稲川事務所

プロスノーボーダー稲川光伸の独り言が多いブログです。

2008年08月

チャリでトレーニング 6

c9b96311.jpgしばらく進むと『関見トンネル』を通ります。

ここを抜けると、関見ゲレンデを抜けて、くまどー抜けて、ヨーデル抜けて帰ってきます。

だいたい、風呂入って帰ってくるまで、約1時間ちょっとでしょうか。

いいトレーニングです。

今度チャリもって赤倉来てください(^_^)ニコニコ

チャリでトレーニング 5

16819cdb.jpg汗を流して、帰ります。

帰りはもちろん!all下りです。
しかも来た道を帰るのではなく、スキー場内のくねくね道を通って帰ります。
当然スピードも出るし、コーナリングはカービングのイメトレ。
これが最高なんです( ̄ー ̄)ニヤリッ

写真のような森林の道を通って下っていきます。

チャリでトレーニング 4

fcbe5b43.jpgしばらく歩くと到着。
ちなみに混浴です。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
一応男女に分かれた脱衣所がありますが、相当小さいです。
見ての通り、白濁した温泉で、硫黄のにおいがプンプン。
かなり気持ちのいい泉質です。湯温は少しぬるめでした。
お風呂のすぐ横には川が流れています。だから『川原の湯』というのでしょう。
ちなみに、今日も脱衣所は満員。外で着替えました。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

チャリでトレーニング 3

7b318a2a.jpg途中、小さな滝などもあり絶景渓谷を通っていきます。

チャリでトレーニング 2

9ee872dc.jpg温泉街を抜けるとすぐに『川原の湯』入り口があります。
ここから先、歩いて約10分程で到着します。(そんなにかからないと思います)

チャリでトレーニング 1

0775e238.jpgワタクシのOFFトレは、少しでも時間が取れたらMTBで燕温泉まで走ります。
燕温泉まで調子よければ25分、ゆっくり行けば40分くらいで到着します。
その間、登りばかりでもありません。平らなところや、少しの下り坂。と進みながら関温泉を通過。トンネルを抜けて登りの曲がり道を進むと燕温泉に到着します。
燕温泉には有名な秘湯『黄金の湯』と『川原の湯』があり、この川原の湯に入って汗を流して帰ってきます。燕温泉は、『白濁した温泉』で人気があり、特に川原の湯は、本当に川原の横にあり、燕温泉街から少し登ったところにある秘湯です。

写真は、燕温泉の温泉街です。
全部で10件ほどの宿やおみやげ屋さんが立ち並ぶ、小さな街です。
街の中は温泉の『硫黄』のにおいがします。

ここから温泉街を抜けると『川原の湯』があります。

これがレビューの真髄だ!

717a4741.jpg昨日の静太郎さんのお話にもちょっこっと触れたが、ワタクシ、とってもレビューが大好きで、機会があれば見に行っちゃいます。私の見た数少ないレビューの中でも凄い劇団をご紹介しましょう。
その名も博多歌舞伎『劇団あんみつ姫』!
いつしかちょこっと触れたこともあるのですが、
こちらの劇団は、いわゆる『おかま』です。
が!しかし!たんなるおかまじゃありません。
エンターテイメントおかま集団なのです。
トマト座長を始め若座長のエイジ、ミロク、全員が『おバカネタ炸裂!』まじ、笑いすぎて内臓出そうになるっす。確実にアゴは筋肉痛になると思います(笑)
開場から開演まで1時間(キャストたちと飲みながらお話して大盛り上がり)、開演から終了まで1時間(レビュー)、合計2時間で確実にボルテージがMAXに到達します。そしてシアターが終了して、扉を出た瞬間親不孝どおりの平和なこと。。
終わってからも余韻が鮮烈に残り、連続公演する人も多いとか。
いや〜、ホント凄いです。
こうしてブログを書いているだけでも、胸の鼓動が高まってきます。
ちなみに、ワタクシ”エイジ”の大ファンです。かなりかっこいいです。
トマト座長は笑いの神です。

絶対におすすめなので、飛行機使ってでも行ったほうがいいと思います。
もちろん、女性も楽しめます。というか、女性のゲストの方が圧倒的に多いと思います。
この前、地元の後輩連れて見に行ったら、興奮して今度『子供も連れて家族で行くって』本当に家族で行ったみたいです。

