2011年05月

2011年05月29日

原発労働者

原発労働者の実態がようやく語られるようになってきた。



こちらもぜひ↓

原発点検労働者の実態(琉球朝日放送)

釜ヶ崎、沖縄、福島。原発は米軍基地を同じく、格差を必要不可欠なパーツとして、つくられたものであることがよくわかる。



***

文部科学省の役人が「100ミリシーベルトよりも小さな被曝では、ガンなどの増加は認められていない」と語ったとされるが、原発関連の認定労災のほとんどが100ミリシーベルト以下である。ビデオを見る限り、線量計をはずしたり、数字を書き換えたりしているので、実際の被曝量はそれ以上なのだろうが、役人の発言はそのことしってのものなのであろうか。どっちにせよ、問題である。

原発の排水基準より緩い日本の飲料(乳児)基準




biwako_strawbale at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月28日

これはひどい

明るい話題を書きたいのに、次から次へと・・

滋賀県が日本舟艇工業会と一緒になって、100台もの水上バイクを集めて「パレード」をするらしい。

琵琶湖 ECO JET TOURING 2011

なんでも、「エコ」をつければ良いってもんじゃない。騒音と大気汚染、水質汚濁とで、デモンストレーションとしては逆効果。多少排気はきれいになったと言っても普通の自動車と違って2ストロークが多く、排気量も1台で50cc バイク20台分ぐらいあるので、100台も走れば相当なガソリン臭。原付が2000台走ったらと想像してみてほしい。

こういう風に書かれること自体、ネガティブ・キャンペーンになると思うのだが、一体何を狙っているのやら。

biwako_strawbale at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月25日

勝手に宣伝

たのんじゃいました、「えっ?足りてたの?Tシャツ」。Tシャツ

「発電所は余ってる」ってことをわかりやすく伝えるというコンセプトのもとつくられたTシャツ。普通は街を歩いていてデザインがかぶると気まずい思いをするが、これだったら、「お、仲間」的に何となく嬉しくなりそう。ぜひ、みんなでかぶりまくろう!

Tシャツに付属するしおり「なぜ原発がいらないのか」もいい感じ。

【購入方法】
第3回予約販売 5月23日(月)〜5月29日(日)24時までの受付

* * * *

もう一つおまけ。

5月28日(土) 毎度おなじみの KEISON Live in Shingaihama

時間はいつもように、夕方、なんとなく機が熟したらかな。 

biwako_strawbale at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

関西圏のひと必見

もんじゅがどうやら危険な引き抜き作業にはいったらしい。概略工程(PDF) 工事概要(PDF)

空気が流入しないように、アルゴンガスをプラバックに充填しながらの微妙な作業だ。万が一のことがあったら政府が対応できないので、せめて福島が落ち着くまで待てばよいのに。

先日、福島の子どもたちを守るために福島在住の住民などが文部科学省に申し入れを行ったが、対応した文部科学省の担当者(渡辺格 科学技術・学術政策局次長)は以前も書いたように、もんじゅ裁判の国側として発言したり、高裁で逆転敗訴したあとも、保安院の新型炉等規制課長として「原子力施設は多重防護されている。判決が指摘するようにすべての安全装置が作動しないと仮定するなら、安全性の確認などできない」と判決を批判し、さらに「(国の)上告で判決は確定していない」として、改造工事をすすめた人物。今回も「100ミリシーベルトよりも小さな被曝では、ガンなどの増加は認められていない」と発言したと報じられている

福井の原発群がいかに危険かを下記の活断層マップで再度確認してほしい。

活断層マップ

次の動画の拡散シミュレーションは出所不詳だが、どうやら3月12日から実際の気象データに基づいたシミュレーションのようである。前半が福島の、1:15あたりの後半がもし福井で事故が起こったらというシミュレーションになっている。最初は岐阜、長野、そしてみるみると琵琶湖、彦根、近江八幡,名古屋が赤く染まっていく。福島と違ってほとんどが陸地にかかり、その影響は関東にも及ぶ。

