長らくお待たせと更新が途絶えて申し訳ない。
上旬はチームの活動とチームブログの方をメインとさせて頂きました(*・ω・)ノ

魔法戦士友の会2016にて10月9日、防衛トリガーを用いて半日ほど回すイベントを開催しました。

その後、録画した動画をアップロードする事になり、前もってカスタムやコンセプト等の紹介をした記事を書きました。
ちょうど1ヵ月後のに動画と記事の公開という事になります。

【カスタム】俺の採掘基地防衛戦



魔法戦士の動画をアップロードする度に書く内容だと思うけど、これを。

~魔法戦士動画を見るにあたって~

・火力、殲滅速度は寛容に
魔法戦士は特化職に比べて火力が低いです。当然遅くもなります。
プレイ動画は火力・速さを題材として投稿していることが多いかと思いますが、魔法戦士は当然及ぶどころの話じゃない。
それを示すために動画を投稿しているのではありません。
それら以外での単純なカッコ良さや選択肢の多さ等を見出すと魔法戦士動画をもっと楽しめる筈!
見る視点を変えれば何かが見えるかも?

・〇〇でいいんじゃね?はNG。
端から見ればPAで良いところもテクを使用している部分が多くあると思います。
そんなことは分かっている。
でも、テクニックや一見無駄と思える行動には、魔法戦士としての思いやこだわりが詰まっています。
それを使いたいから、これの方がカッコいいから等でコンボに組み込んで使用しています!



 




先に言っておこうかな。

BKと言う奴は、防衛の沸きパターンを覚えない。
下手すれば全世界に記事を公開する一介のブロガーが高らかに「防衛を覚えない」とはっきり言います。

理由としてはパターンを覚えないことで「ランダム要素」を故意に作るため。
(まあ、防衛にもランダム沸きするヶ所はあるみたいだけど)
次ここでしょ?を待ち構えて戦うことは個人的には好きじゃない。
「作業」になってしまうから。

確かに覚えることで先手を打ててより早く殲滅することもできる。
未来が分かると言うのは、つまらないものです。

実際にゲームではなく本当の戦いで敵は同じパターンで挑んでくるだろうか?
そんな死にに行く事はないだろう。

実際の戦闘でどこからか来る分からない緊迫感こそ戦闘を楽しむ醍醐味。
沸き方をランダムにしてその都度の周りを見て考え対処する戦いが俺は好きだ。
だから、無理に覚えずその都度の立ち回りを決めて動くことをしたい。
そんな思いで俺は細かい敵の沸きパターンを覚えないことにしています。

そもそもクリアか失敗か?クリアランクや報酬は目的としていない人なので、ご了承願いたい。
ただ単に防衛を魔法戦士として立ち回れる・戦いながらのBGMを聞ける・俺の考えを看過して受け入れてくれる仲間と防衛を楽しみたいだけであります(`・ω・´)



と、防衛についての内なる考えを発言した頃で本題の動画でも。

全部そうなんだけど、
1戦目は結晶を用いての粒子砲やらAISやらの攻撃系を制限した縛り。
2戦目は粒子砲・AIS解禁
と言った形で行っているけど、襲来と侵入は使わなくても出来ると思ったか、粒子砲は使っていません。
同じような動画になっているかもしれないので、ご了承を!

※1本辺りが長い動画なので、スマホや出先の場合はWi-Fi環境がある環境での視聴を推奨します。




襲来



▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:襲来1


▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:襲来2

「殲滅ではなく支援」
これが少々顕著に出ている立ち回りだと思います。
全員が魔法戦士でも☆13武器等の最先端の武器を持っていれば俺の火力なんて微々たるもの。
それを踏まえて極力集めたり動きを止めている感じかな?

ダブセの出番はメイン武器の割りに少ないかもしれない。
タリスで集めてラバータで動きを止める。
ビブラスをパニックで動きを止めてる。
高火力の方々が安定してダメージを与える手助け。

そんなところ(*・ω・)ノ
実際、余裕でしたw





侵入




▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:侵入1


▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:侵入2

襲来と同じく、粒子砲いらずで行けると感じたのか、恐らく誰も使っていないと思われる!
必然的に2戦とも縛りかな?
複合テクニックが粒子砲みたいなものか。

「侵入」
4つある防衛の中で個人的に一番好きだったりする(*^^*)

最多数の塔。
分散する12人。
縦長のフィールド。
1人当たりの比重。
猶予であり邪魔にもなりうる壁。


AISという切り札もないので、油断すると結構危なくなる防衛だと思います。
支援だけじゃ収まらないとき、自分から殲滅へ赴くと言うのは楽しいね!
カオスになる戦闘はやはり心躍る。

襲来よりかは殴ってはいるかと。
ゾンディ→ラバータ→ケイオス→トルダン
が良く登場して操作している本人も画面越しではしゃいでいたでしょう(・∀・)

最近野良では行く時間が無く、動画見ていると行きたくなるもんだ。






絶望




▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:絶望1
 粒子砲・AIS縛り(失敗)


▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:絶望2

 粒子砲・AIS解禁

最初に言っておくが、俺は操作することがAISがあまり好きじゃない。
魔法戦士は他の人と同じになる事はなく、唯一無二の特別な育成や思いがある人は多いと思います。
思いのある育成の要素がゼロになるAIS。少々気に入らない。
魔法戦士としてAISを極力使わない立ち回りを重視しているけど、流石に野良は乗るけど。

絶望は正直、AISが無いとかなり辛いクエストになっています。
そんな中で粒子砲・AIS抜きで魔法戦士が挑む。
楽しいに決まっているではないか!


