借金時効までの期間は数え直しで、新たに時効期間が過ぎるのを待たなければなりません。借金の時効が中断する理由には、消費者金融側からの請求、差し押さえ、仮処分、債務の承認などがあります。負債者側の行動によっても、消滅時効の消失は発生することがあります。

時効が成立していても、返済を認める行為や返済に同意する行為をした時に時効の権利は喪失します。借金の一部を支払ってしまったり、借金の存在を認めるようなことをした場合がこれに当たります。ただし内容証明便は、請求を受けてから半年以内に裁判上の請求をされることで借金の消滅時効は中断します。

借金の消滅時効は時効期間が終わる前に、貸した側が裁判上の権利を行使したり、借りた側が借金を認めて返済に同意した時は、借金の消滅時効の時効期間はリセットされ、時効期間は振り出しに戻ります。つまり時効の放棄とは時効の権利を使わないと相手方に対して約束を交わすことで、これは違法行為です。いずれも民法で定められているものです。

よく、郵便物の封を開けなければ受け取ったことにならないという言葉を聞きますが、それは誤った認識です。借金の存在を認めさせるために、例えば減額提案書にサインさせるなどの方法を取ります。放棄と違い、時効の喪失は時効までの歳月が経っていても時効にならないことです。


pg2ピュアエッセンス