僕の中に眠る

願いが目を醒ましたとき

動き出す歯車が

軋んだ音を立て

不協和音を奏で続けるのか

滑らかな音色に変わっていくのか


動き出さないと わからないから


月の魔力の力を借りて

言葉にしてみようかな


「お前が好き・・だよ」