みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

秋田

2017年07月24日  秋田を襲った記録的な大雨と雄物川氾濫の影響 2017
2017年07月23日  大暑の日道路規制の中会津から秋田へ 2017
2017年07月15日  秋田の夏まつりと会津の高橋の思い出 2017
2016年08月05日  秋田竿燈まつり 2016
2015年11月30日  秋田の初雪は28日夜遅くに観測されたようです 2015

秋田を襲った記録的な大雨と雄物川氾濫の影響 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.24 こども科学電話相談面白いなぁ22.2 / 28.0
○ 履歴 : 2010「2010.07.24 PC-LL5504Dのキーボード
25.4 / 29.1
○ 履歴 : 2011「2011.07.24 もうコスモスの花が 2011
21.6 / 28.2 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.24 抗炎症作用と電子座標系グラフ上の芳香成分類との関係
20.4 / 26.7
○ 履歴 : 2013「2013.07.24 鉢植えラベンダーの置き場所整理
21.7 / 26.2
○ 履歴 : 2014「2014.07.24 大暑の頃暑中お見舞い申し上げます 2014
21.2 / 28.4
○ 履歴 : 2015「2015.07.24 二日続けて梅雨空のうっとうしい天気 2015
23.3 / 25.0
○ 履歴 : 2016「2016.07.24 快晴の中草刈り途中蜂に刺される 2016
19.7 / 30.7
○ 気温 : 昨日の最低 23.0(06:17)最高 27.5(09:15)24時 会津
○ 気温 : 昨日の最低 20.3(06:16)最高 25.9(16:04)24時 秋田
○ 気温 : 今日の最低 22.3(05:02)最高 27.2(13:35)24時

201707242400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.24(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、会津から戻りましたが、秋田は、24度台から 23度台、そして、24時には 22度台となっていました。

今日未明から明け方にかけても 22度台が続き、05:02 には、今日の最低気温 22.3度を記録していました。

雨は降っていませんでしたが、ドンヨリとした曇り空の朝に、一時、小雨が舞う事もありました。それでも、雲の切れ間から青空が見え隠れし、その隙間からお日さまが姿を現すようになり、23度台だった気温は、09時には 25.2度を示していました。

昼前になっても、相変わらず雲は多かったのですが、お日さまが時々姿を現していました。それでも、気温は 26度台までしか上がらず、12時には 25度台まで下がっていました。

昼過ぎになると、少しだけ広がっていた青空は姿を消し、再びドンヨリとした雲が空を覆う様になっていました。下の写真、左と、中央の左は、昼過ぎ 13:30 頃、そして、15:48 頃の様子です。

雨が降り出しそうな空模様だったにもかかわらず、気温の方は、26度台から 25度台を示し、13:35 には、今日の最高気温 27.2度を記録していました。

そして、夕方になると、一時雨が降り出し、26度台だった気温が 24度台まで下がっていましたが、湿度が急に高くなり、むしろ蒸し暑く感じました。

それでも、雨は長続きする事なく、その後は、少しずつ西の空が明るくなっていました。下の写真、右は、雨もあがり、西の空が明るくなり出していた夕方 18:34 頃の様子です。

夜のはじめ頃にかけても 24度台が続いていましたが、湿度が低くなると、とても冷たい風が窓から入って来て、夕方とは全く対照的でした。

夜遅くには 23度台となり、24時には 22度台まで下がっていました(24時 22.7度 83%)。

20170724外の様子昼過ぎ1 20170724外の様子昼過ぎ2 20170724外の様子夕方1 20170724外の様子夕方2

一昨日から昨日の朝まで降り続いた雨は、記録的な降水量を記録し、秋田県内各地では、避難指示や勧告が四万世帯を超え、浸水や土砂災害をもたらしていました。

下の写真、左と中央は、その様子を伝える新聞紙面です(
2017.07.24 秋田魁新報)。

特に、秋田県の南部から、大曲の花火で有名な大仙市、そして、秋田市内まで流れる雄物川の氾濫により、広範囲な浸水や土砂災害が発生していました。

雄物川氾濫 記録的大雨」というタイトルでしたが、大仙市の神宮寺地区と峰吉川地区の雄物川が氾濫し、その間に位置する刈和野地区でも川の水があふれたという事でした。

この辺りは、大仙市と秋田市を結ぶ国道 13号線、秋田新幹線が走っていましたが、13号線は、昨夜、通行規制が解除されたようですが、新聞記事では「
こまち区間運休 復旧めど立たず(秋田 - 大曲)」と、秋田新幹線こまちの「秋田盛岡間」では、終日運休となっていました。

秋田新幹線では、氾濫もあったのかも知れませんが、大雨の影響で、大仙市の峰吉川駅近くの線路下の土砂が流出している写真と記事が載っていました。

・・・・・・ 以下、2017.07.25 07時現在の情報です ・・・・・・

2017.07.24(今日)の秋田大曲間は、バスによる代行輸送が行われ

● こまち 月内(七月)再開目指す
○ 2017.07.25から復旧工事完了まで
・臨時快速列車 こまちリレー号を運行
→ 秋田 - 大曲間では、「こまちリレー号」を走らせ、在来線の運転も再開させる
→ 大曲 - 東京(一部は仙台)間では「こまち」を一日七往復運行
2017.07.25 秋田魁新報より

・・・・・・ 以上、2017.07.25 07時現在の情報でした ・・・・・・

新聞では、お店からほど近い場所「広面(ひろおもて)地区」でも、近くの太平川の氾濫で浸水した様子が報道されていました。

その様子は、下の写真、中央の一番上の写真ですが、道路が冠水し、車も取り残されている様子が写っていました。

今日は、昼前から昼過ぎにかけて、植物療法(フィトテラピー)のセミナーが行われました。下の写真、右は、今日学んでいただいた内容の一部です。

20170724朝刊秋田記録的大雨1 20170724朝刊秋田記録的大雨2 20170724植物療法セミナー

下の写真は、今日のお昼ご飯の台湾まぜ麺です。

20170724お昼ご飯

できあがったときに、お客様がみえられ、まぜ麺が少し乾燥し、絡んでしまいました。そして、自家製のナスがっこです。

20170724お昼ご飯台湾まぜ麺 20170724お昼ご飯ナスがっこ

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、マグロのフライ、乾燥ダイコンとヒジキの煮つけ、ナスの油炒めでした。

