2007年01月08日

侮る事なかれ四方草山

平成19年1月3日 天候 晴れ

侮る事なかれ四方草山

笹路P   8:10
三子山   9:20
四方草山 10:05
安楽越  11:20
笹路P  12:10

新年一発目の初春山行は、昨日の猪にちなんだ綿向山山行。で第二弾の登山は少し初春らしくと、盤石が祭ってある三子山へ。でも、三子山だけでは物足りないということで足を伸ばして四方草山を越して安楽越へ縦走することとしましたが、これがたいそう疲れる結果になってしまいました。

三子山の盤石
笹路の東海自然歩道脇に駐車し、東海自然歩道でまずは県境稜線まで一気に急登、よしよし高度を稼いだと思う間もなく、アレレと急降下してまたまた急登。ここが三子山南峰と呼ばれる盤石が祭られているピーク。知ってる人は知っている、知らない人は赤テープに誘われてそのまま坂下へ下山ということになります。新年バージョンにて新しい綱が締められいて、自然物神に向かって取りあえず御利益があるよう拝みます。ここまでが信心深き山行。以後の安楽越に達するまでの三子山〜四方草山を越す県境稜線アップダウン修行は、相当の累積標高差があるに違いないと鍛えられつつ体感しておりました。今回は、全て稜線を行きましたが、気が付いたのですが四方草山周辺には何カ所か巻き道らしき枝道が分かれているので、勇気がある人は突っ込んでみる価値があるかもしれないですが、そのまま下界へ繋がっているだけかも知れないんで何とも言えませんが。
錐山590mの標識があるピークからの下りで、足もヘロヘロになっているところに険悪なガレ沿いを降りるんですが、ここは転倒もしくはスリップすれば間違いなくアウトな難所。そして無事に大峠までやってきても、正面の壁のように見えるピークへの登りは最大級の疲労度与えてくれます。
後で累積標高差をみてみましたら、750mもありました。登って下ってっていうパターンは疲れるんですわ、はい。  

Posted by biwakobass1 at 18:38Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月02日

新春登山 綿向山

平成19年1月2日 天候 曇り時々小雨

西明寺P 10:30
綿向山  12:50〜13:20
西明寺P 14:45

新春恒例のねずみ男との初登山、今年も定番となった綿向山。
年末に降った残雪が残る日野の奥地、西明寺BSに駐車して小雨模様で生憎の天候の中、表登山道を前日の新年登山で踏み固められた雪にパワーロスすることなく登る。3合目で小休止。今年も、写真のねずみ男との鈴鹿偏愛山行が続きます。

あざみ小屋とねずみ男


















いつしか小雨はあがり、曇り空ながらそこそこの視界が得られるまあまあの天気。ラリーベールさんが冬道入り口にあつた倒木バリヤを撤去されたみたいで、踏み跡は全て冬道へ。山頂で、正面に雨乞を眺めつつ軽い昼食タイム。ねずみ男は雨乞に向かって「平成19年 万歳、万歳、万歳」と一人で叫んでいたが、私が一緒に叫ばなかったのを気に入らなかったようで、私がまだメシ中なのを尻目に、さっさと一人で下山を開始してしまったので、山頂から風景を1枚撮影して、表登山道を追いかけるようにして下山したのでした。
綿向山上から雨乞  
Posted by biwakobass1 at 23:50Comments(0)TrackBack(0)