みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

2017

2017年09月18日  朝台風18号が秋田市へ最接近した日 2017
2017年09月14日  最後の最後に小雨に見舞われた第94回増田の花火 2017
2017年08月20日  健康寿命を延ばそうツアー能代風の松原散策 2017
2017年08月05日  秋田竿燈まつり 2017
2017年07月24日  秋田を襲った記録的な大雨と雄物川氾濫の影響 2017

朝台風18号が秋田市へ最接近した日 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.09.18 様々な目的のオーラルケアグッズとハーブウォーター13.3 / 25.5
○ 履歴 : 2010「2010.09.18 草刈り作業でクタクタ
18.4 / 27.316.5 / 29.2
○ 履歴 : 2011「2011.09.18 お店の前の早咲きラベンダーの花穂が急成長
17.9 / 25.5
○ 履歴 : 2012「2012.09.18 秋田市の気温がついに36度越え 2012
26.2 / 36.1
○ 履歴 : 2013「2013.09.18 今季一番の冷え込みで秋晴れの中栗の収穫と草刈り 2013
14.7 / 25.0
○ 履歴 : 2014「2014.09.18 コンバインによる稲刈り始まる秋田市 2014
13.0 / 22.4
○ 履歴 : 2015「2015.09.18 カボチャの初収穫 2015
16.4 / 23.6
○ 履歴 : 2016「2016.09.18 腕の怪我で入院し四日目に退院 2016
18.7 / 24.7
○ 気温 : 昨日の最低 17.0(02:53)最高 24.0(13:12)24時(最大瞬間風速 19.6m/s 13:51)
○ 気温 : 今日の最低 18.3(24:00)最高 25.4(03:00)24時(最大瞬間風速 29.3m/s 07:56)

201709182400Temperature

上の画像は、2017.09.18(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、台風 18号の影響で、夜遅くからかなり風が強くなっていました。夜のはじめ頃、風はそれほど強く吹く事はなく、小雨が断続的に降っていました。

雨の影響か、それまで 20度台だった気温は、19時には 18.5度まで下がってはいましたが、21時には 19度台と不安定でした。

ただ、夜遅くになると、降水量が記録される雨が降り始め、少しずつ風が強くなってきました。体感的には、昼過ぎに記録した最大瞬間風速(13:51 19.6m/s)以上に強く、そして、恐怖を感じる程の風が吹き出して来ました。

その風がもたらす暖かな空気が入り込んで来たのか、19度台だった気温は 20度台となり、24時には 22度台まで上がっていました。

今日未明の 01時には、24.0度まで気温が上がり、さらに、01時には 11.7 m/s の風速も記録し、台風のもたらす暖かな風が入り込んでいました。その影響で、気温の方は 03時の 25度台をピークに、明け方には 23度台となっていました。

今日の最低気温ではなく、最高気温は、ピークだった 03:00 に記録した 25.4度でした。

朝には、比較的風がおさまるときと、激しく吹き荒れるという強弱を繰り返していました(07時 8.0m/s、08時 17.6 m/s、09時 15.7 m/s)。

そんな中、07時には 9.0 mm の降水量も記録し、07:56 には、今日の最大瞬間風速 29.3 m/s を記録していました。

気温の方は不安定で、24度台から 22度台の間で変動していました。雨の方も、降ったりやんだりを繰り返し、雲の切れ間から青空がのぞく事もありました。下の写真、左は、風もおさまり、それほど強い雨も降っていなかった 06:07 頃の様子です。

昼前になっても、同じような天気が続いていましたが、風は一定の強さで吹き荒れるわけではなく、穏やかなときと急に激しく吹き荒れるという強弱を繰り返していました。

気温の方は朝ほど不安定ではなく、22度台が続いていました。下の写真、中央の左は、道路が乾いていた頃の様子です。

昼過ぎになると、再び小雨が降ってきましたが、曇り空の切れ間からお日さまが姿を見せたり、時々雨が降ったりと、目まぐるしく変わる空模様でした。

気温の方は、雨が降ったことで、13時には 22度台だった気温も 21度台となり、風も、一時よりも穏やかになっていました。下の写真、中央の右は、黒い雲が空を覆い、雨が降り出していた昼過ぎ 13:18 頃の様子です。

夕方になると、不安定だった空が少しずつ回復し始め、曇り空でしたが、時々お日さまも姿を現していました。風の方も、10 m/s を下まわる風速となり、21度台から 20度台で推移していました。

夜のはじめ頃になっても 20度台が続き、風の方も 21時には 5 m/s を下まわり、夜遅くの 23時には 3 m/s 以下となり、24時には 2度程低い 18度台となっていました。

そして、24:00 には、今日の最低気温 18.3度を記録していました。下の写真、右は、夜のはじめ頃 19:33 頃の様子です(24時 18.3度 85% 2.8m/s)。

20170918外の様子朝1 20170918外の様子昼前 20170918外の様子昼過ぎ1 20170918外の様子夕方

下の写真、左と中央は、上の写真、左と同じ 06:07 頃写した外の様子です。

風もおさまり、それほど強い雨も降っていませんでしたが、それまでの強風で、街路樹のイチョウから飛ばされた葉っぱが歩道の隅に溜まっていました。

20170918の様子朝2 20170918の様子朝3 20170918朝NHKテレビより台風18号の現在地1

今日も、NHK テレビでは、朝から台風18号関連のニュースが放送されていました。

上の写真、右と、下の写真は、06:10 頃に放送されていた台風の進路、一時間雨量、雨雲レーダー、そして、風の方向と強さが写し出されていたときの画面です。

ちょうどこの頃、上の写真、右でもあるように、秋田沖、西の海上、確か 60km のところに台風 18号が位置していたかと思います。

ほとんど、台風の目にあたるところなのか、これほどの台風にもかかわらず、そほど強風や大雨に悩まされる事はなかった感じがします。

むしろ、昨日の昼前から昼過ぎにかけての方が、強い風が吹いていた感じを受けます。

20170918朝NHKテレビより天気予報雨量 20170918朝NHKテレビより天気予報雨雲レーダー 20170918朝NHKテレビより天気予報風の強さと向き

下の写真、左は、朝、ゴミの日だったため、指定場所へ行った帰りの様子です(06:38頃)。雨は降っていましたが、傘を差していても飛ばされる事はありませんでした。

下の写真、中央は、07:55 頃に写した NHKテレビの画面ですが、津軽海峡の辺りまで進んでいました。その直後の 07:56 には、今日の最大瞬間風速 29.3 m/s を記録していました。

20170918外の様子朝4 20170918朝NHKテレビより台風18号の現在地2 20170918朝南大通りから望んだ西の空の様子

上の写真、右、そして、下の写真、左と中央は、08:45 から 08:49 頃の秋田市内の様子です。雲の切れ間から青空が見え始めていました。

もちろん雨はやんでおり、時々強い風が吹きつける事もありましたが、それ以外は、それほど強くはありませんでした。

中央と右、火災なのか、強い風の影響なのか、平屋の家の屋根がはがれかけていました(秋田市大町付近 08:49頃)。

20170918火事?強風による被害?1 20170918火事?強風による被害?2 20170918お昼ご飯まぜ麺

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、まぜ麺でした。まったく汁っけのないまぜ麺ではなく、ほんの少し汁っけの残っているまぜ麺でした。

20170918お昼ご飯

それに、ミニカレーもついていました。

下の写真、中央は、昼過ぎ 13:18 頃、雨が降り、風も強かった頃の様子、そして、右は、同じ昼過ぎ 15:29 頃の様子です。黒い雲が空を覆っていましたが、その雲の切れ間から青空も見えていました 。

