【ガイアの夜明け】「レジャー施設」新たな戦い【がっちりマンデー】ごはんとモチだけで280億円!「サトウ食品」工場に大潜入!ごはんの容器のスキマにからくりが・・・!? サトウ食品工業株式会社 代表取締役社長 佐藤元さん

2016年03月31日

【カンブリア宮殿】万物を動かすチェーンを極めて100年!世界NO.1の強さを生む挑戦&突破力! 椿本チエイン会長 長勇さん

誰もが知っている回転寿司やジェットコースター、自動車エンジンに製鉄所…世の中の様々な場所で「ものを動かす」ために、必要不可欠とも言われる「チェーン」。ダヴィンチが発明したと言われるこのチェーンを、1年間に長さ2万5000キロも製造する、産業用チェーンの世界トップメーカーが大阪に本社を置く、椿本チエインだ。実は、この椿本の強さを支えてきたものこそ、創業者・椿本説三に始まるチャレンジャースピリットにあった。世界を驚かせ続ける椿本チエインの挑戦力と突破力の真髄に迫る。

※番組HP(↓)から転載
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20160331.html

私は自転車を二台使っている。
一台は街乗りからちょっとした遠乗りに使う「クロスバイク」で、もう一台は遠乗りと専ら荒川サイクロードで心身鍛錬(笑)に使う「ロードバイク」だ。
そして、全くの偶然だが、つい先日、クロスバイクのチェーンを交換した。

自転車、並びに、自転車のチェーンに詳しくない方向けに補足すると、自転車にとってチェーンは、ペダルの踏力をタイヤに伝達する重要部品だ。
その重要部品のチェーンを、なぜ私は交換したのか。
伸びたからだ。
先述のように、チェーンは踏力をタイヤに伝えるのが役回りゆえ、ペダルを踏んでいる内に、すなわち、乗っている内に必ず伸びてしまうのだ。
もし、交換しなかったらどうなるか。
踏力の伝達ロスがいよいよ大きくなり、進みが悪くなるは、関係部品は痛みが激しくなるは、はたまた、最悪チェーンそのものが破断→落車するはで、心が辛いだけでなく、身が危ない。

ということで、私はつい先日、クロスバイクのチェーンを交換したわけだが、今回は前回と同様、「インテル入ってる?」ならぬ「シマノ入ってる?(笑)」のシマノの、それも、前回より上位の、最上位グレードのチェーンに交換した。



最上位グレードを選んだのはひと言「物は試し」だったが(笑)、予想以上にイイ感じである。
対象が、高位なロードバイクではなく、低位なクロスバイクの方だったにもかかわらず。(笑)
具体的にどうイイのか?
正に「言葉にできない」のだが(笑)、敢えて言えば、「ペダルが『よりしっかり』、『より気持ち良く』踏める」のである。
私は、前回交換したチェーン(CN-HG50)にも十分満足していたが、それより絶対価格で約500円、割合にして約3割高い今回のチェーンには、その価格差を補って余りある、言葉にできない「イイ感じ」があり、大満足なのは勿論、次回もこれに交換しようと固く決心したのだった。(笑)
「たかかチェーン、されどチェーン」、である。



over(紙)
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
2005-03-24


その「されどチェーン」を、椿本チエインは、創業当初は自転車用に手がけたものの、「誰でも作れる」と、差別化(高付加価値化)と事業性(将来性)を懸念し、約10年でやめてしまった、という。
以降は、ATM、エレベーター、自動車といった産業、輸送機器用に特化し、かつ、それを組み込んだパッケージ機器、ないし、システムを個別製販している、という。
「されどチェーン」を自転車に特化し続けるだけでなく、変速機、ブレーキ、ホイールといった自転車部品のほぼ全てを手がけるシマノとは、同じチェーンメーカーと言っても事業戦略やビジネスモデルの点で全くの別物である。

結局、椿本チエインが志向しているのは「チェーンソリューションプロバイダー」で、シマノは「自転車トータルサプライヤー」なのだろう。
勿論、この違いに良否はないが、現実問題、椿本チエインの時価総額はシマノの10分の1にも満たない(※2016年4月20日時点:約140.000百万円約1.600.000百万円)。
同じ「されどチューン」を商材としながら、こうも資本家の評価が分かれるとは、やはり、企業が資本主義社会で問われるのは、「どんな有意なモノを手がけるか?」以上に「有意なモノをどう手がけるか?」、である。







biz_program at 22:00│Comments(0)カンブリア宮殿 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ガイアの夜明け】「レジャー施設」新たな戦い【がっちりマンデー】ごはんとモチだけで280億円!「サトウ食品」工場に大潜入!ごはんの容器のスキマにからくりが・・・!? サトウ食品工業株式会社 代表取締役社長 佐藤元さん