低 21.0 最高 28.8 平均 24.6 降水 6.4mm 日照 6.0h(1991〜2020)
→ 平年 : 最低 20.9 最高 28.7 平均 24.5 降水 5.9mm 日照 6.1h(1981〜2010)

202108232400Temperature

上の画像は、2021.08.23(月)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になると、降っていた雨が一時やむこともあり、19時には 25度台だった気温は、その後も 25度台から 24度台で推移していました。

そして、夜遅くには、雷を伴った雨が断続的に降るようになり、その降り方も、強かったり弱かったりと不安定でした。

気温の方は、 24度台から 23度台と下がっていく中、24:00 には、昨日の最低気温となる 23.8度を記録していました。

今日未明には、しばらく雨はやんでいたようですが、03時の降水量が 2.5mm を記録していたので、その前(前1h)には、すでに雨が降っていたようです。

未明になっても 23度台の気温が続いていましたが、03時には、一時 24度台まで上がり、その後、明け方にかけては、再び 23度台の気温が続く中、雨が降り続き、特に 05時(前1h)には 8.0mm の降水量を記録しいてました。

それでも、朝には、下の写真、左(06:25頃)のように、雨雲が空を覆っていましたが、雨はそれほど気にならないくらいにパラパラ舞っているだけとなり、しばらくした頃には、雨も完全にあがり、雲の切れ間から時々お日さまが姿を現していました。

それまで 23度台の気温が続いていましたが、07時には 24度台となり、その後も 25度台から 26度台と、少しずつ上昇していました。

昼前になると、下の写真、中央の左(11:20頃)のように、歩道や道路は完全に乾き、雲の切れ間から青空ものぞき、朝以上にお日さまが姿を現す時間が長くなっていました。

ただ、気温の方は、10時に 27度台を示してからは、同じ気温が続いていました。

そして、昼過ぎには、空を覆っていた雲も薄くなり、青空が広がり、下の写真、中央の右(15:08頃)のように、お日さまも姿を現していました。

13時から 14時にかけては、28度台で推移していましたが、15時には 27度台へと下がる中、13:36 には、今日の最高気温となる 28.8度を記録していました。

夕方になっても、下の写真、右(15:50頃)のように、相変わらずの空模様が続いていましたが、気温の方は、27度台から 26度台、26度台から 25度台と、少しずつ下がっていました。

夜のはじめ頃になっても 25度台の気温が続いていましたが、21時には 24度台へと下がり、その後夜遅くには 23度台から 22度台で推移する中、24:00 には、今日の最低気温となる 22.5度を記録していました。

(24時 22.5度、湿度 89%、風速 2.0m/s)

20210823外の様子朝1 20210823外の様子昼前 20210823外の様子昼過ぎ 20210823外の様子夕方

今日は、家庭ゴミの日でした。

その帰りに望んだのが、歩道の早咲きラベンダーこいむらさきでした。

下の写真、左が、その様子ですが、伸び始めた茎と花穂の短さが気になりますが、元気に育っていました(06:42頃)。

中央は、定番の朝ご飯です。

朝から雨雲が空を覆い、歩道や道路は濡れた状態でしたが、早い段階から、下の写真、右のように、雲の切れ間から青空が広がっていました(07:09頃)。

20210823外の様子朝歩道のラベンダー 20210823朝ご飯 20210823外の様子朝晴れ間が見える

そんな中、いつだったか、ラベンダーの挿し木をした苗が、下の写真、左のように、順調に育っていました(08:00頃)。

少し前に挿し木した下の写真、中央のローズマリーの苗木も無事育っていました(08:01頃)。

ラベンダーは、早咲きラベンダーこいむらさき、そして、ローズマリーは、ディープブルーという種類のものでした。

今日は、ばっぱのデイサービスの日でした。

下の写真、右は、施設出入り口から望んだ太平山の様子です(11:31頃)。この頃の東の空には、黒い雲がかかっていました。

20210823挿し木したラベンダー 20210823挿し木したローズマリー 20210823外の様子昼前太平山

今日は、家庭用のゴミの日でしたが、朝、歩道のラベンダーの手入れを手伝っていただいている方と一緒になりました。

ご挨拶しただけでしたが、すぐに、今日のブログタイトルで示した内容の資料を持って来て下さいました。

地元の新聞記事を読まれ、ご自身の思いを綴った資料でした。

確か、90歳を過ぎておられる方でしたが、地元の新聞記事(
秋田魁新報)の内容と、それまで生きてこられた人生の道のり、そして、これから先どのように過ごされていくのかという深い思いを重ね合わせた内容でしたので、このブログにご紹介したいと思います。

以下、その資料の原文通りにご紹介させていただきます。

期日は忘れましたが、たしか、8月5日前後頃だったかと思います。

さきがけ新聞に、次のような意味の記事があり興味を引きました。

それは、ある誌か、エッセーに、「せいしゅん」と言うことばを、一つの「時代」と「とらえ」て、書いたもののようです。

とても、妙を得た文章だと思い、ぜひ皆様にもご披露したいと思った次第です。

それは、

・10歳代     青春時代
・20 〜 30歳代  勢春時代
・40 〜 50歳代  盛春時代
・60歳代     静春時代
・70 〜 80歳代  生春時代

の通りです。

中々、おもしろい、とらえ方をしている、な、と、つづづく感心いたしました。

中でも、20 〜 30歳代の「勢春」と、40 〜 50代の「盛春」は、正にその通りです。よくぞ考えたものだと思いました。

巧みに漢字を使った造語?の面白さを改めて知らされました。

とこごで、90歳代ではどうだろうか。

80歳代までしか書いておりません。

超高齢化社会の現代、90歳代の人間は、世の中に、ゴロゴロしています。

私も、90歳代の仲間のひとりです。

そこで、いったい 90歳代の「せいしゅん」とは、どんな漢字を使ったことばになるだろうかと思い、「よし、この私が、ひとつ考えて見よう」と思い、禿頭で知恵を絞りました。いくら絞っても、無い知恵は出て来ません。

それでも、一日中、その事を思い過ごしている内に、ぽつぽつと思い浮かびました。

いくつか紙に書いた中から、二つを選びました。

そして、あと、考えることを止めました。

No1 済春(せいしゅん)= 人生の諸々の出来事をこなし、
             過ごし、もういいや、終わりや、という思いで余生を送る時代
No2 逝春(せいしゅん)= あの世とやらへ、確実に逝ける時代