20170918お昼ご飯カレーとご飯 20170918外の様子昼過ぎ2 20170918外の様子昼過ぎ3

下の写真、左は、夕方 16:09 頃の様子ですが、お日さまが姿を現し、その光をお店の中まで届けてくれていました。それにしても、随分日が短くなり、お店の中へ光が届く様になってきました。もうすぐ秋のお彼岸です。

暑さ寒さも彼岸まで、といわれているように、この台風を境に、スーッと冷たい秋風が吹き始める様になるのかも知れません。

20170918外の様子昼過ぎお店へ光が届く 20170918デザートぶどう 20170918晩ご飯タマネギとジャガイモのみそ汁

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。タマネギとジャガイモのみそ汁、インゲン豆のごまドレッシング和え。トマトとチーズのサラダ、そして、野菜タップリのラム肉野菜炒めでした。

20170918晩ご飯

明日の最低気温は 19度、最高気温は 26度、そして、天気は「曇り時々晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.09.18 17:00発表)。

最後の最後に小雨に見舞われた第94回増田の花火 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.09.14 第86回増田の花火 200914.4 / 24.1
○ 履歴 : 2010「2010.09.14 第87回増田の花火 2010
19.3 / 28.7
○ 履歴 : 2011「2011.09.14 第88回増田の花火 2011
20.7 / 24.7 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.09.14 au iPhone 5 予約注文
19.6 / 32.4
○ 履歴 : 2013「2013.09.14 真夏日を記録した秋田市で本格的な稲刈り始まる 2013
23.1 / 31.2
○ 履歴 : 2014「2014.09.14 第91回増田の花火 2014
15.0 / 25.1
○ 履歴 : 2015「2015.09.14 冷え込みが増し本来の寒さに戻った第92回増田の花火 2015
14.5 / 23.5
○ 履歴 : 2016「2016.09.14 半袖で観覧した第93回増田の花火 2016
19.4 / 26.7
○ 気温 : 昨日の最低 19.9(22:00)最高 25.3(10:59)22時現在(18.1(23:59)/ 25.3 24時)
○ 気温 : 今日の最低 16.1(04:21)最高 24.4(11:47)24時

201709142400Temperature

上の画像は、2017.09.14(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃に 21度台を示していましたが、徐々に気温が下がり始め、夜遅くの 22時には 19.9度を記録し、23時からは 18度台となっていました。

そして、今日未明の 01時には 17度台となり、その後、明け方まで 16度台が続いていました。そんな中、04:21 には、今日の最低気温 16.1度を記録していました。

朝は、黒い雲が空に浮かんでいたものの、少しずつ青空も広がっていました。そのためか、お日さまが姿を現した頃には 20度台となり、09時には 22度台を示していました。

下の写真、左は、黒い雲が浮かんでいた 06:01 頃の様子、そして、中央の左は、その雲が少しずつ薄くなり、青空も広がっていた 09:31 頃の様子です。

昼前になっても、真っ青な空が広がっているというよりも、雲も多く、その雲にお日さまが時々姿を隠していました。

気温の方も 22度台から 23度台で推移していましたが(毎正時)、11:47 には、今日の最高気温 24.4度を記録していました。

昼過ぎになっても同じような空模様が続いていましたが、夕方に近づくにつれ、雲が高く、ハケで描いたような秋の空となっていました。

気温の方も 23度台から 22度台で推移していました。下の写真、中央の右は、少し雲の量が多かった昼過ぎ 15:21 頃の様子です。

昼過ぎに、ばっぱの実家のある増田(横手市)へ軽トラで向かいました。途中の国道 13号線は結構混雑していましたが、多少雲はあったものの青空が広がっていました。

夕方になると、素晴らしい青空が広がり、キラキラ輝くお星様も姿を確認できました。秋田市の気温は、21度台を示していましたが、増田では、20度を下まわっていたかもしれません。

夜のはじめ頃の 19時には、快晴の空のもと、恒例の「
第94回 増田の花火」が開催されましたが、終演を迎える 21時前頃には、小雨が降り出してきました。

下の写真、右は、素晴らしい青空に恵まれていた 18:21 頃の増田の空の様子です。

気温も下がり、長袖とジャンパーを羽織っていても寒く感じていましたが、頭が雨で濡れたこともあり、大変でした。それでも、一時的だったのか、帰る頃にはやんでいました。

夜遅くになると、国道 13号線を秋田へ向かって走ってきましたが、所々、霧雨のような細かい雨が降り、道路も濡れていました。秋田市寄りの大仙市では、16度台の気温を示す場所もありましたが、秋田市内は、道路が乾燥して雨は降っていませんでした。

それでも、23時には、秋田市でも 0.5mm の降水量を記録していたようです(24時 20.1度 59%)。

20170914外の様子朝 20170914外の様子昼前J 20170914外の様子昼過ぎ 20170914外の様子夕方増田縫殿より

下の写真、左と中央は、歩道の早咲きラベンダーこいむらさきと一緒に植え込まれていたマリーゴールド、そして、ペチュニアの様子です。

ラベンダーは、パラパラとまばらに花芽を伸ばしていました。株によっては、数本のものもありました。

20170914外の様子朝ラベンダーとマリーゴールド 20170914外の様子朝ラベンダーとペチュニア 20170914お赤飯をふかす1

上の写真、右と、下の写真は、増田へ持参するためにと、朝からばっぱが作っていたお赤飯です。50年来使い込んだ蒸し器に入れて、お赤飯を蒸かしました。

自家製の栗も入れ、もう一度蒸かします。そして、できあがったのが、下の写真、右です。

20170914お赤飯をふかす1 20170914お赤飯をふかす1 20170914お赤飯

今日は、昼過ぎに増田へ向かう予定を立てていたので、昼前に山へ向かいました。下の写真、左は、山へ向かう途中の田んぼと空の様子です。

中央は、今日収穫した野菜です。ピーマンやキュウリ、そして、インゲン豆が、毎日たくさん収穫できます。

20170914山へ向かう途中の様子田んぼと空 20170914今日収穫した野菜 20170914ラベンダーの畑

上の写真、右と、下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(10:36頃)。少しずつ栗畑の下草刈りが進んできたので、ラベンダー畑の周囲がきれいになってきました。

20170914ラベンダー畑の様子

下の写真、左と中央は、これから下草刈りを始める前の様子です(10:38頃)。右は、下草刈りを終えた頃の栗畑の様子です(13:14頃)。

20170914栗畑の下草刈り前の様子1 20170914栗畑の下草刈り前の様子2 20170914栗畑の下草刈り後の様子1

下の写真、左と中央は、今日の下草刈りを終えた頃の栗畑の様子です(13:17頃)。右は、草刈り途中で望んだ栗のイガの様子です(12:36頃)。

20170914栗畑の下草刈り後の様子2 20170914栗畑の下草刈り後の様子3 20170914栗畑の下草刈り後の様子4

下の写真は、「
昨日撮った」下草刈りを始める場所の草刈り前の様子です(2017.09.13 15:46頃)。

20170913栗畑の下草刈り前の様子3

下の写真は、「
今日」の下草刈りを終えた栗畑の様子です(13:14頃)。

昨日は、この場所まで草刈りを予定していたのですが、そこまできれいにする時間がなく、そのままになっていましたが、今日は、生い茂っていた雑草が刈り取られ、とてもきれいになりました。

