2010年06月

2010年06月30日

散る

100628切手新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

昨日の日中、
DM用の切手を買いに郵便局に行くと
ワールドカップ記念切手を発見、
聞くと当初の年間予定にはなかったもので
開催直前に発売決定したものだとか。


見つけた瞬間、「なぜもっと早く情報くれない!」と憤慨しながら
今晩勝ったらベスト8、このタイミングでこの切手は受ける!
とさっそく残りをすべて(といってもわずかでしたが)を購入しました。

残念ながら結果は敗戦、
「もしも」「たら」「れば」はスポーツではご法度ですが
ベスト8に残っていたらこの切手も相当評判になっただろうに…と
いまいちかみ合わない“流れ”になおさら悔しさも増すのでした…。

bisyu24 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ 

2010年06月29日

反省会に飲むもの

100627清泉特本新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

日曜日は作業終了後、
反省会という名の慰労会を
町内の集会場で行いました。
参加メンバーは
ビール・チューハイ党ばかりなので
自分用に日本酒を持ち込むことに…。


昔はこういった青年部の活動には
反省会に飲む町内の方々からの“寄付”がつきものでしたが
製作人数が減るにつれ寄付も激減、
寄付内容もビール一辺倒になり、
日本酒党の私には悲しい限りです。

そういった不満が根底にあったわけでは決してないのですが
終盤は“少し”飲み過ぎてしまい
昨日は一日中ひどい二日酔いで苦しんでしまいました。

酒に責任はありません。
すべては自分の責任、
適量を飲んで楽しいお酒を心がけないといけませんね。


2010年06月28日

祭りの準備

100627山車新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

本日は7/25にある祭りの
町内準備の初日、
青年部も人手が足りん!とのことで
出席するはずの某蔵の勉強会を
急遽キャンセルさせて頂き
雨中の中、山車の組み立て作業を…。

ずぶぬれになりながら、本当は例年10人はいる作業初日を7人で何とか行い、
写真の状態までこぎつけました。

勉強会のドタキャンは後ろめたい気もしますが
こちらの方を欠席するのももっと後ろめたく、
地元貢献と蔵元貢献の狭間で揺れた
6月最終の日曜日の出来事でした…。


2010年06月27日

奇跡の出会い

100626桃ラー新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

キャベツが78円だった
嫁のそのひとことで、
夜の買い物に出かける羽目に…。
行先は先日も行った
改装直後のスーパーです。
9時過ぎなのにすっげー人の多さ…。


さて特売品のキャベツをゲットした後は、
せっかくなので店内をひとまわりです。

おおっ!

     おおっ!!

            おおおおぉぉぉ!!!


なにげに見たラー油コーナー、
なんと探し続けて3ヶ月以上、
棚に“桃ラー”がポツンと一個だけ残っているではありませんか。

手に取った瞬間思わず

      獲ったどぉぉぉぉ

                    と叫びたくなりました。 


現物、初めて見ました…。
まあ、べつにどうってことない外観ですが。

先日先行してSBラー油は食したので
これからは桃ラーで“味比べ”してみたいと思います。

2010年06月26日

総会

100625eこって総会新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

昨晩は早朝の興奮もさめやらぬ中、
お世話になっている商工会議所の
インターネット勉強会の総会へ…。
70名ほどの会員数に対し
出席者は20名ちょっと、
こちらの熱気は冷めかけのようで…。


数年前はかるく倍は集まっていたこの会、
いつ頃からか、
成果が出たところと成果が上がらないところの格差が徐々に出始め、
それが会に対する温度差につながっているものと思われます。

私なんか新参者の部類なのですが、
“それなりに”成果も上がっていますし、
会自体への感謝度はハンパないくらいですので
“熱がさめちゃった”方々の事を信じられない目で見てしまいがちですが

当の方々からしてみたら、
“これだけやっているの効果がない”
という、諦めや不満の想いからのことなのかもしれませんね。


でも…


多分そういう人に限って

“本当にやっているの?”

という程度しか労力をかけていないような気がします。
だって労力をかければ多少なりとも成果は上がるはずですから…。

懇親会でのたくさんの出た料理の残り具合の多さは
決して料理がおいしくなかったからではなく
私たち会員の気持ちの問題なのかもしれません。

2010年06月25日

一次リーグ突破

100625デンマーク新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

ネット(掲示板)ではさっそく
“岡田代表監督に全力で謝ろう”
というスレッドが立ちまくっていますが
私も批判していたものの一人として
潔く認めないと…と思わずにはいられないほど
見事な試合結果でした。


日本が勝つためには「面白い試合」を捨てなければならないと諦めていましたが
今日の試合は見ていても本当に面白く、
本当にこれが一か月前までは史上最弱といわれていたチームか!?
と思うほどの出来栄えでした。
欲を出せばきりがない話ですが、まだまだ上を目指してほしいものです。