この二つのせいしゅんのことばは、私にとっては、中々、よいと言うか、今の私に合ったことばだと自画自賛しています。

そして、二つのうち、今は、No2 が、私にピッタリのせいしゅんかと思い、過ごしています。

皆さまも、自分のせいしゅんを考えてみては、いかがでしょうか。

まあ、くだらない、ことば遊びなど、と・・・・。

忘れてください。

変なことに、キョウミを持つジジィより。


という内容でした。

ひまわりは、60歳代なので、「
静春」時代。

そういえば、いつもブログを拝見している「
さんたろう」さんは、御年 94歳でした。

さんたろう日記(外部リンク)

この方のブログ記事を毎回読ませていただいているのですが、今回ご紹介した方の記事と通づるところがあり、しみじみと考えさせられました。

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、ナスとミョウガとピーマンのみそ炒め、キュウリとシーチキンのマヨネーズ和え、モロヘイヤ豆富、それに、デザートの黒豆の煮豆とコーヒー寒天ゼリーでした。

20210823お昼ご飯ナスとミョウガとピーマンのみそ炒め 20210823お昼ご飯モロヘイヤ豆富 20210823デザート煮豆と寒天ゼリー

下の写真も、今日のお昼ご飯です。

こちらがメインの豚肉のショウガ焼きでした。

20210823お昼ご飯

歩道のラベンダーは、元気に育っていますが、茎や花穂が短く、本来の姿形とはほど遠いものがありましたが、鉢植えラベンダーの方は、下の写真のように、順調に花芽を伸ばしていました(15:51頃)。

一部の新芽の先には、紫色の花穂が見られるようになってきました。

20210823お店横の鉢植えラベンダー 20210823お店前の鉢植えラベンダー

今日は、昼過ぎから、空を覆っていた雲が少なくなり、夕方になっても、きれいな青空が広がっていました。

そんな中、今日も夕方、山へ向かいました。下の写真、左は、山へ向かう途中の田んぼと空の様子です(16:08頃)。

そして、下の写真、中央と右は、今日収穫した野菜です(16:49頃、17:08頃)。

20210823山へ向かう途中の田んぼと空 20210823今日収穫した野菜1 20210823今日収穫した野菜2

写真が前後しましたが、下の写真は、山の入り口にある作業小屋前の様子です。

ハマナスの実が、きれいな色に染まってきました。

まるで宝石のようでした(16:17頃)。

20210823山の様子ハマナスの実

そして、下の写真のように、相変わらずスペアミントの花が咲き誇っていました(16:18頃)。

20210823山の様子スペアミントの花

下の写真は、作業小屋から望んだ向かい側の田んぼと空の様子ですが、田んぼと空が、とても調和した色に見えました(16:31頃)。

20210823山の作業小屋から望んだ田んぼと南東の空の様子

下の写真は、野菜畑の様子です(16:54頃)。

野菜畑には、キュウリやサヤインゲン、オクラにピーマン、そして、中央付近には、ネットを張ったトマトの列がありますが、そのさらに奥には、下のように、ゴーヤとバジルの苗木がありました。

そのゴーヤとバジル、植え込んだときとは見違えるような状態となっていました。

2021.06.15 ゴーヤの苗を野菜畑へ定植しネットを張る 2021

定植したときには、上のブログ記事のように、小さな小さな苗木でした。

20210823野菜畑ゴーヤとバジルの様子

今日も、ラベンダー畑の草取りと刈り込みを行いました。

下の写真は、その前の早咲きラベンダーこいむらさきの列の様子です(17:51頃)。

20210823草取りと刈り込み前の早咲きラベンダーこいむらさきの列1 20210823草取りと刈り込み前の早咲きラベンダーこいむらさきの列2 20210823草取りと刈り込み前の早咲きラベンダーこいむらさきの列3

草取りと草刈りを一緒にすると、かなりの時間を要してしまいます。

それでも、もう少しというところで、真っ暗になってしまいました。

下の写真は、途中でしたが、草取りと刈り込みを終えた頃の様子です(19:05頃)。

今日も真っ暗で、フラッシュをたいて撮ったのですが、なかなかうまくいきませんでした。

20210823草取りと刈り込み後の早咲きラベンダーこいむらさきの列1 20210823草取りと刈り込み後の早咲きラベンダーこいむらさきの列2 20210823草取りと刈り込み後の早咲きラベンダーこいむらさきの列3

下の写真、左は、山からの帰り道で望んだ田んぼと空の様子ですが、一部に白い雲がかかっていました(19:31頃)。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。

タマネギと油揚げとジャガイモのみそ汁、納豆ご飯、それに、キュウリがっこと、トマトのサラダでした。

20210823山からの帰り道田んぼと空 20210823晩ご飯納豆ご飯 20210823晩ご飯トマトサラダ

下の写真も、今日の晩ご飯です。

ナスとミョウガとピーマンのみそ炒め、砂肝、ツルナのおひたし、それに、おから、そして、ジャガイモとサヤインゲンの煮ものでした。

20210823晩ご飯

明日 2021.08.24(火)の秋田の最低気温は 20度、最高気温は 30度、そして、天気は「晴れのち雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2021.08.23 20:00 発表)。

用事と天気に振り回された一月最後の日 2020

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.01.31 立春間近雪解け進む秋田市 2009 1.7 / 3.2
○ 履歴 : 2010「2010.01.31 交感神経における伝達物質と受容体 2
- 0.4 / 5.4
○ 履歴 : 2011「2011.01.31 リナロールを含む精油と光学異性体
- 4.2/ - 0.2
○ 履歴 : 2012「2012.01.31 植物療法セミナー..初小テスト 2003.12.09
- 4.9 / - 1.8
○ 履歴 : 2013「2013.01.31 懐かしいアロマとフィトテラピー..のテキストと資料
- 0.3 / 6.0
○ 履歴 : 2014「2014.01.31 タイトル画を春の京に咲く梅へ 2014
- 2.6 / 7.0
○ 履歴 : 2015「2015.01.31 暴風雪の予想に反して昼過ぎには青空の..天気 2015
- 0.2 / 5.3
○ 履歴 : 2016「2016.01.31 タイトル画を春の京に咲く梅へ 2016
- 0.2 / 2.8 会津
○ 履歴 : 2017「2017.01.31 タイトル画を春の京に咲く梅へ 2017
- 2.5 / 2.7
○ 履歴 : 2018「2018.01.31 タイトル画を春の京に咲く梅へ 2018
- 2.9 / 1.1
○ 履歴 : 2019「2019.01.31 セス..アルコール類とセス..炭化水素類を含むパチュリー
- 2.3 / 6.9
☆ 昨日 : 最低 3.6(09:22)最高 7.7(14:42)平均 5.4 最大瞬間風速 10.9m/s(22:06)
・ 昨日 : 降水 5.5mm 日照 0.7h 最深積雪 0cm 昼の天気 雨時々曇
→ 平年 : 最低 - 2.9 最高 2.4 平均 - 0.3 降水 3.4mm 日照 1.6h 最深積雪 19cm

