新料金プランGoogleと携帯電話

2007年12月01日

Winner's Curse

早嶋です。

本日は、1日中、パソコン画面とニラメッコをして、産業廃棄物である廃石膏ボードの最終処分量(埋立)を全国津々浦々の施設を検索して調べていました。

さて、皆さんは石油会社のオーナーだとします。以下のような状況のとき、どのような判断を下しますか?

『どうやら、1つ石油会社が倒産したという情報が入ってきました。そのため、探査開発用に取得してあった土地の一部を手放す可能性が高そうです。皆さんは、前々からその土地に目を付けていて、まさに今がチャンス!』

これまで、その土地に目を付けていたのは皆さんを含め3社でした。そこで、今回の入札も3社程度になるだろうと予想をし、入札価格を10億円と決めていました。ところが、実際はその他に7社が名乗りを上げて、合計10社で競争する事になったのです。

さて、皆さんは入札価格を10億円より上げるか、そのまま出すか、下げるか、どのような判断をされますか?


ここで、直感的に「上げる!」と判断された方が多かったのではないかと思います。入札する人が増えたのだから、入札額を上げなければ土地は手に入らない!と考えたからでしょう。

コレはネットオークションの例を考えると、無視されている大切な考え方があります。それは、誰しもが自分が欲しい入札額よりも少しだけ低い値段で競り落としたいという考えです。

今回の土地は、あくまで探査開発用です。従ってこの土地にいくら石油が埋蔵されているか、誰にも分かりません。当然、多めに見積もる人もいれば、少なめに見積もる人もいるでしょう。

しかし、もし仮に、全員が正しい予測が出来ていたと仮定したら。この場合、誰が競り落とすか?というと、地下の石油埋蔵量を最も多めに見積もった人になります。つまり、競り落とした人は、その土地に対して実際の価格以上の価値を付けた可能性が高いのです。

上記の一連の流れは、Winner's curse(勝者の呪い)と呼ばれています。今回の土地の例もそうですが、多数の入札者を集めたオークションでも、このように勝者が実は敗者と成り果てることがあるのです。

では、回避するポイントは?それは、競争相手の数が増えた場合には、より控えめに値を付けるということです。これは直感に反しますが、この価値付けは実に合理的なのです。

この手の研究で有名なのは、ノーベル賞にも輝いたRichard H.Thaler氏の著書、The Winner's Curse, Paradox and Anomalies of Economic Lifeです。

興味を持った方は是非!

biznavi at 19:00│Comments(3)TrackBack(0) 意思決定 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 朝倉   2007年12月03日 18:22
こんにちわ、朝倉です。
今回のケースとは違うかもしれませんが、2016年のオリンピックに日本国内招致として東京都と福岡市の争いがありましたよね。
福岡が勝てば地方都市におけるオリンピック開催のモデルとして、話題性で世界招致合戦に勝てるかもしれない。
しかし、東京が勝てばありふれた大都市開催の大会で世界の招致合戦に勝てないだろうという観測が漂う中、昨年東京都が国内競争に勝利したことなど。
多分、余程新奇な企画でないと東京は勝てないような気がします。
2. Posted by まえけん   2007年12月03日 20:56
そうか!競り落とさんがために上方ばかりみていたらだめだ、ということですね。

でも、やはり自分がその競る張本人になったときは、どんなにがんばっても舞い上がってしまってその視点が消えてしまうだろうなあ。
3. Posted by 早嶋   2007年12月03日 22:13
前けんさん、朝倉さん、コメントありがとうございます。

確かに、欲しい!と思って競り落としていると、合理的な判断は出来にくくなると思います。私もそうのようになると思います。

勝者の呪いで言われるような、いわゆる経済学で言う例外事象に対して、行動経済学は論じよう!というコンセプトです。

ここでいう例外は、合理的思考に整合しない事実、又は考え方、としてコレに関して考察を深めています。

実に、興味深いですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新料金プランGoogleと携帯電話