2016年09月24日

日立一高、土浦日大に2年越しの完璧リベンジ!

秋季関東地区高校野球茨城県大会、日立一高初戦勝ちましたぁー!

日立一 8-2 土浦日大


雨で試合が一日延びた関係で応援に行けなかったのですが、小菅土浦日大に堂々の戦い。
見事な勝利でしたね!

スマホ片手にドキドキしながら速報に見入っていました。

序盤こそ流れを引き寄せられなかったようですが、中盤以降は完全に日立一高ペースだったようですね。
速報だけではわかりませんでした。
代打古屋くんのタイムリーで3-2と逆転してからの小康状態は、試合を見ていない側からするとホントにハラハラしながら試合展開を見守っていた、といった感じです。

そういう意味で、丸山くんのタイムリーは大きかったですね。次の1点を取ったほうに流れがいくと思っていたので。
地区予選代表決定戦の日立北戦で4の4の活躍を見せた2年生。逞しくなりました!
まる!ナイスバッティング!!

そして、同じ日立北戦の勝利の立役者といえば、満塁弾を放ちコールド勝ちを決定づけた横山くん。この試合でも1イニング2/3ながらピッチングが光っていたのも印象的でした。
そして、その勢いそのままにこの日も見事なピッチング!4回から8回までなんと被安打ゼロ。6イニングで被安打1、2四死球という完璧なリリーフ。打撃でも得点に絡む活躍でした。

この秋、横山くんがラッキーボーイとなって、日立一高が躍進することを期待しています!

明日は応援に行くよ!
日立一高のみんな、思いっきり暴れてやろうな!!

bko443116 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日立一高 | 日記

2016年08月28日

日立一高 野球部 2016年チームのみんな、ありがとうございました!

先週の土曜日、日立の天地閣で父母会総会&懇親会が行われ、今年もお招きいただき出席してきました。
中山監督になってから、懇親会には3年生の選手たちも招かれるようになり、いわば高校野球生活の打ち上げ的な位置づけの会になっているようです。

今年の夏は納得のいく結果は残せなかったですけど、だとしてもいいですよね!こういう選手たちと父母会の皆さんとがざっくばらんにワイワイやるっていうの。
この日立一高らしい明るいノリが、とっても好きです!

そんな懇親会でのワンショット。とってもいい写真が撮れたので、ご出席のみなさんの了解を取っているわけではないですが、記念写真ということで共有しちゃいます!!

ほら↓ すごくいい写真じゃないですか?
20_tvk最高!集合写真
.

この写真をご覧いただければおわかりの通り、とっても楽しい時間でした!
その楽しかった時間を、選手たちの紹介スライドと共に振り返ってみたいと思います。


まず、ショーのはじまりは、劇場型3選手で幕を開けました!
2016-08-28 17_37_55-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_38_35-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

水海道二高戦では、テンポで零封!とはいきませんでしたが、彼が醸し出すひょうきんオーラは、やはりその場の空気を“えのもと劇場”にしてくれます!(笑)
監督のコメントの「最初に脱落すると思ってた」というコメントに、「マジっすか?」というリアクションがまたなんともおかしくて笑っちゃっいました。

一方で、この夏の日立市民球場を一高劇場にしてくれたのが池田くんでしたね!同じく水海道二高戦の6回表の先頭打者として代打で登場。見事にライト前に弾き返しました。また、竹内コーチが挨拶の中で触れていましたが、データ班としてのリーダーシップも素晴らしかった。でも決してそれは無駄じゃない。ありがとな!

そして代打といえば、やはり一打にかける白堊の春団治ことヤスですよね!
代打の切り札とはこういうことですよ、2試合2打数2安打2打点という素晴らしい結果と記憶を残してくれました。浪速の春団治・川藤幸三の系譜を、しっかり白堊の春団治として継承できたね!(笑)

続いては、必殺シリーズということでこの2人。
2016-08-28 17_39_01-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_39_22-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

橋本くんは1年のときからレギュラーメンバー。土浦日大戦で延長の末サヨナラ負けを喫した悔し涙が、彼を逞しくしたのかもしれません。もがきながらもチームの中心選手として立派に成長してくれました。連取でも悔しい涙をたくさん流したね。大丈夫、そのぶんだけちゃんと脱皮したぞ!

そして、一撃必殺の佐川くんはその打棒とパワーが何よりの魅力でした。ただ、打撃ももちろんですが、彼はきちんと自分の意見を周囲に発信し、常にチームに考える機会を与えてくれました。その存在感は、プレー以上に大きかったと思います。佐川くん、キミの言葉がチームの成長を支えた部分は大きかったぞ!