★ 今日 : 最低 2.4(18:01)最高 5.5(00:05)平均 3.8 最大瞬間風速 17.9m/s(14:00)
・ 今日 : 降水 2.0mm 日照 0.7h 最深積雪 0cm 昼の天気 みぞれ時々雨、あられを伴う
→ 平年 : 最低
- 2.9 最高 2.4 平均 - 0.3 降水 3.4mm 日照 1.6h 最深積雪 19cm

202001312400Temperature

上の画像は、2020.01.31(金)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃には、雨は降っていませんでしたが、気温の方は 6度台と高く、夕方から同じ気温で推移していました。

そして、夜遅くには、再び小雨が降り始め、22時まで 6度台を示していた気温は、その後 5度台となっていました。

今日未明の 01時には 4度台まで下がっていましたが、02時には 5度台へ戻り、その後 03時には 3度台まで下がったまま、明け方まで同じ気温が続いていました。

そんな気温の推移の中、日付が変わってすぐの 00:05 には、今日の最高気温となる 5.5度を記録していました。

それでも、弱い雨が断続的に降っていたようで、歩道や道路は濡れていましたが、朝早くには、その雨もあがっていました。

3度台の気温は 朝まで続いていましたが、雨雲の雲の切れ間からは、所々に青空が見え隠れし、そこからお日さまの光が、ほんのわずかでしたが差し込む事もありました。

雨はあがていましたが、時々、小雨がパラパラ舞ったり、お日さまの光が雲の切れ間から漏れる事もある変化の激しい空模様となっていました。

下の写真、左は、雨雲が空を覆う中、雲の切れ間から水色の空ものぞいていた 06:33 頃の様子です。

昼前には、さらに不安定な空模様で、雲の切れ間から青空が広く広がり、時々お日さまの光が差し込む傍交じりの雨が降ったりと、コロコロ天気が変わっていました。

それでも、気温の方は 10時には 4度台を示し、同じ 4度台の気温が 12時まで続いていました。下の写真、中央の左は、雪雲が空を覆い、雪交じりの雨が降っていた昼前 10:51 頃の様子です。

昼過ぎになると、それまで 4度台だった気温は 3度台を示し、その後も 3度台の気温が続いていました。相変わらず雪雲が空を覆う事が多く、時々その雲から、雪交じりの小雨がパラパラ舞うこともありました。

下の写真、中央の右は、そんな空模様の中、雪や雨がやみ薄雲を透してお日さまがボンヤリと輝き、道路が少し乾燥していた昼過ぎ 13:01 頃の様子です。

夕方になっても相変わらずの空模様で、弱い雨が断続的に降り続いていました。

気温の方も 17時の 3.0度を除き、2度台の気温が続いていました。下の写真、右は、それまで降っていた弱い雨がやんでいた夕方 16:17 頃の様子です。

夜のはじめ頃の 19時には 3度台まで上がり、20時には 4.0度まで気温が上昇していました。その間、まとまった雨が降っていましたが、その雨が落ち着き始めた頃の 21時には 3度台に下がっていました。

そして、その後、雨はそれほど降った様子もなく、降水量のデータは 0.0mm を示し、気温の方も、22時に 4度台まで上がってからは、その後同じ気温が続いていました(24時 4.7度、湿度 75%、積雪深 0cm、風速 4.5m/s)。

20200131外の様子朝 20200131外の様子昼前 20200131外の様子過ぎ 20200131外の様子夕方

昨日も、雨の降っていない時間帯を見計らい、インターバル速歩を楽しみましたが、今日は、何とか朝から雨がやんでくれていたので、近くの公園へ向かいました(580)。

下の写真、左は、真っ黒な雨雲が空を覆っていましたが、地平線近くに明るい場所があり、何とか雨がやんでいた東の空と広い歩道の様子です(06:42頃)。

中央は、速歩へ向かった公園内と公園高台、そして、南西の空の様子です(06:45頃)。辺りを見回すと、特に、高台前の広場が雨に濡れたままでした。

右は、速歩途中の公園内から望んだ北の空です(06:49頃)。

北の空には、黒い雲が浮かんでいるものの、水色の空も広がっていました。また、公園内の通路には、それほど雨水は溜まっていませんでした。

20200131速歩へ向かう途中の西の空 20200131速歩へ向かった公園内と南西の空 20200131速歩途中の公園内と北の空

下の写真は、速歩途中の公園高台から東西南北を望んだときの様子です(07:08頃)。

わずか 20分ほどで、上空の空の状態が変化してきました。真っ黒な雲が浮かんでいた西の空(下の写真、左)には、水色の空が広がって来ました。

20200131速歩途中の公園高台から望んだ西の空 20200131速歩途中の公園高台から望んだ南の空 20200131速歩途中の公園高台から望んだ東の空 20200131速歩途中の公園高台から望んだ北の空

写真が前後しますが、下の写真、右は、速歩途中の公園内から望んだ東の空の様子です(06:49頃)。

まだ雲がかかり、薄暗かったのか、公園内の街灯が灯ったままでした。

実は、今日は、速歩前に多少小雨が降っていましたが、速歩へ向かった頃には、その雨もやんでいました。それでも、次の雨雲が接近する様子だったので、下の写真、中央のように、傘を片手に速歩を楽しんでいました(07:12頃)。

