2008年04月

2008年04月30日

なんか申し訳ないです

6bca2683.jpg昼、長野からお客様が遊びに来てくれました。
とりとめのない話でたいしたおもてなしもできず、
申し訳なかったのですが
もっと申し訳ないことが…。



実は、お土産にたくさんの長野の地酒を頂き、
その上、お買い物までして頂いたのです。
図々しい酒屋でスミマセン…。


今、そのお酒は大切に倉庫の大型冷蔵庫で保管しています。
勿体無いので一本ずつ、丁寧に戴かせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------------------

長野のお酒に負けない力強さ【住乃井酒造】のお酒は美酒考房西巻酒店で詳しく紹介しています
今オススメの逸品は地元柏崎・原酒造の【銀の翼純米大吟醸雫酒
震災復興支援サイト「がんば716ショップ」でも好評販売中です

2008年04月29日

久須美酒造が栽培する亀の尾

494bc978.jpgちょっと遠くの取引先まで商品の引取りがあったので、
ついでにその先の久須美酒造まで足を伸ばして来ました。

目的は久須美酒造のすぐ前にある
亀の尾栽培の田んぼの撮影です…。


田んぼは「しろかき」の真っ最中、もうすぐ田植えなんですねぇ…。
今年は亀の尾の成長を追っかけてみます。

---------------------------------------------------------------------------------------

久須美酒造】は美酒考房西巻酒店で詳しく紹介しています
亀の尾成長記録は【2008酒米日記】で紹介予定です

今オススメの逸品は地元柏崎・原酒造の【銀の翼純米大吟醸雫酒
震災復興支援サイト「がんば716ショップ」でも好評販売中です


bisyu24 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2008年04月28日

仕事が速い速い…

728cfe23.jpg朝、県外のお得意様から注文のお電話、
電話の最後に
「読売新聞の記事に朝日酒造が載ってましたよ」
あっ、そうなんですかっ?



うちは地方新聞を取っているので、残念ながらどんな内容かは分かりません。
そんな中、3時頃に朝日酒造の営業さんがやってきました。
早速質問してみたのですが営業さんも知らない様子、
「じゃあ、手が空いている時でいいので調べておいて下さい」
そうお願いしておきました…。


その日の夜、さっそく彼から一通のメールが届きました。
メールには新聞記事が添付、ほほぉ〜、そうだったのか…。
早速プリントアウトし、店内に掲示させていただきました。

さすが新潟清酒を引っ張る朝日酒造、仕事の速さも天下一品です。

-------------------------------------------------------------------------------
仕事の速さも天下一品【朝日酒造】は美酒考房西巻酒店で詳しく紹介しています
今オススメの逸品は地元柏崎の【銀の翼純米大吟醸雫酒
震災復興支援サイト「がんば716ショップ」でも好評販売中です

2008年04月27日

和らぎ水

1f047984.jpg連日飲み会が続いています。

昨晩は町内青年会の総会、
そんな時にかぎって仕事が入りまくり
結局、約一時間の遅刻で合流です。


このパターンだと、追いつこうとピッチが早くなり、ついつい飲みすぎて悪酔い…
となってしまうのですが、今回は大丈夫、
麒麟山酒造が販売する【Kirinzan YAMAMIZU】を和らぎ水として持参したからです。

お酒の合間に水を飲むことで、飲みすぎによる悪酔いを防ぎ、
舌が新鮮な状態が長く続くので、いつまでもお酒を美味しく感じられます。

こりゃナイス!

一次会が終わっても適度なほろ酔い気分、人体実験のかいがありました…。


た・だ・し!


あまりに普通の状態に近かったので勢いで二件目に行って飲みすぎ、
結局今朝はひどい二日酔いでした。

進歩のない自分に反省です…。 


----------------------------------------------------------------------

Kirinzan YAMAMIZUを販売する【麒麟山酒造】は美酒考房西巻酒店で詳しく紹介しています
今オススメの逸品は地元原酒造の【銀の翼純米大吟醸雫酒
震災復興支援サイト「がんば716ショップ」でも好評販売中です


2008年04月26日

ごめんね、料理

6cb9e55e.jpg昨日は某宴会に出席、
この会は某限定販売銘柄の
ファン(お客様)と販売店(酒屋)で作る会、
いつもはそんな事ないのですが
今回はなぜか異様に盛り上がりました…。


宴席が盛り上がると、どうしても食事は残り気味になります。
話と酒でゆっくり食べている暇はないですからね…。(笑)

宴もたけなわ、手付かずで心苦しかったので、
作っていただいた板さんにせめてもの感謝の意味で写真撮影、
その後、一口頂いたところでお開きとなってしまいました。

ああ、美味かった…、こんなことならもっと食べておくんだった…。

今日の会が応援する蔵はこちら【朝日酒造】 美酒考房西巻酒店で詳しく紹介しています

今オススメの逸品は地元原酒造の【銀の翼純米大吟醸雫酒

震災復興支援サイト「がんば716ショップ」でも好評販売中です

bisyu24 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2008年04月25日

原酒阿部

0a5eb158.jpg不思議に注文が集中したので
ちょっとだけ紹介です。

新潟=淡麗辛口と思われがちですが
とことん甘いお酒もあるのです。



柏崎の阿部酒造が醸す原酒阿部(げんしゅあべ)、
どっぷりとした飲みごたえで、そこには淡麗のかけらもありません。(笑)

