2006年12月

2006年12月31日

今年もお世話になりました

中盤、「仕掛け」の意味もあって何とか書き込んでいましたが、
17日からの第4週はさすがに仕事がパンク寸前で、
“わかっちゃいるけど書けない状態”であったこのブログ、
こうして今年最後の書き込みとなりました。

今年は“特に”ネット販売で色々あって、
実店舗の不振がネットで補完(むしろ解消!?)される形となり
色々考えさせられる一年でありました。

そんな中、支えてくださったお客様にはただただ感謝するばかりです。
今年一年、本当にありがとうございました。

色々至らぬ点も多いかと思いますが
来年も皆様へ
“ほっと和やか&ちょっとリッチな食生活を新潟の日本酒でご提案”
してまいりますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

□■新年の営業予定■□
1/1(月)  完全休業日
1/2(火)  9:00〜18:00で営業
1/3(水)〜 8:00〜20:00の通常営業

2006年12月15日

あ、あれ?

美琳酒の時は、単独特集されたこともあり、
ものすごい数の受注となってパニックとなりました。
さて今回のTVではいったいどうなることやら…。

結果、  

どうにもなりませんでした。(爆)



今回の古韻(こいん)、残念ながら編集でカットされてしまったようです。
なかなか思惑通りにはいかないものですね…。
まあ注文には至りませんでしたが、それ以外で色々な成果があったので
今回は良しとしなくっちゃ…。

bisyu24 at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)TV 

2006年12月13日

古韻、長期熟成酒こいん、その5

b1da4d60.jpg「明日」とか言いながら2日手付かずでした。(^^ゞ

さて、「古韻(これで“こいん”と呼びます)」放送当日になっちゃいました。
肝心の味はといいますと、正直全部の年代を飲んだわけではないので
正確に言うには蔵元さんの言葉をお借りします…。

ナッツ系の香りに、
酸が柔らかく変化し旨みの中に発生した複雑な苦味が程よく調和、
決して飲みやすい酒ではないので、
淡麗辛口系のお酒と違ってスイスイとのどを流れてはいきませんが、
飲み干すまでゆっくりと、しかし力強く口中を自己主張していきます。
私個人的には「素飲み」よりも、しっかりとした味の料理と合わせた方が好みかな
というのがきき酒してみた印象です…。


さて、再開時に書いたSEOの実験結果では、
yahoo!で「古韻(これで“こいん”と呼びます)」の検索で第一位、
Googleでは14位という結果でした。
販売結果はどうあれ、yahoo!で一位になったのはこれが初めてなので
それだけで大満足でした…。


bisyu24 at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2006年12月11日

古韻、長期熟成酒こいん その4

ec857a51.jpg古韻(これで“こいん”と読みます)は長期熟成の日本酒。
どれくらい長期かというと、
一番古いもので17年以上もたっています。
これを飲もうっていうんだから、
売る方もすごいけど、買う方も凄いです。(笑)


じつはこの古韻
今週の木曜日にTVニッポン旅×旅ショーに登場します。
この番組は、あの【どっちの料理ショー】の後番組、
スタッフは基本的に同じなんだそうです。

で、今年の2月、この蔵の漆黒の長期熟成みりん(美琳酒)が紹介されたのですが、
番組スタッフはその時から長期熟成の古韻(こいん)に目をつけていたそうで
晴れて今回登場となったわけです。
(ただし前回と違い、今回は大勢のお酒の中のひとつとしてらしいですが)

当店は、2月の美琳酒の放送の時、信じられないくらいの注文を受けました。
正直、今回ブログで古韻ネタを続けるのも
【夢よ、もう一度…】みたいなモノなんですが…。(笑)

明日は、実際の味、香りなどについて紹介します。



bisyu24 at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2006年12月10日

古韻、長期熟成酒こいん その3

2d155fdc.jpg古韻(これで“こいん”と読みます)をなぜ急遽特集しているかと言うと、実はSEO対策(yahoo!Googleなどの検索エンジンに検索されやすくなる方法)の実験なんです。

“ブログ”=“日記”と思っている方も多いかと思いますが、
(私のことです
ブログはそのプログラム構成上、
検索エンジンで簡単に上位に表示されやすく、
商用として使うには非常に有効なツールなんだそうです。



で、今現在学んでいるネット通販の講師の先生からの助言で、
当店のホームページと連動させて、どれだけ効果があるか実験しているわけです。

で、なぜ古韻(しつこいようですが、これで“こいん”と読みます)か?
それには重大な陰謀(爆)があるのですが、それはまた次回に…。

bisyu24 at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月07日

古韻、長期熟成酒こいん

77783e42.jpg住乃井酒造の古韻(これでこいんとよみます)は、常温長期熟成酒、
食品の重要なファクター=賞味期限
という考えが頭から離れない人には
きっとシンジラレナーイ(笑)お酒です。


酸の強いしっかりとした味、それでいて独特のクセ、
正直、ダメな人には全くダメです。
でも一度その奥深さにはまったら…、
琥珀色の輝きがきっと黄金の輝きに見えてしまう事でしょう…。


えっ!?10年以上も前のお酒を飲んで身体壊さないかって?
どうして皆さんはビンテージワインをありがたがるのに
古い日本酒=毒
っていう考えになるんでしょうねぇ〜。(笑)


bisyu24 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2006年12月05日

古韻(こいん)

fb322b41.jpgあまりにやる事が多すぎて、
やむを得ずしばらくお休みしてましたが
ふとした事情からまた再開です。

ふとした事情…、実験的意味合いもありますので
つまらん内容かもしれませんが許してください…。(^^ゞ

写真は古韻(こいんと読みます)、どっちの料理ショーに登場した
真っ黒なみりんの美琳酒で一躍有名になった住の井酒造の
山廃仕込みの長期熟成酒です。

今回のブログ再開には、この古韻(こいん)が深く関わっています。
詳しくは、徐々に明らかにしていきます。(笑)


bisyu24 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