AKB48とともに大人気のSKE48のメンバー松井玲奈さんが所属事務所を移籍した。
新しい事務所はグリック、皆さんがご存知のようにバーニング系列の事務所です。

バーニングプロダクションは数多くの『系列』と呼ばれる事務所があります。
その関わり方や実像というものは余りよく分かっていないのが実情です。
例えば親子でもそうだと思うのですがべったりの人もいれば薄い付き合いの人もいると思います。
バーニング系列もがっちり管理されているという会社ばかりではありません。
ましてや、周防郁雄社長に育てられた社長たちが業界の大物になりつつある現状では・・・。

バーニング系列でもバーニングプロダクションと特に結びつきが深いとされてきたのが
ビッグアップル、サムデイの2社でした。
いずれもオオハタがファンクラブ運営をしており、システム上はバーニングプロダクションと同じ。
中山美穂さん(ビッグアップル)、藤原紀香さん(サムデイ)が主演したドラマ主題歌は
たいてい出版社がバーニングパブリッシャーズとなることからも分かります。

今回、松井玲奈さんが移籍した事務所グリックは比較的新しい会社です。
代表を務めるのは周防郁雄社長の義理の息子さんである周防亮氏です。
かつては進亮と名乗っていましたが近年は業界への牽制にもなるので周防亮と名乗っています。
芸能関係では一時期日本ビクターの系列事務所の仕事をしていました。
グリックに畑野ひろ子さんが所属されていますが、彼女はかつてその事務所にいました。
ハーキュリーズ(旧ヒログループ)に行かずにグリックに移ったことからも一応信頼関係があるのでしょう。

2011年、人気声優平野綾さんを移籍させるなど勢力を増してきているグリック。
ちょっと調べてみたところグリックのファンクラブ運営はオオハタでした。
つまり、ビッグアップル、サムデイと同様に本体と結びつきが深い事務所になります。
義理の息子とはいえファミリーですから当然でしょうが。

松井玲奈さんのファンの方も今は心配だと思います。
さほど実績も無く親の威光だけが頼りの人物が事務所の社長ですからね。
周防亮氏はまだ未知数で将来どうなるのか見当もつきません。
ですから今後デキるプロモーターに化ける可能性があるかも知れません。

が、ホームページを見る限りバーニング本体同様やる気はなさそうですね。
芸能事務所のホームページとは思えない粗末なつくりで。
タレントを大事にするふうな会社とは思えないかも。今は・・・。
周防亮社長、早めにホームページを直してくださいね!松井玲奈さんはアイドルです。

グリック ホームページ|http://www.grick.jp/

周防郁雄社長にはバーニングパブリッシャーズの代表を努める嫡男、周防彰悟(36)氏がおられます。
ネット記事やタブロイド紙で何かと話題になるのはいつも彰悟氏のほうですね。
顔がお父さんの生き写しで、よく似ているので周防郁雄社長も息子がかわいいんでしょうね。
彼は音楽プロデューサーとしてshelaを育てたこと位しか語れる実績はありません。

これは彰悟氏が作詞、作曲したヒット曲です。
どら息子といわれているが、shelaでは数字という結果を残しているので正当な評価がされるべき。
shelaには『White Destiny』という名曲もあります。



(C)BURNING NET BLOG
禁無断転載
http://blog.livedoor.jp/bjap/
http://www.geocities.jp/burningjap/