20170914栗畑の下草刈り後の様子5

下の写真は、「
今日」の下草刈りを始める場所の草刈り前の様子です。上の写真は、斜面の上から、そして、こちらは、下から撮った様子です(10:38 頃)。

20170913栗畑の下草刈り前の様子4

下の写真は、「
今日」の下草刈りを終えた栗畑の様子です。結構、雑草が絡み合っていたので、時間がかかりました(13:17頃)。

20170914栗畑の下草刈り後の様子6

下の写真、左は、下草刈り途中で見つけた「
ドングリ」です。たくさん実をつけていましたが、これって、熊の大好物の実でしたね。

今年も豊作で、熊の子が増えるのでしょうか。

下の写真、中央と右は、下草刈りを終えた頃の様子です(13:20頃)。ラベンダー畑まできれいに望む事ができるようになりました。

20170914下草刈り途中の様子ドングリ 20170914栗畑の下草刈り後の様子7 20170914栗畑の下草刈り後の様子8

下の写真は、栗畑の下草刈りマップを現しています。水色の線で囲われている範囲が、今日 2017.09.14 草刈りした場所です(
写真は Google Earth より)。

20170914栗畑の下草刈りマップ

下の写真、左は、カボチャ畑の様子です。赤い色をしたカボチャが数個茎についていました。こちらの方も、もう少しで収穫できそうです(13:22頃)。

中央は、山からの帰り道の様子です。雲はあるものの、青空が広がっていました(14:01頃)。

今日は、昼過ぎにばっぱの実家、増田へ向かう予定でした。栗畑の下草刈りに時間がかかり、お昼ご飯が遅くなったので、今日は、インスタントのカップラーメンでした。

下の写真、右が、そのお昼ご飯です。

20170914カボチャ畑の様子 20170914山からの帰り道の様子田んぼと空 20170914お昼ご飯インスタントカップラーメン

出発は、15:20 頃でしたが、その頃は、ハケで描いたような雲が広がっていました。下の写真、左は、出発直後の横山金足線へと右折する交差点前の様子です(15:33頃)。

今日は、帰りに味噌樽を三樽持ち帰らないといけなかったため、軽トラで増田まで向かいました。

高速道路は、心許なかったので、国道 13号線を埃蟷圓惴かいました。下の写真、中央は、横手市の四車線のバイパスへさしかかった頃の様子です(16:59頃)。

右は、広域農道を増田へ向かっていたときのリンゴ畑の様子です。色づいて来たリンゴがたくさん育っていました(17:15頃)。横手市、特に増田地区は、秋田県でも有名なリンゴの産地です。

20170914埃蠅料田へ向けて秋田市内 20170914埃蠅料田へ向けて埃蟷堝 20170914埃蠅料田へ向けてリンゴ畑

下の写真、左は、増田へ到着した頃の様子です(17:24頃)。写真は、月山神社祭典上町會所の様子です。およそ二時間ほどかかった事になります。

下の写真、中央のように、月山神社の祭典が行われていました。右は、ばっぱの実家から頂いた洋ナシとリンゴです。

20170914埃蟷堊田の月山神社祭典上町會所 20170914埃蟷堊田の月山神社祭典1 20170914頂いた洋ナシとりんご

薄暗くなってきた町内のあちこちには、月山神社の祭典を祭る風景を見ることができました。下の写真、左は、ばっぱの実家近くの玄関を開放し、祭典を祭る風景です(17:56頃)。

中央は、ばっぱの実家で、朝から作っていたお料理を持ち込み、食べているときの様子です(18:00頃)。ばっぱは、煮つけも作っていたようです。

写真が前後しますが、下の写真、右は、晩ご飯を終え、花火を見るために訪れた月山神社の様子です(19:38頃)。この頃には、すでに花火は始まっていました。

20170914埃蟷堊田の月山神社祭典2 20170914埃蟷堊田ばっぱの実家で1 20170914埃蟷堊田の月山神社

写真が前後しましたが、下の写真は、晩ご飯です。毎年、ご馳走になっています。

20170914晩ご飯

下の動画フレームは「
第94回 増田の花火」の様子を撮した動画です(19:48頃)。

今年も、大きな折り畳み椅子をお借りして、花火を楽しみました。その頃には、真上に「
夏の大三角形」を形作る星座が輝いていました。

2017.09.14 第94回 増田の花火 01/04(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
第94回 増田の花火」の様子を撮した動画です(20:23頃)。

だんだん北の空の雲行きが怪しくなってきました。あれほど快晴だった空が、少しずつ曇り始めていました。

2017.09.14 第94回 増田の花火 02/04(外部リンク YouTube)



下の動画フレームも「
第94回 増田の花火」の様子を撮した動画です(20:37頃)。

そういえば、天気予報では、21時には、降水量を記録する予報がでていましたが、先ほどまでの空模様からしたら、考える事のできない事でしたので、傘も軽トラに置いてきていました。

2017.09.14 第94回 増田の花火 03/04(外部リンク YouTube)



下の動画フレームは「
第94回 増田の花火」の最後を飾る「正二尺玉付 超弩級豪華特大スターマイン」の様子を撮した動画です(20:51頃)。

この二つ前のプログラムの頃から、小雨がパラパラ降り出してきました。少しずつ雨足が強くなり始め、最後のプログラムを残し、月山神社の方へ引き返してきました。

参道を走りながら帰ったのですが、その頃から少しずつ雨足が弱くなっていました。ちょうど、その頃には、最後のプログラムが始まろうとしていたので、空き地を見つけ、その様子を撮したのが下の動画です。

2017.09.14 第94回 増田の花火 04/04(外部リンク YouTube)



何とか「
大物打上の伝統 増田の花火 正二尺玉付 超弩級豪華特大スターマイン」を撮す事ができました(花火プログラム 60)。

○ 大物打上げの伝統「増田の花火」

・正二尺玉付超弩級豪華特大スターマイン

・菊花大柳星天地を満たす増田地域住民総参加のセレモニー
・横手市の発展を期し出羽の神々に稲華万穂と産業発展の恩を祈る第94回大火宴の千秋楽
・増田名物正二尺玉の打ち止め超弩級豪華特大スターマイン

○ 提供
・増田地域住民
・横手市

2016.09.14 半袖で観覧した第93回増田の花火 2016
2015.09.14 冷え込みが増し本来の寒さに戻った第92回増田の花火 2015
2014.09.14 第91回増田の花火 2014
2011.09.14 第88回増田の花火 2011
2010.09.14 第87回増田の花火 2010
2009.09.14 第86回増田の花火 2009
2008.09.14 第85回増田の花火 2008
2007.09.14 第84回増田の花火 2007

下の写真左と、中央は、その花火を写真におさめたものです(19:42頃、19:43頃)。

下の写真、右は、花火が終わり、ばっぱを向かいいに行ったときの様子です。増田のばっぱと一緒に撮した写真ですが、増田のばっぱは、92歳を迎えるのだそうです。

増田から秋田へ帰ったのは、24時を過ぎた 00:30 頃(2017.09.15)でした。

20170914第94回増田の花火1 20170914第94回増田の花火2 20170914埃蟷堊田ばっぱの実家で2

明日の最低気温は 16度、最高気温は 23度、そして、天気は「曇り時々晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.09.14 17:00発表)。