結局は取り越し苦労で、雨もあまり降る事なく、傘をさしての速歩とはなりませんでした。

下の写真、右は、速歩からの帰り道で望んだ東の空です(07:14頃)。

帰る頃には、ご覧のように雲はあるものの、その雲の切れ間から青空ものぞいていました。

20200131速歩途中の公園内と東の空 20200131速歩からの帰り道右手に傘 20200131速歩からの帰り道で望んだ東の空

下の写真は、買い物で御所野地区へ行ったときに望んだ北西の空の様子です(10:21頃)。

雪交じりの雨が、時々降っていましたが、その天気が落ち着いた頃には、下の写真のように青空も広がりを見せていました。

ところが、その後 30分ぐらい経ってからの天気は、再び雨交じりの雪が降り出し、途中から、雪だけ降りだすような天気となっていました。

20200131外の様子昼前雲の切れ間から青空が

写真が前後しましたが、下の写真、左は、今日の定番の朝ご飯です。

そして、中央と右は、今日のお昼ご飯です。

こちらの方は、ダイコンのがっこ、青豆、そして、インスタントカップラーメンとクリームスープでした。

20200131朝ご飯 20200131お昼ご飯青豆 202001316お昼ご飯カップラーメンとスープ

今日は、午前中は買い物で外へ出たのですが、午後からも、近くへ用事で出かけてきました。

下の写真、左は、用事で出かけた所から望んだ外の様子です。曇り空の天気でしたが、時々、冷たい雨も降っていました。みぞれも降っていたかもしれません。

20200131外の様子昼過ぎ建物からの眺め 20200131外の様子夕方東大通り1 202001316外の様子夕方東大通り2

用事を済ませ、ようやく戻って来たときの、お店から望んだ東大通りや空の様子が、上の写真、中央と右、そして、下の写真です(16:18頃)。

この頃には、雨は降っておらず、道路が少しずつ乾き始めていました。

20200131外の様子夕方東大通り3

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、カボチャに青豆、お刺身、そして、コロッケ、それに、キンシンサイと油揚げの煮つけでした。

20200131晩ご飯

下の写真、左も、今日の晩ご飯です。

こちらは、寒ダラのざっぱ汁でした。そして、デザートは、大きなシュークリームでした。

下の写真、左は、夕方の後半にかけて降っていた雨があがり、道路や歩道が濡れていた夜のはじめ頃 19:04 頃の様子です。

20200131晩ご飯たらのざっぱ汁 20200131デザートシュークリーム 20200131外の様子夜のはじめ頃

明日 2020.02.01(土)の秋田の最低気温は 2度、最高気温は 6度、そして、天気は「曇り一時雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2020.01.31 20:00 発表)。

七十二候が大寒の初候(ふきのはなさく)に変わる頃 2020

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.01.23 記録的な暖かさと横手のかまくら作り 5.5 / 10.7
○ 履歴 : 2010「2010.01.23 フランスの写真と懐かしいピノキオの歌声
- 1.3 / 1.5
○ 履歴 : 2011「2011.01.23 今季二度目の雪下ろし
- 2.8 / 1.0
○ 履歴 : 2012「2012.01.23 グジャ..ぬかるみが..カチンのコンクリートへ
- 3.5 / 2.6
○ 履歴 : 2013「2013.01.23 快晴の中リフォームした建物の雪下ろし 2
- 6.5 / 4.2
○ 履歴 : 2014「2014.01.23 新しく発売..精油を取り寄せ..ブレンドを..楽しみ
- 3.6 / 0.2
○ 履歴 : 2015「2015.01.23 最低気温がプラスの中鱈ちり鍋 2015
1.5 / 6.2
○ 履歴 : 2016「2016.01.23 大寒の頃今冬一番の寒気団を前に静かな秋田市 2016
- 2.8 / 1.4
○ 履歴 : 2017「2017.01.23 恐ろしい..雪が降り積もり50cmを記録した秋田市 2017
- 2.8 / 2.2
○ 履歴 : 2018「2018.01.23 ラベンダー畑と雪原を照らす夕日がきれいでした 2018
- 3.0 / 5.2
○ 履歴 : 2019「2019.01.23 大寒の頃湿った雪が降り積もり一日二回の雪寄せ作業
- 2.1 / 3.2
☆ 昨日 : 最低 - 0.8(06:27)最高 4.8(15:16)平均 1.6 最大瞬間風速 6.4m/s(15:50)
・ 昨日 : 降水 0.0mm 日照 2.2h 最深積雪 4cm 昼の天気 曇
→ 平年 : 最低 - 2.7 最高 2.5 平均 - 0.2 降水 3.6mm 日照 1.4h 最深積雪 16cm

★ 今日 : 最低
- 0.6(23:58)最高 7.3(14:22)平均 3.3 最大瞬間風速 7.0m/s(00:30)
・ 今日 : 降水 2.0mm 日照 1.1h 最深積雪 0cm 昼の天気 曇
→ 平年 : 最低
- 2.8 最高 2.5 平均 - 0.2 降水 3.6mm 日照 1.4h 最深積雪 16cm

202001232400Temperature

上の画像は、2020.01.23(木)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時には 2度台となり、その後も同じ気温が続いていましたが、夜遅くには 1度台まで下がっていました。

今日未明の 01時になっても 1度台を示し、その後も、明け方にかけて同じ 1度台の気温が続く中、未明には、小雨が降っていたようで、03時には 2.0mm の降水量を記録していました。

朝の 07時まで 1度台の気温が続いていましたが、降っていた雨もあがり、その後、気温の方は 2度台を示していました。下の写真、左は、雨はやんでいたものの道路や歩道はまだ濡れていた 06:21 頃の様子です。

昼前になると、それまで厚く垂れ込めていた雲が薄くなり、その雲の切れ間から青空がのぞき、お日さまも時々姿を現すようになっていました。

その事で、10時には 3度台だった気温も、その後は 5度台まで上がっていました。下の写真、中央の左は、まだ雲が多かった昼前 10:30 頃の様子です。

昼過ぎになっても同じような空模様が続き、お日さまも時々姿を見せていましたが、しだいに薄雲に覆われる天気となっていました。

それでも、毎正時の気温は 6度台と高めで推移し、14:22 には、今日の最高気温となる 7.3度を記録していました。

下の写真、中央の右は、そんな空模様だった昼過ぎ 15:07 頃の様子です。

夕方には、薄雲が少しずつ取れ始め、夕日の沈んだ後には、多少雲はかかっていたもののきれいな夕焼け空を望む事ができました。

気温の方も 6度台から 5度台を示し、夕日が沈んだ後でも 5度台の気温が続いていました。下の写真、右は、暗くなり始めていた 17:37 頃の様子です。

それまで、意外に暖かな気温でしたが、夜のはじめ頃になると、4度台から 3度台、3度台から 2度台と下がり始め、夜遅くには 1度台から 0度台、0度台から
氷点下 となる - 0度台 となり、23:58 には、今日の最低気温となる - 0.6度 を記録していました(24時 - 0.5度 、湿度 99%、積雪深 0cm、風速 1.4m/s)。

