2009年02月

2009年02月15日

メディア・リテラシー2:温暖化、原発

日経の2月2日に「地球の気候 当面『寒冷化』」という記事がのって驚かれた方も多いと思う。サブタイトルには「昨年の気温、21世紀で最低」とまで書かれてある。一方で、昨日は各地で2月の最高気温としては観測史上最高を記録したという。一体何を信じればよいのか。
気象庁 しかし日経の記事をよく見れば2001年から2008年の中で最低であっただけで、それをことさら大袈裟に「21世紀で最低」と書いているにすぎない。確かに自然変動の影響もあって温暖化の速度は遅くなってはいるのかもしれない(図の青線の最近数年のわずかな下降のこと)。というよりも、1990年代後半から2000年ごろにかけての温暖化傾向が、長期的傾向を示すトレンド線(図の赤い線)を上回る速度だったために一時的に減速しているにすぎないと見ることができる。気象庁の統計によれば、2008年の世界平均気温は1891年の統計開始以降歴代10位の高さであったし、また陸域のみの地上気温データでみた場合には同じく1880年の統計開始以降歴代8位という高さであったという。トレンドというのはいわば平均であって、今後気温上昇はトレンドを下回ることも当然あるが、問題はトレンド自身が上向いているということである。

温暖化懐疑派の共通の傾向としてトレンドを無視することがあるが、これもその一つなのかもしれない。IPCCがすべて正しいというつもりはないが、この記事はまさに針小棒大の典型だと思う。

関連する話題としては、スウェーデンが原発の段階的廃止政策を撤回した、というニュースがセンセーショナルに報じられた(毎日新聞2009年2月9日)。記事内容は誤っていないのだろうが、どうも現地に留学している日本人のブログなどと読み比べてみると、だいぶ温度差がある。

例えば毎日の記事では「与党・中央党のオーロフソン党首は『原子力エネルギーは予見できる将来の電力供給システムの一部になる。これはもはや事実だ』と強調した。」とあるが、その人のブログでは「中央党党首モウド・オーロフソンは、こう述べる。『わが党は原発に対するこれまでの見方を変えたわけではない。原発の増設に合意したわけでもない。しかし、原発が今後も長期にわたって、スウェーデンの電力供給に重要な役割を果していくという考え方は受け入れる。』となる。
毎日の記事では意図的にか「しかし」以前の部分はすっぱりと省略され、「考え方は受け入れる」という表現が「これはもはや事実である」となってしまっている。

原文を入手していないのでどちらが正しいかわからないが、ブログによれば、中央党は与党の他の3党の要求を呑む代わりに、逆に以下のような新たな要求を彼らに呑ませたという。

・再生可能なエネルギー源を利用した発電(風力・太陽光・波力・バイオマス)の拡張・普及を促進する。特に、スウェーデン政府としての風力発電の拡張目標を大きく引き上げる。
・エネルギー使用の効率化を推し進め、エネルギー需要を全体として削減していくために、政府が大きな投資を行う。(エネルギー総使用量を2020年までに20%減)
・2020年までに全使用エネルギーに占める、再生可能なエネルギーの割合を50%に引き上げる。(現在は確か43%くらい。EUがスウェーデンに課した達成目標は2020年までに49%だったから1%引き上げられたことになる。)
・運輸部門の使用エネルギーに占める再生可能エネルギーも、2020年までに10%にする。
・道路運輸・交通では2030年をめどに、´化石燃料の全廃を目指す。そのために、二酸化炭素税(環境税の一つ)をさらに引き上げる。

しかも、
・原発の新設には、たとえ更新であっても、政府は一切お金を出さない。費用は電力業界がすべて自分たちで賄うべき、とする。
・一方、再生可能エネルギーには、現在の課徴金制度を通じて、今後とも支援を行っていく。(ここでいう課徴金制度とは、一般の消費者が使用する電力にエネルギー税・環境税とは別に課徴金を課し、その課徴金を再生エネルギー源の拡張に充てる、という一種の使途目的税。ちなみに、これに対し、エネルギー税・環境税は使途を特定しない一般財源。)【ここまで引用】