そこがいいんです、原酒阿部、
極甘のお酒好きに受けてます…。

【1.8L 3990円】

原酒阿部】は美酒考房西巻酒店で詳しく紹介しています
今オススメの逸品は【銀の翼純米大吟醸雫酒
震災復興支援サイト「がんば716ショップ」でも好評販売中です

bisyu24 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2008年04月24日

銅の達人

511038f7.jpg今日、一通の郵便が届きました。
中には銅色に輝くカードと一緒に

     合格

の文字の入った用紙が…。
 

合格率がとんでもなく高いので全然自慢できないのですが(笑)
先月、新潟で受けてきた「新潟清酒達人検定」の合格通知でした。

通知書には

  … 得点・解答に関する問い合わせにはお答えできません …

とは書いてありましたが、裏面には100問の正解表が…。
そこで早速答え合わせをしてみると、
 
      96点

でした。
必死に頭に詰め込んだかいがあったかもしれません…。

2008年04月23日

清泉 七代目(きよいずみななだいめ)

b0a99d1a.jpg清泉 七代目(きよいずみななだいめ)
入荷していますっ!

昨年、TVで女優の松下由樹さんが
このお酒を絶賛していました。

その時は当店は久須美酒造(くすみしゅぞう)さんと
お取引が始まったばかり、
この酒については販売権利がありませんでした。


ですから正直なところ、夏子の酒のモデルとなった銘柄「亀の翁(かめのお)」よりも
実はこちらの方が販売してみたかったのです…。
で、自社サイトには準備不足で未掲載ですが、キャッチの文章だけは考えてみました。
-----------------------------------------------------
久須美酒造の次期七代目当主にあたる若き専務賢和氏、
毎年「野に咲く花のような酒」を目指し、
指導を受けながら、若き蔵人と共に
夢の実現のための酒造りを行っています。

爽やかな酸味がお米の味を増幅させ、
その口当たりはまるで上品な白ワイン、
食事を楽しくさせる食中酒としての実力は群を抜きます…。
-----------------------------------------------------

というわけで、
清泉 七代目(きよいずみななだいめ)純米吟醸生貯蔵酒
720ml 1500円 1.8L 3000円(各化粧箱別売)
で販売いたしますので宜しくお願いいたします。

bisyu24 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2008年04月22日

染之助、染太郎

b27bdaaf.jpgボッサボサだった髪の毛を切った。
切ったら目立たなくなるかと思っていたら
なんか余計に目立つ気がする。

白髪ですよ、白髪…。



不思議なもので、20代、30代の頃は全く気にならなかったのですが
40過ぎてからどうにも気になるようになってきました。
きっとリアルに年をとった事を実感してしまうからでしょう…。
時々こうして染めているのです。

まあ抜けるよりはいいか、とこう書くとその筋の方(笑)に怒られそうですが
ご安心下さい。
祖父・親父とそっち系の人なもんで、
ほっといてもハラハラと抜け落ちるのは時間の問題かと思われます。(T_T)


さて、先日某店にて店員さんから「学生かと思いました」と
ぶっ飛ばしたくなるようなお世辞をかまされ
白髪だらけの頭でそりゃねーだろ…と心の中で舌打ちしていましたが
黒髪が増えて久しぶりに若返った気がします。
今ならそのお世辞も心地よく聞こえるかも…。(笑)

2008年04月21日

越の誉大吟醸生酒

6d2e7ece.jpg●越の誉 大吟醸生酒●

大吟醸なのに…、ほんまでっか?この価格

原酒造の社長が「値段つけ間違えた」つ噂(笑)される
4月〜夏場までの限定出荷酒が今年も入荷です。

価格破壊という安っぽい考えではなく、
「本当にいいものは美味しいんだ」と言う事を
数多くの方に知って頂きたいが為の先行投資的なお酒、
大吟醸なのに驚くほど手頃な価格なのはそうお考え下さい。


今年も6本まとめてご購入すると、なんと送料は無料です。
お仲間誘って買ってみるのもひとつの手かも…。

●越の誉 大吟醸生酒<720ml 1350円>●

■規格 : 大吟醸生酒
■アルコール度 : 15.5%
■原料米 : たかね錦(麹米/掛米)
■精米歩合 : 50%(麹米/掛米)
■成分値 : 日本酒度+2 酸度1.3 アミノ酸度―
■味:香り/高い 甘辛/辛口 淡麗/淡麗
■飲み頃:◎10℃以下◎冷や△常温
----------------------------------------------------
■推奨保存方 : 冷蔵庫にて
■4月〜限定出荷(蔵在庫なくなり次第終売)


bisyu24 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