2005年06月

2005年06月16日

映画で見る日本の風景

先日ビデオで"Lost in Translation" と言う映画を見た。コッポラ父娘が監督、ビル・マレー主演で東京を舞台にした映画だった。そんなに期待していた訳ではなかったけれど、結構楽しむことができた。

映画は小学生の頃から、何度か補導されながらもよく通ったもので、最初に一人で観に言った“洋画”は、ビングクロスビー一家総出演の「4時の悪魔」というもので、それからもよくある「火山の爆発」の中での人間模様を扱ったものだった、その次がジャックロンドン原作の“野生の叫び”(これは後に大学生なって原作を読んだ)。確か小学校の4年制の頃だったと記憶している。

それからも映画はよく観に行ったもので、イギリス映画、フランス映画、ベトネム映画、香港映画、ミニシアター系など数え切れないほどの映画を見てきた。単身赴任時代、雨の日曜日には1日に4本〜5本も見たことがあるくらいの映画好き。当時の部下の中には、映画好きが講じてマカロニウェスタン特集のCDに解説を書いたり、イタリアの映画祭に招かれたりするほどの者もいて、映画談義をすると時間が経つのを忘れたほど。

話しを最初に戻すが、是非このビデオを見て欲しい。日本がいかに「様々な音でうるさいか」「色彩的にひどいか」「看板などが見苦しいか」「遊びが貧相か」が良く分る。いかに「商売優先」の国になってしまっているかが良く分る。流石に超一流の映画監督の目を通すと、普段見過ごしているこのようなことが、デフォルメされて目の前に突きつけられる。観ていて恥ずかしくなる。

決して外国ばかりを礼賛するわけではないが、今の日本は文化的には発展途上国だなあとつくづく感じる。発展途上というより、むしろ衰退途上と言うべきか。かつて日本と言えば、「静けさ」「落ち着いた色彩」などは誇るべきものがあったはずだ。いつの間にこんなに醜い姿になってしまったのだろう。かつて仕事で海外を何度となく行き来したが、日本の空港に着くたびに彼我の差に悲しくなったものだ。もっと子供の頃から紛い物でなく本物の、しかも美しいものをたくさん目にする機会を与えるような教育が必要ではないか。


biznavi at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事情報 

2005年06月09日

女性の服装

ルレーブの白梅です。

私の母校(長崎のカトリックの短大⇒※訂正)には、
「ジーンズは作業着だから、学校にはいてきたらいけません!」
トレーナーを腰に巻いたり、肩に掛けたりしていると
「きちんと着るか、脱ぐかどちらかにしなさい!」と本気で叱る教授がいた。
今から約20年前のことだが、当時は「そんな時代錯誤な」と思っていた。

先日、細木数子も若者に家事の仕方を教えるテレビ番組で、ノースリーブの若い女性に「目上の人の前では、ノースリーブを着てはいけない。」と叱っていた。

つい最近のことだが、「ノーネクタイ、ノージャケットについてどう思うか」と聞かれたときに、「人と会うときはやはり上着を着たほうがいいんじゃないですか。もともとワイシャツは下着だったから、下着のまま人に会うのは失礼だと思う。」と私は答えた。

自分こそ、時代錯誤なのかもしれない。(笑)
しかし、夏になるとオフィスでも目のやり場に困るようなファッションで登場する女性が多いのも事実。「クールビスだし〜」と言っても、へそだしファッションはNG。

「仕事をするときの服装はスーツが基本。」なんて言うと、「古い」と言われるかもしれないが、このスタイルはたぶんずっと変えられないと思う。

みなさん、どう思いますか? 

※訂正
私の母校はカトリックではなく、プロテスタントでした。
あまり真面目ではなかった学生生活が想像できますね。笑!
失礼いたしました。


biznavi at 23:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0) コーチング 

クールビズ

ルレーブの白梅です。

環境省が提唱したビジネスマンの夏の軽装「Cool biz」

高温多湿な日本でスーツ、ネクタイ姿は非合理的であり、夏のスーツスタイルを改善することは理に適っている。

大分県でも今月からクールビズを実施しており、知事は「非常に快適で、楽だ。」とご満悦だが、県庁職員の「クールビズ姿」の採点は「かっこいいと見えたのは1割以下」となかなか厳しいようだ。(日経新聞6/7朝刊より)

個人的な意見だが、
「ノーネクタイ、ノージャケット。やった!楽だ!」という単純なものではなく、ノーネクタイ、ノージャケットでいかに格好良く、好印象を与えることができるかが課題だと思う。

スーツよりも個人のセンスが問われるクールビズ。石油ショックの頃の省エネルックの二の舞にならないように願いたい。


◆人の印象は55%見た目で決まります。
 もって生まれた肌の色、目の色、髪の毛の色を分析し、その人の魅力を引き 出すパーソナルカラー診断をいたします。
 お問い合わせはe-shiraume@joy.hi-ho.ne.jpまで。◆






biznavi at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コーチング 

2005年06月06日

満開の山法師

山法師満開

ナビゲーター事務所所在地近く、法務局の裏通りに山法師が満開、数え切れないほどの白い花を空に向けて咲かせています。時間のある方は散歩がてらいかがですか?

biznavi at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 歳時記 

せーリング風景2

セーリング風景2

海の仲間との楽しいひと時、博多湾内を疾走する“トマト号”

biznavi at 15:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 歳時記 

セーリング風景

セーリング1

海と言えばヨット、程よい風が吹く季節は海の上で過ごすのが一番。帆一杯に風を受けて走るヨットを併走する船からとった写真。

biznavi at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 歳時記