みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

体性感覚野

2018年02月13日  体性感覚野へと向かう主な上行路のイラストようやく完成
2018年02月11日  体性感覚野への伝導路イラスト作成に悪銭苦闘

体性感覚野へと向かう主な上行路のイラストようやく完成

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.02.13 ケモタイプ精油ブレンドの基本的な考え方 0.0 / 7.7
○ 履歴 : 2010「2010.02.13 秋田の小正月が目白押し
- 4.9 / - 1.3
○ 履歴 : 2011「2011.02.13 おばさんの七回忌法要
- 2.7 / 8.6 水戸
○ 履歴 : 2012「2012.02.13 極寒の世界からようやくゆるゆるの世界へ
- 2.4 / 3.0
○ 履歴 : 2013「2013.02.13 雪原と夕焼け空の織りなす景色
- 3.4 / 4.4
○ 履歴 : 2014「2014.02.13 糖尿病の発症とp53タンパク質
- 2.6 / 2.7
○ 履歴 : 2015「2015.02.13 低気圧の影響で31.2m/sの最大瞬間風速を.. 2015
- 0.5 / 4.9
○ 履歴 : 2016「2016.02.13 小正月行事..気温が緩み雨の降り続いた秋田市 2016
2.6 / 5.7
○ 履歴 : 2017「2017.02.13 東大通りに面した小路の除雪大作戦 2017
0.6 / 3.1
○ 気温 : 昨日の最低 - 5.5(19:14)最高 - 2.5(10:58)24cm 24時
○ 気温 : 今日の最低 - 5.3(08:58)最高 - 0.6(23:51)24cm 24時

201802132400Temperature

上の画像は、2018.02.13(火)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時には、一時 - 5度台 となり、その少し後の 19:14 には、昨日の最低気温 - 5.5度 を記録する厳しい冷え込みとなりました。

雪がやんでいた頃には
- 3度台 に戻るのですが、夜遅くになり、再び雪が降り出すと - 4度台 の気温が続いていました。

今日未明の 01時まで
- 4度台 が続いていましたが、その後は - 3度台 に上がるという不安定な天気で、その傾向は、明け方の 04時には - 4度台 を、そして、その後は - 3度台 と、全く同じでした。

おそらく、気温の下がった頃には雪が、上がったときにはその雪がやむというように、断続的に降り続いていたようです。

それでも、03時に 23cm へと減った後は、再び雪が降り出すまでは、同じ積雪深が続いていました。

06時には
- 3度台 だった気温は、朝になると - 4度台 、そして - 5度台 と、さらに冷え込んで来ました。

そして、
- 5度台 を記録する前から雪が断続的に降り続き、08:58 には、今日の最低気温 - 5.3度 を記録していました。

時々吹雪模様となり、視界不良となる事が何度かありました。下の写真、左は、まだそれほど荒れ模様ではなかった 06:28 頃の様子です。

昼前の 10時には、積雪深が 24cm に達していましたが、降っていた雪も一段落し、雪雲の切れ間から、時々お日さまが姿を現す事もあり、気温の方も、
- 4度台 から - 3度台 と、厳しい冷え込みから少しずつ開放されていました。

下の写真、中央の左は、雪雲が空を覆ってはいましたが、降っていた雪も一段落していた昼前 10:20 頃の様子です。

昼過ぎになると、昼前と同じように雲の切れ間からお日さまが姿を見せていましたが、それも、時々で、とても短い時間でした。

下の写真、中央の右は、雲の切れ間からお日さまがのぞき、暖かな光を届けていた昼過ぎ 14:55 頃の様子です。

それでも、気温の方は、
- 2度台 から - 1度台 の間で変動し、15時には 23cm の積雪深となっていました。

ただ、夕方になると、気温の方が
- 2度台 から - 3度台 の間で変動し、その間、雪が降ったりやんだりを繰り返し、積雪深は、再び 24 cm に戻っていました。

