2009年06月

2009年06月04日

そうだ、自動車メーカーを買おう!

早嶋です。

中国商務部の発表では、国内資本による海外企業のM&Aの規模が2002年の2億ドルから2008年には205億ドルと100倍も拡大しており、その勢いは更に加速しています。

中国政府はこの動きを「走出去」政策と称し、中国国内企業の海外進出や海外投資を推奨しています。中でもエネルギー、鉱物、製造、貿易、サービスの分野には投資が集中しています。彼らにしてみれば世界的な金融危機の影響によって、海外企業を買い物するチャンスなのです。

最近紙面を騒がせているアメリカの自動車メーカーも中国企業が狙っています。中国の大手機械メーカー四川騰中重工機械はGM参加のSUVブランド、ハマーを買収することで暫定的に合意したと3日発表がありました、5月頃の憶測では、ハマーは四川汽車が狙っていました。

フォード傘下のボルボは長安汽車が狙っています。買収額は12億ドルを上回るところという数字も報道されフォードから株式譲渡による買収を行う見通しです。

世界的な自動車不況の中でも中国企業の業績は割と安定しています。国内での自動車販売台数が増加しているからでしょう。ただ、中国での自動車のプレーヤーが多数あり、今後は成長している中国企業同士がカニバライズを起こすことも考えられるでしょう。

自社のブランドを地道に構築するよりも既に顧客層がある著名なブランドを買収した方が成長が早い!ともみているのでしょう。ただ、ハマーなどに乗る人は強烈にブランドを意識する人たちです。アメ車のハマーが中国のハマーになった時、これまで同様にブランドロイヤリティーを持つ人がどの程度いるのか?M&Aで企業を買収していくとき、ブランドポートフォリオをどのように構築していくのか?その手腕が中国企業に問われてくるでしょう。実に見ものですよね。


biznavi at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 時事情報 

2009年06月03日

九州のM&Aと言ったらビザイン

早嶋です。

本ブログにたまに登場するビザインのお知らせです。

この度、ビザインはビジネススクールの同士である、清水美帆さんが経営する株式会社ビジネスブローカレージジャパンと提携し、店舗M&A/小規模M&Aの仲介業務を行うことになりました。

毎日のようにニュース、新聞、雑誌などで見聞きするようになったM&A。報道されるのは、取引額が数十億、数百億という規模ばかり。しかし、M&Aは大規模企業にだけニーズ、ウォンツがあるものではありません(ブログ「中小企業のM&A」を参照)。

例えば、従業員数人の会社、スタッフ3名の店舗などにも同様にニーズ、ウォンツがあるのです。ただし現在圧倒的に不足しているのが、このような小規模M&Aを仲介をするプレーヤーの存在とその認知です。

ビザインでは今後、店舗・小さな会社をリタイアする場合の選択肢の1つとして、M&Aという可能性をご提案します。現在、専用サイトも作成中ですが、業務は既に開始しております。店舗の売却を考えている、店舗の購入を考えている方、ビザインに連絡下さい。

店舗・小規模事業専門のM&A仲介、ブランド構築支援を福岡・九州で展開するビザイン

biznavi at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 会社情報 

2009年06月02日

にっぽんチャチャチャ

早嶋です。

経済成長率10%!およそ20年前は有り得た数字でしたが現在ではようやく1%台を回復した程度です。今後の日本はどうなるの?自助努力をせずに、外部環境の変化に委ねているとどうにもなりませんよ!というのが最近の考えです。

過去、GDPに対する国家の借金残高は先進国の中でも最低!だけど個人の金融資産は膨大!といわれていましたが、今後は個人の金融資産も危うくなっています。貯蓄率が急低下しており、個人の金融資産の積み上がりのペースが鈍っているからです。

個人の金融資産は、個人として自由に使える可処分所得で、給与から生活費やら保険やら税金を支払った後に残るお金です。

過去、これらの金融資産は耐久消費財にかわり、消費がドンドン進みました。それでも終身雇用と年功序列の給与体系が確立されており所得は右肩あがりだったこともあり、手元に残るお金は貯蓄にも回されていました。