20170724晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。ナスがっこ、そして、キャベツと油揚げのみそ汁でした。デザートはパイナップルにスイカでした。

20170724晩ご飯ナスがっこ 20170724晩ご飯キャベツと油揚げのみそ汁 20170724デザートパイナップルとスイカ

下の写真は、夕方放送されていた地元のNHKテレビ「
NEWS こまち」ですが、雄物川の氾濫による浸水被害は「大仙市だけで、神宮寺 〜 強首 計14キロで確認」というニュースが放送されていました。

右は、18:59 頃の秋田市内の様子を伝えるテレビの様子です。夕焼け空を望む事ができました。

20170724お酒 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨1 20170724NHKニュースNEWSこまち

下の写真は、19時から全国放送された NHKテレビで、秋田の様子を伝えるニュースの様子です。

下の写真、左は、氾濫前、中央は、氾濫後を比較する画面、そして、右は、秋田新幹線の線路下の土砂が流出している様子を伝えるニュース画面です。

同じ秋田県内ではありますが、被害に遭われた方々へ心よりのお見舞いを申し上げます。

また、ひまわりが秋田ということで、お見舞いの電話やメールもいただきました。心より感謝申し上げます。

20170724NHKニュース秋田県記録的大雨2 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨3 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨4

明日の秋田の最低気温は 20度、最高気温は 29度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.24 17:00発表)。

大暑の日道路規制の中会津から秋田へ 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.23 政党マニフェストとアロマテラピー20.4 / 28.3
○ 履歴 : 2010「2010.07.23 コウゾの実の収穫 2010
25.1 / 28.1
○ 履歴 : 2011「2011.07.23 大暑の頃会津ではミンミンゼミの初音
16.5 / 27.3 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.23 スモモの収穫 2012
20.7 / 27.6 24時
○ 履歴 : 2013「2013.07.23 コウゾの実が色づく大暑の頃草刈りが一段落 2013
21.7 / 26.2 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.07.23 大暑の日今季初めての熱帯夜を記録した秋田市に恵みの雨 2014
21.3 / 27.9 24時
○ 履歴 : 2015「2015.07.23 二十四節気の一つ大暑の日うっとうしい空模様 2015
23.2 / 26.2
○ 履歴 : 2016「2016.07.23 大暑の頃真夏日の中山の草刈り作業 2016
18.4 / 30.2
○ 気温 : 昨日の最低 23.6(04:09)最高 33.1(11:36)24時 会津
○ 気温 : 今日の最低 23.0(06:17)最高 27.5(09:15)24時 会津
○ 気温 : 今日の最低 20.3(06:16)最高 25.9(16:04)24時 秋田

201707232400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.23(日)会津の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 若松の気象情報より(外部リンク)

201707222400Temperature

201707232400Temperature

上記二枚の画像は、2017.07.22(土)、23(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜の会津は、夜遅くには、25度台から 24度台で推移し、今日未明の 01時まで 24度台が続いていましたが、それ以降明け方まで 23度台を示していました。

雨は降っていませんでしたが、いつ雨が降ってもおかしくないような空模様で、朝には、小雨が降り始めてきました。それでも、一時的だったようで、すぐにやんでいました。

下の写真、左は、雨がやんだ後の朝 08:44 頃の様子です。

そして、雲の切れ間から青空が少し広がり、そこからお日さまの光も届く事があったためか、23度台から 24度台を示していた気温は、09時には 26.1度まで上昇していました。

そのため、06:17 には、今日の最低気温となる 23.0度を、そして、09:15 には、今日の最高気温となる 27.5度を記録していました。

ただ、お昼前には、再びドンヨリとした雲が広がり始め、小雨が降り始めてきました。それほど強い雨足ではありませんでしたが、昼過ぎはシトシト小雨が降り続いていました。

12時には 26.0度だった気温も、雨が降ったことで 24度台まで下がり、その後 25度台を記録していたようです。

そんな会津の空模様でしたが、秋田では、昨晩から今日未明、そして、明け方にかけて、大雨が降り続いたようで、雄物川が氾濫し、大仙市を中心に、神宮寺や峰吉川などの地域に大きな被害がもたらされているニュースが入っていました。

下の写真、中央と右は、その様子を伝える雨雲レーダーと雄物川流域の様子です(12:03頃)。

20170723外の様子朝 20170723お昼前のニュース雨雲レーダー 20170723NHKニュース河川の状況

秋田市内を流れる太平川にも被害があったのか、秋田市内でも被害が広がっていました。

下の写真、左は、今日未明の 00:00 の秋田県内を中心にかかる雨雲の様子を捉えた画像です。上の写真、右の河川と重ねてみると、その影響が甚大であった事がわかります。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。妹は、冷やし中華、妹の旦那さんは、スパゲティーナポリタン、そして、ひまわりは、ラーメンでした。

20170723NHKニュースより23日00時の雨雲レーダー 20170723お昼ご飯冷やし中華 20170723お昼ご飯ラーメン

会津でも、お昼前頃から小雨が降り始めてきましたが、そんな中、会津から秋田へ向かいました。

とはいっても、事前に秋田自動車道の一部の区間が通行止めとなっていたため、最後まで悩みましたが、今後の状況を考え、東北自動車道、そして、国道13号線を北上する計画をたてて、新鶴スマートインターへ向かいました。

下の写真、左は、門前町通りから一号線の交差点手前から望んだ道路や空の様子です(13:37頃)。中央は、只見線の踏切の様子です(13:40頃)。

右は、磐越自動車道上り新鶴スマートインター入口の様子です。この頃には、少しずつ雨がやんでいました(13:49頃)。ここから、ひまわりの長い長い秋田までの旅が始まりました。

20170723小雨の中会津を出発 20170723只見線踏切 20170723磐越自動車道新鶴スマートインター

予定では、磐越自動車道から東北自動車道、そして、秋田自動車道と経由して秋田市へ帰る予定を立てていましたが、逐一この状況が変わるので、妹や妹の旦那さんからその情報をメールで受け取りながら判断することにしました。

