2006年09月

2006年09月28日

A倍晋三的なるものからの脱却

年代こそ違うが、A倍晋三と同じS小学校に通った。いとこたちの多くはこのS小学校か、A生太郎と同じG院初等科に通っていた。東京のこういった小学校は、いわゆる2世、3世の巣窟である。親の職業の多くは、企業経営者、医者、芸能人やプロスポーツ選手だ。G院ではこれに皇族が加わる。大きな庭付きの家に住み、中には自家用プールすらある家の子もいた。
 A倍晋三は「再チャレンジ」なるものを掲げているが、彼らが暮らしてきたのは「チャレンジすることの必要のない、競争とは隔絶した社会」である。エスカレーター式に大学を出て、親のコネで上場企業に就職し、しばらくして親から政治家であれば地盤を、経営者であれば企業を受け継ぐ。彼らの多くは、チャレンジの何たるかを知らない。ましてや、生活の困窮や差別によって「チャレンジすることすら許されない」人々がいることに思いは至らない。
 今日の格差社会の根源は、「チャレンジの必要ない階層」と「チャレンジすらできない階層」の存在である。昨今の格差は「競争原理の導入によって作り出された格差である」と幻想を抱かされているが、本質は「競争がない―競争すらさせてもらえない―ところに生じる格差」なのである。
 A倍は自身の給与を30%削減するという。一般のサラリーマンにはできない芸当(パフォーマンス)である。言い換えると、彼にとって首相の給与などはハシタ金であることの証左である。何しろパーティーを開けば、一晩で5200万円も集めることができるのだから。給与はそのままでいいから、政党助成金として受け取っている168億円もの税金をせめて30%減らす努力をしてもらいたいと思う。
 拉致問題に熱心である一方で、同質性の高いいわゆる従軍慰安婦の涙には冷淡である。物事を本質で捉えることのできない「お坊ちゃま」の真骨頂がここでも発揮される。一言で言えば幼児性である。K泉を含め、こうした幼児性のウケがいいのは、この国の幼児性を示すものではないのか。続きを読む


biwako_strawbale at 00:13|Permalinkclip!抱懐 

2006年09月20日

ヨシ植栽のご案内

93ec4046.jpgなんだかイベント告知板のようになって来ましたが・・・

 下記の団体で、琵琶湖湖岸でヨシ帯再生を行っています。間伐材と柴(粗朶・そだ)を使って消波堤をつくり、ヨシ植栽の実験を行うものです。昨年度からはじめたものですが、今年はさらに延長し、既に消波堤はできています(写真は去年のもの)。今回は、残るヨシの植栽(380株)を行うものです。見学及び作業に多数の皆様の参加をお待ちしています。

・日時   2006年10月1日(日)  小雨決行
・集合時間・場所  AM 10:00〜PM4:00 現地集合 大同川左岸の琵琶湖岸(東近江市栗見新田町地先)
・主な作業内容  ヨシ植栽(380株)
・持ち物     雨具、帽子、着替え、タオル、弁当、水筒、長靴または胴長、
・参加費     無料
・参加申込み   特定非営利活動法人 大津みどりのNPO
         〒520-0515大津市八屋戸583番地
         077-592-0038 FAX077-592-0749
         Eメール t-shozo@mx.biwa.ne.jp
<共催> FLBびわ湖自然環境ネットワーク, 特定非営利活動法人大津みどりのNPO, 独立行政法人水資源機構琵琶湖開発総合管理所 
<協力> 東近江市 、 栗見新田町自治会 、 能登川漁業協同組合


biwako_strawbale at 23:48|Permalinkclip!

2006年09月16日

松山ライブ

いつも事後報告なので、今日は予告。
松山隆宏ライブ
日時:9月30日(土)19時
場所:彦根市新海町「自転舎」
   湖岸道路、新海町の信号付交差点を新海町方面に曲がる。
   新海町公民館のほぼ向かい。野田惣菜店の隣。
出演:松山隆宏(ギター) with 徳永清志 (サックス&リコーダー) 
問合せ先:0749-43-6474(野田惣)
こじんまりとしたアットホームなライブです。
➥昨年のライブの様子はここをクリック(WMPファイル、1MB)

biwako_strawbale at 15:36|Permalinkclip!ゆったり生活編 

2006年09月13日

KEISON5

fca51b11.jpg エコ村に音楽は欠かせない。エコ村は、五感がすべて楽しいところではなくてはならないから。というか逆に、五感がすべて楽しいところをエコ村と定義してもよいとすら思う。水や空気を汚すことは五感を楽しませないし、泣いている人や飢えている人の横で僕らは楽しめない。
 とはいえ、今日も車を使ったし、今も世界に飢えている人はいっぱいいる。そういう意味では、この地上にエコ村はまだ存在し得ないけれど、だからこそ、エコ村となるべくして、エコ村を育てていかなければならない。音楽は、エコ村の種にそそがれる水。時には、冷たく清らかで、時には土砂降りのようにはげしく。
 浜風に身を任せながら聴くKEISONのライブは、五感を足の先から頭の天辺まで楽しませてくれるものだった。Peace-K(ぴーすけ)の奏でるHangという楽器も心地よかった。この町がまた少し育ったような気がした。ありがとう。

biwako_strawbale at 01:13|Permalinkclip!ゆったり生活編 

2006年09月09日

赤ちゃん

 赤ちゃんが生まれるとなぜだかうれしい。赤ちゃんは、無垢(イノセント)で自由だ。何も罪を犯していない、小さくて柔らかな手に触れるだけで、何かこちらまでも救われるような気になる。
 でも、生まれながらにして自由でない赤ちゃんがいたとしたら・・・。生涯に渡って、好きなときに好きな場所へ行くことも、人前で悪態をつくことも、泣くことも、自由に意見を言うことも制限され、日々人々の耳目にさらされることが運命付けられている赤ちゃんがいるとすれば、それは生まれながらにして、「死刑」宣告を受けたようなものではないだろうか。
 むろん、人々はどんな家庭に生まれるかによって、ある程度の制約を受ける。「豊かな国」の「豊かな家庭」にうまれるのか、「貧しい国」の「貧しい家庭」に生まれるのかで、人生はおのずと違ってくるだろう(どっちが幸せかは、自身の生き方や周りの人で変わるので必ずしも分からないけど)。しかし、出自によって人生が左右されないように、教育を受ける権利や、職業選択の自由などが保障されているのである。
 そんな自由のない「赤ちゃん」が最近生まれた。多くの人は喜んでいるけれど、何を喜んでいるのだろう。誰のために喜んでいるのだろう。半ば死刑宣告を受けながら生まれた赤ちゃんは、自分の運命を知ったときに何を思うのだろうか。人はモノではない。人は象徴(シンボル)にはなれない。人を象徴としてはいけない。と思う。



biwako_strawbale at 17:43|Permalinkclip!抱懐