健康寿命を延ばそうツアー能代風の松原散策 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.08.20 アロマセミナーの課外授業22.4 / 31.4
○ 履歴 : 2010「2010.08.20 サルスベリの花とカモシカ
23.1 / 31.8
○ 履歴 : 2011「2011.08.20 草ボウボウのラベンダー畑の草刈り
20.0 / 28.3 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.08.20 連日続く残暑の中草刈りが始まる 2012
24.2 / 32.8
○ 履歴 : 2013「2013.08.20 秋田県内一部で局地的大雨を記録した翌日会津から秋田へ 2013
21.0 / 26.2 会津 22.8 / 29.1 秋田
○ 履歴 : 2014「2014.08.20 処暑を前に青空をほとんど望めなかった立秋の頃 2014
23.9 / 28.4
○ 履歴 : 2015「2015.08.20 残暑が残るも朝夕の気温が心地よいこの頃 2015
18.0 / 27.3
○ 履歴 : 2016「2016.08.20 猛暑日に近い34.4度を記録した秋田市 2016
24.9 / 34.4
○ 気温 : 昨日の最低 23.4(23:59)最高 29.2(11:53)24時
○ 気温 : 今日の最低 22.2(05:23)最高 30.1(12:40)24時 秋田
○ 気温 : 今日の最低 19.9(05:25)最高 29.6(12:28)24時 能代

201708202400Temperature

上の画像は、2017.08.20(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃には、25度台から 24度台、そして、夜遅くには 24度台から 23度台で推移し、23:59 には 23.4度の最低気温を記録していました。

今日未明の 01時になっても 23度台を示していましたが、その後は、明け方まで 22度台の気温が続いていました。

朝には、白い雲がかかり、ほんの少しだけ青空の見える空模様でしたが、少しずつその青空の割合が広がり始めていました。

雲に隠れていたお日さまも全開となり、気温の方もそれに従って上昇し、09時には 26.5度を示していました。

下の写真、左は、まだ白い雲で覆われていた 05:34 頃の様子です。今日は、一般社団法人、秋田白神コミュニケーションセンター(能代市)が主催する「
健康寿命を延ばし地域を活性化しようツアー(秋田地区在住の皆様へ)」がありました。

下の写真、中央は、そのツアーのお昼ご飯を用意しているときの様子です(06:51頃)。

昨夜、お店から少し離れた場所で、道路工事の音がかすかに聞こえていましたが、東口近くの東大通りで最終的な舗装工事が行われていたようです。右が、その道路の様子です。

朝から、ツアーの講師参加で、能代の「
風の松原」へ出発するため、JR秋田駅東口へ向かいました。

今回のツアーで、今年は、下記の通り、第三回目となります。

2017.07.09 真夏日の中健康寿命を延ばそうツアー二ツ森留山散策 2017
2017.07.01 健康寿命を延ばそうツアー石倉山公園琴丘クアの古道散策(三種町)2017

20170820外の様子朝 20170820お昼ご飯の弁当用意 20170820本舗装が始まった東大通り

下の写真、中央は、JR秋田駅東口のバスターミナルで待ち受けていた「
森林セラピーツアー」バスです(07:42頃)。

先発バスが、前に止まっていましたが、こちらのバスは「
埃螢曠奪彈穫体験ツアーバス」でした。魅力的な小旅行が毎日、JR秋田駅東口を中心に、開催されているのですね。

前々回は、霧雨のような雨が舞っていました。前回のツアーは、真っ青な青空が広がっていました。そして、今回は、空全体に雲が覆っていましたが、少しずつ青空が広がって来ました。

下の写真、左は、先発のバス、そして、中央は、今回のツアーバスの様子です。JR秋田駅東口を早めに出発し、秋田自動車道を通って来たため、予定より少し早く能代へ到着しました。

そこで、今回は、風の松原へ向かう前に、一度能代駅へ向かい、その後、風の松原へ一直線で向かうことのできる松並木の道路を通ってきました。

20170820埃螢曠奪彈穫体験ツアーバス 20170820森林セラピーツアーバス 20170820能代市国道から白神山地を望む

上の写真、右は、旧道を通り国道 7号線を横切り、国道 101号線を能代駅へと向かっているときの様子です(08:42頃)。

途中、緩やかな坂を上がり、そして、下るのですが、その上からは、真正面に白神山地が望めるのだそうですが、今日は、微妙でした。

下の写真、左は、能代駅のロータリー(08:46頃)、そして、中央は、能代駅を後にし、旧北高前、能代文化会館を経由し、松並木の街道を通り(08:54頃)、風の松原の出発地点となる「
サン・ウッド能代」の駐車場から望んだ風の松原の様子(09:13頃)です。

能代の町は、全盛時代、駅前には人があふれていたそうですが、現在では、シャッターを閉めた店舗が目立っていました。

JRの本線(奥羽本線)にある駅は、東能代駅で、能代駅は、五能線の駅として存在し、現在では、市街地の空洞化が目立っているとの事でした。

その辺りの周辺情報を、能代駅近くの高台にあった「
能代北高跡地」や能代文化会館などを経由しながらお伺いする事ができました。

駐車場に到着したときに、松の木が全体に左側へ傾いて、密集して立っている姿が印象的でした。そして、何より、曇り空だった天気が回復し、青空が広がっていました。

駐車場での準備体操を終え、いよいよ「
風の松原」の散策です。

20170820能代駅前ロータリー 20170820能代市風の松原街道 20170820能代市風の松原入口集合場所前

風の松原入口には、下の写真のような「
風の松原 6タイトル」の看板がドーンと立っていました。

今回の「
健康寿命を延ばし地域を活性化しようツアー」は、「森林セラピーツアー」であると同時に、その森林から放たれる「アロマ」にも親しんでいただくツアーでもありました。

2016.11.04 北海道から届いた一足早い精油のクリスマスプレゼント 2016
2009.02.27 主な樹木系の精油と芳香成分類

その二つの目的が、この看板に掲げられていたのにはビックリでした。

・森林浴の森日本100選
・かおり風景100選

20170820風の松原6タイトル看板1

風の松原は、もともと能代海岸の砂防林で、東西最大幅 1km、南北総延長 14km、面積が約 760ha という広大な広さを誇り、東京ドーム 163個分の大きさとなるのだそうです。

砂防林として、人の手で植えられ、育てられた 700万本ものクロマツが、厳しい海風や飛砂から能代のまちとそこに住む人々を守り続けているそうです(
頂いたパンフレットより(能代海岸砂防林 風の松原 秋田県 能代市 平成29年3月発行))。

20170820風の松原散策1 20170820風の松原散策2

風の松原の「
松原散策おすすめコース」が何カ所かありました。

・鳥居前コース
→ 3.4km 約40分
・陸上競技場コース
→ 3.3km 約40分
・サン ウッドコース
→ 2.9km 約35分

今回は、それらのコースの各ポイントポイントを組み合わせて、最後は、日和山五輪塔、方角石を通り、東屋で米代川と白神山地を望み、陸上競技場へと戻ってくるコースの散策となりました(午前中)。

上の写真は、サン・ウッド能代からスタートし、風の松原の散策を楽しんでいる様子です(09:52頃、10:06頃)。

写真が前後しますが、下の写真は、サン・ウッドから細い小径を抜け、車の通り道となる場所へ向かう前にあったコースの案内板です(10:08頃)。

途中から、茶色い色のラインを案内板の右側へ進み、日和山の五輪塔や方角石のある場所へ向かって進みました。

20170820風の松原案内看板

しだいに、青空が広がり、お日さまが強い日差しを放って輝いているのですが、風の松原の散策道には、木漏れ日程度の光が差し込むだけで、暑さが 2度程違うのだそうです。

ただ、この日の午前中は、風が弱く、その風の恩恵を受ける事はありませんでした。散策途中で、風の松原ガイドの会の安達さんをはじめ、もう三名の方々が、それぞれの分野での名ガイドをされていました。

