【ガイアの夜明け】「ニッポンの宿」新時代

2016年04月07日

【カンブリア宮殿】日本のスゴイ工場を発掘!急成長の『工場直販』ブランド ファクトリエ代表 山田敏夫さん

急成長するアパレルブランド「ファクトリエ」。メイド・イン・ジャパンが売り物だが、代表の山田が全国各地を訪ね歩いて見つけた“スゴイ縫製工場”の直販という異色のブランドだ。今や日本の衣料品の国産比率は3%まで激減。縫製工場が次々と消える中、海外の有名ブランドが生産を委託するほどの技術を持つ工場も多い。日本の優れたモノづくりを再生させたいと山田が立ち上げたのが「ファクトリエ」なのだ。商品のタグには生産する工場の名前を入れ、しかも販売価格を工場が決めるユニークな仕組みを導入している。「モノづくり再生」に立ち上がった山田の情熱に迫る。

※番組HP(↓)から転載
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20160407.html

私は初めてのスーツをBEAMSで買った。
買ったのは大学四年生の春で、教育実習と就活用にネイビー、シングル2つボタンのを買った。
なぜ、たかだかリクルートスーツ(笑)をBEAMSで買ったのか。
それまでスーツのフロア(※たしか地階)はスルーしていたが、店(※たしか「渋谷店」)そのものは大学の近くに在り、普段着を比較的よく買っていたからだ。
背伸びやエエカッコシイがなかったと言えば嘘だが(笑)、店に馴染みと信頼があったのは事実だ。
結局、リクルートスーツとは言えなにぶん初めてのスーツであり、それなりに長く着たかったし、イイカゲンなスタッフから言われるまま買って後悔したくなかったのだろう。
この目論見は見事叶うのだが、ここからが本論である。(笑)

私が買ったこの初めてのスーツは、実はBEAMSの商品ではあったが、BEAMSの製品ではなかった。
ジャケットの内ポケットの上部には「International Gallery BEAMS」のタグが付けられていたが、ポケットの中には「リングヂャケット製」と付記された素材表示のタグが付けられていた。
これはどういうことか。
要するに、このスーツはBEAMSが企画し、リングヂャケットという(今では名だたるファクトリーブランド&ショップを立ち上げている)服飾工場に製造を委託してできた商品だ、ということだ。
そうなのだ。
BEAMSが顧客に真に売っているのは製品でなければ商品でもなく、企画なのだ。
突き詰めて言えば、独自企画満載の服、即ち、「BEAMSテイスト溢れる服」や「BEAMSならではの服」が確約する、今とはひと味違う、粋かつアゲアゲの(笑)心持ち、ないし、人生なのだ。
BEAMSはよく「セレクトショップ」と言われるが、それは、BEAMSが真に「選り分けている」のが商品ではなく、BEAMSのテイストや志に共感できる顧客であり、また、彼らの人生満足に連帯責任を負える工場、ないし、メーカー(ブランド)だからだ。

番組が紹介した山田敏夫代表率いるファクトリエも、インターネットに販売の主軸を置くものの、商品を自社で製造せず、顧客と工場を選り分けている点で、BEAMSと同じセレクトショップと言えよう。
代表自ら、製造工場の主体性、モラールを担保すべく、保有技術の積極活用(積極的な製品化)と積極的な値付けを提案、後押ししたり、また、良い意味での危機意識を担保すべく、初回生産量の買い取りを半分に制限する、といった取り組みには感心した。
しかし、セレクトショップのキモたる企画が「メイド・イン・ジャパン」や「モノづくり日本」の復権という[大義]、ないし、ファクトリエブランドの[物語]に偏り、最重視すべき顧客の人生満足が軽視され、二の次になっている印象を受けた。

勿論、ファクトリエに選り分けられた顧客は、そうした大義や物語に共感しているに違いなく、「モノづくり日本」の現場を応援するのは本望だろう。
しかし、彼らは、「メイド・イン・ジャパン」の応援団員になるために、身銭を切ってファクトリエで服を新調するのだろうか。
そうではないだろう。
彼らが服を新調するのは、根源的には今よりもイケている、自信と誇りに満ちた自分が欲しいがためであって、これはBEAMSの顧客も同じだろうし、事実自分もそうだった。(笑)
そもそも、顧客からすれば「メイド・イン・ジャパン」は、「イケている自分」を得る実現手段、並びに、オプションの一つに過ぎない。
であれば、ファクトリエが実現手段に偏った、大義や物語偏重のマーケティングをこのまま続ければ、顧客の持続的な満足を危うくするばかりか、自ら大義&物語「倒れ(だおれ)」になりかねない。

このことは、福島が依然「『がんばれ!』マーケティング」を続けるも、農産物と魚介類の販売に苦戦し、農漁業の離職者が絶えないことと通底する。
たしかに、大義や物語は今やマーケティングに有効なばかりか、マスト化しているが、最重視すべきは顧客の応援団員化ではなく、一層の幸福化である。





 

biz_program at 22:00│Comments(0)カンブリア宮殿 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ガイアの夜明け】「ニッポンの宿」新時代