この記事では、高齢者(ご両親や祖父母)にiPadをプレゼントする際に検討しておくべきポイントについてご紹介します。

IMG_0521_small


これまで、60近い母親に初代iPadを贈ったり80を超えた祖母にiPad mini (Cellular版)を贈ったりしてきました。そこで得た経験をもとに、高齢者にiPadを贈る時に気をつけるべきことを一般論としてまとめてみました。近くに居る方にiPadをプレゼントしたい、という方の参考になれば幸いです。


検討する観点は、ヒトとモノ、そしておカネです。

高齢者にiPadを贈って使ってもらう 2013 目次

0.はじめに、iPadの種類について

1.ヒトの観点
(1)使いたいという意思はあるか? 
(2)サポートしてくれる人はいるか? 
(3)使い続ける仕組みはあるか?

2.モノの観点
(1)贈る方の家はインターネットが使えるか?
(2)Apple IDは必要か?

3.カネの制約)
(1)予算はいくらか?

まとめ、高齢者にiPadを贈ることとは

それなりに長文なので、先に結論を申し上げておくと、iPad miniの初代版(Retinaディスプレイではないモデル)がお勧めで、自宅にインターネットがあるならば、Wi-Fiモデル、無いならばCellularモデルを購入するのが良いでしょう。 

広告


それでは順を追って説明します。


0.はじめに。iPadの種類について


2013年11月現在、8つの種類のiPadが発売されています。
(ストレージ容量の違いと色違いは無視します!)

まず、大きさと、画面のキレイさがそれぞれ2種類あります。下の図を見てください。

iPadCompare
例えば、画面がキレイで画面がデカイのが、iPad Airといいます
画面がキレイで画面が小さいやつはiPad miniのRetinaディスプレイモデル、といいます。

また、ここで上げたそれぞれに、家のインターネットにつなぐ"Wi-Fiモデル"家のインターネット&携帯電話の電波につなぐ"Cellular(携帯電話)モデル"の2種類があります。
Wi-Fiモデルと携帯電話モデルの見た目はほぼ一緒です。
なので、カタチ・大きさ・電波がそれぞれ2種類あるので、合計8種類です。


続いて、本題に入ります。

sponsored link

1.ヒトの制約



(1)使いたいという意思はあるか? 

「贈ったら喜んで使ってくれるはず!」というのは、案外独りよがりな考えかもしれません。贈られる当人がiPad興味を持っていることが大前提です。かたくなに拒否しているような場合は、要注意です。例えばiPhoneを見せたりして、興味があることを確信した上で購入に進みましょう。この辺の駆け引きは難しいです。私の母も、「機械は苦手で。。。」といって中々触ってくれませんでした。



(2)サポートしてくれる人はいるか? 

iPadはパソコンに比べるとシンプルな機械なので、使う上でのトラブル(使い方が分からない、画面が動かない…など)は少ないです。ただ、それでもやはりトラブルは発生します。そういう場合、問い合わせたら教えてくれる人がいるか、良く考えてください。
私が祖母にiPadを贈った際は、1年間隔で私が訪問したり、3-4ヶ月毎に祖母の子ども(私の親や叔母)が訪問するので、そこである程度サポートできるとな、と考えた上で贈りました。急に画面がかたまるとか、ソフトウェアアップデートによる操作性の変化とか、不定期でサポートが必要になることがあります。 


(3)使い続ける仕組みはあるか? 

母にプレゼントした時に感じましたが、使ったことの無い人は、当たり前ですがiPadを使う習慣をもっていません。せっかくiPadを贈っても、箱に入れてお蔵入り、ということも十分にありえます。定期的にiPadを触らせる仕組みを作りましょう。

例えばビデオ電話とか、定期的に写真を送るとか、興味にあったインターネットのサイトを教えるとか。私の母はボクシングが好きだったので、ボクシングのニュースサイトや、日本人ボクサーの ブログを渡す前にブックマークに追加しておきました。興味を持っているならFacebookとかTwitterをはじめてもらうとかも良いでしょう。



こういった書籍で、贈る相手が楽しみそうなアプリを事前にインストールしていても良いでしょう。

意外と盲点ですが、説明書は電子版にせず、印刷された本とかで渡した方がよいようです。電子書籍のマニュアル読めてたら使い方教える必要ないですものね。


2.モノの観点


(1)贈る方の家はインターネットが使えるか?
とっても大事な観点です。iPadは箱から出したらすぐ使えます。ただし、インターネットにつながっていないと、全体の5%くらいしか楽しめないでしょう。(写真を撮る・)絶対にインターネットが使えるようにした方がよいです。

贈ろうとする家では、ワイヤレスでインターネットを使えますか?もし使えるならば、バッチリです。

家のインターネット環境は以下の3パターンのどれかだと思います。

(a)ワイヤレスでインターネットを使える(パソコンとかWiiとか使ってる)
(b)インターネットはあるけど、ワイヤレスではない
(c)インターネットが使えない


(a)(b)の場合は、迷わず"Wi-Fiモデル"をおすすめします。最後に述べますが、維持コストが段違いに安いからです。

(a)の場合、iPadを買って家に持って来たら即座に使えます。家のインターネットの無線のパスワードを入力すれば、すぐにインターネットにつながります。

(b)の場合は電気屋さんなどにいって、「無線LANルーター(またはWi-Fiルーター)」という商品を購入して、いくらか設定をすれば"Wi-Fiモデル"が使えます。 ちょっとここはややこしいでし、追加で出費が発生しますが、Wi-Fiモデルは"携帯電話モデル"に比べて維持費が格段に安いので、がんばりましょう。


iPad対応、とか書いてあるものを選ぶ必要はないです。
基本全て対応しています。

(c)の場合は、家にインターネットを契約せずに、携帯電話会社のインターネット"携帯電話モデル(3G 版とかLTE版)"が良いです。毎月の維持費(電話会社に支払う通信料)がかかるので要注意。