もちろん、ひまわりの得意分野である「
アロマ」についてもガイドさんのお話の後に、お話しさせていただきました。

下の写真、左は、風の松原に自生している植物の中で、アロマと関連の深い「
香りのある小枝」です。クロモジともう一つが習ったのに忘れてしまいました。

クロモジよりもフンワリと柔らかく甘い香りがしました。中央は、風の松原に来る野鳥説明でした。前述のパンフレットには、「
風の松原で見られる動植物」として、たくさんの動物(主に野鳥)や植物の写真がおさめられていました。

あけびの実や、野ブドウ(ブスの実)、ヤブガラシ、こはぜなど、ひまわりが毎日通っている山でもお馴染みの植物たちもここには群生していました。

20170820風の松原木の枝の香り比べ 20170820風の松原野鳥観察写真 20170820日和山五輪塔

写真が前後しますが、下の写真、左は、日和山へ向かっている小径から望んだ「
クロマツ」の様子です(10:18頃)。メチャクチャクロマツが傾いているのがわかります。

浜風が強く、陸地の方へ向かって傾いているのですが、すごい傾き方でした。上の写真、右は、ガイドの「
安達さん」が、日和山の五輪塔についてガイドされているときの様子です(10:35頃)。

20170820風の松原散策3 20170820風の松原東屋から望む米代川

その五輪塔の向かい側(能代港)には、方角石がありました。下の写真、左は、その方角石です(10:40頃)。昔は、この先から海を望む事ができたのでしょうが、現在では、その海を見渡す事はできませんでした。

写真が前後しましたが、上の写真、右は、日和山の五輪塔、そして、方角石の後に向かった東屋から望んだ米代川(能代港)の風景です(10:48頃)。

東屋の真ん前には、ハマナスがあり、一部花も咲いていました。写真では見えませんが、写真の左側前方には、風力発電の設備が二基あり、その先には、白神山地を望む事ができるのだそうです。

実際に望んでみると、やや雲で隠れた部分もあったのですが、白神山地を見ることができました。

東屋から、陸上競技場の方向へ進んでいくと、下の写真、中央のような立て札と、右のような大きく太い古木を望む事ができました。

もともとこの場所は砂丘地帯で、江戸時代の初頭には、冬の季節風による飛砂で、農地などに大きな被害を受け、その飛砂防止対策が、1,700年頃に着手されたそうです。

1,711年頃には、回船問屋の越後屋(渡辺)太郎右衛門が、自費でクロマツを植栽し、1,738年頃までの間に、砂山林立を自費を投じて進め、以後三世代にわたり松を植え続けたとの事でした。

現在残っている古松群20本は、当時の面影を残し、風の松原の最古の貴重な松として現存している一本が、下の写真、右です(11:02頃)。

これは、先ほども登場した「
越後屋太郎右衛門」の松として、推定樹齢が 200年、能代で一番古い松ではないかといわれている松なのだそうです。

ガイドさん曰く、立て札には「
胸高(1.2m)の周囲が 3.08m とあるが、実際に計測してみると 3.5m はあった」とお話しされていました。

20170820日和山方角石 20170820能代の古木1 20170820能代の古木2

陸上競技場を通り、元の場所を通り過ぎ、いこいの広場まで進んだ所で、午前中の散策を終えました。広場の一角をお借りし、ブルーシートを敷き詰め、お昼ご飯前に、「
ヨガの体操」をしました。

午前中散策した事で、足の疲れをほぐし、リラックスさせるためのヨガ体操でした。講師の方は「
佐々木さん」でした。

その佐々木さんに従って、ヨガの体操をするのですが、体が曲がりません。体かた〜い・・・・

それでも、数回ほど同じ体操を繰り返したおかげで、少しだけ体が柔らかくなりました。

下の写真、左と中央は、ヨガ体操が終わり、昼食のいなり寿司弁当を食べているときの様子です(11:55頃)。

20170820風の松原お昼ご飯1 20170820風の松原お昼ご飯2 20170820風の松原散策4

さあ、お腹も充分ふくれたところで、午後からの散策が始まりました。下の写真(12:38頃、12:40頃)、そして、上の写真、右(12:42頃)は、いこいの広場から「
大森稲荷神社」へと向かっているときの様子です。

途中には、「
風の松原 6タイトル」の看板(下の写真、左)と、フィールドアスレチックの施設がありました(下の写真、右)。

20170820風の松原6タイトル看板 20170820風の松原散策5

午後には、ほとんど雲もなく、青空の中、風の松原を散策しました。それでも、クロマツに覆われた小径は最高でした。下の写真は、クロマツの間隔がとても広い場所での生育状況を確認したり、アカマツやこはぜのある場所にも足を運びました。

クロマツは、光の少ない場所では枝を伸ばす事ができないそうです。そのために、広い道路の両側にあるクロマツの道路側には、長く伸びた枝を確認することができました。

下の写真、中央が、その事をガイドさんの案内で確認しているときの様子です(12:53頃)。右は、こはぜが道なりに植栽されている道路の様子です(12:54頃)。

20170820風の松原散策6 20170820風の松原黒松の枝 20170820風の松原こはぜ

下の写真は、光を充分に取り込める広い道を二列になって、クロマツの枝の伸び具合を確認しながら進んでいるときの様子です(12:56頃)。

人にとっては、これでも、クロマツの枝によって、直射日光を避けることができました。

20170820風の松原散策7

下の写真、左は、クロマツではなく、赤松の並木道の様子です(13:03頃)。小さなアカマツとクロマツの苗を確認できましたが、アカマツは葉っぱが柔らかく、クロマツは、先端が尖っておりかたくて痛いくらいでした。

広い道路から、小径に沿って入りました。中央は、すでに紅葉が始まっていた植物の様子です(13:05頃)。

ガイドさんが立ち止まり、下の写真、右の実が何なのか尋ねられていました(13:15頃)。これは、どこかの民家から鳥が運んで来た種から育った「洋ナシ」のようなものだそうです。

この辺りは、砂丘地帯で、飛砂防止などのためクロマツを植栽しました。その結果、小鳥たちがこの風の松原に寄りつき、現在の環境が整ったといわれていますが、まさに、この洋ナシのような植物は、里山で見られる風景の一つで、この風の松原の特徴なのだそうです。

20170820風の松原赤松 20170820風の松原紅葉始まる 20170820風の松原ナシ

下の写真、左は、男鹿に通じるアスファルトの舗装道路です(13:18)。以前は、この道路は開放されていたそうで、車も自由に乗り入れすることができたそうです。現在は、別の迂回道路が完成し、閉鎖されていました。

中央も、上の写真、右と同じように、「山ブドウ」のような植物が育っていました。葉っぱがとても大きい山ブドウでした。このような見事に調和した環境も風の松原の特徴でした。

途中、クロマツの樹木の上の方では、意外と風が強く吹いていました。この風は「
松籟(しょうらい)」と呼ばれるそうで、「ざわざわと松の梢に吹く風」の事を意味するそうです。

ここでも、風の松原の「
音風景」を感じ取る事ができました。風の松原には、まさに「五感で捉えることのできる森」を感じとる事のできる魅力がありました。

下の写真、右は、この風の松原の小鳥たちにとってなくてはならない唯一の水場の様子です(13:30頃)。水道設備のある人工的な池なのだそうですが、小鳥たちの生命線となる池でした。

