2005年11月

2005年11月14日

第二創業塾(第5回)

タイムリーに更新できず、申し訳ございませんでした。
今年もあと1ヶ月ちょっとですね。
気を引き締めて・・・。


11月9日(水)
下関商工会議所主催経営革新講座の第5回目です。
■テーマ「組織体制と管理システム」

管理体制を構築するために、3つのフレームワークで考えなければならない。

1.従業員は管理者が期待することを理解しているか?
  →指示の不徹底
   ・つまり何をすればよいか理解しているか
   ・何を達成すべきなていないのか

2.従業員は継続的に真面目に期待に応えようとしているか?
  →モチベーションの低下
   ・ハーツバーク(動機付け要因・衛生要因)・公平理論
   ・「上司の最大の仕事は部下をやる気にさせることだ」
    「大工と話すときは大工の言葉をつかえ」
    ピーター・ドラッガーの言葉
    
3.従業員は期待に応えるだけの能力を有しているか?
  →個人的な能力の限界
   ・配置  ・昇進、昇格
   ・採用のまずさ(基準が明確になっていない)
   ・適切な教育
   ・スキルマトリックスをつくり、評価する

最初の30分は質問タイム。
自社の悩みや講師の考え方を訊く質問がいくつかでました。
最初は参加者3名で寂しかったのですが、仕事を急いで片付けて
駆けつけた方も多数。
受講者の真面目で真剣に話を聞く姿は印象的でした。

「困っている人の問題を解決するためのものは売れる」
「従業員のモチベーションが高いか低いかは上司によって決まる」
など『はっと気付くような言葉』も講義の中にたくさんでてきましたね。

1月の懇親会で「順調、順調!」「うまくいってます!」というようないい報告をきく事ができれば嬉しいですね。

下関商工会議所の経営指導員の佐藤さん、田中さん。お世話になりました。
ありがとうございました。
 

biznavi at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月09日

第二創業塾(第4回)

11月2日(水)
下関商工会議所主催経営革新講座の第4回目です。

■テーマ「アクションプランに直す」

目標設定をするときは、結果としての目標達成をするために「達成する指標」「とるべき行動」を明確に特定し、達成基準を「数値目標」として定量化し、さらに、目標達成時期を特定します。

1つの行動目標についてロジックツリーを使い、MECE(ミッシー=もれ・だぶりがないこと)に具体的行動に分解しました。

そのときに気をつけることは、次に2点です。
〆までにやったことが無いことを書くこと
結果を変えるためには、行動を変えることが必要である


いよいよ来週は最終回です。


今回おすすめの書籍です。

■crmマーケティング戦略/東洋経済新報社



crmマーケティング戦略―Customer relationship management


下関4
★研修風景です。(シーモールパレス)

biznavi at 08:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 書籍紹介