TTSとTTB中国の先行指標

2006年05月16日

ブログマーケティング結果報告

早嶋です。

ブログを毎日更新することで、いわゆるSEO対策ができるか?と言う命題のもと、1/23日より継続的にブログを更新していますが、その効果が出ています。結果は良好。

検証の確認は、Googleではなく、BIGLOBEを使用しました。(BIGLOBEのWeb検索は、Googleからのサービス提供を受けているので、基本的にはGoogleと同じ結果が表示されます。)理由は、検索結果のURLの左側に表示されるオレンジ色の縦棒です。検索結果が1位のサイトは10本の縦棒全てがオレンジ色に表示され、2位、3位と順位が下がるにつれてオレンジ棒の数が減っていきます。このオレンジ棒は、PageRankを表します。

Googleにもページランクを示すものが、Googleツールバーで確認できます。ただし、それはさほど意味が無く、検索順位に直結しない事と、この数字自体が操作可能である事がその理由です。そのため、Googleのページランクは、Webサイトの目標や広告価値の指標として不適切だと考えられます。確かに、Googleの検索順位は、非常に重要です。しかし、順位だけでは見えない部分があります。例えば、マラソンで相手が1位、自分が2位だとした時に、その差が5秒なのか、5分なのかでは大きな違いがあります。このような隠された違いをオレンジ棒で確認できるため、BIGLOBEのWeb検索を使用しました。

BIGLOBEのオレンジ棒は、そのとき検索したキーワードに特化した「検索結果の強さ」と見ることができます。(NEC によると、検索キーワードとの「マッチング度合い」を示すという。)つまり、この棒の数が、先ほどのマラソンの時間に相当します。仮に、1位・10本、2位9本であれば、1位と2位の格差はさほど気にすることは無いですが、3位・8本、4位2本であれば、3位と4位の格差は歴然といえます。

さて、結果です。Googleで「ビズナビ」を検索すると、06年5月16日18時現在では、

 1位:Biznavi-中小企業支援サイト ※他社ホームページ
 2位:ビズナビホットライン ※当社ブログ
 3位:ビズ・ナビ&カンパニー ※当社ホームページ

となります。因みに今年の1月時点では、ビズ・ナビ&カンパニーのホームページは圏外でした。順位だけでもかなり好調です。

次に、BIGLOBEで検索すると、06年5月16日18時現在では、
 
 1位:ビズナビホットライン ※当社ブログ     
   (オレンジ棒・10本)
 2位:ビズ・ナビ&カンパニー ※当社ホームページ 
   (オレンジ棒・7本)
         …
 17位:Biznavi-中小企業 ※他社ホームページ
   (オレンジ棒・0本)

でした。順位は、絶好調。さらに、「検索結果の強さ」「マッチング度合い」と言ったところでもその効果が確認できました。

上記の検証方法は、記事「あのライバルはSEOで抜けるのか」を参考にしています。また、ブログマーケティングの実験に関しては、企業内ネットワーク専門家ストラテジア代表の前田さんと共同で行っています。今回の結果より、ブログマーケティングも効果的にSEO対策が出来ることが確認できました。ぽいんとは、なんと言っても無料で出来る点です。(ブログを毎日更新する機会コストを考えると別次元の話になりますが。)

---ただ今、ブログマーケティング実験中。---

実験の詳細は、『ブログマーケティング実験』をご覧ください。

中小企業」「マーケティング」「コンサルティング」「コーチング」「経営診断

biznavi at 18:28│Comments(2)TrackBack(0) 会社情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まえけん   2006年05月16日 22:17
まあ、なんと言いますか、早嶋さんの努力の成果です。パチパチパチ(拍手)。
2. Posted by R   2006年05月17日 01:10
初めて知りました。私も参考にさせていただきます。、、3位、、4本、、。
ビズナビさん1位2位独占ですね!すばらしい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
TTSとTTB中国の先行指標