磐越自動車道や東北自動車道は、雨もやみ、順調に運転することができました。下の写真、左は、東北自動車道下りの志波姫パーキングエリアです(16:15頃)。

中央は、東北自動車道から秋田自動車道へと分岐する手前の北上金ヶ崎サービスエリアの様子です(16:57頃)。

情報では、秋田自動車道の埃蠅ら協和インター、そして、国道 13号線、そして、国道 46号線も通行止めという事で、最初は、盛岡まで向かい、国道 46号線を経由して秋田市へ向かう予定でしたが、秋田自動車道を埃蠅泙膿覆漾△修海ら、国道 13号線を進みながら、規制解除まで待つ、という作戦をたてていました。

ところが、サービスエリアにとまっていた秋田ナンバーの方(能代の方でした)に、近況をお伺いすると、東北自動車道を十和田インターまで向かい、そこから鷹巣、そして、能代へ向かう事を考えている旨のお話しがありました。

今後どのようになるのか心配だったので、移動を優先させることにし、ひまわりも、そのルートを経由し、能代市から秋田市へと向かう事にしました。

このときの走行距離は 299.9km でした。その後、東北自動車道をひたすら北上し、十和田インター手前の花輪サービスエリアで休憩を取りました。

下の写真、右が、そのときの様子です(18:34頃)。雲の切れ間から青空が広がり、夕日も姿を現していました。

20170723東北自動車道下り姫PA 20170723東北自動車道下り北上金ヶ崎SA 20170723東北自動車道下り花輪SA

天気が回復してきたのか、青空が広がり始めてきました。十和田インターから国道 103号 を経て、途中から無料区間の秋田自動車道を利用して、鷹巣インターまで向かいました。

その後、鷹巣から、直接国道 7号線へは向かわず、田んぼの中に続く農免農道を走って、国道 7号線の交差点、萩袋までやってきました。

下の写真、左と中央は、その農免農道と、付近の田んぼの様子です。近くを流れる米代川が氾濫したのか、田んぼが水びたしとなっていました(19:34頃)。

その後、国道 7号線を能代方面へ走り、無料区間の秋田自動車道、二ツ井白神インターから、秋田中央インターへと向かいました。

能代南インターの電光案内板には、ここから北上西の区間スリップに注意の文字がでていました。一瞬、間違いなのではと疑ったのですが、その後のインターでも同じ内容の注意が出されているのを知り、秋田自動車道の通行止め規制が解除されたことを知りました。

どちらを経由して来た方が早かったのかはわかりませんが、いずれにしても長い長い旅となりました。下の写真、右は、秋田市の横山金足線、城東十字路の交差点の様子です(20:46頃)。

全走行距離は、582.9km、出発したのは、13:35 頃、到着したのは 20:50 頃でしたので、7時間15分ほどかかった事になります。ふぅ、疲れました。

20170723鷹巣から国道7号線へ 20170723鷹巣から国道7号線へ田んぼの様子 20170723秋田市城東十字路

下の写真は、大町地区で練習が行われていた竿燈の演技の様子です(21:08頃)。

20170723竿燈の練習風景1

下の写真、左も、同じく、竿燈の演技の様子です。秋田では、甚大な被害が出ましたが、豊作を祈り、もうすぐ竿燈まつりが開催されます(2017.08.3 〜 08.06)。

2017.07.15 秋田の夏まつりと会津の高橋の思い出 2017

下の写真、中央と右は、今日の晩ご飯のカレーや寄せ豆腐、野菜サラダ、カボチャ、そして、みそ汁でした。

20170723竿燈の練習風景2 20170723晩ご飯カレーライス 20170723晩ご飯野菜サラダみそ汁

下の写真は、会津の妹がテレビ(NHKだと思います)で放送されていた秋田県内の記録的な大雨の被害を写真におさめ、送ってくれたものです。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨1

画面では、秋田 大仙とありますが、雄物川という河川が氾濫し、広い地域にわたり浸水の被害が発生していました。

どの辺りかわかりませんが、神宮寺から刈和野、そして、峰吉川地域にかけての被害が伝えられていました。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨2

下の写真も、大仙市の様子です。近くを通る秋田新幹線にも影響があり、線路の下の砂利が流され、復旧までにどのくらいを要するのかさえわからないという事でした。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨3

下の写真は、秋田市の雄和地区の様子です。雄和といえば、秋田空港のある地域ですが、2017.07.22 未明の降り始めから 2017.07.23 正午までの雨量は、気象庁のアメダスで 348.5ミリを記録していました(秋田空港(2017.07.24 NHK NEWS WEB より))。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨4

下の写真も、大仙の様子ですが、埃蠅簍獲本荘、湯沢などでも浸水被害のあった事が放送されていました。

この他、秋田市内を流れる太平川も氾濫危険水位を超え、その影響なのか、お店近くの東通では、道路が浸水し通行止めとなっていたそうです。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨5

秋田の夏まつりと会津の高橋の思い出 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.15 草刈り機のエンジンのせ換え21.0 / 30.1
○ 履歴 : 2010「2010.07.15 ユーカリの禁忌と1,8シネオールの含有量
21.2 / 29.8
○ 履歴 : 2011「2011.07.15 秋の虫の初音とひぐらしの中草刈り作業 2011
24.0 / 28.8 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.15 雨のため梅の収穫できず一箱 6,800円也
19.6 / 23.8 20時現在
○ 履歴 : 2013「2013.07.15 車の点検中に整備工場で植物療法のセミナー
20.7 / 27.2 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.07.15 セミとひぐらしが大合唱する中ラベンダー畑の草刈りと耕しかた 2014
20.2 / 27.8
○ 履歴 : 2015「2015.07.15 二日前の猛暑日が嘘のように夕方には涼やかな風が吹く 2015
20.6 / 27.8
○ 履歴 : 2016「2016.07.15 せみとひぐらしの鳴く中スモモの収穫 2016
21.4 / 29.1
○ 気温 : 昨日の最低 22.0(05:17)最高 31.6(13:59)24時
○ 気温 : 今日の最低 22.1(05:21)最高 32.5(13:50)24時

201707152400Temperature

上の画像は、2017.07.15(土)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃でも 27度台から 26度台を示し、ようやく夜遅くに 24度台まで下がってくれました。

そして、未明から明け方にかけては、23度台から 22度台と、少しずつでしたが下がってくれ、05:21 には、今日の最低気温 22.1度を記録していました。

外は、とてもヒンヤリと感じる涼しさでしたが、朝早くから素晴らしい青空が広がり、07時には 25度台だった気温は、09時には 29.3度まで急上昇していました。

下の写真、左は、まだヒンヤリとした涼しさが残っていた朝 06:10 頃の様子です。

昼前には、熱風地獄のような状態となり、30度台から 31度台を示していました。昼過ぎになっても青空が広がり、厳しい暑さが続き、13:50 には、今日の最高気温 32.5度を記録していました。