<応用編>
あと、家にインターネットが無い場合、Wimaxとかe-mobileのようなモバイルWi-Fiルーターを使って、Wi-Fiモデルを使うのもアリです。ただ、モバイルWi-Fiルータの充電が切れてインターネットにつながらない、などの切り分けがかなり面倒になると想定されるので、あまりお勧めしません。詳しくフォローできる場合のみ選択肢に入れても良いと思います。






(2) Apple IDは必要か?

iPadを使いこなすにはApple ID(アップルアイディー)とよばれるアップル社の会員になっていないと、色々と不便です。メール(Message)やテレビ電話(FaceTime)に必要です。

会員になるには、メールアドレスとクレジットカードの情報が必要なのが厄介なので、贈る前に自分のクレジットカード情報でアップルIDを作ると良いかもしれません。あるいは、コンビニなどでiTunesカードというものを買って、新しいApple IDを作るのも良いでしょう。iTunesカードは最低1500円かかるので、微妙に出費が痛いです。クレジットカード情報を登録するだけならば1円もかかりませんが、何か使ったときにクレジットカードに請求がくるので、操作方法に使い慣れずにうっかり買い物されてしまったりすると怖いので、1500円は安心料と割り切った方がよいかも。



3.カネの制約



(1)予算はいくらか?

ちなみに、iPad、そこまで高価ではないけれど、決して安いものではありません。本体価格は3万円くらいしますし、携帯電話会社経由で契約すると、毎月6,000円くらいの通信料が延々と発生します。 ざっと維持費を整理すると・・・

<iPadの本体価格以外に発生する費用>

さきほどの(a)(b)(c)の例で考えて見ましょう。
(a)ワイヤレスでインターネットを使える
(b)インターネットはあるけど、ワイヤレスではない
(c)インターネットが使えない 


(a)の場合、iPad Wi-Fiモデルを購入し、追加でかかる費用は、なんと0円です。

※もちろん、これまで通りインターネット回線費用を毎月払っているのですが。。

(b)の場合は、iPad Wi-Fiモデルを購入し、家のインターネットに無線LANルーターを購入したら(5000円~10000円で済みます)、あとは0円です。

(c)の場合、毎月携帯会社に電話料金(データ通信料)を支払う必要があります。オプションという名の必須サービスに入ったりすると、毎月6,000円くらいかかります。また、何年間契約しないとダメ、契約破ったら違約金、とかそうなる可能性があります。

※キャンペーン適用などで、もう少し安くなる方法はありますが、それでも毎月数千円はかかることを認識してください。

詳しいことは、お近くの携帯ショップなどで確認してください。
auの場合:http://www.au.kddi.com/ipad/ryokin/index.html
softbankの場合:http://www.softbank.jp/mobile/ipad/price_plan/pg_lte_flat/
なお、docomoではiPadが使えないようです。。。

お店で確認するのは
 ・結局毎月幾ら支払う必要があるのか?
 ・1回も使わない月とたくさん使った月で料金が違うのか?
 ・2年後の料金はどうなるのか?
 ・家族がiPhoneなどを使っていたら割引されるのか?
 ・iPhoneを使っている家族名義で契約したら安いのか?
 ・新規で契約したら安いのか?
などでしょう。



結論:高齢者にはiPad miniがお勧めです。

このブログの結論ですが、たいていの高齢者へのお勧めのiPadは、iPad miniの一番安い16GBのWi-Fiモデル(定価31,800円)です。

容量(GB)が大きいほど写真とか音楽を沢山入れておけますが、経験上、一番安い16GBで十分です。

大きさは小さなiPad miniがお勧めです。理由は軽くて扱いやすいから。母に贈ったiPadは私でもけっこう重いなあーと思いました。画面が少し小さいですが、細かい文字は大きなモデルでも細かいので、そこは違いがないとおもいます。90近い祖母もiPad miniを使っています。

画面のキレイさは、初めて使う人ならそこまで気にならないので、キレイじゃないやつで十分でしょう。



まとめ、高齢者にiPadを贈ることとは

iPadはそれだけで楽しめる素晴らしい機械ではありますが、結局はコミュニケーションのツールです。渡したら一人で楽しんでくれるから、それでいいや、というやり方はあんまりよくなくて、定期的にコミュニケーションをとる手段(MessageやFaceTime)や、コミュニケーションのきっかけとして使うと、みんなハッピーになると思います。 

おまけ:アクセサリあれこれ
(リンク先がお勧め商品というわけではないです)

箱にしまわれないように、ケースに入れたほうが良い。
保護フィルムは手荒に扱わないので、必要なさそう。
加齢で手がカサカサになっている場合、手が反応しないことがあるので、スタイラスペンを念のためつけるとよい。

参考書

入門書として、ターゲットとかコンセプトは完璧なんだけど、立ち読みした限りではあまりいい本に見えなかったです。


こちらは未読。気になる。

質問などありましたら、コメント欄にどうぞ。分かる範囲・出来る範囲で回答します。
 
追記(2013/12/10)
あと、このタイトルでもどうなのか(何だか失礼ではないか)と思っているくらいなんですが、「年寄り iPad 使う」とかで検索してたどりつく人がいる。。。どういえば適切なんでしょうね。







sponsored link