for you

その髪に触れる指の先に全ての思いのせて
照れたように微笑う君に気づいてほしくて…

毎日の暮らしの中で
流され過ぎ行く時間

忘れないで会えないときでも
僕は君の側にずっといること

静かにただ側に
君の温度伝わるだけで
心満たされるようになったのは

泣きもがきいくつもの眠れぬ夜があり
失い得てきた日々繰り返してきたから


その瞳に映る僕は優しく笑んでる
君が思うよりずっと僕は君が好きだと
気づいてほしくて


空間の中で…

太陽になれたなら
心に陽を燦々と

パワーとなってあげられるかな

月になれたなら
心に癒をたぷたぷと

安らぎになってあげられるかな


小さな星屑は闇のなか
雲の切れ端と共に夢を見る


気づいてさえ貰えない
悲しみに消えてしまわないよう


いくつもの物語を創り痛く笑む


物語の中のあの人はいつも温かな笑顔で
優しく星屑を手のひらに包むから


叶わない夢に涙しても
雨さえ生めない星屑が歌うのは


…愛の歌



太陽に月に愛されますようにと願う


…愛の歌

闇に染まる

優しさも
笑顔も

希望も
未来も


ここにある


なのに


全てを棄てても

欲しいものがある


「ヒト」にしかない感情が


「ヒト」でしか成り立たない


繋がりを簡単に壊す


信頼が裏切りに 


嫉妬に妬みに


変わるのは一瞬



保身と優越感


満たされるのも 刹那



後悔の思いも

恨みも 復讐も

切望も 嘆きも

懺悔も 許しも


全ては愚かな「生き物」にのみ

与えられた 業


くり返される

悲話は


アイシテル・・から始まる






整理整頓

少しは身の回りを整理しましょうかと

重い腰を上げ

勇気を出し

動いた結果

なにも変わらず

そのことに

更に雁字搦め

Jesus

闇に堕ちる
絶望の呪文

jesus・・

救いも
癒しも

叶わない

狂気の叫び


もがき苦しむ姿を

深く悲しい色をした
慈悲深くと

見せかけた

偽りの瞳で見つめるだけ




繰り返し

散りゆく


ゲームの駒


もがき

足掻き

蠢く


運命は変えられると

最期まで

信じ

戦い

切り裂かれる

身体




「ヒト」と名づけられた


創りものが 抗う


愚かさを

楽しむ



Jesus・・


オマエノオモウトオリニ

キエユク


ボクノサイゴノトキ

アツクツモルユキノナカ

ソマル チノウミ


長い 

長い

物語の

刹那


永遠とも思えた 刹那


創造主

jesus


僕を 抱きしめて



旅立ち(闇にさえ棲めず3)

追われたどり着いたという

この寒く濡れた闇


永遠ともいえる

生命の苦痛に

犇めき合う小さな世界

支配のない安堵は
不安を増幅させ

身を寄せ合い
確かめ合う たしかに生きていると

なんのために

先の見えない永遠の絶望を

なんのために

抱えて

なんのために

自ら降ろせない幕引きを

持って僕達は

「ここ」で彷徨う


犇めき合う同族から
ひとり外れて


自分の身体を抱きしめて

確かめるしかない 生きている存在

孤独




なんのために



闇と光の狭間へ


僕は 歩き出す・・









イミヲオシエテ(闇にさえ棲めず2)

紅と漆黒の呪詛が這う以外

暗闇で碧く瞳が光る以外

僕は アレ と同じ


決まった

姿形がないことに


なんの差別のないはずの

種族の中で


欠けがない

余分がない


僕だけ異端


怖れられているのか

厭われているのか

崇められているのか


この暗闇の中


ただ 孤独なだけ

 
ボクハダレ

ナゼココニイルノ


ココニイルイミハアルノ

アレ ハソンナニ

ニクムベキモノナノ


ナゼ ボクハ


コノスガタデウマレタノ


オシエテ







闇にさえ棲めず(闇にさえ棲めず1)