飯館村はけっして他人事ではない。



biwako_strawbale at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月23日

ガンジーの七つの社会的罪

本日の参議院行政監視委員会における小出裕章さん、後藤政志さん、石橋克彦さん、孫正義さんの発言。






Video streaming by Ustream

小出さんは「ガンジーの七つの社会的罪」で発言をしめた。

1.理念なき政治  Politics without Principles     
2.労働なき富    Wealth without Work
3.良心なき快楽  Pleasure without Conscience
4.人格なき学識   Knowledge without Character
5.道徳なき商業   Commerece without Morality   
6.人間性なき科学 Science without Humanity    
7.献身なき信仰  Worship without Sacrifice

理念なき政治(自民、民主)×道徳なき商業(東電ほか)×人間性なき科学(御用学者)=原子力産業

ただし、我々の「汗をかかずに楽したい」という「労働なき富」「良心なき快楽」もこれらを下支えしたことも忘れてはならない。

biwako_strawbale at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月22日

国産茶葉使用は危ない?

福島以外の原発でも日常的に放射能漏れなどの事故が起こっている。

敦賀2号、また放射性ガス漏れ 通常値の1・3倍

浜岡原発は緊急停止でもないのに細管が破断。本当に、地震が来る前に止めて正解だったし、津波がこなくても重大なトラブルが発生する可能性があるのだから、堤防ができたらからと言って再開はやめてほしい。

浜岡5号機、海水混入か

浜岡原発:海水混入 細管、最低20本損傷 金具が飛び当たる

* * * *

滋賀県の防災計画の見直しは、最悪の事態を想定して行われることになった。委員の中には、「福井の原発のほとんどは加圧水型だから福島のようなことはおこらない」的なことをいう懲りない人もいるみたいだが、とりあえずは最悪の事態を想定して検討するということで評価できる(一番の防災は原発をなくすことなんだけれどそれはさておくとして)。

神奈川、埼玉、静岡などの生茶葉から放射能が検出されている問題で、厚生労働省が乾燥させた荒茶の検査を求めたところ、各地で検査拒否にあっているという。どうやら、荒茶で計ると基準値を超えてしまうということらしい。基準値は相当甘めに設定しているにも拘らず。

前にも記したが、農家さんの窮状、怒りはわかるが、守るべきは消費者(とくに子どもたち)であって、きちんと検査をして事実を公表してもらいたい。基準値を超えるようなものについては、東電なり、政府なりに補償をもとめていくことなら、消費者も応援できるだろう。

いままではペットボトルの「国産茶葉使用」というのは安心の一つの指標だったけれど、これからはそうもいかない。

【参考】
福島で採取されたつくしとたんぽぽへの放射能の取り込み

WINEPブログ日本語の別記事

日本土壌肥料学会セシウム(Cs)の植物移行とそのメカニズム



biwako_strawbale at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月20日

元東電社員の証言

「あのときは大げさに騒ぎすぎたな」は笑って済ませられる。
「あのときああしておけばよかった」は悔やんでも悔やみきれない。

元東電社員という人の証言を。後半に、内部告発ともいえる内容が続々と語られている。



動画のコメント欄をみると、単位の言い間違えやディズニーランドの消費電力については誤解もあるらしいが、業務内容に関する証言は具体的で信頼できると思うがどうか。

biwako_strawbale at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月19日

何を今更・・・

1号機、津波の5時間半後には燃料溶融

2、3号機も「燃料の大半溶融」

何を今更。

今回の震災の後、最初に書いたブログのタイトルが「メルトダウン」だった。3月12日の未明であるが、その時にも書いたが、11日の段階ではっきりと政府の災害対策本部の文書(PDF)に、

炉心損傷開始予想:22時20分頃,
原子炉圧力容器破損予想:23時50分頃

と書いてある。

つまり、speediの予想も含め、すべて「予想通り」に進んでいたのであって、もっと迅速により広範囲の住民を避難させておけば、被曝も相当おさえられていた。しかし、突きつけられている現実をみようとせずに、判断を誤らせた。テレビに出てくる学者もどきの連中も同罪。

先日はNHKの七沢潔さんがつくった「ネットワークでつくる放射能汚染地図」が放送された。大反響で、金曜日午前1時30分(木曜日の25時30分)と土曜日の午後3時の再放送が決まった。NHKオンデマンドでもみれる。

