このベースはとんでもなくネックが順反ってしまっていました。トラスロッドも怖いくらいほど締め込まれていましたね。


G&Lヒーター修正



写真はヒーター修正をしながら、ピックガードのねじ穴を埋め直しながら、配線を一新しているところです(笑)


「持ち主はネックが太くなければ可愛いベースなんだけど・・・。」とおっしゃっていましたけれど、実際はそんなにネックは太くありません。コンディションさえ良くしてあげればきっとこの子も気持ちよく良い音を出してくれることでしょう。本来の能力を発揮させて持ち主をびっくりさせたいですね♪


これはいつも私が言うことですが「エレキは工場の仕事が半分、僕らの仕事が半分」そうやって初めて楽器になるのです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
楽器の修理のご相談は
info@birdcage.biz まで。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