下の写真、中央は、その最高気温を記録したほんの少し前の 13:47 頃の様子です。うだるような暑さの中、風景も厳しい暑さを示していました。

外で農作業をしていても、ジリジリと暑く、昨日は感じなかった暑さで、汗ビッショリとなってしまいました。

夕方になると、あれほどの勢いを保っていたお日さまが雲に隠れる事が多くなり、少し暑さが和らいできました。そして、いつの間にか、空は雲で覆われていました。

気温の方も、29度台から 28度台、そして、28度台から 27度台と、少しずつ下がっていました。

夜のはじめ頃には 27度台から 26度台で推移していましたが、夜遅くには、26度台の気温が続き、なかなか下がってくれませんでした。

下の写真、右は、空全体が雲で覆われていた夜のはじめ頃 19:42 頃の様子です(24時 26.6度 85%)。

20170715外の様子朝 20170715外の様子昼過ぎ 20170715外の様子夜のはじめ頃

今日の新聞(
2017.07.15 秋田魁新報)の特集号に「秋田の夏まつり」というタイトルと「県内各地の夏まつりを一挙紹介!」というサブタイトルの特集記事が載っていました。

秋田中央エリアでは、もうすぐ 2015.07.20(木)、2014.07.21(金)に「
土崎港曳山まつり」が行われます。

2017.05.27 台湾から高さん家族が来秋 2017

では、秋田のフェスティバルが、一堂に開催され、「
土崎港曳山まつり」も行われていました(台湾から高さん家族がちょうど来秋した日でした)。

今、壁に掛かっている会津美里町のカレンダーで曜日を確認していると、07月19日(水)の「
高橋の虫送り」が目にとまりました。

以前、太郎庵の包装紙に、確か、この虫送りの事が綴られていた事を想い出し、そして、その事をブログで投稿した事があったので、探してみました。

高橋の虫送り」を実際に見た事はありませんが、その包装紙には、

○ 虫送り
・三島の西方と、会津高田の東尾岐で見た。東尾岐では、地蔵様の広場から、あじさいの花を飾った虫籠を担いでスタートし、子ども達は木のヤリにアジサイの花を飾って、「米の虫送んぞー、タバコの虫送んぞー!」と唱えて橋の上から川に流すのである。

と書かれてありました(いずれも お菓子の蔵 太郎庵 の包装紙より)。

東尾岐の「
虫送り」の説明でした。

2010.05.17 モノテルペン炭化水素類と会津の天神さまと国道136号

秋田の夏まつりへお話しを戻そうと思ったのですが、何だか「
高橋」という地域名、懐かしいです。道路が改修され、シンボル的な存在だった建物もなくなり、そちらの方への想いが頭の中を巡っていました。

そして、柳津の「
斎藤清」氏の版画「高橋」を思いだし、ブログ内を検索してみると・・・・

2009.07.13 ももアロマ

に、ありました。

銀行で「
斎藤清」氏の版画展が開催されていて、妹が、その版画を撮して送ってくれた画像がありましたが、そこに「高橋」がありました。

下の写真、中央が、会津高田町(現在は会津美里町)の「
高橋」という地区の版画です。

この場所から、西尾岐と東尾岐に分岐していました。この版画は冬の風景で、すでにこの風景は現存しませんが、とても懐かしいです。

20090713斎藤清版画1 200900713斎藤清版画2 20090713斎藤清版画一筆箋

さぁ、もう一度、秋田の夏まつりへお話しを戻しましょう。

下の写真は、上記特集号からご紹介させていただきました。左が、特集号の表紙、そして、「
おまつりマップ」に、「秋田竿燈まつり」の様子です。

20170715秋田の夏まつり1 20170715秋田の夏まつり2 20170715秋田の夏まつり3

そこで、上記特集記事を元に、下記のような一覧表を作ってみました。

縦の欄は、各エリアごとの夏まつりを、横の欄には、それらまつりの行われる日を表しています。スペースの関係上、行事が何も開催されていない日は「〜」で表現しました。

昨年は、取り上げられて、今回は見当たらないまつりや、今回新たに取り上げられたまつりなどがありました。今年は、日程が広範囲となり、一覧表が小さくなってしまいました。

毎年、この季節になると「
秋田の夏まつり」の特集号が、前述の地元新聞に紹介されます。

2015.07.16 秋田の夏まつり 2015
2014.07.17 秋田の夏まつり 2014
2012.07.20 秋田の夏まつり 2012
2011.07.20 秋田の夏まつり 2011
2009.07.17 秋田の夏まつり 2009
2008.07.19 秋田県内の夏まつり 2008

20170715秋田の夏まつり2015

今年の「
秋田竿燈まつり」(秋田中央エリア)は、2017.08.03 〜 2017.08.06、全国花火競技大会「大曲の花火」(大仙・仙北エリア)は、2017.08.26(土曜日) に開催される予定です。

下の写真、左は、食虫植物のはえとり草です。葉っぱが何ともかわいらしい植物です。

20170715はえとり草 20170715お昼ご飯トマトとニンジンのシリシリ 20170715お昼ご飯キュウリがっこ

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日のお昼ご飯です。ニンジンのシリシリとトマト(今季初めて収穫した自家製トマト)、キュウリがっこ、そして、カレーライスでした。

20170715お昼ご飯

今日は、13:50 に、最高気温 32.5度を記録していましたが、14時には、お店を出発し、山へ向かいました。

下の写真、左は、炎天下で風景がとろけているような山へ向かう途中の様子です(14:15頃)。

下の写真、中央は、昨日、ラベンダーの収穫を終えた畑の様子(15:04頃)、そして、右は、小さなイガをつけている栗の木の様子です(15:05頃)。

20170715山へ向かう途中の様子田んぼ 20170715ラベンダーの畑 20170715栗の実

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子です。本当は、この機会に畑をもう一度耕運機で耕し、草取りしてあげたいのですが、野菜畑が待ってはくれません。