震災直後のテレビでは各局とも、現場を知らない学者とアナウンサーによる「安全」の垂れ流しがおこなわれ、「大本営発表」の悪夢をみる思いだったが、現場主義の研究者と現場主義のジャーナリストによるこの番組によって、「NHKいまだ死なず」との思いを得た。

この番組は、タイトルだけをみれば放射能汚染の状況を伝える番組だが、制作者は抑制を利かせつつも巧みに、被災者のおかれている現状そして責任の所在を明らかにしている。

政府がデータを秘匿したために、安全を垂れ流したために、いらぬ被曝をさせられた人がいかに多くいるのか。

そしてその現状は今も変わらない。子どもたちの被曝について、目の前の現実から目をそらして、後で「予想通りだった」と嘆くことの無いように。



biwako_strawbale at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2011年05月18日

結局は

久々に原発以外の記事を。でも、程度の低さは同じほど。

大阪府知事の橋下が、君が代斉唱時の教員の起立義務化条例案をつくるらしい。

いかにも自信のない人間のやることだ。敬意や尊敬はいわば勝ち取るものであって、人の首根っこを押さえて引き出すものではない。ましてや不起立者の名前を公表するなど、下品にものほどがある。尊敬されない訳である。

尊敬されるものとは、人のためにー特に弱者のためにー働く人や組織。条例などをつくらずとも、人々は、自ずと頭を垂れ、ひざまづくだろう。

こんな下らない条例を作る暇があったら、まずは知事も議員も弱者のために働いたらいかがだろうか。

東京都や大阪の知事のレベルは、結局は、この国のレベル。実は、今回の原発事故と同根。(こういうことを書くと、「我が国から出て行って」などというコメントもくるが、残念ではあるが、真剣にそれを考える時期に来ているのかもしれない).



biwako_strawbale at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月17日

講演会、上映会ほか

元出雲市長の岩國哲人氏(19日)、元滋賀大学学長の宮本憲一氏(21日)が震災関連で講演します。22日は安土で「幸せの経済学」の上映会です。また、元三菱電機アメリカ社長でNPOフューチャー500理事長の木内孝氏の講演会も6月2日にあります。「熱帯雨林が教えてくれること」などの著書のある木内氏の講演会は特にお勧めです。

■ 講演会のご案内・・・‥‥…

○滋賀大学経済学部講演会「地震を越えて日本の自信

東北巨大地震という未曽有の国難に直面して、
今後日本はどのような新たな発想で対処して
いったらよいのか、長年地方政治や国政に携わり、
アメリカやアジア諸国にも広い交流をもたれる賢人
岩國哲人氏が、その処方箋を熱く訴えかけます。

 講師:岩國哲人氏(元島根県出雲市長)
 日時:2011年5月19日(木) 14:30〜16:30
 会場:滋賀大学経済学部 講堂
 主催:滋賀大学経済学部 共催:就業力育成支援協議会
 詳しくは→ http://ow.ly/4EGB8

○講演学習会「国土開発と東日本災害問題--歴史的失敗と今後の課題

3.11の大震災に伴う不幸な事態は、この国の進めてきた
政策を根本から問い直しています。かねてから地方財政学を
基本にして、常に市民の側に立って公害や都市問題、地域開発の
問題点を鋭くしてきた元滋賀大学学長の宮本先生のお話を伺います。

 講師:宮本憲一 氏(元滋賀大学学長)
 日時:2011年5月21日(土)14:30〜16:30
 場所:大学サテライト・プラザ彦根
    JR彦根駅前 平和堂アル・プラザ 6F
 主催:日本科学者会議(JSA) 滋賀支部
 詳しくは→ http://ow.ly/4QVBJ

○ 映画「幸せの経済学」上映会 in安土

 日時:2011年5月22日 15:30-18:30 (15:10開場)
 場所:安土文芸セミナリヨホール
   (近江八幡市安土町桑実寺777番地)
 料金:1000円
 定員:300人(事前申込不要)
 主催:滋賀で「幸せの経済学」を上映する会
 詳しくは→ http://www.shiawaseno.net
 ※近江八幡周辺の面白いNPOや団体が集まる
  「つながり広場」も同日9:30から開催。
 詳しくは→ http://ow.ly/4SI5e

