前回、ネタのような記事を投稿した直後。
PSO2:NGSがのサービスインの日時がようやく決まったようだ!
8日8時メンテ開始して9日17時サービスイン予定。


巷へ目をやると、ここ1・2日で「PSO2最後に〇〇やった!」と聞くけど、厳密にいえば最後ではないんだよね。
最後にどうのこうのになると、もう1000年前のPSO2へは遊ばないのかな?と少し寂しくも感じますし。
SG集めたり☆10武器の収拾とかNGSが始まってもまだまだPSO2へ行く目的もありそうだし、ふとPSO2も遊びたいと思うこともきっとあるでしょう。

ザックリ言うとブロック移動のノリで1000年後の世界へ行けるアップデート。
メインで活動するとなれば、確かに1000年後のNGS世界かもしれない。
NGSがサービスインしたらもう戻れない戻らないと言うわけでもないし、あり続けますから!


逆に最後であれば、何としても7日は休みを取りチームメンバーをかき集めてイベントして、世話になっているフレには挨拶に行き、1000年後に備えることでしょう。
同時に好きなPSO2で遊べなくなる行けなくなる大きな寂しさが押し寄せる…

それを何とかしようとしたのが今回のアップデート。
確かに大きな節目にはなるけど、サービス終了ではないアップデートである。
残してくれるって本当にありがたい!

1000年後も同じキャラクターはもちろんのこと、同じshipで同じ武器で同じフレンドとチームメンバーと。
世界が終わり変わるのではなく、世界の追加。
アップデートとしてその後も変わりない今まで通りの日常があると良いなぁ~を込めて7日は何もしないという選択肢もアリなんじゃないかな?と思い普通に夜勤へ赴きました。


何なら、離席は1000年前に戻って今と同じようにマイルームの「Bar:アーテル」でやろうと思っています。
1000年後のNGSではマイルーム・チームルームというモノがない状態でスタートするし、自分やフレンドが来れて駄弁るだけの空間がある情報もないし、開けた場所も落ち着かないというかw
マイルームの「Bar:アーテル」が一番落ち着き、放置しているだけでフレが来て話しては飲む日常、実はめちゃ好き。

1000年前のデイリーやギャザリングも案外やり続けているかもしれません。
アレがないと1日が始まる及び終わった気がしないというかw

まあ、そんな感じで俺は新しいものに全ての気が持って行かれにくく、今まであった伝統などはある程度は大切にしたい考え方?体質?なので、NGSは楽しみなのは間違いないけどPSO2との中間に位置して遊び楽しみたいね!!



でもね。
やっぱ節目ではある。
夜勤帰りとなって、INしているチムメンやフレは僅か。

いつも通りINして少しだけ特別な風味を感じてはいるので、いつもの場所で特別な時しか飲んでいないウイスキーを1杯。

NGS前に特別な1杯「イチローズモルト リミテッドエディション」
▲NGS前に特別な1杯「イチローズモルト リミテッドエディション」

めちゃ美味い…!
それ飲みながらこうして記事書いてる。
いつもの場所で、特別な酒を行き1000年後へ。特別な味がする。
ふと、良くもまぁー双蓮華の魔法戦士【Fi/Te】でやったなぁーと。
ま、これからもやるんだけどね。

NGS前夜
途中、チムチャやフレの来店とかありがとうございます。
1000年後も変わらずここで放置してひっかけています。


でも自然と挨拶はこうなる。
「1000年後に会おう!」と。