2018年07月16日

日立一高の夏が終わりました

サッカーW杯で、日本がベルギーに怒濤の3連続ゴールを決められ悔しい敗戦をしたとき、西野朗監督は悔しさとともに大きな喪失感をにじませながらこんな言葉を口にしました。

「何が足りないんでしょうね…」

この言葉がそのまんまリフレインした瞬間でした。

でも、ベルギー戦のようなやり切った感は微塵もない…

土浦一高に2-6

IMG_1182
.


県外の甲子園常連校にも互角の勝負をしてきた。競り負けもしたけど勝ちもした。その力は確実にあったはずだった。

でも、勝負に勝てなかった。本番で自分たちの野球が全くできなかった。



何が足りないんでしょうね…



足りないのか?そりゃあ、常総や明秀に比べたら足りない要素は山ほどあるかもしれないけど、それだけで勝敗が決まらないのも高校野球。日本航空石川、東筑、横浜隼人…能力だけで勝敗が決まらない特別なスポーツ・夏の高校野球。
その所以は何なんだろう?

それが足りないものなのか?

いや、ひょっとすると何かを置いてきてしまったのかもしれない。本来持ち得ていた何かが足りなかった。自分としては、そう仮説立てしてみたいと思います。

最後の18番ホールでスコアを計算した瞬間に崩れることはよくあること。このよくあることを解剖した先にヒントがあるかもしれない。そう感じています。
ティーグラウンドに立っているのに、心がグリーン上のパーパットの景色を見ていたら・・


この経験をきちんと分析して仮説立てをし、その紐解きをきちんと体系化して残していくこと。そのプロセスが足りないものの正解なのかどうかなんてわからない。
それでも、それが今自分にできる悔しさの晴らし方。あまりに短い最後の夏になってしまった3年生たちへの責任の取り方。そう自分に言い聞かせています。

中山監督があそこまで仕上げてくれたのに、プラスオンのサポートをする力が自分になかった。役割を果たせなかった。悔しい思いと不甲斐ない気持ち、そして選手たち特に3年生に対する申し訳なさが渦巻きます。

この気持ちを絶対に忘れないようにしたい。オレたち日立一高 野球部が甲子園の土を踏むために。

bko443116 at 22:00|PermalinkComments(0) 日立一高 | 日記

2018年07月08日

さあ、いよいよ開幕です!

11月以来のなんにもしなくていい日曜日。
久しぶりにブログでも更新するか、ということで。

昨日は、第100回全国高等野球選手権茨城大会の開会式でした。
趣の変わった水戸市民球場に102校98チームが勢ぞろい。圧巻の入場行進でした。

開会式
.

特に今年は、100回記念大会だからでしょうか。歴代優勝20校の校旗の行進から始まりました。
第67回大会を制した日立一高の校旗も登場。33年ぶりの甲子園出場の夢に胸が高鳴ります。

さあ、日立一高のみんな、絶対に甲子園行こうな!

日立一高応援ムービー2018夏_Short-ver. from YASUHIRO KOIKE on Vimeo.





日立一高応援ムービー2018夏_Full-ver. from YASUHIRO KOIKE on Vimeo.


※たいへん恐れ入りますが、Full-ver.をご覧いただく際はパスワードをご入力ください





bko443116 at 15:42|PermalinkComments(3) 日立一高 | 日記

2018年02月28日

日立一高 野球部3年生のみんな、卒業おめでとう!

昨年11月11日以来のエントリーということで、だいぶご無沙汰してしまいました。
12月は毎週末のように日立に通うか、またはその準備。年末から年が明けてからは毎週末集計&まとめ作業に追われ、、ということで、まだ集計もまとめも終わってないんですが、この土日だけは卒業式を明日に控えた3年生のために費やしました。

とっても勇気をもらった代です。とってもヤキモキした代です。最後までネバーギブアップを信じた代です。今まででいちばん接した時間が長かった代です。そして、このチームもまた本気で甲子園を目指した代です。

卒業
.

これからは一緒に後輩たちを応援していこう。そして絶対に甲子園に行こうな。

3年生のみんな、ホントにありがとう。そして、卒業おめでとう!


日立一高 野球部 2017チーム 卒業アルバム from YASUHIRO KOIKE on Vimeo.



bko443116 at 01:50|PermalinkComments(7) 日立一高 | 日記

2017年11月11日

注目されることで人も組織も蘇生する

「注目されることで人も組織も蘇生する」とは、近鉄、オリックスで数々の名勝負を演じた故仰木彬氏の著書『仰木監督の人を活かす「技と心」』の第3章に書かれている言葉です。

_SX322_BO1,204,203,200_
.


この言葉が意味することは、21世紀枠の推薦校に選出された日立一高にまさに当てはまります。

写真 2017-09-28 1 16 27
.


なぜなら、このことはすでに5年前に実証済みだからです。


※前半が常総学院、後半が日立一高

夢舞台への緊張感を持って準備する時間が持てるということは、この上ないアドバンテージです。
そして、いつも以上に注目されることで、高校野球をがんばる目的を意識できるようになるはずです。

これが、白堊の球児たちが経験した、中山監督が経験した“成長速度”の原動力。
夏に強豪校の野球エリートたちを差し切る日立一高の加速装置です。

目的が意識化され目標がより明確になる。この動力こそが夏につながっていくはずです。

王者は絶対に倒せる!


日立一高のみんな、充実した冬を迎えような!!



bko443116 at 20:54|PermalinkComments(0) 日立一高 | 日記

2017年11月08日

たまらなく好き!

世の中にはいろんなキャラクターがおりますが、その中でも私が群を抜いて好きなのがANNOYING ORANGEなのであります。

こいつ↓
EpisodeGuide
.


このシュールでブラックな世界観…(笑)




↑このように、お誕生日ケーキさえも圧倒的な毒ッ気で笑いにしてしまうのであります。

たまらなく好きだわ〜🎵

bko443116 at 23:02|PermalinkComments(0) 日記 | 人生メモ
レシピブログ
KAI TOUCH Project
なかのひと