2007年02月18日

Save the Future

VOGUE NIPPON
「血塗られたダイヤ」に"NO"を。

というニュースがあった・・・

ロンドン・ファッションウィークに

日本でも馴染みのあるブランド<キャサリン・ハムネット>とモデルの

リリー・コールが組んで

ダイヤを取り巻く環境で子供達が不当に安い賃金で働いている

奴隷労働に反対するキャンペーンを行ったとの事


このキャンペーン自体は誠にいい事だと思うが

ファッション以外も先進国で売られている商品は貧しい国の安い賃金で

成り立っていると言っても過言ではない

安い物を買ったり・食べたりして生活が成り立っている消費者も多い中、

一部の所得の多い人が今回のキャンペーンを行ってもなんか個人的には

なんか響いてこない・・・

全ての人間が平和で幸せな生活を送るのは難しい

しかし、このような問題を表面化する事は大事だと思う


Save the Future<未来を救え>


これからも頑張って頂きたい

rink

biscaca at 01:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字