○第4回就業力講演会「自然を“師”とする
 講師:木内孝氏(元三菱電機アメリカ社長、NPOフューチャー500理事長)
 日時:6月2日(木)14:30〜17:00
 会場:滋賀大学経済学部第2校舎棟 23番教室
 詳しくは→ http://ow.ly/4IDMq


biwako_strawbale at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月15日

もんじゅ再稼働への動き

福島第一は手のつけようがないほどひどい状態であることがわかった。炉心は溶融して、圧力容器の底に落ち、しかも水もほとんどない状況とのこと。

建屋地下の空間線量は2シーベルト/時で、これまで観測された最高。循環系をつくると言っても、そこかしこに穴があり、作業員も数分しかいられない。

線量を表す単位がマイクロシーベルト、からいつの間にかミリシーベルトが中心になっていたが、とうとうシーベルト(1シーベルトは1,000ミリシーベルト)まで来てしまった。

東海村臨界事故のときに2名の作業員の方が浴びてなくなったのが、推定6〜20シーベルト。どのようになるかの実際の写真があるが、とってもとっても恐ろしいので、心臓の弱い人はご遠慮を。周りにお子さんなどがいないことを確認してから閲覧のこと。ただし、スクロールした下の方にあるので、いきなりは出ません)。

関連動画 NHKスペシャル「東海村JCOバケツ臨界ウラン放射線・放射能被爆事故(原発関連) 」(3まであります)

文部科学省の発表などを総合してセシウム137の3月25日までの堆積量を推計した方がいるが、それによると

福島市中心地の13.5Ci/km2とは、自主移住が進められたチェルノブイリの第二汚染区分(5-15Ci/km2)に匹敵する。東京の2.1Ci/km2はチェルノブイリの第三汚染区分(1-5Ci/km2)に匹敵する。この記事ですでに千葉市が第三区分に含まれると書いたが、WSPEEDIの情報から東京の大部分も第三区分に含まれる可能性が濃厚になった。この第三汚染区分は、チェルノブイリ災害から10年から20年の間に、その地域で呼吸しその地域の食品を食べていた人々(成人含む)の中でガンや白血病が増加したエリアである。(引用)

とのこと。

こんななか、もんじゅでは6月に落下した中継装置を引き出し、今年度中の40%出力試験をめざすとまだ言っているらしい。

外部有識者でつくる検討委員会が11年5月10日開かれ、「技術的条件が整った」として引き上げ作業の開始を了承。作業中に地震が起きた場合は作業を中断すること等も確認した。原子力機構は、6月にも引き上げ作業を始めたい考えだ。引き上げ作業が完了し、炉心中継装置が復旧したことを前提に、11年度中に第2段階の性能試験にあたる「40%出力試験」を目指している。引用

しかしながら、引上作業自身が極めて危険な工程。原子炉の蓋を取ることなど設計では想定していないし、冷却剤のナトリウムは酸素や空気中の水分と反応して爆燃するので、建屋内に4階建てのビルほど高さがある簡易な覆いをつくってアルゴンガスを満たして作業する(昨年12月時点での工程表によれば)。何らかの原因でこの簡易な覆いのシールが破れればと思うとぞっとする。

水はかけられないので、建屋全体にアルゴンガスを充填しつつ、加熱ヒーターをきってナトリウムを固化させるのか。

こんな危険な作業をするぐらいならこのまま廃炉のほうが遥かに合理的。

万が一作業するとしても、新聞やテレビでアナウンスをした上に、後手にならないようにあらかじめ10キロないし、20キロ圏内の人を避難させてからすべき。

biwako_strawbale at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月14日

預言者

嘲笑を浴びながらも孤独に(多分ご自身は孤独ではなかった否定されるだろうが)戦ってきた小出さんであるが、3.11以降は様相が一変。

何年か前に能登川図書館に来ていただいた時(あっ、記事を書いたのがちょうど3年前の5月だ)には人もまばらだったのに、先日の明治大学では1200人を超す聴衆が押し寄せた。小出さんは入場できなかった人に会場の外で語りかけた。


