任天堂Wii U期待の新作「XenobladeX(ゼノブレイドクロス)」をなんとかゴールデンウィーク中に早足でクリアできたので、感想・レビューを書こうと思います。

なお、ストーリー的なネタバレは極力避けて書きますので、購入を検討されている方はよければご参考ください。

IMG_3231
 

では、さっそくレビュー・感想です。
こんな人にオススメ、というのも合わせて書こうと思います。

・ 発売前から一部情報では100時間は楽しめると言われていましたが、事前情報通りのボリュームでした。
 ほとんど寄り道せずにクリア目指しましたが、だいたい50時間ほどかかりました。
 時間をかけて、サブストーリーも楽しめば確かにクリアまでに100時間近くは楽しめると思います。
 ※もちろんクリア後も楽しめます。

・ そのボリュームは、ストーリーだけでなく、オープンワールド(進む道が一本道ではなく、目に映るあらゆるフィールドを歩き、走り、飛び回れる)ということで、広大すぎるフィールドにまで及びます。

 →しかし、ドール(車両形態に変形できるロボット)やSkip Travel(一瞬で目的地までたどり着く)があるので、移動が面倒だと感じることはあまりありませんでした。

・ 戦闘システムは、はじめは少し複雑ですが、公式の説明動画を見たり慣れてきたら楽しかったです。
 普段はゴリゴリの自分で操作するアクションゲーム(洋ゲーTPSやモンハン、ブラッドボーンなど)やFPSをしている管理人でも中盤以降楽しめました。 
 でも、完全アクションゲームだったらさらに楽しめたかもしれませんが、これはこれで良かったと思います。

・ ストーリーは、序盤を終えたあたりからかなり盛り上がって(熱い展開になって)きます。
 この点に関して、Amazon高評価レビューでも見かけましたが、人によっては序盤は少し我慢してプレイして欲しいとのこと。
 SF好きな人とか、少し重めな話が好きな人は楽しめると思います。

・ フィールド探索ですが、新しい場所に訪れるたびにマップが更新されていったり、ちょっと工夫しないと入れない場所とかがあって、微妙にアサシンクリードのようなワクワク感がありました。

・ キャラの個性が豊かで会話が面白いので、ライトノベルやライトノベル原作のアニメが好きな方(キャラ同士の掛け合いを観てついつい笑ってしまう、という方)は楽しめるのではないでしょうか。

・ ドール(いわゆるロボット)を自分好みにカスタマイズ(色や装備を変更)できるので、ロボ好きはこれだけで熱くなったり、こだわることに時間をかけて楽しめると思います。

・ お使いやマラソン(同じ作業の繰り返し)するような任務・クエストはありますが、もう嫌!というほどではありませんでした(一部救済措置もあり)。某狩りゲーをソロで素材集めするのに比べたらまったく苦ではありませんでした。 

ここまでイイことを書いたので、あえて悪い部分を書くならば、

・ 会話の字幕とか以外の文字が小さくて見づらい。

・ これは、Wii Uで出たソフトだからかもしれませんが、最近発売された他のソフト(PS4の洋ゲー)と比べるとグラフィックの面で劣る(プレイするのには気になりませんでした。あくまで比較した場合の意見です)。


最後に総評すると、買って良かったです。
星で言えば、4.7でしょうか(最高5)。

特に、暗い部分もありつつ熱いストーリーと、キャラの掛け合いで笑わせてもらったところが高評価の理由です。 


関連サイト:ゼノアオ便ーXenobladeX(ゼノブレイドクロス)情報・攻略まとめー


XenobladeX (ゼノブレイドクロス)


Wii U ゼノブレイドクロス セット(特製アートブック+特製マップ+オリジナルデザイン『ニンテンドープリペイドカード1000円』同梱)

スポンサードリンク