その後、元のゆとり広場へ戻り、鳥居前に出て、サン・ウッドの駐車場へ戻り、午後の散策を無事終える事ができました。

20170820風の松原男鹿へ向かう舗装道路 20170820風の松原山ブドウ 20170820風の松原唯一の水源

森林セラピーツアー」である「風の松原」の散策を終え、次の目的地は「砂丘温泉」でした。

一時間という充分な温泉タイムをとっていただき、散策の疲れを癒しリラックスすることができました。この施設からは、サンセットタイムには、日本海に沈む夕日を眺める事ができるそうですが、下の写真は、その温泉施設の様子(14:59頃)と、出発前の様子です(15:19頃)。

20170820三種町砂丘温泉ゆめろん1 20170820三種町砂丘温泉ゆめろん2 20170820三種町砂丘温泉ゆめろん3

帰りは、途中、道の駅での「
お買い物ツアー」も行われました。その後、秋田自動車道を経由して、元のJR秋田駅東口へ 17:41 頃到着しました。下の写真、左が、その時の様子です。

ちょうど、朝出発が同じ頃だった「
埃螢曠奪彈穫体験ツアーバス」も、ほとんど同じ時刻にJR秋田駅東口へ到着していました。

下の写真、中央は、「
健康寿命を延ばし地域を活性化しようツアー(秋田地区在住の皆様へ)」の「風の松原」散策を終え、帰って来たときの外の様子です。

秋田では、12:40 に今日の最高気温 30.1度を記録していたようですが、能代では 12:28 に 29.6度を記録していました。朝こそ曇りがちの空模様でしたが、その後は天気が回復し、素晴らしい天候に恵まれた一日でした。

20170820秋田駅東口へ到着 20170820外の様子夕方 20170820晩ご飯豚汁

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。キュウリのしょう油漬け、野菜タップリの豚汁、それに、セミナー受講生からいただいたシシトウの炒めもの、それから、サザエのアヒージョでした。

デザートは、いつものように、会津山都の甘い甘いスイカでした。

20170820晩ご飯シシトウ 20170820晩ご飯サザエのアヒージョ 20170820晩ご飯デザートの会津山都のスイカ

下の写真も、今日の晩ご飯です。おぼろ豆乳豆富、ヤムウンセン、ソースライス、それにいなり寿司でした。

20170820晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 22度、最高気温は 30度、そして、天気は「曇りのち雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.08.20 17:00発表)。

秋田竿燈まつり 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.08.05 秋田竿燈まつり 200923.0 / 27.9
○ 履歴 : 2010「2010.08.05 今夏初の猛暑日と虫の声
24.4 / 35.0
○ 履歴 : 2011「2011.08.05 猛暑日の中往復420キロの旅
24.0 / 35.6 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.08.05 真夏日が続く中コオロギが
24.3 / 32.1
○ 履歴 : 2013「2013.08.05 演技前少し小雨の降った竿燈まつり三日目 2013
22.7 / 30.3
○ 履歴 : 2014「2014.08.05 アルツハイマー型痴呆症とアミロイドβの関係
26.3 / 30.5
○ 履歴 : 2015「2015.08.05 ポケットに忍ばせ常備していた精油が役に立つ
22.9 / 32.5
○ 履歴 : 2016「2016.08.04 六日間続いた真夏日が途切れた日白梅酢漬けの土用干し 2016
22.1 / 29.7
○ 気温 : 昨日の最低 20.8(05:39)最高 32.2(14:13)24時
○ 気温 : 今日の最低 22.3(05:09)最高 32.0(12:24)24時

201708052400Temperature

上の画像は、2017.08.05(土)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、夜のはじめ頃でも 28度台から27度台を示していた気温が、21時には 25度台へ落ち着き、夜遅くには、24度台から 23度台を示していました。

そして、今日未明には、23度台から 22度台、さらに、明け方には 22度台の気温の続く中、05:09 には、今日の最低気温となる 22.3度を記録していました。

朝は、以外にも雲で覆われ、東の空の雲の切れ間から、わずかにお日さまが姿を現す程度でした。そのため、07時には 23度台だった気温も、09時には 26度台までしか上昇していませんでした。

下の写真、左は、空がまだ雲で覆われていた朝 06:11 頃の様子です。

ただ、昼前になると、朝の雲が嘘のように、真っ青な空になっていました。09時には 26度台だった気温は、10時には一気に 29度台となり、12時には 31.3度を記録していました。

下の写真、中央の左は、真っ青な空が広がり、30度台の気温を記録していた昼前 11:16 頃の様子です。

そして、昼過ぎの 12:24 には、今日の最高気温 32.0度を記録していました。今日で、連続八日間の「
真夏日」が続いている事になります。

昼過ぎになっても素晴らしい青空と 31度台の気温が続いていましたが、15時には 30度台となり、暑さのピークは過ぎたようです。

下の写真、中央の右は、まだ 31度台から 30度台を記録していた昼過ぎ 14:25 頃のラベンダー畑から望んだ青空の様子です。

日蔭は気持ちがよいのですが、直射日光の当たる場所では、厳しい暑さで、カボチャの葉っぱもしおれかけていました。

夕方になっても、素晴らしい青空が広がっていましたが、16時には 30度を下まわる 29度台、そして、18時には 28度台まで下がっていました。

そんな中でも、少しずつ風が吹いてきたため、意外に過ごしやすく感じました。

下の写真、右は、昼間の炎天下の中と勘違いしそうな夕方 17:03 頃の様子です。

そして、夜のはじめ頃には、27度台から 26度台、26度台から 25度台と下がっていく中、風の影響で、その暑さを感じさせることはありませんでした。

ただ、夜遅くなるとその風がパッタリと途絶え、25度台から 24度台で推移している割りには、湿度が高く、再び暑さを感じるようになっていました(24時 24.7度 86%)。

20170805外の様子朝1 20170805外の様子昼前1 20170805外の様子昼過ぎラベンダー畑 20170805外の様子夕方

下の写真は、山から収穫してきたミョウガを甘酢漬けしたものです。きれいな色が出ています。

20170805ミョウガの甘酢漬け

下の写真、左と中央は、朝 06:16 頃と、昼前 11:17 頃の様子です。

同じ場所から撮した東通りと空の様子ですが、朝は、雨が降り出しそうな曇り空、そして、昼前は、真っ青な空の様子です。同じ風景でも、天気により、これほどの違いがありました。

ちなみに、06時には 22.7度、そして、11時には 30.7度を記録していました。

20170805外の様子朝2 20170805外の様子昼前2 20170805お昼ご飯ラーメン

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。昨日とったスープでしたが、まだまだ美味しく自家製スープのラーメンを食べることができました。

20170805お昼ご飯

下の写真、左は、すべて自家製の野菜で作ったお料理です。キュウリがっこ、インゲン豆の炒め煮、ミョウガとキュウリとナスのだし、インゲン豆の白和え、そして、ナスの蒸し煮でした。

昼前から素晴らしい青空が広がり、気温も急上昇していました。

今日の最高気温は、12:24 に記録した 32.0度でしたが、下の写真、中央と右は、その頃の炎天下の中、夏咲く花の象徴でもあるハイビスカスの葉っぱがグッタリとしている様子、そして、元気に二つ目の花が咲き出してきたエキナセアの様子です(12:50頃)。