もし、ワタクシが福岡にいたら毎週見に行くと思います。公演にもバリエーションがあり、イベントもかなり頻繁にやっているので、絶対楽しいはず。

さて、
今年も11月に福岡を代表する恒例の『ふくこいアジア祭り2008』が開催され、あんみつ姫も毎年出演していて、今年も出演が決定。昨年は準感動大賞を受賞しており、今年は感動大賞GETを目指すという情報。
そのため、多くの参加者を募り『teamあんみつ姫』を構成し、多くの参加者と一緒に踊りの練習をしていきたいと発表しています。
ん・・・参加したい。。。。。。。どうしよっかな・・・・

その募集要項など、詳しいあんみつ姫情報は公式WEBSITE”http://www.okama.com"にてチェックできます。公演の情報はもちろん、YouTubeでイメージ画像が公開されています。是非見て下さい。



演歌歌手 静太郎

22603db3.jpg歌うスノーボーダーが今話題沸騰!
演歌の父『船村徹』氏が構成する喜怒哀楽社(船村徹音楽事務所)に所属し、日本クラウン株式会社から平成12年3月『玄海男歌』で鮮烈デビューを飾った我らが歌うスノーボーダー『静太郎』が9月12日(金)NHK総合テレビお昼の人気バラエティー番組”金曜バラエティー”(12:20〜12:45)に生放送で出演いたします。
皆さん、昼休みのひと時是非ご覧下さい!
太郎さんはテレビ・ラジオだけでなく、全国各地でもディナーショーやイベントを行い、大盛況で凄い盛り上がりを見せています。この方は、ホント歌うまいので(当たり前じゃPROでっせ)必見です(^v^)
どうやら10月に新宿○○で歌うとの噂が入ってきました。
もちろん、スケジュールを調整して見に行こうと思います。
きっと鳥肌モノに違いありません。
ちなみに、ワタクシの趣味の一つでもある『レビュー』は常にワタクシを前進させる気持ちにさせてくれます。鳥肌が気持ちよく、感動することで気持ちが高揚し、ワタクシにも出来るような気にしてくれます(ジャッキーのムービーを見た後、人にカンフーしたくなるような感じ。わかりますよね?(^=^))太郎さんも歌声も胸の鼓動を高めることでしょう。楽しみです♪
もちろん『レビュー』といえば宝塚が代表格でまさに王道を行きますが、とりあえずそこまで大きなレビューじゃなくてもすばらしいものもあります。
(→→っと、そのおすすめのお気に入りのレビューはまた後日書きます。)
ワタクシも太郎さんとはスノーボードを通じて知り合い、今でも仲良くお付き合いさせていただいております(実は先日ツーリングで大勢の仲間達と当館にきてくれました(^_-)-☆あまり、タイムリーに発表するとマスコミが動くもんで・・・今さら。)そんな太郎さんはホント多趣味で、スノーボードはもちろんですが、特にバイクは凄いです(@_@;) (写真の後ろにちらりと見えているのがそう(^_-)-☆)

そんなことで、歌えるスノーボーダーの活躍ぶりを公式WEBサイトでチェック!してみてください。→http://www.shizuka-taroh.com/

2008サマキャン の物語

db9e36b4.jpgしかし、あるところにはあるんですね〜雪が!
8月23日、24日残雪を求めて、そして『月山』にこだわって。
滑ってきました!