20170715ラベンダー畑の様子

下の写真が、その野菜畑の様子です(15:11頃)。昨日、キュウリ苗の列の草取りは済ませたのですが、まだまだ、下の写真、中央と右のような状態でした。

20170715野菜畑キュウリ 20170715草取り前の野菜畑1 20170715草取り前の野菜畑2

さっそく、残っている列の草取りから始めました。下の写真、左と中央は、草取りの途中、そして、右は、草取りを一応終えたときの様子です(18:10頃)。

炎天下の中、背中がジリジリ暑くて大変でした。昨日は、それほど感じませんでしたが、今日は、もの凄い暑さを感じました。それにしても、すごい雑草でした。

20170715草取り途中の野菜畑 20170715草取り後の野菜畑1 20170715草取り後の野菜畑2

昨日は、キュウリのネット張りのため、支柱を立て、そこへ仮にネットを張っていました。そのネットの中間と上部に紐を張り、ネットの補強をしました。

そして、キュウリ苗の脇に垂直に立てられていた支柱を、ネット側へと傾け、再度、伸び出したキュウリの新芽をネット側へ導いてあげました。

下の写真、左が、その時の様子です(19:13頃)。これで、キュウリの方は、大丈夫です。山のおばさんに頂いたキュウリも順調に育っていました。

20170715キュウリのネット張り完了 20170715晩ご飯ソーセージ 20170715晩ご飯ラクサ

山から帰ったのは、20時近くでした。これまで、ひぐらしは、18時半を過ぎる頃に鳴き出していたのですが、今日は、セミと一緒に昼過ぎの暑い時間から鳴いていました。

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、マレーシア料理の「ラクサ」でした。素材は、シイタケそうめんです。それに、ソーセージでした。

20170715晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 23度、最高気温は 25度、そして、天気は「雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.15 20:00発表)。

秋田竿燈まつり 2016

○ 履歴 : 2009「2009.08.05 秋田竿燈まつり 200923.0 / 27.9
○ 履歴 : 2010「2010.08.05 今夏初の猛暑日と虫の声
24.4 / 35.0
○ 履歴 : 2011「2011.08.05 猛暑日の中往復420キロの旅
24.0 / 35.6 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.08.05 真夏日が続く中コオロギが
24.3 / 32.1 24時
○ 履歴 : 2013「2013.08.05 演技前少し小雨の降った竿燈まつり三日目 2013
22.7 / 30.3 24時
○ 履歴 : 2014「2014.08.05 アルツハイマー型痴呆症とアミロイドβの関係
26.3 / 30.5 24時
○ 履歴 : 2015「2015.08.05 ポケットに忍ばせ常備していた精油が役に立つ
22.9 / 32.5 24時
○ 気温 : 昨日の最低 22.1(05:14)最高 29.7(13:24)22時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 22.6(05:10)最高 30.1(12:38)24時

201608052400Temperature

上の画像は、2016.08.05(金)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

今日未明から明け方にかけては、昨日同様、23度台から 22度台で推移していましたが、今日は 23度台が長かったようです。

今日の最低気温は、05:10 に記録した 22.6度でした。

朝は、昨日以上に雲が多く、まとまってかたまった黒い雲が多かったのですが、昨日よりも気温が高く、09時には 28.4度まで上がっていました。

昼前になると、大きくかたまっていた黒い雲は、少し小さくなり始め、白い雲へと変わっていました。その影響なのか、28度台と 29度台の間で気温が変動していました。

昼過ぎになっても、同じような空模様が続いていましたが、お昼を過ぎた 12:38 には、今日の最高気温 30.1度を記録し、再び「
真夏日」となりました。

01. 11. ● 2016.08.05 最低 22.6(05:10)最高 30.1(12:38)24時(今日)
○ 2016.08.04 最低 22.1(05:14)最高 29.7(13:24)24時(昨日)
06. 10. ● 2016.08.03 最低 23.8(23:35)
最高 30.4(14:50)24時(一昨日)
05. 09. ● 2016.08.02 最低 24.4(24:00)
最高 30.4(16:05)24時
04. 08. ● 2016.08.01 最低 24.1(04:38)
最高 33.9(12:08)24時
03. 07. ● 2016.07.31 最低 24.5(05:19)
最高 33.8(13:12)24時
02. 06. ● 2016.07.30 最低 24.4(05:24)
最高 32.2(13:58)24時
01. 05. ● 2016.07.29 最低 23.6(04:43)
最高 33.4(11:42)24時
○ 2016.07.28 最低 23.0(04:18)最高 28.7(12:18)24時
○ 2016.07.27 最低 23.5(24:00)最高 26.5(13:13)24時
04. ● 2016.07.26 最低 23.0(05:21)
最高 31.1(13:51)24時
03. ● 2016.07.25 最低 20.2(05:11)
最高 32.2(14:02)24時
02. ● 2016.07.24 最低 19.7(05:09)
最高 30.7(16:12)24時
01. ● 2016.07.23 最低 18.4(05:06)
最高 30.2(15:23)24時

ただ、その頃に、暑さを感じましたが、その後は、風があったためか、それほど暑さを感じる事はありませんでした。

夕方になると、青空が少しずつ狭まり始め、18時を過ぎた頃から、雨が降り出しそうな空模様に変わっていました。気温の方も、それにともなってか、28度台から 27度台と、少しずつ下がっていました。

夜のはじめ頃になっても、ドンヨリとした曇り空が続いていましたが、気温の方は 26度台を示し、夜遅くには 25度台から 24度台で推移していました(24時 24.9度 89%)。

下の写真は、今日一日を振り返って撮した外の様子です。

下の写真、左は、かたまった黒い雲が青空を隠していた朝 07:21 頃の様子、

中央は、白い雲があったものの、青空が戻っていた昼過ぎの 14:50 頃、

そして、右は、あれだけ青空が広がっていた空に、今にも雨が降り出しそうな雲が広がっていた夕方 18:48 頃の様子です。

下の写真、右は、竿燈まつりへ出かけるときに撮した明田地下道近くの道路から望んだ西の空の様子です。雨が降り出すのかと思ったほどでした。

20160805外の様子朝 20160805外の様子昼過ぎ 20160805外の様子夕方

下の写真は、今日のお昼ご飯の様子です。今日は、そうめん、そして、キュウリのカラシ漬けでした。

20160805お昼ご飯そうめん1 20160805お昼ご飯そうめん2 20160805お昼ご飯キュウリのカラシ漬け

下の写真、左も、今日のお昼ご飯です。ポークチャップっていうらしいです。

中央は、今日も白梅酢漬けの土用干しを行いました。ただ、白梅酢に、少し赤ジソを加えて、赤い色を出したようです。

今日は、少し雲がありましたが、青空も広がっており、昼過ぎは、29度台から 28度台で推移していました。そんな中、今日も山へ向かいました。

下の写真、右は、山へ向かう途中で望んだ大きなフヨウの花です(15:10頃)。

20160805お昼ご飯ポークチャップ 20160805白梅酢漬けの土用干し 20160805山へ向かう途中の様子フヨウ

下の写真は、山の入り口と奥にある野菜畑の様子です。

鉢植えの苗置き場には、ブラックベリーがありましたが、今日は、熟し具合が、ほどよい状態の実を収穫してきました。下の写真、中央が、そのブラックベリーの実です(15:22頃)。