「原子力に携わってきたものとして申し訳ありません」との謝罪に言葉もない。決死隊への参加を表明する姿は、「チッソは私であった」といって原罪を背負い込んだ水俣病患者の緒方正人さんの姿にも重なる。

預言者とは(単なる予言者ではなく)彼のような人のことを言うのではないかと思う。

そんな彼は言っている。「浜岡が危険なのではなく、全ての原発が危険なのである」と。だから、全ての原発を廃止しなければならないと。小出さんを再び予言者としてはならない。

* * * * * 
【文部科学大臣】
今日発売の週刊金曜日の記事はどれも切れ味最高。以前に書いた電力総連の問題なども詳細に議論。特に民社党系の川端達夫前文部科学大臣などは原子力をこれまでの過渡的なエネルギーから基幹エネルギーへと位置づけ、もんじゅ再稼働をおこなったことなどを指摘。ちなみに後任の高木義明文部科学大臣も民社系で三菱重工出身。20ミリシーベルト問題をみてもわかるように原発政策では全くだめ。

【20ミリシーベルト問題】
さて、その20ミリシーベルト問題であるが、保守的な日本医師会も批判。
日本医師会も上限20ミリシーベルトに疑問

【原発労働者】
現場はというと日当40万円という話も。
「福島原発に入って2週間」〜原発作業員・続報

「明日から入ることになりました」原発作業員・続報

biwako_strawbale at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月11日

今日のまとめ

南足柄でも茶葉から基準値を超えるセシウム

東京の汚染も推して知るべし。

福島の牛1万頭、24都道府県へ

人にうつる可能性もないのに口蹄疫では全頭処分。新型インフルエンザではみんなマスク。でも、今回は?



福島の放射線管理区域よりも高い地域でマスクもさせずに外で遊ばせるって。福島県はいつまでもこの山下とかいう長崎大の教授に「安心」をまき散らせるのだろう。



この東大の大橋という教授はこれでも専門家なのか(映像は平成17年に佐賀で撮影)。格納容器どころか圧力容器まで損傷を受けたし、プルトニウムは微粒子もしくはエアゾールとなって遠くハワイなどでも観測された。全ては小出さんの言う通り。結局、小出さんは原子力の勉強をして、数年で見切ってしまったということ。新の意味で「頭の良い人」というのは小出さんのような人のことをいうと思う。








Video streaming by Ustream

そんな小出さんは「原子力にかかわってきた人間として責任がある」として自ら決死隊に志願しているという。東大の大橋とやらは、何をしているのか。

3号機の温度が4月には80度だったものが、300度を再び超えてきた。再び、危険な状態へ。

biwako_strawbale at 21:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2011年05月10日

敦賀原発で放射能漏れ事故!

敦賀原発2号機(福井県)から

41億ベクレルの放射能漏れ
(記事)

この量は福島第1原発事故で8日におこなった1号機の原子炉建屋の二重扉を開放した際に放出されたと推定される5億ベクレル8倍!。

センセーショナルにしてごめんなさい。でも、毎日、「数万テラベクレル」(テラベクレルは1兆ベクレル)なんていう数字を目にしていると麻痺してくる。4月27日には横須賀で1万ベクレル以上の放射能漏れ事故があったが、あまり報道もされず、埋没していくのはどうかと。

※画像貼付けすぎて、重たくなったのでサイドバーを軽くしました。

biwako_strawbale at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月08日

本日の福島第一関連まとめ

3号機の圧力容器温度が大幅上昇 底に燃料落下?

求人と違い「福島原発で作業」 大阪・西成の労働者

2011/05/08 17:28:16
URL変更で中継中→ http://bit.ly/jaahsp RT @SSKGNZ: そのカメラ、中止になったようです。まさか圧力 http://bit.ly/lFJnvC @hatakezo 福島第一原発、本日午前1時26分頃から約2分、4号機から黒煙が上がったように見えた


2011/05/08 17:02:31
今朝の煙。 東電の答)5/8午前1時頃は、特段屋外では作業を行っておらず、また、そのような煙の発生の報告も受けていないことから、発電所からの水蒸気によるもやが照明の影響で陰となり、当該の煙に見えたのではないか。なお、パラメータにも変化は見られていない。



biwako_strawbale at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!