この記事は、iPadを実家の母(50代後半)にプレゼントしたときに検討した事柄について書いています。



あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

このたび、実家の母親に、iPadをプレゼントしました。過去記事で「iPadは高齢者向けだ!」と主張した結果が検証される時がきました。母はほとんどパソコンを使った事がないのですが、結構気に入ったようです。

ここではその顛末を、検討編、準備編、感想編と、分けてお伝えします。

sponsored link



背景、私の実家の家族

まずは、私の実家メンバーを簡単にご紹介します。

父:会社員ではないけど勤め人。60代

仕事でパソコンを使用(使用用途は99%ワープロ)
かれこれ20年のMacユーザー
(この影響で、私はMac使いになったんですなあ。)


母:専業主婦。50代後半

パソコンとは無縁の暮らし。
8年位前からケータイを持ち始め、カメラやメールは使いこなせる。
(ただしケータイサイトなどは一切使ってない)

父は普通にインターネット含めてパソコンが使えますが、
今回登場する母は完全なるIT弱者です。


実家にあるパソコンの現状

母があまりにパソコンについて無知だったので、これを打開すべく、1年ほど前に、私のお古のiBook G4(※)をプレゼントしました。

※AppleがIntelを採用する前のノートパソコン、後継はMacBook。
HDDは30GB、メモリは256MB、CPUはPowerPCで800MHzくらい。OSは10.3 Panther。


最近のマシンとくらべると、相当貧弱なスペックです。
ネットサーフィンすら満足にできないことにしびれを切らして買い換えて以来、家の片隅に眠っていたマシンではありますが、まあ、無いよりはマシかと思って母親に譲渡しました。

最近は、Windows Liveのサービスである「Sky Drive」を使って、私の息子(母に取っては孫)の写真を共有して見せています。
(メールで送るより手早い!)

ただ、最近このiBookの動きがだいぶ悪くなってきました。
(購入後、8年近くたってますからね…父は「まだ新しいだろ」と言ってますけど)




母に新しいパソコン?を買ってあげよう

さすがに古すぎる機械を与え続けるのも可愛そうなので、新しいマシンを買ってあげることにしました。

利用目的は、シンプルです。
・インターネットの閲覧
・ネットにアップロードした孫の写真の閲覧

…それくらいか


必要があれば
・パソコンメールの利用
・ちょっとした書類の作成
…などもやるかもしれませんが、可能性は低い。iBookにもWord、Excel入ってますが、利用形跡はゼロ。

というわけで、最低限の機能で十分な利用目的ですね。
あと、年齢面を考慮すると、あまり字(画面)が小さいものは良くないかな。



母に買おうか検討した機種

というわけで、以下が検討対象になりました。
・Windowsのネットブック
・Macの安いノートブック
・iPad


まず、Windowsは、私も父も詳しくないのでパス。

(ウィルス対策とか結構大変そう…でも安いですね~)


次にMacのノートブック。父もMacBookを持っているので、わからない事は父がフォローしてくれそう。


ただ、ネットしか見ない母とにMacBook白や、MacBook Airなどはちょっぴりオーバースペックかも。8万円出しても使い切れなさそう。
あとCDとかDVD見れないから Airは却下かな。


と、いうことでネット利用に特化したiPadを買ってあげることにしました。
ネットだけでなく、GoogleアプリやらiWorksやらで文書作成も一応できるし。。


ちなみに、実家は昨年導入したAirMac Expressにより無線LANが使える環境です。
なのでWi-Fiモデルで十分。アップルのサイトから沢山ダウンロードしてiPadで音楽聴いたりするとも思えないので、容量も最小限の16GBで十分です。


というわけで、先月購入し、私の家に配達してもらいました。ええ、まずは自分が触って使い方を覚え、母に送るのです。

IMGP0485
我が家に到着。使い方をマスターしたら、この箱に入れて実家に送ろう。

広告



当ブログの実家の母親にiPadを贈るシリーズ、全4話+後日談。是非ご一読ください。

実家の母親にiPadを贈る(その1、検討編)
実家の母親にiPadを贈る(その2、準備編<前編>)
実家の母親にiPadを贈る(その3、準備編<後編>)
実家の母親にiPadを贈る(その4、感想編)
後日談
実家の母がiPadを使っているか






sponsored link