2007年11月30日

うみどき

香港に行ったはいいのだけど(※会社一週間休み)
息子が肺炎・水疱瘡になり(※会社一週間休み)
大変な11月でありました。

はじめて母に助けを求めて
しばらく滞在してくれることになったので
来週は出社できそうです。
(ちなみに香港中はダンナさんのお母さんが息子をみてくれました)

W母に助けてもらいつつも
来年は本当にもっとラクになりたい。
なんとかラクになりたい。

と願ってしまう12月突入です。

しかし、こんなにしんどいなーと思うのは
体力のない自分だからかとも思うのだけど
しんどいなーと思うたび
子どもはいつ産めばちょうどいいのか?考えてしまいます。

で、最近の結論としては。
子どもは10代後半あたりに産んどくのが
実は一番いんではないか?説。

10代後半なら…
親も若いし、自分もやたら体力あるし。
育児も夜遊びもできるんじゃないかとか思ったり。
イヤなじいさんになっとらんとかいわれても
わけのわからんことをいってるなあで終わりかも。
(※本当にそういう説教じいさんは実在する。弱い者いじめに思えるのだけど…)

それに子どもを産んでその後の人生をリアル&シビアに考えてみて
勉強をやり直そうと思ったらやり直しもききそうだし
仕事だって選ぶ目が変わりそう。

10代後半出産いいじゃん!

と思ったところでハタと思い出す。
イギリスでは10代の妊娠出産が多くやたら若い母が多かったのだけど
(または高齢出産の二極化らしい)
決してその10代は上手くいってはないらしい。

一体いつ産めばいいんだろ。