20160805山の入り口の様子ブラックベリー 20160805ブラックベリーの収穫 201608015野菜畑の様子

梅雨が明けて、暑い毎日が続き、雨も降っていません。そのため、しだいに畑の土が乾燥し始めていました。それでも、キュウリやピーマン、それに、枝豆などが少しずつですが収穫できていました。

下の写真、左と中央は、今日初収穫した枝豆です。二株分の枝豆を収穫してきました。下の写真、右は、キュウリやナス、そして、ピーマンやトウガラシなどを収穫したときの様子です。

20160805野菜畑枝豆 20160805枝豆の収穫 20160805今日の収穫

枝豆の葉っぱなど、なるべく残さないように山で落としていきました。下の写真、左は、二株分の枝豆です(16:21頃)。

中央は、この所よく見かける昆虫です。何ていう昆虫なんでしょうか。

20160805今日の収穫枝豆 20160805山の様子昆虫 20160805カボチャ畑とラベンダー畑の様子

上の写真、右と、下の写真は、カボチャ畑とラベンダー畑の様子、そして、今日のラベンダー畑全体を見渡した様子です(16:27頃)。

20160805ラベンダー畑の様子

下の写真、左は、山からの帰り道の様子です(16:52頃)。今まで雲はあったものの、青空の広がっていた空には、真っ黒な雲が少しずつ広がり始めていました。

下の写真、中央と右は、今日収穫してきた枝豆ととうがらしです。もう料理にまわっていました。

20160805山からの帰り道の様子田んぼ 20160805枝豆の料理 20160805とうがらし

下の写真は、今日の晩ご飯の様子です。ホタテのフライに、そのホタテのヒモ、ツルナのおひたし、枝豆、オクラと納豆の和えもの、キュウリの酢のもの、そして、今日会津から届いたこんにゃく玉とイカの煮ものでした。

20160805晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。ナスがっこ、そして、枝豆、それにサンラータンでした。

20160805晩ご飯ナスがっこ 20160805晩ご飯枝豆 20160805晩ご飯サンラータン

今年も、2016.08.03(水曜日)〜 2016.08.06日(土曜日)までの期間、「
竿燈まつり」が開催され、今日で三日目となりましたが、今日 2016.08.05(金曜日)、「竿燈まつり」の開催されている「竿燈大通り」へ行って来ました。

先月、「
東北地方が梅雨明けしたとみられる」との発表がありましたが、連日 30度を超す暑さが続いていました。

竿燈の時期は、うだるような暑さが多く、昨日は、真夏日ではありませんでしたが、今日も 30.1度(12:38)の最高気温を記録する「
真夏日」となりました。

2016.07.29 今季最高の暑さを記録した中待望の梅雨明け 2016
2016.06.13 東北地方が梅雨入り 2016

外部リンク : 秋田竿燈まつり(秋田市竿燈まつり実行委員会公式WEBサイト)
2015.08.03 今日から竿燈まつり 2015
2014.08.06 幻の秋田竿燈まつり最終日 2014
2014.08.04 竿燈まつりも二日目30度を超す暑さの中草刈り開始 2014
2013.08.05 演技前少し小雨の降った竿燈まつり三日目 2013
2012.08.06 秋田竿燈まつり最終日 2012
2011.08.06 秋田竿燈まつり最終日 2011
2010.08.04 秋田竿燈まつり 2010
2009.08.05 秋田竿燈まつり 2009
2008.08.03 秋田竿灯まつり開幕 2008
2006.08.06 秋田竿燈祭最終日
2005.08.04 昼竿燈
2005.08.03 竿燈はじまり季節は真夏へ

竿燈まつり」の始まる 40分ほど前に、自転車で会場へ向かいました。

毎年、会場近くの「みなみ食堂」に自転車を置かせてもらっているのですが、今日も、お世話になり、会場まで徒歩で向かいました。

下の写真、左は、「
竿燈大通り」と交差している道路の様子です。

その道路を渡る歩道橋の上から撮した様子です(19:09頃)。まだ交通規制が行われていませんでしたが、その後、片側の車線が通行止めとなっていました。

歩道橋を渡り、川反の旭川に沿った歩道を会場へ向かいました。歩道横には、英語やハングル語、中国語(中国・台湾)で書かれた「
秋田 竿燈まつり」ののぼりがありました。

歩道を歩いてすぐ左側には、「
竿燈まつり」の会場となる「竿燈大通り」がありますが、すでに、準備が整っていたようで、着いてまもなく演技が始まりました。

下の写真、右は、演技の始まる前の様子です(19:16頃)。まだ、竿燈は、横になっていました。

20160805竿燈まつり開催直前の様子1 20160805竿燈まつり開催直前の様子2 20160805竿燈まつり始まる

その竿燈を、上に持ち上げ、継竹を足しながら、バランスをとり上空へ伸ばしていきます。先日、地元の新聞に、「
竿燈まつり」の特集号が組まれていました(2016.08.03 秋田魁新報)。

その紙面には、まつりの「
」が載っていましたが、それらの「」を駆使して、竿燈が夜空にあがっていきます。

下の写真は、「
竿燈まつり」が始まってすぐの会場の様子です(19:25頃)。

20160805秋田竿燈まつり1

新聞には「
竿燈妙技 五つの技」として、

「竿燈の演技は5つの技から成っている。地面から竿燈を起こして次の差し手に渡す「流し」、手のひらで高く上げる「平手」、額で上げる「額」、肩に乗せる「肩」、かなりの修練が必要とされる「腰」。「平手」以下の4つの演技の間を「流し」が繋いでいく。差し手を変えながらの技を繰り出すのが竿燈の流儀だ。何気なく見ていた竿燈の演技も、技に注目すると差し手の技を実感できる。」