やはり今回も月山の洗礼を受け、カッパでペアリフトへ。
支配人から『お前らどこいぐ?』
『万年まで行きます』といったら、『おまえらじゃ遭難する〜』『やめとけ〜』
とご忠告を頂き、残雪の可能性を聞いて、いざリフト乗車。リフト降り場まで約15分、待ち構えていたのは浜さん。『今日は知っている人もいかないよ〜』『やめて山頂参拝にしたほうがいいよ』『でも、一応ルートおしえてあげる』って最後通告をうけながらもルートを聞く。まさに山頂など見えるわけもなく一寸先はガス。
でも我らサマキャン部隊は進みました。
以外に登る。以外に夏の月山は初めてでひたすら木道を歩き途中から登山道石ごろごろ急勾配とあたりを見る余裕なども無く、足元ばかりみながら山頂へ。次第に寒さを増し夏でも山の厳しさを感じる。。。と思ったとたん『半そで半パンの外人』が降りてくる(@_@;)続いて白装束で地下足袋の集団。。。僕らウエアを身にまとった完全スノーボーディング装備なのに、山をなめてる?
山頂に到着。やはりスカートの外人女性出現。
相当寒いはずだけど、いったいここはどこ?
みたいな不思議な世界。無事に帰れたらよいが・・・と余計なお世話。
無事参拝を終えて、お昼のお弁当をみんなで食べる
そうこうしているうちに『万年』までのルートを計算・・・・
よく考えたら、本当に今日中に帰ってこれないかも(@_@;)・・・・
遭難して、東村山広域消防本部のE所長に電話してヘリっつうのも迷惑な話だし・・・
やはり最後の望み、『稲川ゲレンデ』へと足を進めることに決定。
ガスも酷く牛首にも雪は見当たらず、足を進めることしばらく、ありました!
なんと10mくらいの猫の額残雪。しかもスプーンカット(てんこ盛り)。そんなの関係ない。我らがこんちゃんが先陣を切ってバインディング装着。そしてサイドスリップを始めた。続いて続々とみんなが後に続きサイドスリップ。全く整地になる気配も無く。色だけが白く滑り後が残る。上には登山道があり、登山人が容赦なく通り過ぎる『あの人たちなにやってんだ?』ぐらいな声が微かに聞こえる気がする。いいんです。これが歴史に残るんです。と満足げに猫の額残雪をあとに更に足を進める。しばらく行くとあっ!!!なんとかなりの広範囲にあるではないか!探し求めていた雪渓に出会うことができた。すぐさまポールセッティング開始。すかさずトレーニング開始。みんなひたすらハイク。しかもどしゃ降り。。。そんな中でもみんなは滑りました。凄いです。このサマキャン以上の気合の入った人たちは他には無い。帰りのリフト終了が4:30。時間計算をして稲川ゲレンデをあとにした。行きの木道は快適なはずだったが、帰りの下りは、膝が笑うしつま先痛てーし。もっつんだけ少々遅れ気味、でも浪ちゃんのサポート大助かりでした。ありがとね(^_-)-☆無事にリフト事務所へお礼のご挨拶、笑いながら『また来週』(無い無い)。宿舎のくろゆり山荘へ戻って風呂に入って『生ビール』セッティング。アサヒスーパードライ19Lぺロス。焼奉行浪ちゃん、やはり大活躍。マスターもきてる。BBQも終り2階へ。中P、ミッキーに。サウナマンもねんねこっこ。かじポンはハハにエステ。いつの間にか1日目終了。早朝大雨。柳川温泉へ。続いて名物みそらーめん。やはり最高。
いろいろと天候に左右されましたが、いい経験をみんなしていただけたと思います。またやりましょう〜
ご参加いただきました皆様本当にお疲れ様でした。

2008 Mt.moon summer camp !

まだやるか!?
なんと待望の『Mt.moon summer camp』を開催します!
会場はもちろん山形県 月山。
真夏なのに雪があるの?という声もあるかと思いますが、雪のあるところで『コブ』やりたいと思います。
『コブ』やるといっても、コブなんて始めからありませんので、みんなで作ってトレーニングしていきます。
おそらく、『牛首』にて滑れると思いますが、もしも牛首にも雪が無い場合、山頂まで登って、なんと『万年雪』でやりたいと思います。
楽しみですね〜♪ 滑りたいですね〜♪
海外なんて行かなくても、トレーニングしちゃいますね〜!(^^)!
基本的に、牛首や万年雪には、『リフト』などございませんのでallハイクになりますのでご了承お願い致します。トレーニングだと思えば、お手軽なトレッキングになると思います。
宿泊は、豪快BBQでおなじみの『くろゆり山荘』です。夕飯はもちろんBBQを予定しております。
日曜日のお昼は、くろゆり名物『みそらーめん』を予定していますが、山に登った場合、遅い昼、またはお弁当になる場合がございます。
日曜日も登って滑りたいと思いますが、天候その他理由、参加者様のご意見で予定を変更し、山形『山寺』修行に出かけることも考えられます。(山寺はホント最高です)
盆明けに、こんなサマーキャンプは、いかがでしょうか?


詳細:http://www.superbumps.net
お問い合わせ:0255(87)2644 事務局

Profile

いなっち

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