夜のはじめ頃になっても、弱い雪が断続的に降ってはいましたが、19時に
- 3.2度 を記録してからは、一気に気温が上昇し、20時以降は - 1度台 を示していました。

下の写真、右は、弱い雪が降っていた夜のはじめ頃 19:02 頃の様子です。

そして、夜遅くになっても
- 1度台 が続き、日付の変わる少し前の 23:51 には、今日の最高気温 - 0.6度 を記録し、二日連続の 真冬日 を記録していました (24時 - 1.2度 24cm 84%)

03.2. 2018.02.13(火)の最低 - 5.3(08:58)最高 - 0.6(23:51)24cm
02.1. 2018.02.12(月)の最低 - 5.5(19:14)最高 - 2.5(10:58)24cm
01.0. 2018.02.11(日)の最低
- 4.1(23:03)最高 2.1(09:57)19cm
00.0. 2018.02.10(土)の最低 0.7(01:01)最高 6.8(15:23)19cm
03.0. 2018.02.09(金)の最低
- 2.0(04:55)最高 2.6(15:55)26cm
02.0. 2018.02.08(木)の最低
- 4.1(04:20)最高 2.5(12:26)30cm
01.0. 2018.02.07(水)の最低
- 2.0(07:53)最高 0.8(20:35)23cm
00.0. 2018.02.06(火)の最低 0.0(24:00)最高 3.8(10:17)21cm
01.0. 2018.02.05(月)の最低
- 1.6(08:35)最高 1.8(14:12)20cm
00.0. 2018.02.04(日)の最低 0.0(18:23)最高 3.8(00:09)20cm
立春
16.0. 2018.02.03(土)の最低 - 5.6(06:26)最高 6.0(13:53)16cm 節分
15.0. 2018.02.02(金)の最低 - 9.7(07:15)最高 3.2(15:22)21cm
14.0. 2018.02.01(木)の最低
- 6.4(24:00)最高 1.2(14:50)22cm

13.0. 2018.01.31(水)の最低 - 2.9(05:55)最高 1.1(18:03)24cm
12.1. 2018.01.30(火)の最低 - 4.9(08:24)最高 - 0.8(24:00)25cm
11.0. 2018.01.29(月)の最低 - 4.5(23:34)最高 1.1(00:10)24cm
10.0. 2018.01.28(日)の最低
- 1.4(18:13)最高 2.3(23:22)24cm
09.0. 2018.01.27(土)の最低
- 4.3(06:32)最高 0.0(23:51)26cm
08.3. 2018.01.26(金)の最低 - 5.6(03:07)最高 - 3.3(22:42)25cm
07.2. 2018.01.25(木)の最低 - 7.9(00:57)最高 - 1.7(14:03)18cm
06.1. 2018.01.24(水)の最低 - 7.6(18:09)最高 - 1.8(00:02)12cm
05.0. 2018.01.23(火)の最低
- 3.0(21:23)最高 5.2(13:49)5cm
04.1. 2018.01.22(月)の最低 - 7.2(07:11)最高 - 0.1(23:37)1cm

00.1.
2017.12.27(水)の最低 - 4.4(06:30)最高 - 1.1(23:59)