個人的には何度も語っている場面があるけど、「絶望1」の縛りにて残り僅かなW6を耐え忍んだこと。
結果的には最終W前半で「失敗」にはなったけど、「負け」ては無いと確信できる。
久々に心の底から「よっしゃ!」と思える防衛。


殲滅ではなく防衛。時間まで耐えること。
これさえ出来れば勝ち。

ビブラスに関しては倒すのに時間が最もかかり、放置すると塔へ集中砲火は必須。
俺の役目は…
得意の異常状態付与能力を駆使してパニックダウンで寝かせ続けること。
雑魚を始めとして戦闘機や侵食塔は丸投げしようと(ぉぃ

リスク承知で「ハーフラインブースト」(HP半分以下)を維持させてイル・グランツ+ジェルンをひたすら打ち込む。
他のみんなが頑張った甲斐あってミリの状態でミリで耐えることが出来たのは心に深く焼きついている(`・ω・´)
この場面は何度も見返していますな。


その後の粒子砲・AISを解禁した絶望はクリア。
やはり、あのアークス兵器は強い…w





終焉




▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:終焉1
 粒子砲・AIS縛り(失敗)


▲【PSO2】魔法戦士限定防衛:終焉2
 粒子砲・AIS解禁

「終焉」に相応しい最後の防衛。
1戦目も同様に兵器なし。
低下力ながら魔法戦士の選択肢の多さでクリア……ならず。

真面目な話、沸きのパターンと言うよりクエストのシステムを理解していれば粒子砲・AIS縛りでもクリアできたと思う。
俺が知らなさ過ぎたのもある。
エクソの放置もあったりと、反省点は結構出る場面が多いかなと。

そして、終焉特有の立ち回りで最終W【若人】戦は異常状態要員として最前線に赴く。
動画でもあるように、ムービー中に武器とPP回収できるEPPRフィールドリングへ装備しなおし、【若人】へ突っ込む(`・ω・´)
バーンダウンを狙うべく、バーンを極限にまで上げたダブセ「フラメイカルス」最高峰の瞬間ヒット数「デッドリーアーチャー」
バーン特化フラメイカルス
野良でもこれで突っ込み、寝かせてザンバースを敷いてフォトンブラスターを撃たせクリアなんて事をやっています。

【若人】のバーンダウン回数は5回と決まっており、そのうちに耐えることが出来れば…
とも考えたけど、やはり【若人】チャージで打破することが出来ず、残念なことに。
参加人数の火力からすれば回避できるとは思うけど、集まりが悪かったですね。俺も含めて(・∀・)

終焉は作戦や立ち回りを考えればちゃんとクリア出来るだけあって、楽しい反面悔しさはあった。


pso20161009_183958_003
兵器解禁では危なくもあったけどクリア。

実はもう1戦行いました。
その時、録画は落としてしまったので、無しですな(´・ω・`)ノ







とまー、こんな感じで締めくくられました。
録画して自分の立ち回りを見ると、粗が出るわ出るわw

・武器チェンジミス
武器パレ5にナックル、6にタリス。
ごっちゃになっていますな…w
ナックルとタリスの武器チェンジのミスが特に多くある。

・スタンス
防衛におけるFiはスタンスが難しく、追いかける後ろもあれば前もある。
俺の魔法戦士はブレイブ/ワイズ両方取っているので、使い分けることで真価を発揮する。
どんな状況においても同じパフォーマンスを発揮するFiのバランスタイプとして。
スタンスパレットにすることがほとんどなく、ワイズで正面から攻撃している勿体無い場面が多い…
常に自分の状態を把握しておかねばなりません。

・PP管理
防衛は特にPPがカツカツと言う印象。
通常攻撃も届かなかったり、遠距離からのテクニックが多く、とにかく息切れが激しい。
貴重なPP溜めて空振りもちらほら。


・前しか見ていない
前に集中する余り、背後からの攻撃や流れ弾に被弾しては戦闘不能が多かったですな…
拡大マップにして後ろに何がいるかを把握して行動する必要があるかと!


録画することでこの「場面はこうしたほうが良ったなぁー!」とか反省が出来たりと結構為になった印象。
もちろん思い出に浸ることもまた楽しいし。
公開しないにしろ、ちょくちょく取り入れては反省するのも悪くは無いかなと(´・ω・`)ノ




良かった点は…
これを視聴した人で見つけるのも一興かと。






とにかく楽しかったぞ!!
気の合う魔法戦士同士の仲間と難易度あるクエストに挑めたこと、忘れないであろうな!


楽しかった反面疲れたことさえも共有して深まる絆(`・ω・´)
また機会があればやりたいものですな。



以上、BK目線の魔法戦士限定防衛の動画でした~
本当におつかれさまでしたヽ(^o^)丿

同じクエストで録画したメンバーがあと3人います。
公開されているので、興味があれば探して見てはどうですかね?w