2011年10月15日

もんじゅの火は消さねばならない

文科省副大臣・奥村展三(滋賀4区選出)がもんじゅについて「夢を持って何とか火を消さないで、文科省としてしっかりバックアップして進めていきたい」と語ったとされる。

安全性検証委員会を年内に立ち上げるそうだが、別の記事によれば、「『もんじゅの火を消しては困る』のは、私も個人的にはそうだが、省としても火は消してはならないと思っている」と語り、委員会発足前に、その議論の方向性を誘導するような発言をしている。

そもそももんじゅは奥村と同じ滋賀県選出の川端達夫(近江八幡出身、彦根東高校)が文部科学大臣の時に再開をさせたもの。実は細野豪志も近江八幡育ちで、近江兄弟社小・中、彦根東高校出身と滋賀県にゆかりがあるが、どうも滋賀県のことはどうでも良いみたい。

もんじゅが事故を起こしたらどうなるか。浪江町や飯館村よりもひどい汚染になる可能性が高い。根拠はいくつもある。(仞症に助けられた福島とは異なり、風は内陸に吹く。▲淵肇螢Ε爐水もしくは酸素と反応して爆燃する。G確舛縫廛襯肇縫Ε爐使われている。つ名錣慮業より温度が高く、配管が薄い、などなど。



そうなると人は住めず、牛や豚は死に絶え、「死の町」になる。逃げ遅れた子ども達は被曝し、逃げ延びた子ども達も散り散りになる。

そして、東電さんが示してくれたように、補償はまず期待できない。領収書を持ってこないと原則補償されない。家や農地の資産価格がゼロになっても指定地域を狭くして補償はされない可能性が高い。

いま声を上げないとえらいことになる。コトが起ってからでは取り返しがつかない。

川端氏も奥村氏も滋賀県選出の議員なので、選挙権のある人はそれをしっかりと行使すること。意志を表明することが必要かと。

ぜひあなたのご意見を↓

【奥村展三後援会事務所】
〒520-3290 滋賀県湖南市三雲146-1
TEL:0748-72-3883 FAX:0748-72-3884
Mail:okumura@okuten.com

biwako_strawbale at 21:37│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