20170805お昼ご飯自家製野菜の料理 20170805ハイビスカスの葉が暑さでグッタリ 20170805エキナセアの花

そんな中、今日は、31度台の気温が続いていた昼過ぎに山へ向かいました。下の写真は、田んぼの稲に変化が起こり、出穂と花が咲き出していた様子です(13:20頃)。

毎年、竿燈の始まるこの季節に、このように出穂(しゅっすい)と花が咲いてくるから不思議です。

20170805山へ向かう途中の様子出穂

下の写真、左は、その田んぼと空の様子です。梅雨が明け、連日 30度を超す日が続いていました。

中央も、山へ向かう途中の様子です。こちらの方は、草ボウボウとなっていた休耕田の草が刈り取られていた様子です(13:24頃)。おそらく、ロール状に巻かれて、冬の、牛の保存用のエサとなるようです。

20170805山へ向かう途中の様子田んぼと空 20170805山へ向かう途中の様子雑草の刈り取り 20170805野菜畑の様子

上の写真、右と、下の写真は、野菜畑の入り口付近と、その周囲の様子です。昨日、周囲の草刈りを終え、スッキリしましたが、この炎天下の中、刈り取った草が枯れ始めてよりいっそうきれいになっていました(13:50頃)。

20170805昨日草刈りを終えた野菜畑周辺の様子

昨日の草刈り中には、あけびの実を確認しませんでしたが、木陰にいってみると・・・・

ありましたありました。下の写真、左のようになっていました。

野菜畑のキュウリは、メチャクチャ暑いお日さまの光を受け、葉っぱがグッタリしていました。そんな中、収穫した野菜が、下の写真、右です(14:08頃)。

20170805山の様子あけび 20170805野菜畑暑さでグッタリのキュウリ 20170805今日収穫した野菜

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です(14:25頃)。カボチャも、直射日光を受けている場所の葉っぱは、すべてグッタリしていました。

この暑さ、しばらく続くようですが、何とか堪え忍んでもらうしかありません。

20170805ラベンダー畑の様子

今日も、昨日に引き続き、草刈りを予定していました。今日は、特別暑かったので、日蔭となっている場所の草刈りを行いました。下の写真は、草刈り前の様子です(14:40頃、15:11頃)。

20170805草刈り前の様子1 20170805草刈り前の様子2 20170805草刈り前の様子3

野菜畑から山の入り口へと続く道路を中心に草刈りしました。この辺りは、すでに日蔭となっていたので、直射日光の影響はほとんどありませんでした。

下の写真は、草刈りを終えた後の様子です(15:10頃、16:22頃)。下の写真、左の草刈りでは、昨年、蜂に手を刺されて大変な思いをしていたので、慎重に草刈りを進めて行きました。

今年は、その蜂を見ることはなく、無事作業を終えることができました。

20170805草刈り後の様子1 20170805草刈り後の様子2 20170805草刈り後の様子3

下の写真、左も、草刈り後の様子です(16:19頃)。山の入り口の様子ですが、クズの茎と葉っぱがツバキや他の樹木を覆うほどに成長しており、それらを刈り取るのにとても難儀しました。

中央は、昨日までにきれいに草刈りの済んでいた場所の様子です(16:24頃)。

下の写真、右は、山からの帰り道の様子ですが、先ほど刈り取られていた休耕田の草が、ロール状に巻かれ、それを運び出しているところでした(16:47頃)。

この炎天下の中、大変なお仕事ですね。ロール状の大きな草の束を押している姿を確認できます。

20170805草刈り後の様子4 20170805山の様子先日草刈りの済んだ場所の様子 20170805山からの帰り道の様子刈り取った草を丸める作業

一昨日 2017.08.03 から「
秋田竿燈まつり」が開催されていましたが、草刈りを早めに切り上げ、山から戻り、今日の夕方、まつりを見に出かけてきました。

下の写真、左は、出発する直前の様子(18:44頃)ですが、この頃でも 28度台から 27度台という気温でした。それでも、心地よい風が吹いており、体感的には、暑さをそれほど感じることはありませんでした。

中央は、自転車で会場まで向かっている様子です(18:53頃)。秋田駅の東側と西側を結ぶ明田地下道の様子ですが、南大通りに向かって大渋滞が続いていました。

車が多い割りには、歩道などを歩いている人は少なく、車とは違い、自転車でスイスイ会場へ向かうことができました。

下の写真、右は、その竿燈の様子です(19:35頃)。今回は、会場入口というよりも、入口から少し離れた場所で竿燈を楽しみました。

20170805外の様子夕方2 20170805竿燈まつりへ 20170805竿燈まつり1

下の動画フレームは「
秋田竿燈まつり(2017.08.05)」が行われていたときの動画です。

会場でも風が吹いていました。観客の皆さんにとってはありがたいことなのですが、演技者の方々にとってはやっかいです。そんな中で、その風の影響か、倒れてしまう竿燈もありました。

2017.08.05 秋田竿燈まつりの様子 1/3(外部リンク YouTube)



下の写真も、「
秋田竿燈まつり(2017.08.05)」の様子です。

それにもめげず、皆さん、一生懸命竿燈の演技を続けられていた姿が印象的でした。むしろ、その風を逆手にとって演技をされている方もいらっしゃいました。

20170805竿燈まつり2 20170805竿燈まつり3

下の動画フレームは、その風の中、その風を逆手にとって名演技が繰り広げられていた「
秋田竿燈まつり(2017.08.05)」の動画です。

竿を追加して長く、高くした竿燈を、この風で、他の竿燈が倒れる中、バランスよくコントロールして、肩や腰などにその竿燈をのせ、扇子を仰ぐ演技者の方の姿を捉えています。

まるで、風を受けた帆のように竿燈が見えました。

2017.08.05 秋田竿燈まつりの様子 2/3(外部リンク YouTube)



下の写真、左と中央も、「
竿燈」の様子です(19:35頃、19:49頃)。

第一回目の演技を終え、二回目の演技が始まった頃に、会場から離れ、晩ご飯にしました。下の写真、右は、神社境内から東の空に輝くお月さまを望んだ様子です(19:59頃)。

20170805竿燈まつり4 20170805竿燈まつり5 20170805竿燈まつり6

下の写真は、今日の晩ご飯です。焼き鳥屋さんで晩ご飯にしました。35年以上前だったと思うのですが、その時に一度伺った事がありましたが、柔らかくてコクのある焼き鳥は今でも変わっていませんでした。

20170805晩ご飯焼き鳥屋さん1 20170805晩ご飯焼き鳥屋さん2 20170805晩ご飯焼き鳥屋さん3

下の写真も、今日の晩ご飯です。チャーハンに焼き鶏肉でした。今日は暑かったので、ビールがすすみました。

20170805晩ご飯焼き鳥屋さん4 20170805晩ご飯焼き鳥屋さん5 20170805晩ご飯焼き鳥屋さん6

下の写真は、帰りにもう一度見ることのできた竿燈の演技です。南大通りを帰って来たのですが、市民市場近くの交差点を戻って来た竿燈がありました。

この近くの「
南通り竿燈会」の皆さんでした。

20170805南通り竿燈会3 20170805南通り竿燈会3 20170805南通り竿燈会4

上の写真、中央右、そして、下の写真は、戻り竿燈として、町内に戻った「
南通り竿燈会」の皆さんが、再びおはやしにのって、竿燈の演技を始めた頃の様子です(21:22頃)。

20170805南通り竿燈会1

下の写真も、そのおはやしにのって、戻り竿燈が始まった頃の様子です。子どもたちの竿燈と大人の方たちがあげる竿燈の演技でした。

20170805南通り竿燈会2

下の動画フレームは「
秋田竿燈まつりの戻り竿燈(2017.08.05)」が行われていたときの動画です。

残念ながら、大人の方たちがあげる竿燈が倒れ、出遅れてしまった中、子どもたちの名演技が目を引きました。

2017.08.05 秋田竿燈まつりの様子 3/3(外部リンク YouTube)