毎日の記事から想像する内容とは大きく異なるのである(ブログ著者自身の検証)。
メディアは本当に恐ろしい。


biwako_strawbale at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

メディア・リテラシー1:タミフル

この間、長男が夜急に起き上がり、ベットの上で壁に身を寄せると足元を見つめておびえたように、何かを振り払うような動作をした。インフルエンザでもないのに異常行動。

しかし、子供のころを振り返ってみれば、寝ぼけて窓(5階の!)を開けたり、いわゆる異常行動は珍しいものではない。

さて、以前にこのブログでも取り上げたタミフルによる異常行動の問題だが、ここにきて中間報告に対する批判が強まっているようだ。簡単に言うと、投薬前に異常行動を発現した者を、タミフル非使用群の異常行動発現者に入れてしまったなど、解析方法に問題が多いということが、日本臨床薬理学会年会シンポジウムで複数の専門家から指摘されたという。

日経メディカル記事1
日経メディカル記事2

そもそも当の中間報告をまとめた廣田氏でさえ、「今後、計算結果が大きく変わる可能性がある」と述べている内容を、新聞等が「異常行動とタミフル 関係なし」といった見出しで報じたこと自体が問題である。

日経メディカルなどに一般の人は目を通さないだろうし、こうした疑問が専門家から出されているということは、一般紙では報じられておらず、そのまま放置されている。

また、カフェインやエフェドリンなどと併用した場合に動物実験では異常行動が高まることがわかったとの報告も最近なされた。

タミフルはそれなりに有効な薬品かもしれないが、耐性ウィルスの問題もあるし、使用は本当に必要なときのみ、そして使用時には異常行動に備えて万全の体勢で臨む必要がありそうだ。

biwako_strawbale at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月10日

火の鳥



日曜日はわらび座のミュージカル「火の鳥 鳳凰編」を見に行った。久々の演劇で大変楽しかった。

我が家の子供たちも楽しんだようだ。我が家には最近の漫画はほとんどなく、子供たちの読む漫画といえば、お父さんが子供のころに読んだ、「愛と誠」とか、「750ライダー」とか、「硬派銀次郎」とか、そんなものしかなく、「火の鳥」もその一つとして愛読しているので、ストーリーはしっかり覚えていた。「だいぶ、話を飛ばしていたね」と感想を述べていた。

脚本とは原作と異なってしかるものである。帰ってきてもう一度原作に目を通すといくつか違うところがある。たとえば我王が速魚(はやめ)を裏切ったとして殺してしまう場面などは、原作は比較的あっさり描いているが、芝居では速魚に対する愛情を抱いていただけに、にわかには信じがたいという思いと、それが裏切られたということに対する強い復讐の念へと変わる様が生き生きと描かれていた。

また、ストーリーを短くするために、もう一人のヒロイン「ぶち」を早くから登場させ、「我王と速魚」、「茜丸とぶち」というたすき掛けの構造で話を展開していくところも、原作とは異なるが見事だ。

しかし今回の脚本で気になったのは、鬼瓦をつくる場面で、我王が「復讐だ」と歌い、対する茜丸が「挑戦だ」と歌う場面である。我王は、速魚との出会い、良弁上人との出会いを経て、自分が子供のころ受けたいじめや差別に対する復讐心を乗り越え、それをもっと広い世の中の不条理にたいする「怒り」にまで昇華させたのではなかったのか。

「復讐」が他者を焼き殺そうとする一片の炎であるならば、「怒り」はもっと大きなものに対して激しく燃える火炎だ。この炎はとてつもなく激しく熱いのだけれど、やがて、どこかやさしい。それはあたかも太陽のようだ。それが火の鳥であるといってもよい。

復讐が外に向かうものであるとするなら、怒りは内にも向かう。

手塚の主題が「復讐心の、怒りへの昇華」であるからこそ、我王の目に映る世界は最後に「美しい」。

このブログでは、ずーっとずーっと「復讐心の、怒りへの昇華」を論じてきた(水俣の緒方正人さん、光市母子殺害事件、パレスチナ・・・)。それだけに、この脚本の、この場面での「復讐だ」という台詞には大いに違和感を持たざるを得ない。なぜ、茜丸が死ななければならなかったかという描写の甘さと共に大変悔やまれる。

ちょっと辛口のコメントで申し訳ないけれど、役者の皆さんの演技は誠実で、清らかだった。妹尾河童の舞台美術も素晴らしく、いいお芝居だった。

biwako_strawbale at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月06日

緑が学校をつくる

先週の日曜日は、日帰りでこども環境学会なるものに参加。「緑が学校をつくる」というドイツのプロジェクトの紹介を中心としたシンポジウム。

内容はおおむね予想の範囲内だったが、おもしろかったのは環境デザイン研究所の仙田考氏の「日本の校庭も捨てたもんじゃない」という話。面積もさることながら、ウサギがいたり鶏がいたり。よく考えてみれば、日本では小学校はコミュニティを束ねるひとつの頂点として存在する。○○学校区。この○○学校区はそこにぶら下がる各自治会を束ね、ごみの収集スケジュールまでがこの学校区で決まっていたりする。子供たちは放課後という時間を、この学校の校庭で過ごすことも長い。