20180213外の様子朝 20180213外の様子昼前 20180213外の様子昼過ぎ 20180213外の様子夕方

昨日から降っていた雪が結構積もり、今日未明から明け方にかけて断続的に降っていた弱い雪とも合わせ、駐車場や歩道には雪が降り積もっていました。

そのため、朝から雪寄せ作業を行いました。下の写真は、雪寄せ前の向かいの駐車場の様子です(06:28頃)。

この頃には、雪は降っていませんでしたが、雪寄せの最中には、吹雪模様となり、きれいにしても、後からまた雪が降り積もる、そんな状況でした。

20180213雪寄せ前の様子朝向かいの駐車場1 20180213雪寄せ前の様子朝向かいの駐車場2 20180213雪寄せ前の様子朝向かいの駐車場3

下の写真は、雪寄せの済んだ向かいの駐車場の様子ですが、雪が降り続いているのがわかります(07:22頃)。

20180213雪寄せ後の様子朝向かいの駐車場1 20180213雪寄せ後の様子朝向かいの駐車場2 20180213雪寄せ後の様子朝向かいの駐車場3

下の写真、左と中央は、雪寄せ途中で、歩道を雪ベラで道を付けていた頃の様子です。この歩道は、JR秋田駅東口方面へと向かう場所に面していましたが、写真のように、猛吹雪でした(07:19頃)。

下の写真、左に写っているのは、NHK秋田放送局です。アンテナ棟が猛吹雪でかすんでいました。

20180213雪寄せ途中の様子朝吹雪1 20180213雪寄せ途中の様子朝吹雪2 20180213雪寄せ前の様子朝お店横の駐車場

上の写真、右と、下の写真左は、お店横駐車場の雪寄せ前(07:31頃)と、雪寄せ後(07:51頃)の様子です。

中央と右は、歩道の様子とお店から望んだ向かいの駐車場の様子ですが、この頃には、雪は一段落していました(07:52頃)。

20180213雪寄せ後の様子朝お店横の駐車場 20180213雪寄せ後の様子朝歩道 20180213雪寄せ後の様子朝お店前

たまたま、テレビを見ていたら、先ほどの NHK秋田放送局のテレビカメラから、駅東から南側方面の様子が写し出されていました。

お店は、一番左下の隅から、さらに東側(左側)へ行った所にあるのですが、この頃には、秋田市街地が、結構見渡せていました(07:58頃)。

中央と右は、それまで、断続的に降っていた雪がやみ、雲の切れ間から青空も見えていた昼前 10:20 頃の様子です。きれいに雪寄せした歩道には、再び新雪が積もっていました。

20180213NHKテレビ秋田市内の様子 20180213外の様子昼前歩道1 20180213外の様子昼前歩道2

下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、温かなさぬきうどん油揚げと生玉子添えでした。

20180213お昼ご飯

下の写真、左は、デザートのイチゴババロアです。このイチゴは、会津から届いた会津産のイチゴを使ったババロアです。

下の写真、中央と右は、雲の切れ間から、一瞬でしたが、お日さまが姿を現していた昼過ぎ 14:55 頃の様子です。

それでも、この頃は風も強く、
- 2度台(15時 - 2.9度)と厳しい寒さでした。

20180213デザートイチゴのババロア 20180213外の様子昼過ぎ歩道1 20180213外の様子昼過ぎ歩道2

下の写真、左は、夕方 16:51 頃の様子ですが、雲の切れ間から夕日の光が何となく見えていました。この頃は、
- 3度台(17時 - 3.3度)と、厳しい寒さでしたが、とてもきれいでした。

20180213外の様子夕方歩道 20180213晩ご飯チャーハン 20180213玉子酒

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、ミニチャーハン、キャベツやはるさめの肉団子スープ、マグロのモロヘイヤ和え、そして、昨日に引き続き、麻婆豆腐でした。

それに、身体が温まる玉子酒でした。

20180213晩ご飯

ここ数日間、「
体性感覚野への伝導路」のイラスト作成に悪銭苦闘していましたが、「後索 - 内側毛帯路」と「脊髄視床路」のイラストを完成させる事ができました。

下の画像が、そのイラストです(作図には OmniGraffle を利用しました)。

参考にさせていただいたのは「
人体の正常構造と機能 全10巻縮刷版 日本医事新報社 p689(触圧覚と深部感覚の伝導路)」でした。

イラスト作成には苦労しましたが、その分、身体の仕組みをイメージし、理解するのに役立ちました。それにしても、人体の構造、まか不思議です。

感覚神経の体性感覚野へ向かう上行路であっても、延髄(脳幹部位)や脊髄(顔面・頭部からは橋(脳幹部位))にて「
交叉」しているんですね。それぞれの「交叉」は、すべて二次ニューロンの神経線維が対側に交叉していました。