明日の秋田の最低気温は 23度、最高気温は 33度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.08.05 17:00発表)。

秋田を襲った記録的な大雨と雄物川氾濫の影響 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.24 こども科学電話相談面白いなぁ22.2 / 28.0
○ 履歴 : 2010「2010.07.24 PC-LL5504Dのキーボード
25.4 / 29.1
○ 履歴 : 2011「2011.07.24 もうコスモスの花が 2011
21.6 / 28.2 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.24 抗炎症作用と電子座標系グラフ上の芳香成分類との関係
20.4 / 26.7
○ 履歴 : 2013「2013.07.24 鉢植えラベンダーの置き場所整理
21.7 / 26.2
○ 履歴 : 2014「2014.07.24 大暑の頃暑中お見舞い申し上げます 2014
21.2 / 28.4
○ 履歴 : 2015「2015.07.24 二日続けて梅雨空のうっとうしい天気 2015
23.3 / 25.0
○ 履歴 : 2016「2016.07.24 快晴の中草刈り途中蜂に刺される 2016
19.7 / 30.7
○ 気温 : 昨日の最低 23.0(06:17)最高 27.5(09:15)24時 会津
○ 気温 : 昨日の最低 20.3(06:16)最高 25.9(16:04)24時 秋田
○ 気温 : 今日の最低 22.3(05:02)最高 27.2(13:35)24時

201707242400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.24(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、会津から戻りましたが、秋田は、24度台から 23度台、そして、24時には 22度台となっていました。

今日未明から明け方にかけても 22度台が続き、05:02 には、今日の最低気温 22.3度を記録していました。

雨は降っていませんでしたが、ドンヨリとした曇り空の朝に、一時、小雨が舞う事もありました。それでも、雲の切れ間から青空が見え隠れし、その隙間からお日さまが姿を現すようになり、23度台だった気温は、09時には 25.2度を示していました。

昼前になっても、相変わらず雲は多かったのですが、お日さまが時々姿を現していました。それでも、気温は 26度台までしか上がらず、12時には 25度台まで下がっていました。

昼過ぎになると、少しだけ広がっていた青空は姿を消し、再びドンヨリとした雲が空を覆う様になっていました。下の写真、左と、中央の左は、昼過ぎ 13:30 頃、そして、15:48 頃の様子です。

雨が降り出しそうな空模様だったにもかかわらず、気温の方は、26度台から 25度台を示し、13:35 には、今日の最高気温 27.2度を記録していました。

そして、夕方になると、一時雨が降り出し、26度台だった気温が 24度台まで下がっていましたが、湿度が急に高くなり、むしろ蒸し暑く感じました。

それでも、雨は長続きする事なく、その後は、少しずつ西の空が明るくなっていました。下の写真、右は、雨もあがり、西の空が明るくなり出していた夕方 18:34 頃の様子です。

夜のはじめ頃にかけても 24度台が続いていましたが、湿度が低くなると、とても冷たい風が窓から入って来て、夕方とは全く対照的でした。

夜遅くには 23度台となり、24時には 22度台まで下がっていました(24時 22.7度 83%)。

20170724外の様子昼過ぎ1 20170724外の様子昼過ぎ2 20170724外の様子夕方1 20170724外の様子夕方2

一昨日から昨日の朝まで降り続いた雨は、記録的な降水量を記録し、秋田県内各地では、避難指示や勧告が四万世帯を超え、浸水や土砂災害をもたらしていました。

下の写真、左と中央は、その様子を伝える新聞紙面です(
2017.07.24 秋田魁新報)。

特に、秋田県の南部から、大曲の花火で有名な大仙市、そして、秋田市内まで流れる雄物川の氾濫により、広範囲な浸水や土砂災害が発生していました。

雄物川氾濫 記録的大雨」というタイトルでしたが、大仙市の神宮寺地区と峰吉川地区の雄物川が氾濫し、その間に位置する刈和野地区でも川の水があふれたという事でした。

この辺りは、大仙市と秋田市を結ぶ国道 13号線、秋田新幹線が走っていましたが、13号線は、昨夜、通行規制が解除されたようですが、新聞記事では「
こまち区間運休 復旧めど立たず(秋田 - 大曲)」と、秋田新幹線こまちの「秋田盛岡間」では、終日運休となっていました。

秋田新幹線では、氾濫もあったのかも知れませんが、大雨の影響で、大仙市の峰吉川駅近くの線路下の土砂が流出している写真と記事が載っていました。

・・・・・・ 以下、2017.07.25 07時現在の情報です ・・・・・・

2017.07.24(今日)の秋田大曲間は、バスによる代行輸送が行われ

● こまち 月内(七月)再開目指す
○ 2017.07.25から復旧工事完了まで
・臨時快速列車 こまちリレー号を運行
→ 秋田 - 大曲間では、「こまちリレー号」を走らせ、在来線の運転も再開させる
→ 大曲 - 東京(一部は仙台)間では「こまち」を一日七往復運行
2017.07.25 秋田魁新報より

・・・・・・ 以上、2017.07.25 07時現在の情報でした ・・・・・・

新聞では、お店からほど近い場所「広面(ひろおもて)地区」でも、近くの太平川の氾濫で浸水した様子が報道されていました。

その様子は、下の写真、中央の一番上の写真ですが、道路が冠水し、車も取り残されている様子が写っていました。

今日は、昼前から昼過ぎにかけて、植物療法(フィトテラピー)のセミナーが行われました。下の写真、右は、今日学んでいただいた内容の一部です。

20170724朝刊秋田記録的大雨1 20170724朝刊秋田記録的大雨2 20170724植物療法セミナー

下の写真は、今日のお昼ご飯の台湾まぜ麺です。

20170724お昼ご飯

できあがったときに、お客様がみえられ、まぜ麺が少し乾燥し、絡んでしまいました。そして、自家製のナスがっこです。

20170724お昼ご飯台湾まぜ麺 20170724お昼ご飯ナスがっこ

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、マグロのフライ、乾燥ダイコンとヒジキの煮つけ、ナスの油炒めでした。

20170724晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。ナスがっこ、そして、キャベツと油揚げのみそ汁でした。デザートはパイナップルにスイカでした。

20170724晩ご飯ナスがっこ 20170724晩ご飯キャベツと油揚げのみそ汁 20170724デザートパイナップルとスイカ

下の写真は、夕方放送されていた地元のNHKテレビ「
NEWS こまち」ですが、雄物川の氾濫による浸水被害は「大仙市だけで、神宮寺 〜 強首 計14キロで確認」というニュースが放送されていました。

右は、18:59 頃の秋田市内の様子を伝えるテレビの様子です。夕焼け空を望む事ができました。

20170724お酒 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨1 20170724NHKニュースNEWSこまち

下の写真は、19時から全国放送された NHKテレビで、秋田の様子を伝えるニュースの様子です。

下の写真、左は、氾濫前、中央は、氾濫後を比較する画面、そして、右は、秋田新幹線の線路下の土砂が流出している様子を伝えるニュース画面です。

同じ秋田県内ではありますが、被害に遭われた方々へ心よりのお見舞いを申し上げます。

また、ひまわりが秋田ということで、お見舞いの電話やメールもいただきました。心より感謝申し上げます。

20170724NHKニュース秋田県記録的大雨2 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨3 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨4

明日の秋田の最低気温は 20度、最高気温は 29度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.24 17:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