打の2人に対して、守りの3人ということで登場したのがこの3選手。
2016-08-28 17_39_53-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_43_19-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

綿引くんは、高校で野手から投手に転向したわけですけど、本当に努力をする選手でしたね。練習のときにふと彼に目をやるとネットスローで牽制の練習をしていたり、ストレッチをしていたり、止まっているところを見たことがありませんでした。人生の財産を手に入れたはずです。

黒澤くんは、「HRセミナーの記録」に私の授業に対する感想が掲載されているということがまず印象的です(笑)
まあ、それはそれとして、彼のバランスのとれた内野手としてのチカラはチーム采配をものすごく助けたと思います。「黒澤がいなかったら、チームになってない」と、大会前に中山監督がもらしていました。

菊池くんは守りというよりはむしろ打撃の選手ですが、「野球が終わって、生活に刺激がなくて毎日がつまらない」というコメントがなんとも印象的です。歌を披露する場も減ったのでしょう(笑) 彼がベンチの空気を作ってくれたことは忘れません!


場があったまってきたところで、旨いもの便!
2016-08-28 17_40_42-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_42_12-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

この二人は、奇しくも足のケガで苦しんだ選手同士でした。

研斗は膝をケガして1年の秋大以降まともに練習できませんでしたね。そこからの不屈の一意専心で肉体改造し大きく成長してくれました。下半身がしっかりしたことでバッティングも軸を作れるようになって打てるようになったね。キミの真っすぐさは、これからも絶対に生きるよ!

栗田くんも足首の捻挫が長引き、ずっと満足な練習ができませんでしたね。名門勝田三中 野球部の後輩として、最後までやり抜いてくれたことが何より嬉しいです。三中野球部の部訓である根性、礼儀、積極性、集中力、忍耐を、しっかり体現してくれたね。ありがとう!


次に登場したのが進撃の巨人!
2016-08-28 17_43_43-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_44_14-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

関くんも肘の手術を乗り越え、チームの大黒柱として頑張ってくれました。キャッチーという重要なポジションを任せられ、いろんな葛藤や苦悩があったと思います。それでも最後までチームを引っ張り持ち前のリーダーシップを発揮してくれました。吸収力をもっともっと鍛えて、立派な指導者を目指してほしいと思います。


巨人のあとは、お口直しということで!(笑)
2016-08-28 17_44_37-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_44_56-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.


この日はあいにく大越さんがNZに旅立ってしまい同席できなかったことがとっても残念したが、手紙を残してくれました。取手一高戦のあと、大越さんは私に向かって「日本一になるって目標を叶えられなかったです。すみません…」って言って泣き崩れました。こんなに熱いマネージャーに支えてもらった一高野球部は、ホントに幸せだと感じました。

松川さんは自分でも言ってたけど、実は色白だったんだね!(笑)小麦路の向日葵ってキャッチフレーズを作らせてもらったけど、ほんとに小麦色の印象でした。そんな松川さんは日誌のコメントには定評があったし、白堊球友会のチームブログも書いてもらってたね。文章力が高いんだね。受験もがんばってね!

蛭田さんは気配りステーションという名の通り、いつも客観的な目線でチームを見てくれていました。まるでお母さんのような目線で見守ってくれていたのかもしれませんね。控えめながら目配り気配りができる彼女は、チームの隙間を見極めながら自らがその隙間を埋める役割を果たしてくれていたんだと思います。ありがとね!


続いては、明秀vs魚が2尾!?
2016-08-28 17_45_13-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_45_31-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

鈴木くんは、1年生の頃から「ダブルすずきあやと」ということで話題でしたが、クラスで「すずきあやと」と言えば、みんなが笑いながら「あやと」というくらいの人気者らしいですね!(中山監督談)でも、想像に難くないですね。その持ち前の明るさひょうきんさ、そしてがむしゃらさ。これが鈴木くんの良さだよね。これからも大事にな!

伶司は、とにかく大きな声でベンチから支持を出してくれました。まさに夏空に轟く白堊の司令塔です。三塁コーチャーとしても、序盤の菊池くん、中盤から終盤にかけては伶司と、コーチャーズボックスでもチームを支え鼓舞してくれました。どこかマイペースでどこか気遣いキャラの伶司。あんパン食べて勉強もがんばれよ!


続いてはこちら、Speed&Powerの2選手。
2016-08-28 17_45_49-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_46_06-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

宮内くんは何といっても水海道二高戦での先制スリーランですよね!宮内くんと言えば左にうまく流して三遊間を抜いていく単打のイメーージでしたけど、ライトポール際に突き刺さった引っ張ってのホームランは彼の成長の証なんだと思います。大学では、走力を活かせる走塁力を身に着けて本領を発揮してくれよ!


板垣くんは、佐川くん同様チームの中でもマッチョ系の厳つい体格ですが、その見た目に似合わず笑顔がかわいいキャラ!(笑)
デッドボールを受けて満面の笑みで一塁ベースへ走っていくあの姿は忘れられません。すっかり死球キャラが定着しちゃったけど、でもやっぱり鋭い当たりでショートの頭を越えていく打球がキミの魅力だよね!


