2008年04月24日

死刑と私刑

 あの判決を聞いてとても不愉快な気持ちになった。その気持ちはどこから来るのだろうと考えていると、それは今まさに「私」が犯行当時18歳だった少年の首を折って殺害しようとしている、という感覚から来るものであった。目は飛び出し、口からは血交じりの泡を吹き、下半身は糞尿にまみれる。そうした行為に自分が手を添えているという不快感である。読む人をも不快にさせるような描写をなぜわざわざするかというと、われわれがあまりにも国家というシステムを利用してなされる死刑というものの無頓着であるからだ。
 90年代以降年々死刑を行う国は減少し、いまとなっては死刑をおこなって国は、北朝鮮、中国、イラン、イラク、アフガニスタンなど限られた国である。死刑制度のある国としてアメリカも含まれるが、既に13州で廃止されている。昨年12月18日、国連総会でも「死刑執行停止決議」が104カ国の賛成多数で採択されている。今回の判決は、死刑を持ってするしかないような例外的な場合にのみ死刑を適用するというこれまでの考え方を180度転換し、特段の事情がない限り原則死刑とした。またしても国際社会から乖離していく日本の姿がある。
 また、この判決について、被告人の新証言の解釈などの問題を個別に指摘することもできる。しかし、じつは国際社会がどうであろうと、この個別事件がどうであろうと、私の不快感の源とは関係ない。
 これが一般に犯罪被害者による、文字通りの私刑(リンチ)であるのであれば、口を挟む余地はあまりないのかもしれない。しかしながら、これは国家を介在しての刑罰であって、主権者であり納税者でもある私は、間接的にでもこの少年の首の骨を折ろうとしているのである。
 死刑というのは「私」がする行為である。謝罪や反省というのは「彼」がする行為である。したがって、死刑(私がする行為)をもって罪を償う(彼がする行為)などということは、できない。代理することはできないのである。「掛け替えのない命」という言葉がある。失われた命が大切であればあるほど、金銭や相手の命などで置き換わることはない。水俣の緒方正人さんが補償交渉の場から降りてしまったのはそういう理由だ。所詮置き換わることのないものを求めるということは、憂さ晴らしでしかないからである。
 くしくもその日、19歳の少年が死刑になりたくてタクシー運転手を殺害した。土浦で8人を殺傷した事件も含め、死刑制度さえなければ起こりえなかった事件である。


biwako_strawbale at 08:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!抱懐 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