20200123外の様子朝 20200123外の様子昼前 20200123外の様子過ぎ1 20200123外の様子夕方

今朝は
氷点下 まで冷え込みませんでしたが、未明に雨が降ったようで、道路や公園内は濡れていました。

それでも雲が厚く垂れ込める中、今日もインターバル速歩を楽しみに、近くの公園へ向かいました(573)。

下の写真、左は、速歩へ向かう途中の西の空と歩道の様子(06:45頃)、そして、下の写真、中央は、速歩へ向かった公園内の高台と南西の空の様子です(06:48 )。

雨で、公園内の雪がとけかけていました。下の写真、右は、速歩途中の公園内から望んだ北の空です(06:52頃)。

雪雲というより雨雲が低く垂れ込めていましたが、速歩途中には、パラパラ小雨が舞うこともありました。

20200123速歩へ向かう途中の西の空 20200123速歩へ向かった公園内と南西の空 20200123速歩途中の公園内と北の空

そんな天気の中、下の写真のような樹木の実を見つけました(06:53頃)。雨の滴が水滴となり、その実の先端に膨らんでいました。雨水から水滴へと変わり、キラキラ輝く姿は、命の輝きに見えました。

今日は、ご覧のような空模様でしたが、秋田市の今日 2020.01.23 の日の出時刻は 06:55 と、日の出時刻二分ほど前の風景でした。

背景に映り込んでいる光は、車のヘッドライトでした。

20200123速歩途中の公園内の樹木の実に水滴が

下の写真は、速歩途中の公園高台から東西南北を望んだときの様子です(07:11頃)。

公園内の雪は消えかけていましたが、空は、雨雲が垂れ込める空模様でした。

20200123速歩途中の公園高台から望んだ西の空 20200123速歩途中の公園高台から望んだ南の空 20200123速歩途中の公園高台から望んだ東の空 20200123速歩途中の公園高台から望んだ北の空

下の写真は、速歩からの帰り道で望んだ真っ赤な実の「
ナナカマド」でした。

この実にも、雨水の滴が育ち、輝いていました。それにしても、小鳥たちは、まだエサに不自由していないのでしょうか。真っ赤で美味しそうな実がまだこんなに残っていました。

美味しそうといったのは、間違いのようで、もう食べるものがなくなってから、残っているナナカマドの実を食べるそうです。

20200123速歩からの帰り道で望んだナナカマド

下の写真、左も、速歩からの帰り道で望んだ東の空の様子です(07:18頃)。厚く垂れ込めていた雲が、この頃には、少し薄くなってきたようです。

中央は、テレビの画像からですが、昨日は、山でばっけ(ふきのとう)を見つけてきました。

そして、昨日のブログ記事にも、そのばっけと「
七十二候」のお話しを載っけさせていただきました。

2020.01.22 大寒の頃雪の少ない山でばっけ見つける 2020

テレビでも、二十四節気の一つ「
大寒」とは別に、古くから用いられてきた季節を区分する「七十二候」の事が、ふきのとうと一緒に放送されていました。

その「
七十二候」の「第七十候」には「款冬華(ふきのはなさく)」という「」がありましたが、「七十二候が大寒の初候(款冬華(ふきのはなさく))に変わり、ふきのとうが出始める頃」をさしていました。

今年は雪が少なかったので、薄く積もった雪からばっけを見つける事ができましたが、平年であれば、雪の下にジッと身を潜め、暖かな春の日差しが降り注ぐ頃にその姿を見ることができました。

下の写真、右は、定番の朝ご飯です。

20200123速歩からの帰り道で望んだ東の空 2020011テレビ(ばっけ款冬華(ふきのはなさく)) 20200123朝ご飯

今朝は、雲がありましたが、昼前には、その雲も少しずつ薄くなり、その雲の切れ間から、時々お日さまが暖かな光を届けていました。

そんな中、昼前に、用事で南通りまで向かいました。

下の写真は、軽トラを置き、南通りの小路から望んだ昼前の様子です(10:37頃)。雪が全くない状態で、大寒とは思えない天気でした。

20200123外の様子昼前薄曇りの中木漏れ日漏れる1 2020011外の様子昼前薄曇りの中木漏れ日漏れる2 20200123外の様子昼前薄曇りの中木漏れ日漏れる3

下の写真、左は、高い建物から東の空を望んだ風景です(11:11頃)。薄雲の切れ間から青空も広がっていました。

下の写真、中央と右は、用事を済ませてお店へ戻るときに望んだ南の空と東の空の様子です(12:26頃)。お日さまは、薄い雲のフィルターを透して、しっかりと輝いていました。

20200123外の様子昼前病院の窓から眺めた東の空 2020011外の様子昼過ぎ薄曇りの中木漏れ日漏れる1 20200123外の様子昼過ぎ薄曇りの中木漏れ日漏れる2

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、三色ご飯でした。大豆モヤシと青菜の和えもの、ひき肉にニンジンのシリシリ、そして、鮭の焼き魚、それに、半熟玉子でした。

20200123お昼ご飯

下の写真、左と中央も、今日のお昼ご飯です。

ダイコンと身不知柿の酢のもの、そして、ホタテのみそ汁でした。デザートは、今日は、皮付きでなく、きれいに皮をむいたリンゴでした。

20200123お昼ご飯ダイコンと身不知柿の酢のもの 20200123デザートリンゴ 20200123外の様子昼過ぎ東通り1

今日は、朝から雲の多い空模様でしたが、昼前の後半と、昼過ぎには、その雲の切れ間からお日さまも時々姿を現していました。

ただ、その天気も、少しずつ薄雲が広がり始め、空全体がボンヤリとした曇り空となってきました。

上の写真、右と、下の写真が、昼過ぎ 15:07 頃の東西南北の様子です。

20200123外の様子昼過ぎ東通り2 20200123外の様子昼過ぎ東の空 20200123外の様子昼過ぎ東通り3

それでも、夕方になると青空が広がり、下の写真のように、雲はかかっていましたがきれいな夕焼け空を望む事ができました(17:11頃)。

秋田市の今日 2020.01.23 の日没時刻は 16:47 でしたが、すでに夕日が沈み、辺りは薄暗くなっていました。ただ、朝よりも、夕方の時間が長くなっている事を実感しています。

以前であれば、16:30 には、真っ暗になっていましたが、30分ほど日がのびている感じがします。

20200123外の様子病院駐車場から眺めた西の空

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、納豆と青菜の和えもの、ダイコンやひき肉・カンピョウなどの油揚げ包み、そして、ジンギスカンでした。

20200123晩ご飯

下の写真、左も、今日の晩ご飯で、インスタントのワカメのみそ汁でした。

デザートは、お祝いにいただいたケーキでした。

下の写真、右は、少しずつ気温が下がり始め、冷え込みが始まっていた夜のはじめ頃 19:37 頃です。

20200123晩ご飯インスタントワカメのみそ汁 20200123デザートケーキ 20200123外の様子夜のはじめ頃

明日 2020.01.24(金)の秋田の最低気温は
- 1度、最高気温は 6度、そして、天気は「曇り一時雪」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2020.01.23 20:00 発表)。