と書かれていました。

下の動画フレームは「
竿燈まつり」の動画です(19:25頃)。それら「五つの技」に注目しながら、動画をご覧頂ければ幸いです。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 01/10(外部リンク YouTube)



下の写真は、19:27 頃の「
竿燈まつり」の様子です。

20160805秋田竿燈まつり2

まつりの「
」ですが、

一. 流し
→ 次の差し手が継竹を継ぎやすいように支える基本技。竿を高く差し上げ、いったん手のひらで静止させた後、指の間から 15〜20センチほどずらして持ちこたえる。継竹を握ったまま竿燈を静止させるには相当の握力が必要。
二. 平手
→ 高々と竿燈をかざす力強く豪快な技。差し上げた利き腕と体重をかける軸足のラインを一直線に結ぶのが理想形。前の差し手は次の差し手が継竹をつぎ終えるまで静止し、じっと持ちこたえなければならない。
三. 額
→ 高難度の技。差し手は利き腕の手のひらに受けた竿を、指の間から静かにずらして額に乗せる。50キロの竿燈の重さで額を傷つけることがあるため、手ぬぐいは必須である。
四. 肩
→ 差し手は利き腕の手のひらに受けた竿をいったん静止させた後、それをまっすぐ肩に下ろす。腕をまっすぐ伸ばすとともに、軸足と肩のラインを一直線に結ぶのが理想形。
五. 腰
→ かなりの修練が必要とされる大技。差し手は利き腕の手のひらに受けた竿を指の間からずらして腰に乗せ、上体を程よく横に傾け両脚を開いてバランスを取る。

いずれも、地元「2016.08.03 秋田魁新報」の特集号に書かれていた内容をご紹介しました。

下の写真も、時間が前後しますが、19:25 頃(左)と 19:53 頃(右)の「
竿燈まつり」の様子です。

20160805秋田竿燈まつり3 20160805秋田竿燈まつり4

竿燈まつり」の会場となる「竿燈大通り」には、全長約八百メートルに渡り「280本の竿燈」が所狭しと並んでいるそうです。

下の写真は、19:28 頃の「
竿燈まつり」の様子ですが、この場所から、約八百メートルに渡り、道路の両側に「竿燈」がズラリと並んでいます。

20160805秋田竿燈まつり5

そんなひしめき合った狭い空間では、様々なハプニングがありました。

下の動画フレームは「
竿燈まつり」の動画です(19:30頃)が、この動画には、竿燈が倒れてぼや騒ぎとなったり、まさに観客席に巨大な竿燈が倒れかかる場面もおさめられています。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 02/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(19:34頃)。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 03/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(19:45頃)が、一回目の演技を終え、場所を移動し、二回目の演技を始める所からの様子が写っています。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 04/10(外部リンク YouTube)



下の写真は、19:47 頃の「
竿燈まつり」の様子です。

20160805秋田竿燈まつり6

下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(19:47頃)が、昔ながらの「生のかけ声」をお聞きいただける貴重な動画です。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 05/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(19:50頃)が、こちらにも、会長と副会長による「古くから伝わる正調の竿燈のかけ声」をお聞きいただけます。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 06/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(19:54頃)。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 07/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(19:56頃)。何本もの竿燈が狭い場所でひしめき合っている様子をご覧いただけます。

竿燈の下では、継ぎ手の方たちが、巧みにその竿燈を操っているのがわかります。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 08/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(20:01頃)。

先ほど、「
五つの技」をご紹介しましたが、その技をフルに使って、竿燈の竿をグニャっとしならせて大技を披露している様子がおさめられています。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 09/10(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
竿燈まつり」の動画です(20:04頃)。この動画には、二回目の演技が終了するまでの様子がおさめられています。

2016.08.05 秋田竿燈まつり 2016 10/10(外部リンク YouTube)



写真が前後していますが、下の写真は、「
竿燈まつり」の様子です。

下の写真、右は、二回目の演技が終了した頃の様子です(20:06頃)。この後、移動が行われ、三回目の演技が行われるのですが、その演技を待たず、帰ってきました。

今日は、30度を超す「
真夏日」を記録していましたが、そのわりには強烈な暑さを感じることなく、以外によい心地で「竿燈まつり(三日目 2016.08.05)」を堪能する事ができました。

20160805秋田竿燈まつり7 20160805秋田竿燈まつり8 20160805秋田竿燈まつり9

明日の最低気温は 23度、最高気温は 31度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2016.08.05 21:00発表)。

秋田の初雪は28日夜遅くに観測されたようです 2015

○ 履歴 : 2009「2009.11.30 福島百の風景 SLばんえつ物語号2.5 / 10.9
○ 履歴 : 2010「2010.11.30 植物療法関係記事の目次更新 20101130
2.4 / 6.1
○ 履歴 : 2011「2011.11.30 大人の休日倶楽部 2011.12 秋田特集
1.7 / 7.8 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.11.30 今冬初めての氷点下 2012
- 0.6 / 6.4 24時
○ 履歴 : 2013「2013.11.30 不安定な天気の中伯父さんの三回忌
1.2 / 7.3 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.11.30 明日から師走というのに夜遅くの気温は10度台 2014
5.5 / 15.3 24時
○ 気温 : 昨日の最低 3.9(01:46)最高 7.5(11:54)20時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 2.2(07:08)最高 11.0(18:27)22時現在(24時)

201511302400Temperature

上の画像は、2015.11.30(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県秋田の気象情報より(外部リンク)

この所、あまりよい天気ではありませんでしたが、今日の朝は、久しぶりの快晴の空模様でした。気温のほうも、未明から静かに下がり始め、朝の 07:08 には、2.2度を記録していました。

天気予報では、昼過ぎから雨が降り出す予想が伝えられていましたが、信じられないくらいの青空でした。

お日さまが暖かな日ざしを運んでくれたお陰で、08時には 2.8度だった気温が 09時には 5.0度まで上がっていましたが、昼前になると、徐々に雲が多くなって来ました。

そして、昼過ぎになると、朝の素晴らしい青空が嘘のように雲で覆われ、雨が降り出して来ました。

気温の方は、13:42 に 8.5度まで上がっていたようですが、本格的な雨が降り出した夕方には、10度台まで上がり、17:00 には、10.5度を記録していました。

