ということで2回連続してのオフラインイベント関連の更新(*・ω・)ノ

PSO2外と言えばPSO2外だけど、書くことにしました。
もっと言えば然るべく形で然るべく場所に残そうと思いました。
この度、俺ことBKは『.hack//追奏』を題した「LieN -リアン-」10周年記念であるコンサートライブに参加することに。

hack追奏
.hack//追奏

.hackシリーズ、特に「.hack//G.U.」は今俺がPSO2で魔法戦士として遊ぼうと思ったきっかけの1つで、俺の魔法戦士の原初とも言えるゲーム!!またの名を錬装士と名乗る所以。
PS4のリマスター版である「.hack//G.U. Last Recode」も去年発売したね。
自身、プレイ中。

.hack//G.U.とPSO2、錬装士と自分の魔法戦士。

これらもあり、このゲームだけは特別な存在であるのだよ(´'ω'`)
.hack無くして俺のPSO2は魔法戦士はない。


さて、もう一押し。
最終のチケット販売の少し前。
俺はもう1つ別のゲームのコンサートライブを視聴していました。参加ではなくBDで視聴。
言ってしまうと「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」なんですけどw

生曲への感動はもちろんのこと、会場限定である朗読劇があったりとしていまして!
.hack//追奏の最終一般販売チケットの発表を目にした瞬間に行こう!!となりましたとさ~。

運よく抽選にも通りましたし(`・ω・´)






「LieN -リアン-」
.hack//をきっかけに結成されたユニットですね~
G.U.と同じく10周年になる。

心に溶けやすい音色と歌詞、遠くにいてもしっかり見えるような…澄みきった透明な声。
.hackやっているなら誰しもが涙する曲ばかり。
それを生で、.hackを主としたライブ。
今思うとなぜ発表の瞬間に予約していなかったのか??

行くことになって本当に良かった…!

開催は2018/4/6(金)。
仕事休み取って行ったよね~



さて、会場。


ワクワクが最高潮な時。
関連会社のスタンド花を見ると、ことの大きさを物語って、本当に.hack//追奏に来たんだなぁーと。
プレミアムチケットの方は、公開リハーサルも見ることが出来ます!!




ホール前の通路、並んじゃいけないので何処かの階で散策を。
ちらほら戻るときにちょうど扉が開いて、一般としては最前列で待つことが出来たんだよね。
マジ幸運。物販も3番目よ(≧∀≦)

午前の物販で売り切れたもの以外はほぼ自由に選べて購入。(後ほど
チムチムぬいぐるみ欲しかった…


物販後はドリンクもらいに。
ジュースからお茶やコーヒー。更にはアルコールまでも(・∀・)
酒いきました…
1本というほろ酔いでコンサートかぁー。最高じゃないか?!


会場入り。
既に曲のピアノのみが流れておりまして…
青のバックライト。それだけでも込み上げてくるものがあります…





これだよ…これ!!
これも幸運なことで…
見た瞬間、心の中で「ぴろしさん!!」って思ったら何か知らないけど口から出てたww
すれ違い様で急いでいたみたいだったので、握手まではねだれず(
最後に「楽しみにしてます!!」と。


そして始まる。
以下プログラム。


 ~前半~
1,AURA
出典:『 .hack//感染拡大 Vol.1~絶対包囲 Vol.4』

2,優しい両手
出典:『.hack//G.U.』

3,星を数えて
出典:『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』

4,Lier's smile
出典:『.hack//G.U. TRILOGY』

5,Come back to The World
出典:『.hack//G.U.Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢』

 ~ステージライブ~
・声優陣の挨拶。
・ゲームの映像を切り抜いて台詞だけを「真面目にふざける」パロディー朗読劇8選。
・Vol.4のどこかの時間軸である朗読劇⇒ネタバレポスターに繋がる。
 (台本は入場したときにもらえる冊子)
・非出演者のメッセージ。

 ~後半~
6,真実の行方
出典:『.hack//G.U.』

7,優しくキミは微笑んでいた
出典:『.hack//G.U.』

8,光の雫
出典:『.hack//New World 』

9,つながるセカイ
出典:『ドットハック セカイの向こうに』

10,桜花月

11,心のままに
出典:『.hack//G.U.Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢』

 ~アンコール~
12,時の階段
出典:『.hack//Link』

13,晴天桜花
出典:『.hack//Versus』



最高だったよ…
一曲一曲に鳥肌が立ち、馴染みのあるゲームには涙した。
これまたゲームとして特有な演出であるバックスクリーンに映し出されるシーンの数々と一緒に、思い出すことが非常に多くてね。
俺は感情移入しやすくて、楽曲と映像に吸い込まれて重ね合わせて、、、でも自分は座っている。
あの不思議な時間と空間、自分は今どこにいるかすらも分からなくなるような感覚は行った人にしか分からないことで。



ステージライブ。
声優陣のトークである山崎たくみさん・榎本温子さんの盛り上げ、斎賀みつきさんの松山社長弄りがホント面白くてww
各々特別なゲームと言う認識とそれに伴う強い絆、開発や声優さんの仲の良さが伺えましたわ^~
そんなトークとは裏腹に爆笑ものではあるパロディはキチンと役になりきってこなす。
「Vol.4のどこかの時間軸である朗読劇」も然り。
声優ってスゴイなぁー!と、しみじみ改めて思うわけである。

「Vol.4のどこかの時間軸である朗読劇」
ここでの中身のストーリーはとりあえず公開しないにしろ、実際にオンラインゲームで遊んでいる自分と重なる部分が多くてね。
最後のやり取りとネタバレポスターになるバックスクリーンを見るとさ、泣けてきた(´;ω;`)
構成の素晴らしさに感動よ…
既に購入しているポスターを額縁に入れて飾ろうと思ったのである。

※知りたいという人がいるか分からないけど、もししるならTwitterのDMで教えることは出来ます。そのポスターと一緒に。
個人的にDB販売ワンチャンあるかもしれない?と見ています。


全プログラムが終わり、三谷さんの最後の挨拶…
彼女泣きながら語る。もらい泣きしてしまってな(´;ω;`)



終始鳥肌と時に来る涙・間に挟む爆笑。
一生忘れることはないイベントだったでしょう。
薄れるときがあっても、このブログと言う名の「整頓された記憶の引き出し」がある。
あの時の俺は『ここ』にいる。と。





.hack//追奏 物販
▲購入物販。
ファンブック、缶バッジ、CD関連、Tシャツ、15周年ピンズ、(ネタバレポスター)



個人的な後日談か?外伝か?こういう事もありました~
そういえば、コイツ…好きだったよなぁって!
あと
再開×
再会〇
ご愛嬌ということで(≧∀≦)







終わってしまったなぁ…心に刻みます。
このような素晴らしきゲームと音楽をコンサートライブとして立ち会えたことが良かったと、きっかけたる物事全てに感謝を述べたいと思います。

ありがとうございました!!
これからも.hackシリーズ愛し続け、もっともっとゲームの凄さ深みへ入り込みたいと思う所存であります。
.hack最高!!!!!








俺たちはここにいた。