そして、最後に登場したのはこの2人!
2016-08-28 17_46_33-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.
2016-08-28 17_46_50-PowerPoint スライド ショー - [進行スライド]
.

左右の両エース!(挨拶の)先発どっちでいく?って聞いたら空かさず彩斗が「じゃあ自分から」と。とにかく投げたがりの二人でしたね!(笑)

彩斗の印象として強いのは、とにかく大人と対等に話せる高校生ってことでした。芯があって努力の術をわかってるし気は遣えるし、うちの部署に欲しいって思った、ホントに!でも彩斗にはやっぱり甲子園で投げてほしい。そうだよ!タテジマのユニフォームを着て甲子園のマウンドに立つんだよ!顔は藪に似てるけど、投球は球児のように、ハートは小林繁のように。掛布に育ててくれって言っておくから!!

片山くんは、最後まで片山キャラで楽しませてくれました。固まるところ、言葉がでないところ(笑)
でも中山監督はちゃんとわかっていたね、さすがだと思った。「片山はノノドまでは出てる」って。そんな選手をちゃんとわかってる監督が、3年生の夏に背番号20番を与える意味をしっかり噛みしめて、これからの4年間を過ごしてほしいと思います。それがキミの成長の手がかり足がかりなのだから。がんばれよ!




コーナーの締めとして、選手から母、そして父に、親から子へ、そして選手から恩師へ、“感謝”をテーマにメッセージを贈らせていただきました。


Thanks Dad, Mom, Brother, and Teacher 2016 Hitachi 1st. Baseball Team from YASUHIRO KOIKE on Vimeo.




3年生のみんな、父母のみなさん、ありがとうございました!

bko443116 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日立一高 | 日記

2016年07月18日

日立一高の夏が終わりました。

全国高校野球選手権茨城大会3回戦
日立一 0-3 取手一

今年の夏が、あっけなく幕を閉じてしまいました。

ファイル 2016-07-17 22 26 29
.


正直、まだうまく切り替えができません。

もっと何かサポートができていれば…もっといいやり方を追及できていれば…そんなことばかりが頭の中をグルグル廻ります。
後悔とは後で悔しがると書きますが、日本語とはよく出来てるなぁ、、なんて思ってしまいます。

言うまでもなく一番悔しいのは選手たちなわけでありまして、それと同じくらい悔しいのは監督なわけで。
彼らには「サポートのチカラが足りなかった。ごめん。」としか言葉が見つかりません。

その足らなかったサポートとは、いったい何なのか。
それを見つけ出し、もうワンステップ上のサポートを提供することが、次の私の戦いです。母校のためにプロとしての意地を張りたい。

後輩たちが先輩たちの意思を受け継ぎ、本気の挑戦と正しい努力ができるように。


そして、甲子園は絶対にあきらめない。

昨年気づき、今年気づかされた“弱者の強さ”を自分たちの武器にして、オレたち日立一高 野球部が甲子園の土を踏むその日にむけて、リスタートです!


「3年生のみんな、キミたちは立派だった。締め切りのある夢に向かってひとりひとりが自分の役割を全うし、情熱に満ち溢れながらチームのために躍動するその姿は、最後の1球までカッコよかったぞ!日立一高 野球部で過ごした2年4ヶ月に胸を張って生きていこうな。みんな、本当にありがとう。」

bko443116 at 00:06|PermalinkComments(12)TrackBack(0)日立一高 | 日記

2016年07月13日

日立一高勝ちましたぁー!

日立一高のどM野球は今年も健在です!!(笑)

初戦となる水海道二高との2回戦。8-7の辛勝で、甲子園に一歩近づきました。
夏は勝てばいいんですよ!ゲームセットの時点で相手より1点多く取っていればいいんです!

ということで、本日のスコアボード
ファイル 2016-07-12 22 59 44
.


2回表の宮内くんの先制スリーランは見事でしたね!
左への打球イメージが強かっただけに、右に引っ張ってのポール際に飛び込むライナーで放り込んだバッティングは、宮内くんの進化を物語っていると感じました。
宮内くん、試合前の素振りが良かっただけに予感はしてたけど、1打席目から結果が出たね。しかもホームランだよ!ナイスバッティング!!


