2006年12月

2006年12月13日

不敬とならざるをえない支持者たち

 教育基本法改正案と防衛省昇格法案が採決されようとしている。この間のマスコミ報道はお粗末の一言である。「防衛省」法案が衆議院をまさに通過しようとしている前夜の報道ステーションでは、阪神・井川の落札が多くの時間を割いてトップで報道されていた。「防衛省」法案については、3番目ぐらいに「こういう法案が我々の知らない間にスーッと通ってしまうのでしょうか」というような短いコメントともに伝えられただけだった。他人事のようなこの報道姿勢の背景には、哀れみの感情しかわかない。スーッと通してしまっているのは誰なのか。
 それにしても、「天皇制を支持する者は天皇を支持しない」という一見逆説的なことが、なぜかくもしばしば起こるのであろうか。国旗国歌について、現天皇に「強制のないように」と諌められても聞かない将棋指しとか、前天皇が「自分は行かない」といっていた神社に参拝に行くどこかの首相とかも然りである。
 しかし考えてみれば、これは逆説ではなく必然である。なぜならば、天皇制は制度という「モノ・コト」に属するものであり、一方天皇は「ヒト」であるからである。憲法では天皇は象徴(シンボル)とされているが、ヒトをシンボルとすることは無理がある。「○○のシンボル」のように、ヒトがシンボルとなれたとしても、大体においてそれはわずかの期間である。それはヒトが有機体で揺らぎを持つからである。そもそもシンボルとは、個人や家、会社などの有機体を、紋章などの揺らぎのない無機物に代理させて表したものであって、その逆ではない。
 「天皇制を支持する者は天皇を支持しない」という命題は、その支持する天皇制が旧憲法下のものであるか、新憲法下のものであるかは問わず普遍的である。新憲法における天皇制を支持する者はそもそも天皇は象徴にしか過ぎないと思っている。後継者問題に際して、不敬(?)にも「天皇は我々とは別なんだ。人権なんてないんだよ」と言い捨てた天皇制支持者がいるが、まさに典型である。人権は憲法以前の問題であるということがこうした人は分かっていない。
 旧憲法においても、天皇制と天皇との乖離は大きかった。「天皇制によって独裁を防止できる」という人がいるが、歴史を見ればむしろ逆で、天皇制を利用して独裁が行われてきた。
 いずれにせよ、私は天皇制を支持しないが、「強制のないように」という天皇の言葉は支持したい。教育基本法改変と防衛省昇格は支持しない。


biwako_strawbale at 01:14|PermalinkTrackBack(0)clip!抱懐 

2006年12月10日

コハクチョウ

コハクチョウ今年も家の前の琵琶湖にコハクチョウがやってきた。日によって違うけれど、今年は最高で13羽を数えた。
 それにしても12月はとても忙しい。NPOやら組合と名のつくものの理事や監事が6とか7とかある。月に1回程度の理事会でもこれだけ多いと結構負担であるし、12月は特に理事会のあとに忘年会もやりますなんていう案内が来るが、いちいち付き合っていたら体が持たない。
 地域では今年は自治会の副会長、子供会保護者代表もしている。来年度の総会準備やら、子供会のクリスマスの準備などが忙しい。もう少し生々しい話をすると、自治会として、自治会費の未納者に対する訴訟を年度内に起こすということで、年が明けるとさらに忙しくなるかもしれない。
 職場でも本来の仕事とは違う委員会とかワーキング・グループとかに入れられていて、多い日は4つぐらいの会議が入ると、それ以外の「本来」の仕事はもうできない。
 職業柄、原稿を書くことが多いが、締め切りはこの時期に集中する。年度内に発行しようと思うとどうしてもこの時期になるのだ。ちなみに既に締め切りを過ぎているものが1本、年末が締め切りだけれど1行もかけていないものが1本、さらに、1月末を締め切りとするものがもう1本ある。教育基本法が改悪され、防衛庁が防衛省になろうとしていて、いろいろ書きたいこともあるのだけれど、それもままならない。
 時には渡り鳥になって、南の暖かいところで冬をやり過ごしてみたいが、残念ながら僕には羽がない。

biwako_strawbale at 01:05|PermalinkTrackBack(0)clip!ゆったり生活編