この記事では、MacにMySQLをインストールしたあとにすべきことをご紹介します。

ふとデータベースの勉強を始めようと思い、参考書を読み始めました。


前回の記事(YosemiteにMySQLをインストールする方法)で、Mac (Yosemite)にMySQLをインストールするための手順をご紹介しました。今回の記事では、インストール後にどうやってMySQLを起動するのかご紹介します。(管理人は技術面は素人なので、初心者目線での紹介です)


sponsored link



MySQLは「アプリケーション」にでてこない

インストーラーの指示に従ってインストールしているので、MySQLを始めるためにアプリケーションフォルダをチェックしたくなりますが、ここには出てきません。かわりに、システム環境設定をひらきます。
(念のために、システム環境設定は、アップルメニューの上から2個目、またはDockにある歯車アイコンから行きますよ)


MySQLがシステム環境設定に無い場合

MySQLの設定は、システム環境設定の一番下に表示されるはずです。でも私の場合、最初にダウンロードしたときに、システム環境設定にMySQLのアイコンが表示されていませんでした。
そのため、再起動をしてみたところ、いつもより若干長めの待ち時間ののち再起動が行われ、無事システム環境設定にMySQLの項目が表示されていました。
MySQL-in-sys-preference


困ったらいったん再起動、でなんとかなるようです。


MacにおけるMySQLの設定

MySQLの設定をクリックすると、あまり情報はありません。
MySQL-setting
どうやら再起動した際に、MySQLは起動しているらしく、緑の文字で"Running(起動中) "と出ています。

隣に「Stop MySQL Server」(My SQL サーバーを停止する)とあります。

下のチェックボックスは、Macを起動時に自動的にMy SQLサーバーを立ち上げるかどうか聞いています。常時立ち上げる必要はなさそうなので、私はオフにしておきました。

別のファイルを起動するとか、どこかの設定を変えるとか、そんな記事もネットで見つけたのですが、これ以外には何もしなくて良いようです。過去の話だったのか、DMGファイルのダウンロードでは不要なのか、よくわかりません。

MacでMySQLはどう動かすの?

Macでの一般的なMySQLの動かし方は、ターミナルを使うようです。ウィンドウズだとコマンドプロンプトですね。文字でコマンドを入力して、結果が出るというやつです。UNIXの知識がちょっとだけ無いと厳しいかもしれません。当方も勉強し始めたばかりなので、この記事での紹介は控えます。もしかするとアプリを入れて、それで視覚的に動かせるのかもしれません。



広告

コマンドプロンプトが何かさっぱりわからない、という方はUNIXの入門書を読んでおくとよいかもです。Mac向けの本でなくても構いません。
入門UNIX for Macは、著者の説明が足りていない部分を訳者がめちゃくちゃ補いまくってて面白いです。


sponsored link