令和二年新春 玲瓏(れいろう)

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.01.05 新春の会津の風景 2009 - 0.8 / 5.4 会津
○ 履歴 : 2010「2010.01.05 久しぶりに雪の下から
- 4.0 / 2.9 会津
○ 履歴 : 2011「2011.01.05 会津美里町除雪大作戦
- 1.8 / 1.1 会津 - 2.0 / 1.5 秋田
○ 履歴 : 2012「2012.01.05 大雪の会津地方 2012
- 3.3 / 0.3 会津
○ 履歴 : 2013「2013.01.05 キャラクターグッズ収集癖
- 8.4 / 0.8 会津
○ 履歴 : 2014「2014.01.05 正月..ミニ加湿器..会津から秋田へ
- 2.6 / 2.6 会津 - 2.4 / 0.9 秋田
○ 履歴 : 2015「2015.01.05 今年に入り初めてのラベンダー畑 2015
- 0.1 / 6.3
○ 履歴 : 2016「2016.01.05 電子ミラーと植物療法
0.4 / 3.9
○ 履歴 : 2017「2017.01.05 寒の入りの会津 2017
- 1.9 / 3.0 会津
○ 履歴 : 2018「2018.01.05 小寒の日初詣 2018
- 4.6 / 2.3 会津
○ 履歴 : 2019「2019.01.05 ETC..切れ..猛吹雪..国道を会津から秋田へ
- 3.3/4.9 会 - 1.9/5.4 秋
☆ 昨日会津 : 最低 - 0.8(07:23)最高 5.8(14:07)平均 2.0 最大瞬間風速 12.4m/s(13:17)
・ 昨日会津 : 降水 0.5mm 日照 3.8h 最深積雪 1cm
→ 平年会津 : 最低 - 3.0 最高 3.2 平均 0.0 降水 3.6mm 日照 2.2h 最深積雪 18cm
☆ 昨日秋田 : 最低 - 1.8(23:19)最高 3.1(15:00)平均 1.0 最大瞬間風速 13.8m/s(08:12)
・ 昨日秋田 : 降水 0.5mm 日照 1.0h 最深積雪 1cm 昼の天気 曇一時雪
→ 平年秋田 : 最低 - 1.7 最高 3.6 平均 0.9 降水 4.4mm 日照 1.2h 最深積雪 10cm

★ 今日秋田 : 最低
- 2.2(00:55)最高 3.8(12:54)平均 1.2 最大瞬間風速 17.3m/s(16:15)
・ 今日秋田 : 降水 0.0mm 日照 4.7h 最深積雪 0cm 昼の天気 曇時々晴一時雪
→ 平年秋田 : 最低
- 1.8 最高 3.5 平均 0.8 降水 4.3mm 日照 1.2h 最深積雪 10cm

202001052400Temperature

上の画像は、2020.01.05(日)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

今日未明には、- 2度台 から - 0度台- 0度台 からプラスの 1度台と、不安定な気温が続いていましたが、明け方には 氷点下 - 0度台 が続く中、未明の 00:55 には、今日の最低気温となる - 2.2度 を記録していました。

その間、雪が舞ったのか、朝には、辺りがうっすらと白くなっていました。下の写真、左は、融雪剤が散布され、その雪がとけていた交差点以外は、うっすらと白く染まっていた 06:19 頃の様子です。

朝の 07時まで
- 0度台 が続いていましたが、その後は 1度台の気温となっていました。

朝には、方角によっては、雪雲が空を覆っていましたが、時間の経過とともに、雲の切れ間から広がった青空の中、お日さまが姿を現す事が多くなってきました。

それでも、お日さまが雲に隠れたときには気温が低くなり、姿を現したときにはやや高くなるのか、あるいは、雪雲の移動にともなって激しく雪が降り出した事が影響してか、天候が目まぐるしく変化し、昼前になっても気温が低く、1度台から 2度台、2度台から 0度台と変動していました。

下の写真、中央と右は、雪雲が空を覆い、小雪が舞っていた昼前 10:15 頃の様子、そして、雲の切れ間から青空が広がり、お日さまが暖かな光を届けていたため、歩道に残っていた雪もとけ、道路が乾燥していた 11:46 頃の様子です。

20200105外の様子朝 20200105外の様子昼前1 20200105外の様子昼前2

昼過ぎになっても、目まぐるしく天候が変わる相変わらずの天気が続いていました。

それでも、昼前以上に、雲の切れ間から青空が広がり、お日さまも姿を現し 、気温の方も 3度台から 1度台と推移する中、12:54 には、今日の最高気温となる 3.8度を記録していました。

下の写真、左と中央は、雲の切れ間から青空が広がり、お日さまがちょうど姿を現しかけていた 13:36 頃、そして、雪雲に空が覆われ、大粒の雪が降っていた 15:05 頃の様子です。

夕方になると、雪雲が空を覆う様になり、時々雪が降る事もありましたが、やんでいるときの方が多かったようです。

そして、気温の方も 15時に 1度台となってからは、同じ 1度台という寒さが続いていました。下の写真、右は、夕方 17:01 頃の様子です。

夜のはじめ頃になっても 1度台の気温が続いていましたが、21時には 2度台を示し、その後、夜遅くまで 2度台の気温が続き、その間、それほど雪が降ることはなかったようです(24時 2.3度、湿度 54%、積雪深 0cm、風速 6.7m/s)

20200105外の様子昼過ぎ1 20200105外の様子昼過ぎ2 20200105外の様子夕方

今日は
氷点下 の中、うっすらと降り積もった雪を踏みしめながら、インターバル速歩を楽しみに、近くの公園へ向かいました(555)。

下の写真、左は、薄暗い中、雲はあるものの青空が広がり、少しずつ明るくなっていた西の空(06:40頃)、そして、中央と右は、速歩途中の公園内と北の空(06:53頃)と、南の空(07:01頃)の様子です。

白く雪が積もっていますが、フンワリとした薄い雪で、気温も低かったため、滑る事はありませんでした。

20200105速歩へ向かう途中の西の空 20200105速歩途中の公園内と北の空 20200105速歩途中の公園内と南の空

下の写真は、速歩途中の公園高台から東西南北を望んだときの様子です(07:06頃)。

この頃には、東の空や南の空に厚くて黒い雲が多く、また、北の空には雪雲が浮かんでいましたが、比較的青空が広がっていました。

20200105速歩途中の公園高台から望んだ西の空 20200105速歩途中の公園高台から望んだ南の空 20200105速歩途中の公園高台から望んだ東の空 20200105速歩途中の公園高台から望んだ北の空

