先日ご紹介した巻き線機。そのままでは少し使いづらいので改良を行います。


私新谷がラムトリックカンパニーでsonicのJupiterシリーズやLegendシリーズのピックアップ試作開発を手がけていたころ旧モデルを使用していたのですが、スチュマックの巻き線機に付属する鉄製の棒は、結構傷が多かったり表面に凹凸があってそこにコイルワイヤがひっかかるのです。


すると巻き上がるコイルの形もいびつになりますし、そういった傷がさび始めると製作途中で断線するトラブルに見舞われます。


巻き線機を入手したらまず真っ先に、東急ハンズで打っているステンレスの直径6ミリ丸棒に交換することをお勧めします。


ピックアップ巻き線機の改良



ストッパーは模型コーナーにありました。作るモデルごとにこれらを準備しておくと非常に便利ですね。