それにしても、世論の圧倒的な声を180度転換させてしまうとは…、

        プロは結果がすべて、

恐ろしいほどよく頭に叩き込みました…。

bisyu24 at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ 

2010年06月24日

夏子物語 花火

100623花火新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

久須美酒造の営業さんが来店、
話の流れから“花火”の話題になり
「ご希望だったら早めに出荷しますよ」
と申し出てくれました。
当初7月上旬の入荷予定でしたが
もうちょっと早く届くようです。

夏子物語花火は吟醸の生貯蔵酒、
夏向きのよーく冷やして美味しいお酒です。

ラベルは花火の開いた瞬間をデザインした特徴的なものですが、
商品紹介ページに使うための写真撮影で、
一昨年、地元の花火大会でナイスな構図を撮るために
四苦八苦した記憶があります。


入荷が早まったのは、
今夏用のギフトパンフレットに掲載する点からもありがたいのですが
今年の蔵訪問の際に蒸していたお米が
ちょうど“花火”のものだったということもあり
個人的にも早く飲んでみたいと思っていたので、願ったり叶ったりでした。

720ml/1350円、数量限定での販売となりますので宜しくお願い致します。

bisyu24 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2010年06月23日

改装スーパーにて

100623原信の棚新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

よく使うスーパーが
かなり変ったよと嫁が言うほどの
店内改装をしたと聞き
どれどれと覗いてきました。
どうやら7月にその店の近くにできる
大型スーパーを意識してのものらしいです…。


店自体はもともと繁盛していたのに店内改装に踏み切るとは、
それだけ危機感を持っておることの表れでしょう。

全体的に什器の色調と高さを変更したせいで
ちょっと高級感と空間の広がり(ゆったり感)を感じさせるものでした。

気になっていたアルコールコーナーも、
改装企画かどうか定かではありませんが
なんと!八海山の吟醸酒が定価で大量に置いてあり
あらら、ついに八海山も大手流通に販路拡大かと
正規販売店には気が気ではないような陳列も見られました。
まあ、販売店じゃないうちにはどのみち関係のない話ですが。

 注)新潟では有名銘柄では唯一八海山だけがこのスーパーと正式契約していて
   清酒(普通酒)だけは定価で販売しています。
   当初は普通酒以外は、いわゆる地酒専門店でしか買えませんでしたが
   今回初めてその枠がはずされたのかもしれません。
  
もっとも嫁にとっては酒コーナーよりも
相変わらず“ラー油”が買えないことにご立腹でした。
まだまだブームは続いているんですね…。

2010年06月22日

銀の翼 越淡麗 大吟醸原酒

100623翼越淡麗新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

7/16に“夏の銀の翼”
銀の翼越淡麗大吟醸原酒が入荷します。
【720ml 化粧箱入/3500円】
新発売される三年前の7/16、
中越沖地震が発生し多数が破損、
残った品が出荷再開第一号となった銘柄です。


当時と外観は全く一緒ですが、
地震で蔵が倒壊した原酒造では新蔵を竣工、
結果、より高品質な酒造り体制から生まれたお酒へと
昨年からプチリニューアルしました。

今年の発売はくしくも3年前と同じ7/16、
新潟生まれの吟醸酒仕込み専用酒米・越淡麗(こしたんれい)の魅力を
これでもかと
最大限に引き出した夏のスタミナ料理の定番「うなぎ」によく合うお酒です。

ただいまご予約承り中、
お中元のご用命で一気に入荷分が埋まってしまう可能性もありますので
ご興味のある方はおはやめにどうぞ。



bisyu24 at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地酒 

2010年06月21日

個性を生かす

100619オランダ新潟の日本酒を定価で通販|美酒考房西巻酒店

正直、オランダにあの守備は通じるのか?
と懐疑的でしたが
ワンチャンスをものにされた以外は
ほぼ完璧に“つまらない展開”に持ち込め
負けたものの明らかに次につながる試合となった
対オランダとの一戦でした。


強豪国に対等に戦いたいなら日本人の個性・特性を生かすべき、
オシム前監督の言っていたことがようやく理解できた気がします。
組織力とスピードを生かすなら、長友選手はうってつけですね。

かつて4番バッターばかりそろえて機能しなかった野球チームがありましたが
サッカーの日本代表チームに限って言えば
フィールドプレーヤーが全員長友でも良かったりして。

ただしそうして勝利を優先するためには
ひたすらつまらない試合展開を我慢し続け、
新旧の中盤のスタープレーヤー(一人は慣れないFWで四苦八苦してますが)が
試合に出場できないことを受け入れなければなりません。

でも私なら次のステップに進むためにもW杯で上位に進出して欲しい、
将来的には別として、
当分の間“キャプテン翼”は日本にはいらないのかもしれません…。

bisyu24 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スポーツ