20180213完成した体性感覚野と伝導路

明日の秋田の最低気温は
- 3度、最高気温は 4度、そして、天気は「雪」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2018.02.13 20:00発表)。

体性感覚野への伝導路イラスト作成に悪銭苦闘

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.02.11 認知症の方に接する心と町ぐるみの支援 - 1.9 / 7.0
○ 履歴 : 2010「2010.02.11 キラキラ輝く雪と横手のかまくら
- 1.6 / 1.3
○ 履歴 : 2011「2011.02.11 1,000円高速で秋田から会津へ
- 3.1 / - 0.3
○ 履歴 : 2012「2012.02.11 真冬日が続く中秋田の小正月行事と冬祭り 2012
- 5.7 / - 1.2
○ 履歴 : 2013「2013.02.11 結露防止用二重窓アクリル板取り付け作業
- 3.6 / - 0.5
○ 履歴 : 2014「2014.02.11 STAP細胞と千島学説と体質形態学
- 2.2 / 3.0
○ 履歴 : 2015「2015.02.11 会津からの便り 建国記念の日の今日は初午 2015
- 1.0 / 2.7
○ 履歴 : 2016「2016.02.11 暖かな日ざしの中今冬初めての雪下ろし 2016
- 2.1 / 4.3
○ 履歴 : 2017「2017.02.11 毎日雪の話しで恐縮ですが雪が降りっぱなしの一日でした 2017
- 1.7 / 1.1
○ 気温 : 昨日の最低 0.7(01:01)最高 6.8(15:23)19cm 24時
○ 気温 : 今日の最低 - 4.1(23:03)最高 2.1(09:57)19cm 24時

201802112400Temperature

上の画像は、2018.02.11(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃になると、2.5mm、3.0mm、1.5mm と雨が降り続き、気温の方も 4度台から 3度台を示していましたが、夜遅くには、2度台から 1度台、そして、0度台と推移していました。雨は、夜遅くになっても降り続き、積雪深は 20cm を下まわる 19cm となっていました。

今日未明になっても 0度台の気温が続き、雨が降り続いていました。明け方になると、0台だった気温は、06時には 1度台となっていましたが、相変わらず雨が降り続いていました。

ただ、雨とはいっても、雪混じりの雨だったようで、朝になると、道路には、ほんの少しシャーベット状の雪が残っていました。

そして、それまで降り続いていた雨は、やや勢いを弱め、細かい雨粒が断続的に舞う程度でした。下の写真、左は、シャーベット状の雪がほんの少し残っていた朝 07:41 頃の様子です。

昼前になると、それまで続いていた 1度台の気温は、10時には 2.0度となっていました。この頃は、雨もやんでいましたが、その後、11時から 12時にかけ、1度台から 0度台と気温が下がり始め、小雪が舞って来ました。

今日の最高気温は、09:57 に記録した 2.1度でした。下の写真、中央の左は、小雪が舞っていた昼前 11:15 頃の様子です。

昼過ぎになると、一時 1度台まで上がっていた気温でしたが、再び 0度台まで下がり、吹雪模様となり、11時には 18cm だった積雪深も、13時には 20cm となっていました。

それでも、その雪は長続きせず、15時前にはやんでいました。下の写真、中央の右は、降っていた雪がやんでいた 14:56 頃の様子です。

ただ、夕方になると、雪が降る事はなかったのですが、気温の方は
- 0度台 から - 1度台 と冷え込んで来ました。

下の写真、右は、
氷点下 まで冷え込んでいた夕方 17:31 頃の様子です。

そして、夜のはじめ頃には
- 2度台 から - 3度台 と急激に気温が下がり始め、夜遅くには - 3度台 から - 4度台 と推移していました。

そんな中、23:03 には、今日の最低気温となる
- 4.1度 を記録していました(24時 - 4.0度 19cm 72%)