過去、経済が成長していることもあり銀行の金利も7%から8%が当たり前で、10年定期で満期時には元利合計が倍というのも珍しい話ではありませんでした。銀行に置いておくだけで個人の金融資産が着実に増加していったのです。

過去、人口ピラミッドも綺麗なピラミッド型でした。現役の労働力が積み立てる年金は増え、年金を受け取る高齢者は少なかったことより、引退世代の年金受取額は、今からすると、夢のような額で、これも個人の金融資産を増加させる要因の一つでした。

では、最近はどうでしょうか?給与収入を自動的に上げる余力がある企業は殆どなくなりました。それどころか賃金体系がグローバル化の波により低くなりつつあります。殆どのエコノミストは日本の平均的な年収が100万円ほど下がることを予測しています。

金利はどうでしょうか?銀行に預けていても僅かの利子しかつかず、休日に何度か金融サービスを利用すると逆ザヤになる程です。

人口はどうでしょうか?世界が体験したことのない歪な形になっており、年金制度は崩壊しつつあります。

政府の景気対策や経済活性化案はどうでしょうか?それほど明るくないですよね。政府与党は選挙対策の一つか景気刺激のバラマキをしていますが、そのお金は高いお金です。40兆を超す過去最高の国債発行で、800兆を超す長期債務が更に大きなものになります。この額は、GMの負債が米国製造業過去最高の破綻で16.4兆円だったから、GMクラスの企業が50社つぶれるくらいの借金を日本は抱えているのです。

じゃ、どうしよーも無いじゃん!と投げ出しそうですが、個人が動けばかわります。例えば、日銀統計を調べてみると2008年末で1,434兆円でした。うち預貯金に埋もれているお金は791兆円。このお金は経済に全く影響を与えていないと言っても過言ではありません。

もし、このお金が動いたら?10%動いたとしても約80兆円。2008年の一般会計の歳出で83兆円くらいなので、1年分の国家予算と同等のインパクトがあるのです。

biznavi at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 投資・運用 

2009年06月01日

起業のお手伝い

早嶋です。

最近の仕事内容に起業家のご支援があります。直近半年以内ぐらいにビジネスを立ち上げている方々、もしくは立ち上げている方々が主な対象です。ビジネスプランのブラッシュアップや、ビジネスを軌道に乗せるまでの支援が主な内容です。

早嶋はマーケティングの立場でコンサルテーションを提供させていただいていますが、実際に起業した立場としてのコメントがためになるとお言葉をいただきます。

起業して暫くは、プランニングしたとおりに行かない場合が多いです。アントレ(起業家理論)の教科書曰く、「考えが3倍甘い!」と。確かに・・・。ビジネスプランを何度もブラッシュアップする目的は綺麗なシナリオを描くことではなく、様々な局面を予測しては対策を考えておくことです。つまりシミュレーションです。

もちろん、すべての局面を考えることは不可能です。ただし、何度もブラッシュアップしながら実行を繰り返すうちに勘所をつかむことが出来ます。ひとえにビジネスプランを何度も書き直してはトライしているからだと思います。

ここで言うビジネスプラン、まずは考えを紙に書くレベルから初めて頂いています。表現やフォーマットは問いません。使い勝手の良いフレームワークはあるのですが、枠にはめてしまうと、理由を考えなくなります。そこで、白紙の状態から考えてもらってから、足りないな!これでは上手くいかないかな!と思った内容をディスカッションして互いに考え、その部分を強化したり、付け加えてもらっています。

この作業を繰り返すと、最終的にはビジネスプランのフレームワークに近い形になりますが、何のために書いているのかもバッチリ把握できています。つまり、自分のプランに落とし込めた状態になるのです。

起業をするぞ!と準備をして行動に移している方々、もし何か迷いがあったり、相談相手を探しているよ!という方、ビズ・ナビ&カンパニーに連絡ください。

biznavi at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 会社情報