まるく大きな 紅い月の夜

月さえ届かぬ 闇の奥底で

一匹の生き物が誕生した


決まった形のない 種族の中でも


その姿形は異様であった

あまりにも

「人」と変わらぬ


それは 不吉さを伴い


この 平穏が 束の間で終わる 前触れの証として


暗闇に光る 無数の瞳の中

絶望の空気を纏う

光を浴びて

大切な・・

守りたい・・

側にいたい・・


そんな 僅かな宝物を

失わないために



僕の血がいくら流れても

痛みなど感じない


命奪われても

倒れたりしない


だから 笑って


お前の笑顔が

僕の光


失った魂の変わりに


僕の身体を満たして






欲しいうで

楽になりたいなら

方法はいくらでもあって

ただ笑ってるだけ

それだけでいいなら
受け入れれば叶う
差し伸べる手があって

だけど

泣いて 痛んで 傷ついて 壊れて

そんなことの繰り返しでも

最期に一度 僅かに微笑むことができるなら

側でお前も微笑んでくれるのなら


誰もいらないんだ


僕が欲しいのは

お前のうで・・だけ



破滅の呪文

僕の中に眠る

願いが目を醒ましたとき

動き出す歯車が

軋んだ音を立て

不協和音を奏で続けるのか

滑らかな音色に変わっていくのか


動き出さないと わからないから


月の魔力の力を借りて

言葉にしてみようかな


「お前が好き・・だよ」




君へ・・

僕の気持ちを
素直に伝えたなら

君はどうするだろう

一瞬 目を見開いて

そして・・

僕の大好きな微笑みを浮かべて

そして・・

そして・・


困ったように眉下げる・・かな

それとも・・

なんて あるわけないよね


君は僕の大切な人

それは わかってくれているはず


できたなら

最期の時まで

一緒にいたいと

ううん いる と

信じているって 知っているはず


それだけで

よかったはずなのに

なんで

僕は・・


この一言を言ったなら


信じていた 最期の時が

幻になってしまうのに


もっと 君を・・


なんで 欲しくなるの?

今も僕の側で

穏やかに微笑んでいる


君へ


―抱きしめて―


って 心の中で繰り返す


この 気持ちを

抑える術を


ねぇ 教えてよ




月に沈む

昨日の月は 妖しく静かに 大きく 存在してた

星に願いを
月に祈りを

もっと近くにあなたを感じたい

月に抱かれ(イダカレ)深く沈みたい


妖しく囁く月の夜は


正しく機能しようと足掻く

回路を簡単に狂わせて

私をどこに導くのでしょう・・

心のままに

夢は叶えるもの
思い描ける夢は実現できるから

でも そのためには

願い続けているだけじゃダメで
思い続けているだけじゃダメで
待っているだけじゃ 叶うことはなくて


実現のために
勇気を出して

自ら 先へ


進むことを躊躇うのなら
夢見ることを諦めて

逃げ込んだ妄想の世界で幸せになる

そんな笑える不幸せなまま

終わればいいさ



心のままに

動けるなら

僅かでも

近づける

それでも


漂う 妄想と夢の狭間


いつか 必ず


今は その思いが

精一杯

哀戦士

辛い時でも
痛み抱えていても

待ってはくれない

立ち止まることはできない

目の前の暗い闇に

飲み込まれず

正面から

切り裂いて 

僅かな 光の裂け目に

飛び込んでいくだけ


止まらない 時間は

小さな魂の内側など

気にとめることもなく


揺ぎ無く

ただ 不変に時を刻む


僕が 戦い

宙に還る日の朝も


ほんの少しも狂うことなく


そう 今日と同じように














美醜

右の頬を打たれたなら
僕は・・

また 右の頬を差し出す

右頬には悪いけれど
痛みは 全て君にまかせて

左を差し出したなら
繕えないだろう?
見破られてしまうだろ?

綺麗なままの左の横顔だけを見せ
薄く笑みを浮かべていれば

僕の痛みも
壊れそうな心も

隠しておけるだろ?

ほら誰も 僕が 
もうすぐ崩れ落ちるだなんて
思いもしていない

大切な人が不安に思わないように
心配しないように

どうしても与えてしまう
防ぎようのない悲しみは刹那
僕が消える瞬間だけでいい


右頬を打たれても 打たれても
痛みさえ感じることがなくなっても

視界が奪われても
血が溢れ出ても
面影さえ残らなくなっても

僕は

最期の瞬間まで
笑みを絶やさない

綺麗な僕の微笑んだ左の横顔を
記憶にいつまでも留めていて欲しいから





白い悪魔

いつも笑っていたから
気づかないでいた

お前が背負っているもの

「・・お まえ」

頭の中に収めるのに苦労したよ

だけど 信じないわけにはいかない

いつも笑っているお前の瞳から
涙が零れているんだから

例え理解できない内容だったとしても
信じるしかない だろう?

「証拠な」

そう言いながら背を向けて脱ぎ捨てたシャツ

「あ・・ぁ 綺麗だな」

窮屈そうにたたまれていた それ は
伸びをするように大きく開いた

「想定外のセリフ それ」

ほんの僅か いつもの優しい笑顔が覗く

「驚きすぎるとリアクションてとれないのな」

ほんとに驚いたから あまりに美しすぎて

「悪魔の羽根も白いのかよ」

「みたいだな て驚く箇所はそこかよ」

あるよ もうひとつ
驚いたというより 信じられないことが

「還る? いつ?」

「もう時期」

俺の前からいなくなる?