それから、今日の試合は代打陣が大活躍でしたね!全員出塁じゃないですかね?
その口火を切ったのが、5回のチャンスで代打で登場したヤス!さすが一打にかける白堊の春団治でしたね。痛烈な当たりがセカンドの正面をつきましたが、打球の勢いが優り強襲ヒットとなり2点タイムリー!
この一打は大きかったですね。そしてこのあとの関くんのスクイズ。
これで勢いに乗ってワンサイドゲームに持っていくハズでした…苦笑

3点を追加したその裏に小技を決められピンチを招くと、片山くんの甘く入ったところを痛打されました。今日は変化球があまり良くなかっただけに、組み立てに多少苦労しましたね。
真っすぐのキレはいいので、クロスで入ってくる内側のボールをもっと有効に使って投球に幅を持たせられれば、そうそう打たれないよ。しっかり修正して次に活かそう!

2点差に詰め寄られマウンドに上がったのは榎本くん。さすがに緊張したね。
テンポで零封!えのもと劇場のはずが、テンポが上がらず終いでした。サインも遅かったし、間合いも長かったから榎本くん本来のテンポで投げれなかったね。
これは関くん含め、バッテリー間でその投手の“持ち味”をいかに最大限武器にするか、ということをもっと意識して次に備えような!
球自体は悪くなかったわけだから、相手に考えるスキを与えないテンポさえ戻れば大丈夫!えのもと劇場全開いけるぞ!

そんなピンチを招いてしまったのも、中盤の攻撃のリズムが良くなかったことに起因する部分もあったでしょう。
いわゆる「流れ」っていうやつですね。
攻めたんですけど結果的に「拙攻」になってしまいましたね。
そのへんをきっちりきっちり点に結びつけていかないとダメだよね。次に活かそう!
そんな中でも代打陣は光ってましたねー!6回表の先頭打者として片山くんに代わって代打で登場した池田くんのライト前も見事なヒットでした。積極的に振りに行ったからこそですね。
池田くん、狙いも含めさすがデータ班の読みだったね、ナイスバッティング!!

一方で、水海道二高の2番、3番の足は速かったですね〜。特に2番のセンターの選手はいい選手でした。あのサード前のセーフティーは素晴らしかったし、何より「攻めの姿勢」がオーラに現れていてイヤでしたね。本来あのオーラは日立一高が纏っていないといけないはずでした。
あれこそが「弱者の強さ」のオーラですよ!

そんなこんなで、同点のまま迎えた9回。
これまた代打で出場の剛輝が、決めてくれましたね!追い込まれてからワングリップ短く持ったバットから決勝打が生まれました。
サードのグラブをはじく三塁線の2タイムリーツーベース!
セーフティスクイズ空振りで走者を一人殺しての2アウトとなった、それまで同様のイヤな流れだっただけに、この一打は一気に勝利への流れを手繰り寄せました。剛輝、執念の一打ナイスバッティングだったぞ!

こうなれば、あとは7回から完璧な火消しを演じた彩斗が抑えるだけでした。
1点こそ返されましたが、野球は1点多くとっていればいいので、ちゃんとそれをわかっての投球でしたね。
彩斗、さすがのナイスピッチングでした!

初戦は何かと難しいといわれますが、まあ勝てたわけですからバンザイ三唱ですよ!
ファイル 2016-07-12 23 00 06
.


それにしても、水海道二高は見習うべきいいチームでしたね。あの食らいついていく溌溂とした挑戦者の姿勢。
試合後に千羽鶴をいただきましたが、いっしょに水海道二高に見習うべき「弱者の強さ」もいただいて、次の取手一高戦に臨もうな!

さあ、日立一高のみんな、次も絶対に勝とう!


bko443116 at 00:04|PermalinkComments(7)TrackBack(0)日立一高 | トピックス

2016年07月09日

日立一高の夏がはじまります!

夏の高校野球選手権茨城大会、第8シードの日立一高の相手は水海道二高に決まりましたね。

今日の横浜は大雨ですが、茨城は無事試合ができたみたいでよかったです。雨天で日程がズレることなく12日に初戦を迎えられそうですね。
今年は開会式に行けなかったので、そのぶんも初戦の応援に積み増してしっかり応援してこようと思います!
31年ぶりの甲子園に向けて、一戦一戦に集中して自分たちの戦いをしてほしいと思います。

SnapCrab_NoName_2016-3-4_23-52-20_No-00
.


しかしながら、朝早いなぁ…地元の駅5:56発ですか・・・

まあ、仕事だと起きれそうにないけど、夏の大会なのでなんとか起きれるでしょう!(笑)


ということで、苦悩と悔しさ、そして厳しさを乗り越え「締め切りのある夢」を追いかけ続けてきた日立一高 野球部の選手たちに贈る応援ビデオです。


日立一高夏大ビデオ2016 from YASUHIRO KOIKE on Vimeo.





ショートバージョンはこちら↓

日立一高夏大ビデオ2016_Short Ver. from YASUHIRO KOIKE on Vimeo.




さあ みんな、今年こそ甲子園にカチ込むぞ!!


bko443116 at 18:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日立一高 | 日記
レシピブログ
KAI TOUCH Project
なかのひと