ETCと三菱商事自由競争

2006年06月14日

存在意義

早嶋です。

NHKが13日に発表した06年3月期の連結決算は、一般企業の当期利益に当る事業収支砂金が70億円前と前期から半減しています。これで減益は2年連続になります。

原因は、NHKの不祥事による受信料の不払いです。報道各社は、減収→不払い、ということに焦点を当てています。また、不払いに関して義務的に支払う措置などを考えているなどの話も議論されています。

しかし、もっと根本的にNHKの必要性を考える時期なのではないでしょうか?そもそもNHKは、いざとなった時、例えば災害時などで、国民に伝えなければならないニュースなどを伝えるのが目的でした。当時は、インターネットや携帯電話といった情報を伝達する媒体が存在しなかったので、この目的では、NHKは必要でした。でも、今はどうでしょう?災害や事件があれば、NHKでなくともその情報が瞬時に把握できる時代になっています。既に、時代背景が全く異なっているのです。

このように根本的なところから見直せば、NHKの話の焦点を受信料に絞るのではなく、存在意義自体を論議するのは自然な流れです。明らかに時代背景が変わった今、公共放送を持つ理由を考える時なのです。いかがでしょうか?

---ただ今、ブログマーケティング実験中。---

実験の詳細は、『ブログマーケティング実験』『ブログマーケティング結果報告』をご覧ください。

中小企業」「マーケティング」「コンサルティング」「コーチング」「経営診断」「MBA




biznavi at 00:00│Comments(2)TrackBack(0) 感じた事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by にいにい   2006年06月16日 12:37
NHKがチャンネル数削減に反対している理由は職員の行き場がなくなることが大きいのでは。

私の考えはNHKは地上波、AMラジオ局各1チャンネルを残し、これらでは国民に必要で採算の取れないニュース、教育、芸術に特化、これは全額税金で賄う。余った人員は民営放送局を設立して吸収する、といったところです。

2. Posted by 早嶋   2006年06月17日 10:52
早嶋です。

コメント、ありがとうございます。NHKの職員の問題も確かにあります。チャンネル数を削減することで職員の行き場が無くなることは仕方が無いことにも思えます。

一般の企業で考えると、お客様のニーズの無いものを作って、売れない。だから従業員の面倒を見てくれ、と言っているような気もします。(極端ですが。。)

ただ、NHKとして、ニュース、教育、芸術、ドキュメンタリーなど国民にとって必要な番組は残した方が良いというのは賛成です。ただ、この事業が本当に採算が取れないのか?と言うのは少し疑問ですが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ETCと三菱商事自由競争