「お れを連れてく?」

お前が望むな ら

「まさか」

なんで

「じゃなんで話した」

−たださ ひとりでいい本当の俺を俺がいたことを 覚えていて欲しかっただけ−

独り言のように呟く お前の澄んだ瞳はでもしっかり俺を捕らえてる

「・・天使 だろ?」

「いや 輪っかないし」

「じゃ 尻尾あるのかよ」

「それもないけどさ」

いつもと同じ軽口の応酬
お前がなんだって変わらない

やっと 動き出した頭は
ただ一つの思いだけを繰り返す
強く 強く俺の感情を揺さぶる

お前と笑い合うことが出来なくなる
嫌だ 嫌だ 嫌

いつも隣にいるそう信じてた

このままずっと

ずっと

「泣くなよ」

包みこまれる
長い腕と 大きな羽根で

こんなに優しい悪魔なんて
笑っちゃうね

そう思うのに涙が止まらない

「お まえも覚えていていてくれるか」

「もちろん 忘れない」

「俺が死んだら 逢える?」

「どうかな お前こそ 天使になりそうだし」

「黒い羽根のか」

泣きながら笑いあって

また出逢う時まで忘れない
白い悪魔の優しい笑顔と体温

「天使と悪魔で密会しような」




















その道の

ただ我武者羅に
道なき道を
先頭を切って突き進む

僕がここにいる意味を
捜し求めて

一緒にいてくれる仲間と供に

振り返らず先へ 先へ

顔を下げずに真っ直ぐ前を向いて

時折 すぐ隣に視線を投げて

僕は ため息をついて
僅かに速度を緩める

隣を同じ速度で歩いて欲しいのに
ほんの少し心細くなったとき

お前の笑顔を見れば
お前の体温があれば

それだけで いいのに

気づけば僕の後ろにいる

落とした速度に
早足で 追いついてきては

フワリと僕を優しさの空気で包んで

また少しづつ僕の隣から遅れていく

その繰り返しに

とうとう僕は歩みを止めて振り返った

時間って限られているんだよ
のんきに歩いてる暇なんて
ましては 立ち止まってる時間なんて

お前は 僕と同じ速さで
歩いていけるのに
なにしてるの?

そう 言うつもりで





・・・気づいてなかった
こんなことしていたなんて

思ったことなんてないんだよ

僕が・・

切り開き 突き進んできた後には

仲間が歩きやすいような
そんな・・道が出来ている
そう思ってた

草木を踏み荒らし
小さく息づく動物達を脅かしていたなんて

仲間でさえ
力尽きそうになってることに

そんな草木に手を添えて
脅えを癒すように抱きしめて

仲間に手を差し伸べて肩を貸して

そんなお前を
呆然と見つめる僕を

立ち止まった僕を

不思議そうに
心配そうに

それでも微笑みながら

先に行け と

大丈夫だから と瞳が語る



ただ我武者羅に
道なき道を
先頭を切って突き進む

お前が僕の後ろから
僕を守ってくれるから

振り返らず先へ 先へ

顔を下げずに真っ直ぐ前を向いて

隣にいなくても

安心して進んで行かれる
必ず 追いついてくれるから

距離が長くなったって
迂回すればいい

道は初めからないんだから
草木も生えぬような
生命が住めないような
そんな場所を突き進めばいい

一人きりたどり着きたいわけじゃない

仲間と
なによりお前と

一緒じゃなくちゃ 
意味なんてないから

見つかるはずがないから


オアシスを見つけたなら
束の間
そこで癒されればいい

その時には思い切り抱きしめてくれるだろ?

僕はお前に癒されて

さぁ また行こう

この日々が・・

瞳が合えば微笑んでくれる
名前を呼べば優しい声で
呼び返してくれる

甘えたくなったら
抱きしめてくれて
イライラをぶつけてしまっても
ごめんね・・となんでか謝って
大丈夫だよ・・と髪を撫でてくれる

僕の一部に君はなってしまっていて

この日々が永遠に続くと
そう信じさてくれるから

だからこそ怖くて

僕にこんなに幸せな時間は
似合っているのかな?

満たされて
声をたてて笑うこと
僕には許されているのかな?

なぜ君が僕の元へ使わされたのか

その意味を知ることができるのは
きっと最期の時

そのとき 君は
僕の側に いてくれる

そうでしょ?

―もちろん―

そう言うように
微笑み 優しいキスをくれる

君が許してくれるなら
この日々は永遠・・








僕の光

強く吹き荒れる風 叩き付ける雨

突如 差し込む陽光 流れ去る雲

僕の中に潜み 収まり切れず溢れだす
いつかの世界の記憶にお似合いのこの天候は

僕を 尖らせ 研ぎ澄ませ 高揚し興奮して
目覚めてしまいそうになる

いつかの世界の記憶の中の僕は…
圧倒的な力と支配力で
思うがままの…
混沌と殺戮の世界を

愛も夢も希望もない

ただ僕の
ゾクゾクとする黒い満足感と
足りない・・もっと・・飢えた欲望を
満たすためだけに

狂わせた世界


僕の心の中にある闇を
覚醒させないで

朱の色に興奮する僕を

あの高揚感を思い出させるな


誘惑に抗って手を差し出す

受け止め抱きしめてくれる
温かな胸
優しい囁き
愛しい笑顔
僕の大切な光

お前がいてくれる限り

僕は・・大丈夫
ましろ
Categories
俳句
あなたの思い

美散の想い

<
<<
list

あなたの想い

>
>>
random

想いを綴るWeb Ring

Amazonライブリンク
訪問者数

  • ライブドアブログ