下の写真、左は、速歩からの帰り道で望んだ東の空の様子です(07:13頃)。

雪雲が厚く垂れ込めていましたが、その雲の切れ間には青空も広がっていました。

中央は、定番の朝ご飯です。

昼前に、用事で外出しましたが、ちょうどその頃には、風も強く、大粒の雪が横なぐりに吹きつけていました。

下の写真、右が、その時の様子です(11:51頃)が、その後すぐ、その雪もやみ、雲の切れ間からお日さまが姿を現していました。

雲の切れ間から青空がのぞき、お日さまの姿が見えたかと思えば、吹雪模様となる、そんな目まぐるしい天気が続いていました。

20200105速歩からの帰り道で望んだ東の空 20200105朝ご飯 20200105外の様子昼前大粒の雪が

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

今日は、つゆもちでした。具には、ホウレン草がのっかり、カツオ節が振りかけられているつゆもちでした。

20200105お昼ご飯

下の写真、左と中央も、今日のお昼ご飯です。

こちらは、ゴボウとニンジンの煮つけ、そして、デザートの「
会津の天神さま」チョコ味でした。

20200105お昼ご飯ゴボウとニンジンの煮つけ 20200105デザート会津の天神さまチョコ 20200105外の様子夕方小雪

上の写真、右は、夕方 18:46 頃の様子ですが、相変わらずの空模様で、この頃にも雪の降る時間が巡って来ていました。

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、酒盗添えご飯、油揚げと大根の葉っぱのみそ汁でした。そして、玉子酒、それに、デザートは、皮付きリンゴでした。

20200105晩ご飯油揚げと大根の葉っぱのみそ汁 20200105玉子酒 20200105デザート皮付きリンゴ

下の写真も、今日の晩ご飯です。

野菜のスープ、カボチャサラダ、ブロッコリー、そして、長芋納豆でした。

20200105晩ご飯

今日昼過ぎ、近くの町内の方が、ショッピングバッグを片手に、お店へ来られました。

そして、下の写真のようなメッセージカードを添えて、立派な色紙もいただきました。

下の写真にもあるように、今年、90歳を迎えられる方が書かれた色紙でした。

20200105令和二年新春玲瓏1

最愛の奥様を亡くされ、お一人で暮らしておられますが、とてもお元気で過ごされていました。

その色紙にも、メッセージが書かれていましたが、色紙には、

玲瓏(れいろう)

令和二年

新春

池田(印)

という文字が書かれてありました。

下の写真には、そのメッセージにもある通り、

玲瓏(れいろう)とは

○ 玉のように透き通っているさま
○ 心が澄み切っていること
○ 心が清らかに澄み切っていること
・このことから、
どんな状況にも対応できることを意味する言葉と、とらえることができる

とのことで、新年早々、とてもよいメッセージと色紙をいただきました。どうもありがとうございます。

池田さんには、いつも力をいただいております。

20200105令和二年新春玲瓏2

明日 2020.01.06(月)の秋田の最低気温は
- 1度、最高気温は 5度、そして、天気は「曇り」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2020.01.05 20:00 発表)。

今季最低の6.2度を記録した日月と火星の大接近と夏の大三角 2018

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2009「2009.10.18 無心のバランスと好奇心13.5 / 19.3
○ 履歴 : 2010「2010.10.18 穏やかに深まる秋 2010
8.2 / 16.9
○ 履歴 : 2011「2011.10.18 今シーズン最後と思われる稲刈り 2011
11.3 / 15.0
○ 履歴 : 2012「2012.10.18 国際交流のきっかけとなった台湾からのお客様
10.6 / 17.2
○ 履歴 : 2013「2013.10.18 初冬並の寒さ到来で紅葉始まる 2013
5.4 / 16.7
○ 履歴 : 2014「2014.10.18 栗収穫が終盤を迎える頃 OS X Yosemite インストール
9.8 / 15.5
○ 履歴 : 2015「2015.10.18 久しぶりに三日間続いた秋晴れのもと 2015
8.4 / 20.8
○ 履歴 : 2016「2016.10.18 秋晴れに恵まれ中生と晩生の栗拾い 2016
11.9 / 21.4
○ 履歴 : 2017「2017.10.18 手がかじかむ中ラベンダー畑の下草刈り開始 2017
6.5 / 13.2
○ 気温 : 昨日の最低 7.7(24:00)最高 17.4(12:46)24時
○ 気温 : 平年の最低 9.5 最高 18.5 平均気温 13.8 降水量 5.1mm 日照時間 4.9h
○ 気温 : 今日の最低 6.2(05:07)最高 17.3(12:53)24時
○ 気温 : 平年の最低 9.2 最高 18.2 平均気温 13.5 降水量 5.0mm 日照時間 4.8h

201810182400Temperature

上の画像は、2018.10.18(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃になっても、11度台から 10度台、そして、21時には 10度を下まわる 9度台まで下がり、夜遅くには、9度台から 8度台、8度台から 7度台と、どんどん気温が下がり、24:00 には、昨日の最低気温 7.7度を記録していました。

今日未明の 01時には 8度台へ上がっていましたが、その後は、7度台へ戻り、明け方には 6度台の気温が続く中、05:07 には、今日の最低気温 6.2度を記録していました。

今日は、朝から素晴らしい青空が広がり、07時には 7度台だった気温も、09時には 12度台まで上がっていました。下の写真、左、そして、中央の左は、素晴らしい青空の広がっていた朝 08:18 頃と、08:25 頃の様子です。

昼前になっても、同じような空模様が続いていました。10時には 14度台まで上がっていた気温は、11時には 16度台まで上がり、その後は、同じ 16度台が続いていました。

お昼に近くなってから、ほんの少し空に雲がかかり、お日さまが、その雲にかかっている間とも重なったのか、16度台止まりでした(毎正時)。

昼過ぎになると、白い雲が残ってはいましたが、お日さまが、その雲に隠れる事はほとんどなく、16度台の気温が続く中、12:53 には、今日の最高気温となる 17.3度を記録していました。

下の写真、中央の右は、山へ向かう途中で望んだ南の空の様子です(15:24頃)。白い雲が浮かんでいましたが、青空が広がっていました。

夕方には、空全体が、薄く白い雲がハケで塗ったような水色の空になってはいましたが、後半には、その雲も晴れわたり、きれいな夕焼け空を望む事ができました。

16度台の続いていた気温でしたが、夕方からは 15度台から 14度台、そして、13度台と冷え込んで来ました。

下の写真、右は、素晴らしい空の広がっていた夕方 17:49 頃の様子です。そして、何より、お月さまと赤い色の火星の大接近や、夏に見られる大三角形の星座を望む事ができました。