もちろん例外もあるだろうが、欧米では勤務が終われば、教員はその責任から解放されなければならず、子供たちは校地外に追いやられる。当然、ウサギやニワトリの面倒などは埒外である。

しかし、その反面もある。欧米では、校地外の公園づくりはうまい。これには理由がる。そもそも欧米における「公園」という概念が、市民には良好な環境を享受する権利や散歩などの運動を行う権利があるという、一つの市民権運動の中から成立をしているのに対して、日本の場合は、名所旧蹟などを単に人の集まる場所として指定するという考え方でしかなかったからである。ようやく戦後になって、市民の権利としての「公園」機能ということが配慮されるようになったが、いまなお新興住宅街などでは宅地開発の条件を満たすだけに作られた公園が見受けられる。一定の面積を確保し、遊具さえおいておけばいいんだろう、という悲しい公園のなんと多いことか。利用者を想定していない公園は見ていてすぐわかる。夏の強い日差しをよける木陰もなければ、子どもを見守る親の座るベンチもない。そして、案の定、そういう公園には人影がない。

もともと公園づくりにたけている人たちが、校地改善に乗り出したのだから、子供の成育環境についてはますます水をあけられていくのかもしれない。

ニクイのは、彼らが「未完に終わること」の大切さを明示的に認識していることだ。完成してしまうとあとは管理しか残らないが、未完であれば、毎年新しい学年が継続的に関与でき教育効果を持続させることができるとともに、そのことが事業自体の継続性をも生み出す。手つかずの荒れ地にこそ、僕らの創造性はいかんなく発揮されるとすれば、やはり未開の土地もまた必要なのである。むかし、校庭でもなく、公園でもなく、空き地と呼ばれる場所があったように。

わが職場においても、ちょっとした遊び場を作ってやろうかと思案中。


biwako_strawbale at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月05日

アロイーズ、アワプラ、アワー・プロジェクト

アロイーズ1 





快調に飛ばしていた更新も、風邪には勝てずしばしお休みしましたが、再開。
快進撃とはいかないまでもコツコツ更新を目指して・・・・

さて、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAがまたやってくれた!
アール・ブリュット作品との対話〜心の病と表現衝動〜」が始まったのである。期間は3月29日まで。

個人的に注目しているのはアロイーズの作品の展示である。

アロイーズ2




もちろん作品も楽しみなのだが、それより我々にとって特筆すべきは、メディア・プロジェクトが今回取材にあたるということである。実は、我々のカメラは、徐々にではあるが、街に飛び出している。成果という形になるまでにはしばらく時間はかかるだろうが、期待が持てそうなものもある。

ところで OurPlanetTV(通称 アワプラ)をご存じだろうか。「ビデオカメラでいこう」という本があるが、この本を書いた白石草さんが代表理事を務めるNPOである。「靖国問題」や「麻生邸ツアー逮捕事件」などを取り上げていて面白い。

アワプラのサイトには「おすすめインディーズ映画」のコーナーがあって、そこで見つけたのが「破片のきらめき 心の杖として鏡として」という映画だ。これも上映が限られているのでまだ見れていないが、どうやら日本のアロイーズたちを描いたもののようである。

アートが対話の手段なら、メディアも対話の手段である。そしてそれは内と外との対話だけでなく、内と内、あるいは俯瞰するなら外と外との対話でもある。

紙の上を滑る鉛筆の摩擦音が我々の生を認識させるように、薔薇の花びらが落ちてたてる音もまたその生を―あるいは死を―認識させる。我々が「静物」ではなく、生きるものである証は、外の世界との摩擦であり、衝突であり、軋轢である。私たちは深い水底の潜水艦のように、その軋み音で自らの居場所を知る。人のみならず、思想もまたその位置を知るのに軋み音が必要である。

街に放たれた私たちのカメラは、まるで潜水艦のソナーのように社会の音を返してくるだろう。

多くはここでは語れないが、我々が目指しているのは「超学的アトリエ(transdisciplinary atelier)」の創出であり、そこで我々が自分を含めた対象物の輪郭を描き出すことなのである。


biwako_strawbale at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!