雨は、夜のはじめ頃までにはやんでいましたが、その頃になっても気温にあまり変化は見られず、20時までは 10度台を維持していました。

それでも、21時以降は 10度以下の 9度台を示していました(22時現在 8.6度 湿度 62%(24時 7.3度 湿度 64%))。

下の写真は、素晴らしい青空が広がっていた朝の様子です(07:36頃)。そして、少し前の 07:08 には、今日の最低気温 2.2度を記録していました。

20151130外の様子朝1 20151130外の様子朝2 20151130外の様子朝3

そんな寒さの中でも、昨日から使い始めた小さな反射板の石油ストーブだけで、暖かでした。下の写真、左は、そのストーブです。

今日の新聞の片隅に小さく「
秋田市で初雪観測」の記事が載っていました(2015.11.30 秋田魁新報)。下の写真、中央が、その記事の内容です。

積雪なし 平年より15日遅く」のサブタイトルが示されていましたが、何とその初雪は、二日前の 2015.11.28 午後11:25頃初雪を観測した(観測地点の秋田市山王)という内容でした。

昨日の新聞に載ってもよさそうなものですが、どういうわけか今日の新聞に載っていました。

2015.11.28 といえば、タイヤ交換を済ませた日ですが、その前の 2015.11.27 には、あられが降り強風の吹き荒れる空模様でした。

2015.11.28 歩道のラベンダー刈り込みと冬タイヤへの交換 2015
2015.11.27 時々あられが降り暴風が吹き荒れた一日 2015

初雪が降ったのは、およそ 10分間で、29日明け方までみぞれと雨が断続的に降ったとの事でした。

昨年の 2014年は、11.13 に初雪と積雪を記録しましたが、今年は、積雪がなかったようです。なお、統計を取り始めた 1883年以降、最も遅い初雪の観測は 1911.12.06 だそうです。

2014.11.13 秋田市に初雪降った日石油暖房機始動 2014

28日夜遅くから 29日明け方にかけては、6度台から 5度台(2015.11.29 01時の 4.9度を除く)で推移していましたが、上空に寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっていたようです。

下のグラフは、2015.11.28 から 2015.11.29 の毎正時の気温の変化を現しています。

2015112829Temperature

上の画像は、2015.11.28(土)29(日)秋田の気象観測データ(気温のみ)です。
・「お天気モニタ 秋田県秋田の気象情報より(外部リンク)

下の写真、右は、新聞の折り込みに入って来た「十割そば」のそば屋さんが 2015.12.01 にオープンする事を伝えるチラシです。これは行ってみなければね。

20151130反射板石油ストーブ 20151130秋田市の初雪は28日 20151130十割そば屋さんオープン

今日は、愛車を車検に出す日でした。10:00 に予約してたので、整備工場には、その少し前に到着するように出かけました。

下の写真、左は、到着した頃の様子です。北の空には、随分雲がかかっていました。中央と右は、エレガントなマツダ車の写真です。そういえば、来年以降、ロータリー車が登場するかもしれないという話題を聞いた事があります。

20151130車検 20151130エレガントな車1 20151130エレガントな車2

代車でお借りしたのは、旧式のデミオという車でした。8万キロ以上も走っているようですがとても乗り心地がよく、コンパクトです。

下の写真は、外の様子と市民市場の様子です。北の空から東の空に雲があるようでした。太平山の冠雪が消えてしまったようです。下の写真、中央は、秋田駅東口近くの交差点から望んだ様子です(10:37頃)。

西の空には、まだきれいな青空が広がっていました。明日から師走、市民市場では、いろいろな大売り出しのポスターがありました。

20151130外の様子太平山 20151130外の様子秋田駅東口前の交差点 20151130明日から師走

下の写真は、今日のお昼ご飯です。タイのインスタントラーメン「パクチーラーメン」でした。これに生玉子、そして、そのスープにご飯という定番のお昼ご飯でした。

20151130お昼ご飯

下の写真も、今日のお昼ご飯です。ダイコンの煮もの、キャベツの炒めもの、そして、カボチャでした。

20151130ダイコンの煮もの 20151130キャベツの炒めもの 20151130カボチャ

昼過ぎから雲が多くなり、とうとう雨が降り出して来ました。朝の青空からは考えられない天気でした。昼過ぎから用事で外へ出たのですが、あいにくの雨模様。

それでも、線路脇の道路を走行していたとき、こまち号と一緒に並走する事ができました。下の写真、左は、その時の様子です。もちろん、このときは止まって撮しました。

あまり雨が激しく、空が真っ暗になってきたので、山へ行くのを断念しました。下の写真、中央は、15:30 頃ですが、暗くなってきたため、自動的に灯りが点灯している様子です。

お店へ戻ると、ばっぱは、昨日購入してきた干しダイコンをきれいに洗って、長さを調整していました。下の写真、右が、そのときの様子です。

20151130雨が降り出す1 20151130雨が降り出す2 20151130干しダイコン

下の写真は、雨が少し落ち着いて来た 15:57頃の様子です。まだ 16時前でしたが、真っ黒な雲が空を覆い、車はヘッドライトをつけていました。

20151130外の様子夕方1 20151130外の様子夕方2 20151130外の様子夕方3

下の写真は、今日の晩ご飯です。イカニンジン、サツマイモの天ぷら、チーズ板(かまぼこ)、紫色のブロッコリー、そして、究極の刺身「
天使の海老」のカレーです。

20151130晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。豆富とセリのかき玉汁、究極の刺身「
天使の海老」のカレー、そして、低温調理肉でした。この肉は、炊飯器で時間をかけて調理した手作りの肉です。

20151130豆富とセリのかき玉汁 20151130天使の海老のカレー 20151130低温調理肉

今日の昼前、会津の実家からサツマイモとトマトが届きました。その連絡をしたら、昨日まで撮りためていた下のような写真を送ってくれました。

下の写真は、障子戸の枠組みでしょうか、障子紙がきれいにはがされ、洗った枠組みを干した後、新しい障子紙を貼るようです。

中央は、何という花でしょうか。この季節にこれだけの花が咲いているとは。そして、右は、花梅の花でしょうか。何だか、季節が春を迎えているようでした。

151123_151935障子の枠? 151123_153824きれいな花 151129_130722花梅の花?

明日の最低気温は 4度、最高気温は 7度、そして、天気は「曇り」が予想されていました。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