この記事では、私のiPhone5がトイレに水没してから、復活させるまでの体験をご紹介しています。

昔からiPhoneを気軽に持ち歩きすぎてよく地面に落としていたのだけど、こないだついにトイレに落としました。その後の症状などをご紹介します。

ポケットからポロリとトイレに落下したiPhone

「これまでiPhoneをトイレに落としてこなったなー」と思っていた矢先に、トイレに落としました。ジャージの上着のポケットに無造作に入れていたiPhoneが、トイレに正対した瞬間にダイレクトにトイレの中に落ちました。

私のiPhone5は薄かったのでケースに入れていません。落下した瞬間、ケースに入っていない無駄のないフォルムにたがわず、最小限の動きで背面を向いたまま上から着水、無駄なく便器の最深部まで潜って行きました。あたかも五輪選手の水泳スタートを見ているようでした。


iPhoneの着水

用をたす前だったのと、トイレが比較的綺麗に見えたので、躊躇なく手を便器に突っ込みました。狭いところに入っていたので、2秒くらい手こずったものの、すぐに救出しました。やばい、写真とか全部消えてるかも・・・
sponsored link

トイレから救出したiPhone5は動くのか?

あまりにあっけなく落ちてあっけなく救出したこともあり、危機感は少ない。待ち受け画面を見ると、普通に作動している様子。トイレットペーパーで表面の水分をふきとり、手を乾かすジェット乾燥機に端子・スピーカー部分を当て、がっと10秒ほど晒しました。この間、期待に反してずっと電源は入ってます。

と、いうわけで、乾かした結果、普通に動いています。これから中に入った水によって不具合が・・と思ったものの、特に不具合なし。「充電するときにやばいかも」と思ってギリギリまで充電せずにいたのだけど、いざ充電しても普通に動く。


・・・と、いうわけで、私のiPhoneはトイレに落としても普通に動いています。


まとめ:iPhone5をトイレに落とすとどうなるか?

あくまで私のケースだけど、トイレに水没しても、運が良ければそのまま使えます。




妻からは「カバーつけておけば浸水も防げるからカバーつけときなさい!」と言われました。




sponsored link