13度台まで下がっていた気温でしたが、夜のはじめ頃の 19時には 11度台となり、21時には 10度台を示していました。そして、夜遅くには、10度を下まわる 9度台から 8度台と推移していました(24時 8.9度 86%)。

20181018外の様子朝 20181018外の様子朝東大通り 20181018外の様子昼過ぎ山へ向かう途中 20181018外の様子夕方速歩へ向かう途中の西の空

下の写真、左と中央は、お隣さんの早咲きラベンダーこいむらさきと、ローズマリーの様子です(11:07頃)。

ラベンダーには、結構花がついていました。一度、台風の影響を受け、潮焼けしていた花穂もありましたが、きれいに咲いてくれました。

そして、ローズマリーの枝が、もの凄い勢いで伸びていました。

20181018お隣さんの早咲きラベンダーこいむらさき 20181018お隣さんのローズマリー 20181018お昼ご飯漢方スープ

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、カツ丼と漢方スープでした。

20181018お昼ご飯

下の写真、左は、デザートのお菓子です。

今日は、遅くなりましたが、昼過ぎに山へ向かいました。下の写真、中央と右は、山へ向かう途中のドウダンツツジの紅葉と、田んぼの様子です(15:29頃)。

通常であれば、休耕田の田んぼに繁った雑草を刈り取り、ロール状にしているのですが、今日は、田んぼで稲を刈り取り、脱穀したときに出たワラを使ってロール状にしてありました。

稲刈り後の田んぼでの光景は初めてでした。

20181018デザートお菓子 20181018山へ向かう途中の様子ドウダンツツジ 20181018山へ向かう途中の様子田んぼと空

下の写真は、山での様子です。ラベンダーの畑へと向かう急な坂道の入り口に、葉っぱに隠れて、小さいながらも紫色に色づいたあけびを見つけました。

下の写真、左が、そのあけびです(15:49頃)。

栗の畑へと向かうやいなや、栗拾いを始めました。今日は、晩赤が結構落ちているのではと予想していたのですが、その予想通り、下の写真、中央や右のように、結構落ちていました(15:56頃、16:22頃)。

20181018山の様子あけび 20181018栗の収穫晩赤 20181018お収穫した晩赤

栗拾いは、前かがみになりながらの作業で、腰が痛くなるのですが、東の空を見上げると、夕日に照らされた樹木や、お月さまも望む事ができ、その疲れが癒されました。

20181018山の様子夕日が山に1

よく見ると、柿の実もほどよく色づいて来たようです。上の写真と、下の写真が、そのときの風景です(16:40頃)。スマホで大写しにして撮ったのですが、結構きれいに撮れていました。

20181018山の様子夕日が山に2

晩生の晩赤や岸根だけでなく、中生の農林四号や銀寄の栗も拾い集めたのですが、もう中生の栗は終わりとなったようです。

下の写真、左は、今日収穫した栗です(17:05頃)。

薄暗くなってきました。下の写真、中央は、山からの帰り道で望んだ西の空の様子です(17:18頃)。きれいな青空が広がっていましたが、地平線近くに、雲の帯が見えていました。

お店へ戻ってから、そのまま速歩を楽しみに、近くの公園へと向かいました。下の写真、右は、その時に望んだ北の空の様子です(17:51頃)。

20181018今日収穫した栗 20181018山からの帰り道の様子田んぼと空 20181018速歩へと向かう途中の様子北の空

公園近くまで向かい、空を見上げてみると、山で見ていたお月さまの左下方向に、赤く輝く星?惑星?を見つけました。

山で見たお月さまは、まだ青空の広がる明るい時分でしたが、今は、すっかり暗くなっていました。後で調べたら、この赤く輝くものは、火星である事がわかりました。

そして、調べたウェブページには、「
月と火星の大接近」の記事が載っていました。おそらく、こちらの方も、間違いないかと思います。

星を見る・宇宙を知る・天文を楽しむ AstroArts(外部リンク)

下の写真が、その時に望んだお月さまと火星の様子です(17:52頃)。実際のお月さまは、左の半分が、半月のお月さまを膨らませたような状態の姿(月齢 9だそうです)で、火星の方も、もっと赤く光輝いて見えました。

20181018お月さまと火星が大接近

下の写真は、速歩途中から望んだ東西南北の様子です(17:58頃)。真っ暗になっていたため、灯りのある建物やビルしか写っていませんが、空は、晴れわたっていました。

20181018速歩途中の公園から望んだ西の空 20181018速歩途中の公園から望んだ南の空 20181018速歩途中の公園から望んだ東の空 20181018速歩途中の公園から望んだ北の空

速歩を終え、公園から帰ってくる途中で、再び空を見上げてみると、えっ・・・・

何と、「
夏の大三角形」の有名なお星さまが見えるではありませんか。しかもきれいに見えていました。スマホで何とか撮れないものかと、格闘した末に撮したのが、下の写真です(18:27頃)。

実際には、南西の空を、ほとんど見上げるように望んでおり、そして、写真は、縦に配置していますが、左に 90度回し、横向きにしたときの配置が、写真で撮した実際の「
夏の大三角形」でした。

真上(実際には左横)にあるお星さまは、わし座のアルタイル、左下(実際には右下)のお星さまは、こと座のベガ、そして、右下(実際には右上)のお星さまは、はくちょう座のデネブでした。

肉眼では確認できませんでしたが、近くには天の川がありました。

今日は、朝から天気がよく、お月さまと火星の大接近、そして、秋なのに、夏の大三角形を望む事が出来て、ラッキーでした。

20181018速歩の帰りに望んだ夏の大三角形

下の写真、左は、暖房機です。朝夕は寒くて、暖房機の助けが必要なくらい寒くなってきました。

そういえば、これまで、一日、ほぼ 0.2度ずつ「
平年の最高・最低気温」が下がっていましたが、今日から、ほぼ 0.3度下がっていました。そして、これまで 4.9時間だった日照時間も、今日から 4.8時間となっていました。

一日 0.2度ずつ下がる」といえば、五日間で 1度下がる事になりますからね。

20181018暖房 20181018晩ご飯漢方スープ 20181018デザートリンゴとナシと桃

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。

漢方スープ、ダイコンとさつま揚げの煮もの、オクラ酢納豆、桃の生ハム巻き、そして、キャベツの蒸し煮とトマトのサラダ、それに、フライドチキンでした。

20181018晩ご飯

明日の最低気温は 8度、最高気温は 17度、そして、天気は「曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2018.10.18 17:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