01.0. 2018.02.11(日)の最低 - 4.1(23:03)最高 2.1(09:57)19cm
00.0. 2018.02.10(土)の最低 0.7(01:01)最高 6.8(15:23)19cm
03.0. 2018.02.09(金)の最低
- 2.0(04:55)最高 2.6(15:55)26cm
02.0. 2018.02.08(木)の最低
- 4.1(04:20)最高 2.5(12:26)30cm
01.0. 2018.02.07(水)の最低
- 2.0(07:53)最高 0.8(20:35)23cm
00.0. 2018.02.06(火)の最低 0.0(24:00)最高 3.8(10:17)21cm
01.0. 2018.02.05(月)の最低
- 1.6(08:35)最高 1.8(14:12)20cm
00.0. 2018.02.04(日)の最低 0.0(18:23)最高 3.8(00:09)20cm
立春
16.0. 2018.02.03(土)の最低 - 5.6(06:26)最高 6.0(13:53)16cm 節分
15.0. 2018.02.02(金)の最低 - 9.7(07:15)最高 3.2(15:22)21cm
14.0. 2018.02.01(木)の最低
- 6.4(24:00)最高 1.2(14:50)22cm

13.0. 2018.01.31(水)の最低 - 2.9(05:55)最高 1.1(18:03)24cm
12.1. 2018.01.30(火)の最低 - 4.9(08:24)最高 - 0.8(24:00)25cm
11.0. 2018.01.29(月)の最低 - 4.5(23:34)最高 1.1(00:10)24cm
10.0. 2018.01.28(日)の最低
- 1.4(18:13)最高 2.3(23:22)24cm
09.0. 2018.01.27(土)の最低
- 4.3(06:32)最高 0.0(23:51)26cm
08.3. 2018.01.26(金)の最低 - 5.6(03:07)最高 - 3.3(22:42)25cm
07.2. 2018.01.25(木)の最低 - 7.9(00:57)最高 - 1.7(14:03)18cm
06.1. 2018.01.24(水)の最低 - 7.6(18:09)最高 - 1.8(00:02)12cm
05.0. 2018.01.23(火)の最低
- 3.0(21:23)最高 5.2(13:49)5cm
04.1. 2018.01.22(月)の最低 - 7.2(07:11)最高 - 0.1(23:37)1cm

00.1.
2017.12.27(水)の最低 - 4.4(06:30)最高 - 1.1(23:59)

20180211外の様子朝 20180211外の様子昼前1 20180211外の様子昼過ぎ 20180211外の様子夕方

今日の新聞には、秋田県内で開催されている小正月行事を紹介した記事が載っていました(
2018.02.11 秋田魁新報)。

さほど、雨の影響を受ける事はなかったようですが、上桧木内の紙風船上げ(仙北市)では、湿った雪の影響で、19時過ぎの紙風船上げが中止されたそうです。

下の写真、中央は、上の写真、中央の左同様に、雪が降り始めてきた昼前 11:15 頃の歩道の様子です。この頃には、街路樹のイチョウの枝に、未明から明け方まで降り続いていた雨粒が水滴となってキラキラ輝いていました。

昨日から、セミナーの資料を作っていましたが、手こずってました。それは、資料に、画像を多用する必要があったからでした。

しかもその画像は、神経系の画像だったからたまりません。以前も、このブログでご紹介しましたが、素人がパソコンで詳細な絵を描くのは、なかなか出来る事ではありませんが、そのお絵かきに再挑戦してみました。

2010.02.27 半日かけて作った資料が一瞬で
2010.02.18 ここ二週間ほどアロマの資料作り

というのも、専門書を見ても、意味不明で、ましてや文章だけの説明文では、さらにその理解を深める事は大変でした。

それで、ひまわり自身も、パソコンではありますが、絵を描く事で、神経系の理解を深め、画像により意味不明なところをイメージによって補える事ができるのではと思い、再挑戦してみました。

