そろそろ魔法戦士【Fi/Te】の育成も安定して動画でも行っておくかー!と言ったものの、時間の都合始めとして他にもゲーム内ですることが盛りだくさん。
撮るであろう夜勤も多忙(´-ω-)
自分が立てた計画に遅れを生じているここ数週間。


次の魔法戦士記事を書くとしたら動画関連かなーと思ったが、それは違った。
育成関連ワンモア。大きく影響は捉え方次第だが、細かででも重要な調整を致しました…



マグ


変更しようと思ったきっかけは、先日開催した「魔法戦士のみで行く幻惑の森トリガー」である!

俺は第一陣と第三陣。
第一陣で初めてクエストを知ることが出来て、即席ではあるものの、二回目である第三陣までに何をすべきかを考えるのでありまして。
魔法戦士としても初見クエストから2回目のクエストの間、不十分だった箇所を考察するのだ。
立ち回りはもちろんのこと、何が欲しいか?弱点属性は?有効な特殊ダウンは?武器の選定は?サブパレは?そんなところです。

第二陣が赴いている間に出来ること。
マグを弄ってみるかー!!
という解。
正直、PBゲージ溜まっても一切BP使っていなかったり、大ダメージ必至なのに回復Aがある等。

バランスマグLv200

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

魔法戦士バランスマグ2018年最新
▲魔法戦士【Fi/Te】バランスマグ最新
 変わらず射法の白カエルム

支援ステータスはそのままの打射法均等。
オートアクションもそのまま。

変更点は、
フォトンブラストとトリガーアクション。


■ユリウス・ニフタ
我が魔法戦士においてリミットブレイクが実装されました。
それに伴って、クレイジーハートLv,5も振ることになり、スキルの相乗でPP回復量速度が相当なものに!
PPリストレイト&PPコンバート&クレイジーハート
まあ、ケートス・プロイ使わなくね?となったのであります(

幻惑の森トリガーは制限時間も魔法戦士にとっても焦点。
クリアに向けて武器やスタイルもそのままでも殲滅速度を上げるには…?
そろそろマグの力を借りよう!!

一応ボスにも攻撃も入るし、ここで解禁しておくかと。


■トリガーアクション
復活支援-1、回復A→回復Bへ。

ワンチャン復活支援、アイテム切れの回復生産、ふとしたときに来る無敵とリミブレの相性。
大ダメージがキツイ…回復の隙もない多段ヒットは回復Aじゃ間に合わない…
そんなところでしょう。


割りとバカに出来ないマグであってね。
エサあげていない~はひょっとして救えた命をみすみす逃しているかも?
被弾をゼロには到底出来ない。防御面の育成としてマグは案外キーとなるかもしれません。


といっても、やはり幻惑の森トリガーは失敗したけどねw
この前も言ったけど、大きな目標であります!


サブパレ


リミブレ誤爆。その先…
▲リミブレ誤爆には死を。


いっぱいいっぱいな戦闘だと頭から抜けがちな3本使うサブパレットの状態。
コレだろうと思ってサブパレ見ずにキーボード叩くと実は窮地になる位置。
敵の攻撃頻度が低い時やダウン時でしか開放できない我が低PSが苛烈な時に発動すると、まあ高確率で床を舐めるわけであって…(お恥ずかしい限り)

いつになっても改善されないので、リミブレを中心とした位置を変更することになりました~。

サブパレ革命1行目

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リミブレ誤爆防止サブパレ
▲リミブレ誤爆防止サブパレ

パッドで発動させる箇所にHPを減らす危険なスキルを移動させた。

パッドで発動する左側はサブパレを見るし、キーボードだとしても適当なテクニックが発動するだけ。
逆にレスタしたいときにスキル関連の1番パレットの場合、誤爆し装備してもフォトンフレア。
直ぐに異常に気付いてサブパレを戻すように。


超攻撃的なリミブレコンバートクリティカルの発動は
「6」「7」「8」→「4」「5」「6」になりましたとさ。
トントントン♪とリズムカルに発動できる配置は受け継いでいますなb

それに伴い、リング用ショートカットワードの順番も変更。
EPPRフィールドとフォトンフレアで仕様する番号が変わっただけ。
慣れる期間はさほど要らないでしょう!





以上、2点が調整した内容。
とにかく要素が多い魔法戦士。使い込む上での改善点が多くてまだまだいっぱいありそう…
日々使いやすさや使い方に目を向けて、どう施してやりやすくするか?戦い方もそうだけど、こういった面で考えるのも楽しみの一つ。

恐らく運営の設計外のことをしているので、ネットや他人に頼るものも少なく自分で考える楽しさよ!


ようやく出揃った気がするので次回の魔法戦士記事こそは動画やれたら良いな…と思われ(`・ω・´)