ご存じ、Fi/Teを愛し、PSO2生涯の生業として日々ほとんどそのクラスで活動する俺。
一般的には火力が低くマイナーで良く思われがちではないかもしれないけど、他を寄せ付けない特化した能力としては一時的なPP回復能力と、異常状態付与であーる(`・ω・´)

リミットブレイクを起点に+PPコンバート。クレイジービートの発動で一瞬で回復するPP。
HP半分以下が発動条件のハーフラインブースト。異常状態率最大200%。
リミットブレイク習得と同時にHP管理をすることもなくなり、安定した付与率でテクニックも行使して異常状態を狙う。

どれも瞬間火力としては直結しにくいながらでも、数字ではない目に見えない力でptをマルチを支えていると信じてるそんな能力。
火力だのTeのバフ力だの表立ったものじゃなく、特異はあるが地味な能力を上手く使うシチュエーションが俺自身好きなのでやはり、根っからFi/Te好きなんだなぁーと常々思っていたり( ˘ω˘ )


砂上遊園アークマランド
2018年夏のWEB連動で配信された期間限定常設クエストのアークマランド。
前半は「空中遊園アークマランド」でシフデバの記事にも触れて、今回は後半の「砂上遊園アークマランド」といこうかなーと。

ここは異常状態における特殊ダウンするボスエネミーが非常に多く個人的には空中遊園よりも数段楽しかったですねぇ!

その中で印象深きことがあったので、抜粋。





「砂上遊園アークマランド」の数多くあるEトラで個人的に最も好きな組み合わせはアラトロン・フェムトとフレイムディアモス。

どれも、異常状態でダウンして大きなチャンスとなるこの2体。
しかし放置するとめんどくさかったり危険な存在ではあるでしょう…
このEトラ初見の時、

先ず先に視界に入ったのはアラトロン。
「致死ダメージではないがコイツは放置すると辺り一面に雷をばら撒いて面倒なヤツだ…。」
「ミラージュでダウンさせて直ぐに倒したほうが良い」
ハンマーの上が安全ではあるので、近接として構える双蓮華に切り替えてザンバースとザンを撃ち続ける。
起伏がなくやや広い場所。スロースターターではあるものの、角度を変えれば帰ってくるザンで多段ヒットを見込めるからだ。

しかし中々ダウンしないもので。
「やはりハーフラインブーストを発動させるためにリミブレを使うべきか…?」

そんな時、後ろから熱源。
「ん?フレイムディアモスじゃねーか!」
既に炎を纏っている状態。
ディアモスと対峙している人数は3・4人。
先行したせいで後ろに出現した敵へ向かう人数は少なかったんだろう…

その3・4人の中にテク職がおらず、
アイツは放っておくと即死級の爆発技を繰り出してくる。
恐らく3・4人では即死級の技を溜めている間では狩りきれない。溜めている間にどうにかしてフリーズで爆発を阻止しないといけない。
「対峙している人たちが危険だ。」
これはアラトロンと相手している場合じゃねぇ!と。
「一旦アラトロンは離脱して後ろのディアモスにシフトするかー。」

アラトロン不十分のままディアモスへ移行。
その直後、ディアモスから魔法陣が展開された。
「これはヤバい…!」
反射的にリミットブレイクを発動。双蓮華からタリス:ジグマティエールへ武器を切り替える。
リミブレは打撃に関して極限まで火力を引き上げるのが一般的だが、俺の魔法戦士は趣がやや違う。異常状態率を極限に上げるためにも使う。

爆発前の溜め動作である辺り一面に火の玉が散乱する。近づくのは危険。
近接クラスである3・4人は離れず殴り続けている。一気に狩るつもりか?爆発をキッチリ回避するつもりか?失敗の可能性も当然ある…

すかさずタリスを投擲。
爆発までもう時間がない。チャージしている時間も惜しいのでラバータをノンチャージ。
火の玉を回避するとそれだけで時間を食うので被弾前提。
案の定、自分に被弾する火の玉と鳴り響くHP低下の警報音。
相変わらず殴り続ける近接クラスの方々。

「凍れぇぇーー!!」


火の玉が止んだ。
翼に氷が張り巡らされて、膝を地面につけるディアモス。
「危なかった…!」
フリーズ付与の成功である。

まだ倒していない。
再度双蓮華に持ち替え、零式のサフォイエで突っ込み、ザンバースを仕掛けてリミブレのままPAを打ち込む。
そして撃破。
同時にアラトロンも倒れる。

こうしてこのEトラは誰も死なずに済んだのであった。





個性ある自分しかやっていない自分の行動で何かを救ったり貢献できるのは良いですねぇ!
火力以外の部屋の足りないものを補い、ptにマルチに自分がハマっる感覚である現象は何とも言えない面白さがある。

何かしら実装してもつまらないだのモチベ低いだのはよく聞くが、ただ攻撃するだけの視点から周りを見て、魔法戦士故の数多くある選択肢を選んで行動することに飽きは来ないし、楽しさもある。
イレギュラーの対応も非常に熱い!

今後も自分のクラスの持ち味と立場も理解しつつ、超回復PPの回転率と異常状態の管理等を励み、日々のクエスト楽しんで良く所存。

部屋でptで会ったときはよろしく(*・ω・)ノ