僕は実は
もう何年も裏千家のお茶を
先生について習っています。

サラリーマン時代に
超ハードな生活をしていたの
このお茶だけは辞めずに続けていました。

そして、夢だった、
お茶室を作ってしまいました。

IMG_1536


その理由は、

僕の母は
僕が29歳の時に
52歳で胃がんがすい臓に転移して
亡くなってしまいました。

その時の最期の言葉が、
「毎年一回は胃カメラを飲みなさい」
そして、
「明彦はちょかちょかしてるから、
    お茶かお花をやりなさい」

と残して、逝ってしまいました。

僕は小さい頃から
運動は得意で、
色んなスポーツを経験して来ましたが

表はアクティブに見えますが、
その裏側では文科系の事も必ず並行して
進めています。

スポーツは
卓球、バレーボール、テニス、サーフィン、ハンググライダー、ウインドサーフィン、パラグライダー、ゴルフ、登山、そしてこれからマラソンなど、色々とチャレンジして来ました。

その裏の文科系としては、
読書、カメラ、美術鑑賞、コーチング、英会話習得、国際交流、自己啓発セミナー参加&開催、投資部会参加、日本夢かな♪実行委員会組織、夢を叶えるワークショップ企画などなど、

そして生涯続けようと思っているのが、
この裏千家のお茶です。

IMG_1625


お茶のこころは
奥深く、
せわしい現代社会において、
このお茶を嗜む空間、時間は
至福の幸せです。

戦国武将がお茶をたしなみ、
戦の前に、刀を置いて、
頭を下げて茶室に入るのは、
とても、不思議だと思っていましたが、
最近何となくわかって来ました。


お茶は
こころ落ち着かせ
自分と向き合える
唯一の時間なのです。

IMG_1624

って事で
今僕はお茶を学び、
そしてお茶のこころを広めたいと
お茶教室を始めました。

毎月一回程度ですが、
不定期に開催しています。

また、県内で開催されるお茶会の
情報を提供して、ゆる〜く
お茶を飲みに行く企画も立てています。
みんなで行きましょう♪

今回は
2018年3月11日土曜日に開催された、
「へたっぴお茶教室の
初釜の御礼をプログにまとめてみました。


多数の方が今年初めての
お茶を楽しんでもらえました。
IMG_1589

IMG_1675



今回のテーマは

          「桜が咲き誇り、春が香る」

IMG_1704


桜の木の枝を一本花屋さんに頼んで、
今日に7分咲きになるようにしてもらいました。

御菓子は
京都の清閉院の季節限定の
「桜花舞ふ」
IMG_1539
お干菓子

IMG_1542

お茶は
京都の上林春松本店の
「雪間の白」

お花は
鯖江のフラワーロゼの
「桜」と茶花に「スカビオサ」
あと、エントランスに薔薇とかすみ草


IMG_1708

音楽は
キースジャレットの
「ザ、メロディーアットナイト、ウイズユー」
FullSizeRender

ランチは
イタリアン「アギー」でみんなでシェアランチ。

外はちょっと肌寒い凛とした風でしたが
茶室は桜の🌸香りに包まれて、
春の優しい雰囲気の中、

満ち足りた時間を
過ごさせて頂きました。



また、今年も、私が主催の
沢山の方が参加出来る
楽しいお茶会をどこかで
開催しようと思っています。

お越し頂いたみなさん
ありがとうございました。