今回挑戦したのは「
体性感覚野への伝導路」のうち「後索 - 内側毛帯路」でした。下の写真、右は、脳部位を描いているところの様子です。

20180211小正月の行事 20180211外の様子昼前2 20180211体性感覚伝導路イラスト1

下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、揚げもちを特製の汁と一緒に食べました。ワカメやキノコ、それにダイコンおろしもタップリ入ってました。

20180211お昼ご飯

下の写真、左は、その汁揚げもちです。実はこのもち、お正月用のおもちでした。中央は、ゴボウの炊き込みご飯、そして、ピーナツ味噌でした。

お昼ご飯を食べ終え、セミナー資料用のイラスト作成を再開させました。下の写真、右は、脊髄の頚髄と腰髄を描いたものですが、なかなかオリジナルの図のようにうまく描く事ができません。

参考にさせていただいたのは「
人体の正常構造と機能 全10巻縮刷版 日本医事新報社 p689(触圧覚と深部感覚の伝導路)」でした。

20180211お昼ご飯汁揚げもち 20180211お昼ご飯ゴボウの炊き込みご飯 20180211体性感覚伝導路イラスト2

下の写真は、昼過ぎに降っていた雪がやんだ頃の 14:57 頃の様子です。お隣さんのローズマリーは、今季の雪と寒さに耐えていました。

昨日まであった巨大なツララが、今日見るとなくなっていました。今日未明から明け方にかけて降り続いた雨で、自重に耐えきれず落下したようです。

落下したツララが、どうなったのかはわかりませんが、被害はなかったようですからよかったです。

右は、雨で溜まっていた雨水に、降り積もった雪が混じり合い、大変な状態となっていた小路の様子です。

20180211雪と寒さに耐えるローズマリー 20180211巨大なツララがついに 20180211外の様子昼過ぎ小路

下の写真、左も、同じ頃に撮った歩道の様子ですが、昼前とは違い、街路樹のイチョウの木の側面には、真っ白な雪が付着していました。

雪が降っていた頃には、風が強く、吹雪模様だったため、このような痕跡が残ったのでしょう。それでも、やんでくれてホットしています。

20180211外の様子昼過ぎ歩道 20180211体性感覚伝導路イラスト3 20180211体性感覚伝導路イラスト4

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、昼過ぎから夕方いかけて作っていた画像です。脳と脊髄の部品が完成し、そこに、上行性の神経伝導路を付け加えていきます。

かなり地道な作業ではありますが、苦にならずに、何とか出来上がりました。イラストの横には、理解しやすいよう、一次ニューロンから三次ニューロンへと伝導していく伝導路も追加していきました。

20180211体性感覚伝導路イラスト5 20180211体性感覚伝導路イラスト6 20180211体性感覚伝導路イラスト7

下の写真は、今日の晩ご飯です。ホウレン草の山芋和え、ポテトサラダ、そして、チーズ入りメンチカツコロッケと野菜のコロッケキャベツ添えでした。

20180211晩ご飯

下の写真、左と中央も、今日の晩ご飯です。豆苗と豆富のみそ汁、そして、酒盗ご飯でした。

夕方の NHKテレビでは、東北地方の模様を伝えていましたが、下の写真、右は、山形の米沢上杉雪灯籠まつりの様子です。

20180211晩ご飯豆苗と豆富のみそ汁 20180211晩ご飯酒盗ご飯 20180211NHKテレビ米沢上杉雪灯籠まつり

完全に完成したわけではないのですが、だいたい書き上げる事ができた「
体性感覚野への伝導路」のうち「後索 - 内側毛帯路」のイラストです。

資料のタイトル、伝導が伝道になってますね。字が間違っていました。

20180211体性感覚伝導路イラスト8

明日の秋田の最低気温は
- 4度、最高気温は - 1度、そして、天気は「暴風雪」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2018.02.11 20:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